3 ✿ 怪奇ひとだま、現る!

エピソード文字数 1,446文字

()(づめ) (とら)」を落とし穴にはめ、身動きを封じることに成功した萌栄。


鋼を探そうとしたその時、萌栄の背後に、虎と同じチームの副将「づめ かがり」が現れた。

はがねなら探す必要は、ねーよ。


だって俺が倒したから!

な、なんですって!?

・・・と言うと思ったか!!


その桑名くわなはまぐり!!

ほ―んと、だって~

(かがり)は笑いながら言って、手裏剣を打つ。


すると樹の上から、鋼がサッと下りてきて萌栄を守るように立ちふさがった。

このほら吹きめ!!

(かがり)の手裏剣を、鋼は苦無で打ち返した。



おお、鋼。生きちょったか~!!


(こん)はどうした?

(こん)は墓穴掘って、イモちゃんとたわむれとるわ。


そっちの(とら)も、穴に落ちたみたいやね?

(とら)!!

(かがり)俺はいいから!


二人に背中をとられるぞ! 闘うんや!!

くっそ・・・・・・(とら)をよくも!!

(かがり)は、萌栄を恨みのこもった視線で射貫く。



  パタ・・・パタ・・・・・・



ふいに、萌栄の鼻先でピシャンと滴がはじけた。

雨?  空は晴れてるのに・・・?
狐の嫁入り。こんな時は出るんや
なにが?
お化けや。
そう言うと、(かがり)は腕の端末をタッチする。
ほら、ひとーつ・・・

雨の森を、ひゅぅ~と、飛んできたもの。


それは・・・。

ひ・・・ひ・・・火の玉ぁ!?

ふたーつ、みーつ、よーつ…

合計四つの火の玉が現れる。

萌栄さん…とり憑かれんようにな?

青い火に照らされた(かがり)の表情は、不気味に笑っている。まるで般若のようだ。


四つの炎が、萌栄と鋼へせまってきた。

わわわ!? 来るなぁ!!

これには萌栄も度肝を抜かれ、思わず逃げ出す。


火の玉に追われるなど、生まれてはじめてのことだった。

なにあれ、なんなのあれ!?

人工ひとだま。超小型ドローンに、火炎装置つけとるだけや。

ドローンに!? できるんだ・・・

中国では、火炎放射器付きドローンが活躍しとるそうや。


さて。あのどうやって消そう・・・

雨が降ってるのに・・・全然、消えない!?
これが炬の、雨炬あめきょ

炬の異名「雨炬(あめきょ)()」とは、雨が降っても燃える松明のことで、忍者の古い書に伝えられている。


彼は研究と改造をかさね、炬火を進化させていた。

萌栄ちゃん、かがんで!

左から飛んできた火の玉を、萌栄と鋼は同事にかがんでよけた。


そのまま二人は近くの草むらに隠れる。

ほんとにドローンだ・・・。

萌栄がつぶやいたその瞬間、ドローンの向きが変わった。


ドローン下部についたカメラが萌栄たちをとらえる。


ドローンはふたたび上部から炎を出し、萌栄と鋼へ飛んできた。

燃えたり、消えたり。なのに雨じゃ消えないなんて。


わっ!?

またも萌栄たちの前に、火の玉が一つ飛んできて、行く先を通せんぼする。



背中とったり!
とらせるか、アホ!

鋼はかがりを回し蹴ると、彼から距離を取る。

ったく、キリがない。


火の玉が邪魔で攻撃できないし、邪魔するし・・・

鋼はドローンへ手裏剣を打つが、よけられてしまう。

火を出して飛び回るなんて、まるでドラゴンね。


ん? ドラゴン?

萌栄は、パチンッと指を鳴らした。
私たちにも「」がいるじゃない! 幸い、近くにね!

萌栄は端末画面を指差した。


一つだけある「水遁」の仕掛けだ。

そうやな! うちのさんに、火の玉おはらいしてもらおう。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

日高萌栄 (ひだか・もえ


中学2年生、13才の少女。

カピバラをこよなく愛する。

重黒木 鋼じゅうくろぎ・はがね


中学2年生、13才の少年。機械いじりが得意。

椎葉 発(しいば はつ)


中学2年生、13才。

萌栄の友達。花火師の孫。

黒木 殿下(くろき でんか)


萌栄のライバル

那須 雨音(なす あまね)


殿下の友達。

黒木 媛(くろき ひめ)


殿下の妹

日高 結芽(ひだか ゆめ)


萌栄のお母さん

日高 地平(ひだか ちへい)


萌栄のお父さん

日高 雲水(ひだか うんすい)


萌栄の祖父

重黒木 功(じゅうくろぎ こう)


鋼のお父さん

重黒木 理玖 (じゅうくろぎ りく)


鋼のお母さん

椎葉 康次(しいば やすじ)


発の祖父。花火師

黒木 智子(くろき ともこ)


殿下、媛のお母さん。

黒木 未夏 (くろき みか)


クラスメイト

中武 陽(なかたけ はる)


クラスメイト

那須 貴也(なす たかや)


クラスメイト

那須 由子(なす ゆうこ)


クラスメイト

お殿様。


西方の里を治める、お殿様。

南朝の忠臣、その子孫。

忠平(ただひら)


お殿様が助けた忍者。

加藤清正に仕えていたが、毒殺の濡れ衣をかけられ、逃げてきた。

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色