48

エピソード文字数 670文字

 この時代に手話があれば、声が出なくても会話を交わすことが出来るのに。

 中学生の頃、近所の公民館で紗紅と手話を習ったことを思い出す。

 紗紅が傍にいてくれたなら……どんなに心強いか。

 私が暴走族に拉致されたあと、紗紅は無事だったのだろうか。

 まさか……
 紗紅まで……。

 紗紅の安否が気になり、箸が止まる。

「帰蝶、口に合いませぬか?久しぶりの食事ゆえ、無理をせずよく噛んで食べるがよい」

 私は小見の方の言葉に頷き、再び箸を動かす。部屋に仕える侍女達は、私を帰蝶と信じ、誰一人疑う者などいなかった。

 後ろめたい気持ちを抱えたまま、私は朝食を終える。食事のあとは、小見の方に武家の作法や茶道や華道、立ち振る舞いや舞踊を習う。

「そうではございませぬ。帰蝶はそのようなはしたない振る舞いは致しませぬよ」

小見の方が手にしている扇子が、私の手の甲をピシャリと叩く。

(申し訳ございません)

「そなたは口が聞けぬのじゃ。口が聞けぬからには、立ち振る舞いや顔の表情で気持ちを表すしかないのじゃ」

(……はい)

慣れない姫衣は重く窮屈で、歩くだけでも一苦労だった。

 翌日も、翌々日も、私が帰蝶になるための厳しい特訓は続いた。この時代の学問や和歌も無我夢中で勉強をした。没頭していると、辛い現実から逃れることができた。

 ――数日後。

「小見の方様、明智光秀(あけちみつひで)殿がお越しになりました」

 明智……光秀。

 謀反を起こし織田に反旗を翻し、信長を本能寺で襲撃し、死に追いやった歴史的人物。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

斎藤紗紅(さいとうさく)16歳

レディース『黒紅連合』総長

 斎藤美濃(さいとうみの)17歳

紗紅の姉、家族想いの優等生

 織田信也(おだしんや)20歳

紗紅の交際相手

元暴走族

 織田信長(おだのぶなが)

戦国武将

明智光秀(あけちみつひで)

戦国武将

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み