88

エピソード文字数 873文字

 だけど信勝は……、それすらも許してはくれなかった。

 刀まであと数センチのところで、あたしの手首は無情にも信勝に取り押さえられる。

「観念するのだな」

 信勝はあたしの唇を貪るように奪った。その唇に噛みつくと、信勝は血の滲む唇を指で拭い、口角を引き上げ不敵な笑みを浮かべた。

 ――もうダメだ……。

 残された道は、この舌を噛み切るしかない。

 ギュッと瞼を閉じ、死への覚悟を決める。

 ――その時、あたしの体の上でズブリと鈍い音がした。生温かなものが顔に飛び散り、一瞬何が起こったのかわからず閉じていた瞼を開く。

 目の前には、信勝の苦痛に歪んだ顔があった。目は見開き、大きく開いた口からは血が滴り落ちる。

 信勝の胸からは刀の刃先が突き出し、ドクドクと脈を打つように血が吹き出していた。その無残な姿に思わず息をのむ。

「……ひっ」

 信勝の体がドスンと、あたしの上に崩れ落ちた。その体は小さく痙攣していたが、すぐに動かなくなった。

 あたしの視線の先には……
 鬼のような形相をした信長が立っていた。

 背後から信勝の心臓を刀でひと突きし死に至らしめた信長は、遺体の背中に左足を掛け刀を一気に引き抜いた。
 
 体から赤い血が噴き出し、信長の顔も体も血に染まる。

 信長はあたしに覆い被さる信勝の体を、左足ではね除けた。畳に広がる血の海の中で、あたしは横たわったままガクガクと体の震えが止まらなかった。

 信長は怒りに震えながら、あたしを見つめた。

「紅、大事はないか?これでもう信勝に危害を加えられることはない」

「……どうしてこのようなことを。……どうして。信勝殿は殿の弟ではござりませぬか」

「信勝の謀反を黙って見過ごすわけにはゆかぬ。話し合う余地あらば和睦するつもりだったが、まさか、そなたに手を出すとは……。紅を侮辱する者は、たとえ血を分けた兄弟とて許さぬ」

「……あたしのために、弟を殺めたと……?」

「紅を守るためならば、相手が誰であろうと、わしは鬼となり斬り殺す」

「……信長様」
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

斎藤紗紅(さいとうさく)16歳

レディース『黒紅連合』総長

 斎藤美濃(さいとうみの)17歳

紗紅の姉、家族想いの優等生

 織田信也(おだしんや)20歳

紗紅の交際相手

元暴走族

 織田信長(おだのぶなが)

戦国武将

明智光秀(あけちみつひで)

戦国武将

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み