会長としてすべきこと。 ②

文字数 3,210文字

『分かりました。――あの、一度こちらにお戻りになりますよね?』

 彼はわたしがあのまま直帰するとでも思っていたのだろうか? でも、バッグは会長室に置いたままだったし、出社時と退社時の送迎は彼の務めだったので、わたしがひとりで帰宅する可能性はほぼゼロに近かった。

「うん。もう話は終わったから、これから戻るわ。じゃあ、また後で」

 電話を切ると、わたしは山崎さんに改めて言った。

「それじゃ、わたしは上に戻ります。明日の会議、よろしくお願いしますね」

「はい。わざわざお疲れさまでございました」

 人事部長室を出ると、わたしは秘書の女性を始め、まだお仕事中だった社員のみなさんに「おジャマしました」と声をかけてから、人事部を後にした。

 ――再びエレベーターに乗り込み、四階上の会長室に着いた頃には、ちょうど彼もわたしがお願いしていた電話を終える頃だった。

「――はい。急なお願いで申し訳ございません。では明日の会議、よろしくお願い致します。失礼します」

 彼は村上さんの携帯ではなく、内線で社長室に繋いでいたらしい。電話を終えると静かに受話器を戻し、わたしのヒールの靴音に気づいて顔を上げた。

「――あ、会長。お帰りなさい」

「ただいま。――村上さんも、明日大丈夫って?」

「はい。ということは、山崎専務も? ……というか、聞こえてらしたんですか?」

「うん……、ゴメンね。戻ってきたら、貴方まだ電話中だったんだもの。声をかけるのも悪いなぁと思って……。わたしがお願いしたことだったし」

 わたしは素直に、両手を合わせて彼に陳謝した。

「謝られる必要なんてありませんよ、会長。別に無理難題ふっかけられたわけでもないですし、あなたのお願いでしたら、僕は何でもお聞きしますよ。……惚れた弱みで?」

 最後にボソッと付け足された一言に、わたしは思わず吹き出した。……なるほど、悠さんのおっしゃっていたことは本当だったらしい。

「会長、ありがとうございます。僕が苦しめられた問題のために、わざわざ会議まで開いて下さるなんて……」

「まあ、貴方を守るって約束したしね。それにこれは、貴方のためだけじゃないの。会社のイメージにも関わる問題だし、来月から働いてくれる新入社員のためにも、今年度中に解決しなきゃいけないから」

「なるほど。そういうことでしたか」

 我が〈篠沢グループ〉は――、少なくとも中枢である篠沢商事は、世間から優良ホワイト企業というイメージで通っている。そのため、毎年の入社希望者が多いのだけれど、パワハラなんて問題がのさばっていたら、四月に入社してくれる新入社員の人たちを騙し討ちにするようで(まこと)()(かん)だった。

「――そういえば、あっちのテーブルの上、カップ置きっぱなしでした。洗って片付けてこないと。ちょっと行ってきます」

「じゃあ、わたしもお手伝いするわ。たまにはね」

「よろしいんですか? ありがとうございます」

 彼はすっかり空になっていた三人分のカップや湯呑みをトレーに回収し、わたしがドアを開けて、二人で給湯室へ向かった。

 初めて足を踏み入れる給湯室は、彼のもう一つの「城」のような場所。もちろん、秘書室に在籍している他の社員も利用するのだけれど、その一画に揃えられている彼愛用のコーヒー道具一式には、誰ひとり手を触れないのが暗黙のルールになっているようだった。
 それはなぜかというと、村上さんも山崎さんも、コーヒーはインスタントしか飲まないから、なのだとか。

「わぁ……、本格的ね。これでいつも淹れてくれてるのね。ホントにバリスタみたい」

 わたしが彼の愛用品に感動していると、彼は眉を軽くひそめた。

「どしたの?」

「……やめて下さい。兄に言われたことを思い出してしまうんで」

「あぁ~……、さっきの話ね」

 お兄さまに「兄弟で喫茶店をやろうぜ」と言われたことが、本人には不本意だったようだけれど。わたしには、彼が白シャツ・黒パンツに長いバリスタエプロンをして、喫茶店の厨房に立っている姿が簡単に思い浮かんだ。

「そんなにイヤなの? 似合いそうだけど」

「イヤというか……。バリスタには興味あるんですけど、兄と一緒に店やるのだけは御免被りたいんです。野郎同士で仲良し兄弟って、なんか気持ち悪くないですか? ムサいというか」

 どうやら彼は、「ブラコン」だと周りから冷やかされるのがイヤなようだった。わたしには兄弟・姉妹がいないため、その感覚がよく分からなかった。

「どうなのかなぁ……。わたしはひとりっ子だから、兄弟の関係がどうとか分かんないけど。仲がいいのはいいことだとは思うな」

「……まぁいいですけど」

 彼はムスッとしたまま、水を張った洗い桶にカップと湯呑みを浸け、洗剤を泡立てたスポンジで洗い始めた。
 わたしは彼がすすいだ食器をクロスで拭いて、食器棚にしまうのを手伝おうと、水切りカゴの前で待っていたのだけれど。

 ――不意にわたしのジャケットの右ポケットで、スマホが震えた。

「……ちょっとゴメンね、電話みたい。――ん? この番号って」

 どこかで見覚えのある番号、と思ったら、その日に教わったばかりの悠さんの携帯番号だった。

「――もしもし、悠さんですよね? 先ほどはどうも。――あの、どうなさったんですか?」

 素早く通話ボタンを押し、わたしは応答した。
 一体何のご用件だろう? 忘れ物でもされたのかしら? ――わたしには、彼がわざわざわたしのスマホに電話してきた理由が思い浮かばなかった。

 そして、その隣では発信者がお兄さまだと知って、彼が(ぶっ)(ちょう)(づら)で立っていた。

『ああ、絢乃ちゃん。まだ仕事中だろ? ゴメンな。――いや、別に大した用件じゃねえんだけどさ、さっき訊き忘れたことあって』

「訊き忘れたこと?」

『うん。――あのさ、絢乃ちゃんって誕生日いつ? もうすぐだってのは、アイツから聞いてんだけど』

 ……ああ、なんだそんなことかと、わたしは脱力した。

「三日です。四月三日」

『四月三日かぁ。んじゃ、あと一週間ちょっとだな。ありがと。――悪いけど、貢に代わってくれる?』

「えっ? ……はい。――お兄さまが、貴方に代わってほしいって」

 わたしがスマホを差し出すと、彼は受け取るなり電話に向かって噛みついた。

「オイ兄貴っ! そんな用件でわざわざ会長の携帯にかけるくらいなら、最初っから俺に電話しろよ!」

『だってさぁ、絢乃ちゃんの誕生日、お前に訊くワケにいかねぇじゃん? やっぱ本人に訊かねぇとさぁ』

「あー……、まぁなあ。そうだけど」

 彼は完全に悠さんのペースに引っぱられ、いつの間にか毒気を抜かれていた。

『だろ? っつうワケでさ、お前、プレゼントちゃんと考えてやれよ? 今回は失敗(しく)んじゃねぇぞ。お前の物選びのセンス、めちゃめちゃ悪ぃもんな。いつだったか、彼女にドン引きされてたじゃん?』

「やかましいわっ! つうか、絢乃さん横にいんだぞ? そういう話はやめてくれ!」

 彼は小声でまくし立てていた。兄弟ゲンカは非常に微笑ましいのだけれど、わたしに聞かせたくない話なのだろうかと、わたしは小首を傾げていた。

『お前、いい加減センス磨けや。あっ、何ならオレも一緒に選んでやろうか? この兄ちゃんに任せなさい♪』

「遠慮被るよ。確かに兄貴の物選びのセンスはピカイチだし、女性のツボもちゃんと心得てるけど。絢乃さんが兄貴に心変わりしそうでコワい。……あ」

『「あ」?』

 不用意な発言をしてしまったことに気がついた彼の顔には、ハッキリと「ヤベぇ」と書いてあった気がする。
 彼はしきりに、わたしにペコペコと頭を下げていたけれど、わたしは苦笑いしつつ、言ってしまったことは仕方ないと肩をすくめて見せた。

『心変わりって……。お前、ついに絢乃ちゃんの彼氏になったのか! よかったなぁ!』

「……うん。そうなんだよ、あの後すぐに、めでたく両想いになってさ」

 お兄さまにそう話す彼は、満更でもなさそうだった。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

篠沢絢乃(しのざわあやの)

私立茗桜女子学院・高等部二年A組。

四月三日生まれ、十七歳。O型。

身長一五八センチ、体重四四キロ。胸はDカップ。

趣味は読書・料理。特技はスイーツ作り・英会話。好きな色は淡いピンク。

主人公。高二の一月に『篠沢グループ』の会長だった父・源一(げんいち)をガンで亡くし、父の跡を継いで会長に就任。

小学校から女子校に通っているため、初恋未経験。

大のコーヒー好き。ミルクと砂糖入りを好む。

桐島貢(きりしまみつぐ)

篠沢グループ本社・篠沢商事・秘書室所属。大卒。

五月十日生まれ、二十五歳。A型。

身長一七八センチ、体重六〇キロ。

絢乃が会長に就任する際、本社総務課から秘書室に転属し、会長付秘書になった。マイカー(軽自動車→マークX)を所持している。

恋愛に関しては不器用で、現在も彼女なし。

絢乃と同じくコーヒー党。微糖を好む。スイーツ男子。

中川里歩(なかがわりほ)

私立茗桜女子学院・高等部二年A組。

五月二十四日生まれ、十七歳。B型。

身長一六七センチ、体重五三キロ。胸はCカップ。

初等部からの絢乃の同級生で大親友。バレーボール部に所属し、キャプテンを務めている。

数ヶ月前から交際中の、二歳上の彼氏がいる。

コーヒーは、ミルク多めを好む。

※このアイコンではセーラー服着てますが、本当の制服はブレザーです。

篠沢加奈子(しのざわかなこ)

篠沢グループ会長代行。篠沢家当主。短大卒。

四月五日生まれ、四十三歳。O型。

身長一六〇センチ、体重四五キロ。胸はDカップ。

絢乃の母で、よき理解者。娘が学校に行っている間、代わりに会長の務めを果たしている。

亡き夫で婿養子だった源一とは、見合い結婚だったがオシドリ夫婦だった。

大の紅茶党。ストレートティーを好む。

ちなみに、結婚前は中学校の英語教諭だった。

桐島悠(きりしまひさし)

フリーター。飲食店でのバイトを三ヶ所ほど掛け持ちし、調理師免許を持つ。

六月三十日生まれ、二十九歳。B型。

身長一七六センチ、体重五八キロ。

桐島貢の兄。一人暮らしをしている弟の貢とは違い、実家住まい。高卒でフリーターになった。

貢曰く、かなりの女ったらし……らしい。兄弟仲は決して悪くない様子。

愛煙家である(銘柄はメビウス)。

阿佐間唯(あさまゆい)

私立茗桜女子学院・高等部三年A組。※絢乃、里歩とは三年生から同じクラス。

七月二十四日生まれ、十七歳。B型。

身長一五四センチ、体重四一キロ。胸はBカップ。

三年生で初めて絢乃、里歩のクラスメイトになる。マンガ・アニメ研究部に所属。

男子バレーボールが題材の『ドラゴン・アタッカー』というアニメにハマっている、いわば「オタク少女」。その縁で、バレー部員である里歩と親しくなり、絢乃とも仲良くなった。

一つ年上の大学生・谷口浩介(たにぐちこうすけ)という彼氏ができたばかり。

レモンティーが好き。

村上豪(むらかみごう)

篠沢グループ本社・篠沢商事の代表取締役社長、常務兼任。大卒。四十五歳。

絢乃の父・(旧姓・井上)源一とは同期入社で、同じ営業部だった。源一が会長に就任した際に専務となり、常務を経て社長に。源一亡き後、絢乃の会長就任に際して再び常務を兼任する。

源一とは恋敵でもあったようで、結婚前の源一と加奈子を取り合ったことも。現在は一つ年下の妻と、絢乃より三つ年下の中学生の娘がひとりいる。

源一の死後は、父親代わりに絢乃を支えている。

コーヒーにこだわりはなく、インスタントでも飲む。

山崎修(やまざきおさむ)

篠沢グループ本社・篠沢商事の人事部長。専務兼任。大卒、五十二歳。

総務課で続いていたパワハラ問題に頭を抱えており、人事部長として責任も感じていた。

真面目でカタブツだと誤解されがちだが、実は情に脆い性格。三歳年下の妻と二十二歳の娘、二十歳の息子がいて、自分の子供たちが篠沢商事に入社してくれることを期待している。

広田妙子(ひろたたえこ)

篠沢グループ本社・篠沢商事の秘書室長。大卒、四十二歳。秘書室に異動した貢の直属の上司。

入社二十年目、秘書室勤務十年のベテラン。バリバリのキャリアウーマン。職場結婚をしたが、結婚が遅かったためにまだ子供には恵まれていない。

絢乃とは女性同士で気が合う様子。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み