第三十二章 『仙士』の、『合』の使用目的

エピソード文字数 1,886文字

「……これも、『仙士』の術か!」
 彪は、起き上がる死体の前で、暎蓮を自分の後ろに下がらせて、自身も後ずさりしながら、言った。暎蓮も、言う。
「どうやら、これが、本当に、最後の『現代の最新邪術』のようですね」
 広げられた引き出しの中で、死体の下にたかっていた虫たちが散りだし、『合』の本体は、ゆっくりと半身を起こした。彼が寝ていたあとには、大きなしみが広がっている。
『……どうだ。……生き返れた。生き返れたぞ!』
 勝ち誇ったように、『合』は、叫ぶと、両手を上げた。そのまま、足を動かし、引き出しの外に出てくる。彼が歩みを進めるたびに、腐った体液で、部屋の中の床に、濡れて、引きずられた痕が残った。
 『合』は、まず、彪に、全身から『邪気』を放つ風を浴びせてきた。彪が、片手を上げ、『結界術』を張り、暎蓮を護りつつ、言う。
「……なるほどね。……しっかし。街の『仙士』の『術』も、侮れないってことがよーくわかったよ。……まったく!」
 彪は、言いざま、片手を出して、『合』に向かって、自分の『聖気』を塊にしたものを、次々に、位置を変えてぶつけてやった。
 『聖気』がぶつかった箇所から、黒煙が上がって、『合』の肉体が少しずつ崩れる。だが、それでも、『合』は、笑っていた。
「彪様、……この方、すでに……」
 暎蓮が、彼の肩につかまり、彼とともに後ろに下がりながら、言う。
「うん。普通の精神状態じゃ、ない」
 彪は、床から、先ほどまで自分が使っていた『邪気』を込めた杭を取り上げて、迫ってくる『合』の姿を見ながら、暎蓮に言った。
「……お姫様。『合』は、実験体にされたのかもしれない」
「実験体?」 
 暎蓮が、後ろから彪の顔を覗き込む。彪も、『結界術』を強化しながら、彼女に顔を向けて、うなずいた。
「……『合』に渡された『邪術』の多くは、『現代式』だ。この『邪術』を考案した『仙士』は、『合』を使って、『邪術』の練られ具合を確認して、しかも三十年にわたって、『合』からお金までとってた。この事実を踏まえると、……俺は、『合』は、悪い『仙士』に『使い捨て』の実験体にされたんじゃないかと思う」
 暎蓮が、単衣の袖を口に当てて、絶句した。……そして、声を絞り出す。
「……なんてことを……」
「まあ、だからって『合』に同情するべきかどうかは別の問題だけれどね。この男も、相当ひどいやつだったらしいから」
 そう言いながら、彪は、杭を使って彼の『結界』を破ってこようとする『合』に向けて、時間稼ぎに、開いた扇で『破邪の風』を送った。……しかし、実体を持っている『合』には、その攻撃は、体の表面を少し焼かれた程度の痛みにしか感じられなかったらしく、彼は全身から黒煙を上げつつ、再び彪と暎蓮に迫った。その顔が、狂気を宿した笑みを浮かべている。
 ……それはともかく、まずい。長丁場の戦いで、自分の『聖気』も残り少なくなってきたのだ。
 相手の力は、さすが『仙士』から何度も力を受けているだけに、しぶとい。
 しかし、彼は、暎蓮をおびえさせないように、軽口をたたいた。
「あーあ、この部屋、こんなになっちゃって。……あとで、俺が修復するしか、ないんだろうなあ。こんなことになるなら、最初から、部屋の外に出てもらって戦えばよかったよ」
 思わず半分くらいは本音の愚痴が出る。
「彪様」
 暎蓮に向かって振り返り、笑ってみせる。
「大丈夫だよ、お姫様」
 暎蓮は、彪に微笑んだ。
「はい。大丈夫です。……私には、彪様がついていてくださるのですから」
 それを聞いた彪が、思わず顔を真っ赤にする。……だが、彼はすぐに、まじめな顔になって、『合』に向かい、言った。
「……正気を失くしたあんたに今さら言っても仕方がないことだけれど。一応、言わせてもらう」
 『合』が、杭を振り上げようとしていた手を止めて、彪を見る。
「……まったく、あんた、聞けば聞くほど、本当に、恨みつらみばかりで、しかも、なんでも人のせい。さっきも言ったけれど、はっきり言って、気に入らない。……だから。……その『邪念』、……悪いけど、滅させてもらう」
「黙れ、小童が!」
 笑っているのか、怒っているのかわからない不気味な声音で、『合』は叫んだ。
 暎蓮に、彪は耳打ちした。
「俺が、もう一度、『縛術』をかけて、やつの動きを封じてみるから、お姫様は、弩でその瞬間を狙って」
 うなずきかけた暎蓮が、はっとしたように言った。
「……まずいです、彪様!」
「え?」
「……『破邪の矢』は、先ほど使ってしまいました」
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

白点 彪(はくてん ひゅう)

十三歳。『玉雲国』の『宮廷巫覡』で、強力な『術』を使える『術者』でもある。

この国の『斎姫』で初恋の相手、十一も年の違う憧れの『お姫様』である暎蓮を護るのに必死。

温和な性格。

甦 暎蓮(そ えいれん)

二十四歳。しかし、『斎姫』としての不老の力で、まだ少女にしか見えない。『玉雲国』の王である扇賢の妃。『傾国の斎姫』と言われるほどの美女。世間知らず。

彪が大のお気に入りで、いつも一緒にいたがる。しかし、夫の扇賢に一途な愛を注いでいる。

使う武器は、『破邪の懐剣』と『破邪の弩』。

桐 扇賢(とう せんけん)

十七歳。暎蓮の夫にして、『玉雲国』の王。『天帝の御使い』、『五彩の虎』の性を持つ。単純な性格ではあるが、武術や芸術を愛する繊細な面も。

生涯の女性は暎蓮一人と決めている。

彪とはいい兄弟づきあいをしている。愛刀は、『丹水(たんすい)』。

関 王音(せき おういん)

二十代後半。扇賢のもと・武術の師で、宮廷武術指南役。美しく、扇情的だが、『天地界』中にその名と顔が知れ渡っているほどの腕の『武術家』。

暎蓮にとっては、優しい姉のような存在。彪や扇賢にとっては、やや恐れられている?

愛刀は『散華(さんげ)』。

ウルブズ・トリッシュ・ナイト

二十代後半(王音より少し年下?)。扇賢のしもべで、『玉雲国』ただ一人の『騎士』を自称する、人間界の西方が出自の金髪美男。暎蓮に懸想しており、彪や扇賢とは好敵手関係?戦うときは銀の甲冑と大剣を持つ。マイペースな性格。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み