118

エピソード文字数 892文字

【信長side】

 ――安土城を築城し、そこを拠点とする。

 “丹波国の波多野秀治(はたのひではる)が叛旗を翻し、明智軍を含めた軍勢を大阪に派遣したが、本願寺軍に包囲され窮地に陥る”。明智軍の不甲斐なさに苛立ちを感じ、その報せに痺れを切らす。

「出陣じゃー!」

 わしは若江城に入り、みなの先頭に立ち本願寺軍に攻め入る。敵軍に銃撃され不覚にも負傷したが、それでも馬を走らせ追撃した。

 なにが己をそうさせているのか、何のために己は戦っているのか、刀を振り回し敵陣を追い詰め殺戮を繰り返すが、その答えは未だに見えない。

 苦戦を強いられていた明智軍と合流し、本願寺軍を撃破し、刀を天に振り上げる。

 腕から滴り落ちる赤い血が、刀から流れ落ちる敵軍の血と混ざり合い、己の手を赤く染めた。

「上様!ひとまず傷の手当てを!ここは我らにお任せ下さい!」

 若江城に退去したわしは、銃撃により数日間熱に魘され、床から動くことが出来ず傷が癒えるのを待つ。

 熱に魘されながらも、脳裏に浮かぶのは清洲城に残した紅のことばかり。

 このまま死んでなるものか。
 天下統一を成し遂げず、死んでなるものか。

 紅をこの乱世に残し、死んでなるものか……。

 ――数週間後、危機を脱し、月を見上げ紅のことを想う。わしに生きる気力を与え、命を救ったのは紅だ。

「上様!上様!」と、けたたましい声に、思わず振り返る。

 そこには髪を振り乱し、息を切らした紅の姿があった。形振り構わぬその姿に思わず笑みが漏れる。

「誰かと思えば、どうしたのだ。そのように騒がずとも、わしは生きておるぞ」

 紅は大粒の涙をポロポロ溢し、その場にヘナヘナとしゃがみ込んだ。

 夢にまで見た……
 ()い奴よ……。
 
 逢いたかったぞ……。
 
 畳にへたり込み、子供のように泣きじゃくる紅。立ち上がり、ゆっくりと紅に近づく。

「よく参ったな」

「……明智殿から於濃の方様に文が参り、上様がお怪我をされたと……。無我夢中で馬を走らせ参上した次第でございます」

「明智光秀め、余計なことを」
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

斎藤紗紅(さいとうさく)16歳

レディース『黒紅連合』総長

 斎藤美濃(さいとうみの)17歳

紗紅の姉、家族想いの優等生

 織田信也(おだしんや)20歳

紗紅の交際相手

元暴走族

 織田信長(おだのぶなが)

戦国武将

明智光秀(あけちみつひで)

戦国武将

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み