第2話(9)

エピソード文字数 1,142文字

「最近思い通りに興奮できていないから、この機会は逃せないの……! 仮に『チェンジ・マナ』で消されても、怒ってくれるまで出し続けるわ……!!
「はいはいやりますよやればいいんでしょ! ふざけんなボケナスっ! いい加減にしろクソボケ! 離せやドアホぉっ!!
「んぁぁぁぁぁぁぁぁぁんっ。久々のナイス怒られ、頂きましたぁっ」

 彼女はビクンと仰け反り、とてもとても感激。ちょこっと涎を垂らし、満面の笑みを浮かべた。

『優星……。コイツ、一日経つごとに悪化してるよな……』

 きっと、変人ウイルスに侵されてるんだ。多分そのうち、鼻血とかも出すだろうよ。

「ほらシズナっ、従ったぞ! 早く術を解いて力を収めろ!」
「はぁ、はっ、はぁ…………んっ。わかり、ましたぁ」

 変人はトロケそうな顔で頷き、指示通りに動く。
 これは、前にも言ったのですけども。コイツ、このまま溶けて消えねーかな。

『いたぞっ、魔法使い様だ! 魔法使い様っ、お待ちくださいっ!』
『どうか、アタシと握手をしてくださいっ! 少しだけでいいんでお願いします!』

 奇人シズナを睥睨していたら、衆人×100オーバーが追いかけてきた。
 ねぇ、なんで皆はこんなのと関わりたがるの? 握手したら、変人ウィルスに感染しちゃうよ?

『優星、そうカッカっするなよ。これって嬉しい事じゃないか』

 は? 突然なに言ってんの?

『大勢が追いかけてくるのは、慕われている証だ。仲間が人気者、いい事じゃないか』

 と、やけに爽やかな声が聞こえてくる。……さてはコイツ、自分は無関係だから楽しんでやがるな? 貴様は、この状況を楽しんでるだろ?

『俺は、素直な気持ちを口にしただけだ。優星、お前も内心は喜んでるんだろう?』

 よし、俺がいいと言うまで喋るな。もし喋っても相手にしないから覚悟しておけよ。
 はい、謎の声とのトーク終了。

「にゅむむぅ! ゆーせー君、前からも来たよーっ!」
「師匠、挟まれたぜよ! どうしようっ!」

 トークを終わらせていたら、前方からも衆人(こっちは200オーバー)がやって来だした。
 ……ここは運悪く左右に道がないので、俺達はまさに袋の鼠だ。これまでの状況、ならね。

「今はシズナに敵意がないから、空間を展開しても問題ない。レミアっ、空間を使ってスーパーまで移動するよ!」

 これなら、安全に動ける。ついでに――以後はシズナの裏切りに備え、徒歩での移動は全て『戦場空間』にしよう。

「にゅむむんっ。はーい展開ですー!」

 レミアは怒られ好きではないので、すぐ周囲は独特の雰囲気になる。そうすると、よっし。読み通り衆人300オーバーはいなくなり、逃走劇は終わりとなりました。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

色紙優星 16歳の少年


高知県生まれの主人公。

リリウという神様の聞き間違えで魔王使いになってしまい、おまけに『究極奥義』と呼ばれる力を何個も持ってしまった高校生。優しく他人想いなのだが、彼はとあるセンスが全くないのであった……。

黒真レミア 16歳の少女


魔王、でありながら伝説の勇者の能力を持つ。冷徹でクールな容姿と声音を持つ美少女だが、性格はほわほわでお子ちゃま。『にゅむ』という独特な言葉を多用し、時にはにゅむのみで会話を行おうとする。例「にゅむーむ。にゅむ。にゅむりん」。

なお愛用の武器である聖剣は魔王の天敵であるため、使うと痺れる。

金堂フュル 16歳の少女


伝説の勇者、でありながら伝説の魔法使いの能力を持つ。元気一杯の猫っぽい女の子で、高知県の英雄・坂本竜馬の大ファン。そのせいで『ぜよ』と中途半端に覚えた土佐弁を使い、主人公のことは『師匠』、仲間のことは名前のあとに『先生』とつけて呼ぶ(例えばレミアの場合はレミア先生)。

なかなかにおバカな女の子。

虹橋シズナ 17歳の少女


伝説の魔法使い、でありながら魔王の能力を持つ。大和撫子然とした容姿を持つ美少女であり、主人公の義理の従妹。

重度の怒られ好き。

とにかく変で厄介で面倒くさい人。

茶操ユニ 18歳の少女


伝説のドールマスター、でありながら伝説のプリーストの能力を持つ。キグルミ族という一族の人間で、閉園したテーマパークのキャラクター・二足歩行ウサギの着ぐるみを着ている。口癖は、ミョン。

実はお笑いにうるさく、親戚は某有名人。

プリースト神 年齢不明


茶操ユニが持つプリーストの杖に宿る、プリーストの神様。

実は……。

橙式エイリ 14歳の少女


伝説のモンスターテイマー、でありながら伝説の召喚士の能力を持つ。所謂スケバン然とした容姿と声を持つが、グループ最年少の中学生でみんなの妹的存在。でもレミアやフュルよりずっとまともで、ヤツらの方が妹的存在な気がする。

野菜が大好きで、とても詳しい。

タンザ・クー 年齢不明


橙式エイリの召喚獣で、俳句世界(はいくわーるど)の王女。

タンザが姓で、クーが名。

二万年後に、地球の傍に誕生する世界からやって来た。


色紙育月 16歳の少女


高知県大豊町在住の、優星の従妹。中学卒業と同時に本格的にピーマンの生産を始め、今ではテレビの取材を受けるほどになっている。


薄幸の美少女然とした容姿と、従兄想いの優しい性格が自慢の従妹です! by色紙優星

謎の声 年齢不明


優星にだけ聞こえる、不思議な声。

なぜか正体を明かそうとしない。

リリウ 神様


願いを聞き間違えて、優星を魔王使いにしてしまった神様。

神様の世界で流行しているゲームに夢中で、神様のお仕事はほとんどしない。

とってもダメな、神様(?)な神様。

麗平活美 16歳の少女


ストロベリーブロンドのドリルヘアーが特徴の、優星のクラスメイト。

お嬢様然とした容姿で気品があるように見えるが、非常に活発。実は……。

空霧雲海 16歳の少年


頼れる兄貴系の容姿と性格を持つ優星の同級生であり、悪友であり、重度のオタク。

作中に登場する名曲(迷曲)を作った人。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み