詩小説『めんどくさい恋をしよう』全ての女子へ。

エピソード文字数 561文字

めんどくさい恋をしよう。

そこからはふたりきりで歩き出し、どちらからともなく自然に手を握り合う。

酔っているなんて口実作り。とろんとしてきたねなんて言って。顔赤いねなんて言い返して。

ドキドキと言ってしまえばいいのか? ワクワクと言ってしまえばいいのか? この瞬間がたまらなく好き。

寝るだけだからね。寝るだけだったらいいよなんて言ってみる。ほんとは言葉と心、裏腹なのに。

身を隠すように入り込んだホテルで、急に口数が少なくなる。ただ微笑みを絶やさない。しらけないようにと。

可愛い声を出してみて。なにしてんだろうって我に返るその前に。こんな自分も嫌いじゃないって言い聞かす。

ほら、寝るだけって言ったでしょって。私ここで寝るから。向こうで寝てねって。

あなたの顔をちらりと伺う。困った顔に思わずきゅんとくる。このまま寝るわけないじゃない。

めんどくさい恋をしよう。
まるで初めてのように。

めんどくさい恋をしよう。
この過程を楽しむように。

めんどくさい恋をしよう。
受け身な私でいさせてほしい。

めんどくさい恋をしよう。
結局みんな少女漫画を観て育つ。

めんどくさい恋をしよう。
この気持ち、流れ作業で扱わない。

めんどくさい恋をしよう。
この気持ち、理由づけにも温めよう。

そんな夜だ。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

主人公はあなたです。それぞれの恋愛模様を『詩小説』で。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック