第2話 事件

エピソード文字数 1,692文字



 深刻な顔つきの俺を、親父が不思議そうに目で追っていた。

 ……綺麗な爪……いつもハンカチの上に載せていた……

「あっ!」

 親父が俺の声に驚いて、口に入れようとした胡瓜の漬物を箸から落とした。

「ああ、びっくりした。思い出したのか?」

「……ああ」

「で?加害者か?被害者か?」

「未解決事件の容疑者だ――」

「えー?嘘だろ?」

 ――今から十五年前、歌舞伎町のクラブ『凛』のホステス、飛鳥、当時二十四歳が自分の部屋のベッドの上で殺されていた。死因は窒息死。物色された形跡により、強盗殺人と断定。
 鍵が掛かってなかったため、容疑者は客や従業員は素より、出前の蕎麦屋から新聞配達まで他方に及んだ。調べ尽くしたが、結局、真犯人を挙げることができず、迷宮入りになった。
 だが、一人だけ、疑わしい人間がいた。それが、鈴木裕子、当時二十三歳だった。裕子は飛鳥と同じ店で働いていたが、事件の翌日に、伸ばしていた爪を短く切っていたという証言があった。
 爪が伸びていたら指先に力が入らない。人を殺すには、爪を切る必要があった。……裕子に疑いを持ったのは、そういう理由からだった。

 当時、その事件の担当をしていた俺が、店に聞き込みに行った時は、既に店を辞めた後だった。

 裕子のアリバイは、壁の薄いアパートの隣人によって証明された。

〈ええ、その時間はいました。彼女、軽い咳をする癖があるんですけど、それも聞こえてたし、テレビの音も聞こえてました〉

 だが、それらの音はタイマー操作の録音という可能性もある。




『凛』に再度、聞き込みに行った。

「その、裕子というホステスはどんなタイプですか?」

「そうね……飛鳥が薔薇なら、裕子は秋桜かしら。清潔感のある子でね、透明のマニキュアを塗った、程よい長さの爪を、綺麗にアイロンを掛けたハンカチの上に載せていた。
 一年も働いているのに、初めてのお客さんから、新人さん?て聞かれるくらい、素人ぽかったわ。話上手というより、聞き上手だったわね。辞めて欲しくなかったけど、一か月前から決まってたから……」

 白地の結城紬を着た、ママの眞弓が長大息を吐いた。

「……一月前から決まってたのか……写真はありますか?」

「ええ。竹山、十周年のときの写真、持ってきて」

「はい、ただいま」

 ボトルを拭いていた支配人の竹山が振り向いた。

「……刑事さん、まさか、裕子を疑ってるんですか?もしそうなら、お門違いですよ」

 眞弓が鼻で笑った。

「どうして?」

「彼女は、水商売という水中で泳ぐ魚ではないからです」

「……」

「彼女には何か目標があった。だから、目立たないように、問題を起こさないように、無難を心掛けていた。つまり、水商売に執着しない人間は、夜の世界で溺れることはしないということです」

「ママ、ありました」

「ああ、これこれ」

 竹山が持ってきた写真を俺に見せた。

「前列の右端の子。着物がよく似合ってるでしょ?私の着物を上げたの」

 確かに美人だったが、寂しそうな表情をしていた。――



 ――その時に裕子の顔を見ていたのだ。だが、余りにもイメージが違っていた。写真の裕子はどちらかというと、“陰”だが、実物の裕子は、“陽”だ。本質はどっちなんだ?



 俺の相棒だった篠崎に、その事件の時の事情聴取のコピーをFAXで送るように頼んだ。

 ――果たして、篠崎からのFAXには、俺の記憶通り、鈴木裕子、とあった。……だが、仮に裕子が真犯人だとしたら、時効を目の前にして、なぜ、こんな人目のある温泉宿に現われたんだ?

 裕子の書いた番号に電話をしてみた。

「……もしもし」

 中年の男の声だった。

「あ、鈴木裕子さんはいらっしゃいますか?」

「どなた?」

 男は無愛想なものの言い方だった。

「はぁ、油絵教室の者ですが」

「旅行に行ってますが、何か?」

「いえ、また、電話します」

 裕子の電話番号であることは間違いなかった。だが、相手の男は何者だ?
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み