第1話「余計なお世話なんだけど?」

文字数 2,454文字

「ありがとうございました」
 小袋を大切そうに抱え、女学生は俯きながら店を走り去る。その背中へ、男はにこやかに微笑みかけた。
 ドアベルの余韻が消えるなり、彼は愛想笑いをふっと崩した。傍らにある商品棚には、「バレンタインクッキー」と記されたハートの札。明るいブラウン色のかごの中には、ハート柄の包み紙にラッピングされた小箱がいくつも並んでいる。中身はハート型のチョコレートクッキーが六つほど。中央にぽっかりとある空間は、先ほどまでに訪れた学園生が購入していった後だ。
 店のバレンタイン向け商品は飛ぶように売れている。
 今日は二月十三日。バレンタインデーは目前まで迫っていた。

 ――ショコラトリー・ブリュール。
 それは、ルーフス国都市・エカルラートにある素朴な洋菓子店だ。
 クッキーやマドレーヌといった焼き菓子に、エクレアやフォンダンショコラ、チョコレートムースといった洋生菓子も多く並ぶ。一番の売りはガトーショコラで、これを作らせればルーフス国中でこの店の右に出る者はいないだろうと言うほどの実力を誇るパティシエが在籍している。
 パティシエ達の類いまれなる実力はもちろんであるが、この店の魅力は確かな味とその価格帯にある。洋菓子のほとんどは富裕層や大人向けといった中々の値段であるが、「お一人様」サイズの少量のクッキーやマドレーヌなどの焼き菓子は金のない学生でも手が届き、子供から一般客まで人気を博している。また、店の近くにはソル・ヴィザス魔術学園があることも関係し、学生の利用も多い。
 質素な店構えながらも、都市エカルラートではその名を知らぬ者はいない有名店である。

 先ほど売れたばかりのバレンタインクッキーも、学生向けに展開している低価格商品の一つだ。十三日の今日は、朝からこの商品が何十セットも売れている。
 会計を担当する青年・ラズは、今日だけでどれほど売り上げたのだろうなと腕を組んだ。奥から何度補充したか分からないし、キリのいい値段をどれほど口にしたかもよく覚えていない。もちろん、制服を着た客の数も覚えてはいなかった。
 ぽっかり空いた商品棚を均一にならしながら、ラズはため息をつく。
 ルーフスの人間は、バレンタインデーという行事に踊らされすぎている。丸い文字が躍る札を忌々しげに見つめ、ラズは思う。
 普段大して他人に感謝の言葉を伝えないくせに、こういう行事になると手のひらを返し出す。おまけに、学園では二月十四日に告白すると、愛が実るだのと言う噂話も囁かれていた。先ほど店を後にした女子学生のように、やたらそわそわと落ち着きがない客は、その迷信を哀れにも信じているということだ。学生とは言え、お花畑思考にもほどがある。
 ――そんな簡単に想いが通ずるほど、この世の中は甘くないのに。
 胸糞が悪い。ラズは奥歯を噛んだ。苦虫をかみつぶすような顔をして、商品をにらむ。すると、店のドアベルがカラカラと軽快な音を立てる。その音に、ラズははっとした。
「いらっしゃいませ」
 顔全面に作り笑いを貼り付け、極めて明るい声を繕う彼の笑顔は、どこからどう見ても人当たりのいい青年そのものだった。ほんの少し前まで、ひどく不愉快そうな顔つきだったと言っても誰が信じるだろうか。爽やかな笑みを浮かべながら、早々に商品棚の整列を終えると、カウンターの奥へ向かった。
 新たな客は、学園の女子生徒だった。また、だ。その制服姿に口の端がわずかに引きつったが、ラズに背を向けている彼女はそんなことに気づくよしもなく、焼き菓子のコーナーを見ながら顎に手を当てる。どちらにしようか、と、人差し指が二つの商品の間で揺れた。やがて意を決し、売れ筋品の隣にあった物を手に取った。ハート増し増し、ザ・バレンタインという装丁とは異なり、落ち着いた茶色と薄黄色のストライプ柄だ。ティーン向けというより大人向けであるそれは、値段にも現れており、隣のクッキーのおよそ二倍の価格帯である。学生の売れ行きはあまりよくない商品だ。しかし、彼女は吟味した上でそれを選んだ。
 女子生徒は商品を置くと、硬貨をトレーに早々に投げ入れ、カウンターに手をついた。そのまま身を乗り出すと、ラズの目をまっすぐに見つめてくる。
「お兄さん! あたし、明日一年年上のせんぱいに告白するんですっ!」
 金を数えようとしていたラズの手がピタリと止まった。
 彼女の目はキラキラと光り輝いていた。期待と興奮を胸に抱き、失敗する自分を想像すらしていないような、無垢で純粋な瞳だ。
 ラズはそれを軽く交わしながら金を預かり、釣り銭をトレーの上に置く。
「へえ、頑張ってくださいね」
 ラズは口元だけで笑ってみせると、心にもないことを言った。
 正直なところ、真っ先に頭に浮かんだ言葉は「馬鹿じゃないの」だったが、そんなことは口が裂けても言えない。
 ラズは日雇い契約である。
「せんぱい、かっこいいし、運動神経いいし、魔力もすっごくあって強いんですよ~。学年主席なんです」
 それ競争率高すぎて無理だよね、と思ったが、ラズは口に出さなかった。
 ラズは日雇い契約である。
 彼は早々にショッピングバッグへ商品を詰めると、客に差し出して微笑んでみせた。心からの営業スマイルである。
「恋愛、成就するといいですね」
 ラズはお客様を気遣うように優しい声で言う。無論、これも本心からの言葉では断じてない。
 しかし目の前にいる客はラズの腹の内を知るよしもない。彼女は目を丸く見開くと、大きくうなずいて笑った。
「ありがとうございますっ、お兄さん! ハッピーバレンタイン~!」
 釣り銭とショッピングバッグを受け取ると、女子生徒はラズに大きく手を振った。
 孫に手を振られた祖母のように、ラズは目を細めながら、狭い可動域で手を振り返す。
 やがてドアベルの余韻が消えたことを確認すると、ラズは木製のドアに向けて吐き捨てた。
「……余計なお世話なんだけど?」
 ラズは営業スマイルを崩さぬままの笑顔を浮かべていた。
 口元は完全に引きつっていたが。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み