キスの答え ⑤

文字数 3,205文字

「――さて、桐島さん。そろそろ話してくれないかしら? 貴方が昨日、わたしにキスしたホントの理由を」

 わたしは自分のデスクに戻ると、彼をデスクの前に呼んだ。それも、デスクを挟んだ向こう側、ではなくわたしが座っているOAチェアーのすぐ側に。

「……それは、昨日もお話ししたはずですが。ただ魔が差しただけというか、血迷ったというか……」

「それは聞いたわ。もちろん、それもウソじゃないと思うけど、わたしはホントの理由が知りたいの。貴方の本心が聞きたいのよ」

「それは…………」

 彼はたじろぎながらも、まだごまかそうとしていた。でも、わたしはこの時すでに、彼のわたしへの想いを知っていた。悠さんが話して下さったから。

「何を聞いても怒らないし、幻滅もしないし、もちろん貴方を解雇するつもりなんて毛頭ないから。そこは安心して話してくれない?」

「…………兄から、何かお聞きになったんですか?」

「……いいから、話してごらんなさいってば」

 痛いところを衝かれたわたしは若干うろたえつつも、彼に答えを催促した。

 そのまま数秒の沈黙があり、彼はやっとのことで口を開いた。

「――では、お話ししますが……。実は僕、初めてあなたに出会ったあのパーティーの夜から、絢乃さんのことが好きなんです。『幻滅しない』とおっしゃったので、思い切って白状しますけど、絢乃さんが高校生だとは知らずに一目惚れしてしまったんです。その後、加奈子さんからあなたが高校生だと知らされて、成人男性が女子高生を好きになるのって倫理的にどうなのか……とか、ちょっと考えもしましたけど。一度芽生えてしまった『好きだ』という気持ちだけはどうしようもなくて」

 わたしは口を挟まず、彼の告白を聞いていた。
 本当に一流のトップというのは、聞き上手でなければならない。――これもまた、今は亡き父の教えだったのだ。
 
 そして、彼の話を聞いていて思った。大人の男性が女子高生に恋をしてしまったことを、彼は「倫理的にどうなのか」と理屈で考えたらしい。
 でも、「恋は理屈じゃないんだよ」と里歩は言っていた。こういうところも真面目な彼らしいのかな、と思った。

「その後にお父さまがあんなことになられて……、正直、あなたの弱みにつけ込もうという気持ちもあったように思います。ですが、あなたは気丈に振る舞われていて、『ああ、この女性(ひと)はもう立派なレディなんだな』って、尊敬というか、ちょっと畏怖(いふ)にも近い感情を抱くようになりました。でもやっぱりあなたはひとりの女の子で、僕が支えてあげたいと思うようになりました」

 わたしはあの夜から、確かに彼に好意を抱き始めていた。だからこそ、家の前まで送ってくれた彼と別れる時に後ろ髪を引かれる思いがして、別れが名残り惜しくて連絡先を交換しようと思い立ったのだけれど、それは彼にとって迷惑なことなのではないかと、実は悩んでもいた。

 でも、それはわたしの思い過ごしだったのだ。彼もまた、わたしに恋をしたことに罪悪感のようなものを覚えていたのだ。
 だから連絡先の交換に快く応じてくれたし、父が病に倒れて帰らぬ人になるまでの間も、父が亡くなった後も、わたしのことを献身的に支えてくれていたのだ。

「絢乃さんのお力になろうと思ったのは、僕をパワハラから救って下さったご恩をお返ししたいという気持ちからでもありました」

「……恩返し?」

「はい。秘書室への異動を決めたのは、そのためでもあったんです。あなたが会長を就任された時に、僕がいちばん近い場所であなたの支えになりたいと。ですが、あくまで仕事上はボスと秘書という関係なので、仕事中は恋愛感情を持ち込まないつもりだったんですけど」

「……けど?」

 わたしが首を傾げると、彼は顔を赤らめながら、正直にすべて白状した。

「……その……、助手席でのあなたの寝顔があまりにも可愛かったので、つい我を忘れてしまって。もちろん、本当に絢乃さんのことが好きでキスしたんですけど、我に返ってからはもう、あなたに嫌われたらどうしようかとか、クビにされてしまうんじゃないかとかそんなことばかり考えてしまって」

 わたしは思わず笑い出してしまった。思いっきりバカ正直に、上司とはいえ八歳も年下のわたしに自分の弱い部分までさらけ出してしまう彼は、本当に愛すべき人だと。

 彼の気持ちがハッキリと分かった以上、今度はわたしの番。告白しようと決めるのに、もう何の(ちゅう)(ちょ)もなかった。

「……絢乃さん? 僕、何かおかしなこと言いました?」

「ううん、そうじゃないの。ありがとう、話してくれて。貴方の気持ち、すごく嬉しいわ。貴方が悩んでくれてたことも伝わったし、ホントに誠実な人なんだなぁって思った。……でもね、桐島さん。悩む必要なんてないのよ。わたしは貴方のこと、絶対にキライになったりしないから」

「え……、それって」

「わたしも、貴方のことが好きだから。初めて出会ったあの夜からずっと」

 目を瞠った彼の顔をまっすぐ見据えて、わたしは言った。

「わたし、貴方が初恋なの。初めて好きになった男性(ひと)が貴方でホントによかった」

「……ありがとうございます。光栄です。あなたの初恋の相手に、僕を選んで頂けて」 

「『光栄』だなんて、またオーバーな……」

 彼のリアクションにわたしは呆れたけれど、本当は嬉しくて仕方がなかったので、自然と笑みがこぼれた。

「バレンタインデーのチョコ、すごく美味しかったです。あれって、絢乃さんの僕への愛情が込もってたからあんなに美味しかったんですね。今気づきました」

「……うん」

 彼は当日のうちにも、「チョコ、美味しく頂きました」と連絡をくれたのだけれど。こうして本当の意味でのお礼を言ってもらえると、わたしも頑張って手作りした甲斐があったなぁと心がじんわり熱くなった。

「貴方はわたしがいちばんつらい時に、いつも心の支えでいてくれたよね。会長就任の挨拶の前も、今だってそうよ。貴方が秘書でいてくれて、どれだけ心強いか。……だから、わたしからもお願い。これからも、わたしのことを側で支えててほしいの。秘書としてだけじゃなくて、恋人として。……いいかしら?」

「はい! こちらこそ、よろしくお願いします!」

 おずおずと彼の表情を窺うように言うと、彼は何の躊躇もなく、わたしの想いを受け入れてくれた。

 わたしの彼への気持ちはもう(あふ)れる寸前で、わたしは次の瞬間、大胆な行動に出ていた。
 椅子から立ち上がると、背伸びをして自分から彼と唇を重ねていたのだ。

「……………………絢乃さん? 確かまだ、キスって二度目じゃありませんでしたっけ?」

 ポカンとした彼はわたしにそう確かめたけれど、わたしは後悔なんてしていなかった。

「……初めてじゃないから、自分からしても大丈夫かなって思ったの」

「そのわりには、お顔が赤くてらっしゃいますけど?」

「…………悪い?」

 わたしは少々バツが悪くなって、口を尖らせた。
 本当はわたしも、それほど気持ちに余裕があったわけではなかった。キスだって、二度目くらいでは慣れるはずがない。だってわたしは、男性にまったく免疫がなかったのだ。

「いえ、悪くなんかないですよ。絢乃さんのそういう初々(ういうい)しいところも可愛いなって思っただけです」

「…………そう」

 わたしはまた、彼のほんわかした笑顔にキュンとなった。「この人を好きになってよかった」と、心から思えた。

「――ねえ桐島さん。今までわたし、貴方に支えてもらってばかりだったね。だから、今度はわたしの番。これからは、わたしが貴方を守るからね!」

 わたしは彼を自分から抱きしめて、そう宣言した。
 部下を守るのは上司の務めだけれど、それだけじゃない。彼は本当は(もろ)い人なんだと分かったから、恋人としても彼のことを守ってあげたいとわたしは思ったのだった。

「ありがとうございます、会長」

 彼もまた、わたしをギュッと抱き返してくれた。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

篠沢絢乃(しのざわあやの)

私立茗桜女子学院・高等部二年A組。

四月三日生まれ、十七歳。O型。

身長一五八センチ、体重四四キロ。胸はDカップ。

趣味は読書・料理。特技はスイーツ作り・英会話。好きな色は淡いピンク。

主人公。高二の一月に『篠沢グループ』の会長だった父・源一(げんいち)をガンで亡くし、父の跡を継いで会長に就任。

小学校から女子校に通っているため、初恋未経験。

大のコーヒー好き。ミルクと砂糖入りを好む。

桐島貢(きりしまみつぐ)

篠沢グループ本社・篠沢商事・秘書室所属。大卒。

五月十日生まれ、二十五歳。A型。

身長一七八センチ、体重六〇キロ。

絢乃が会長に就任する際、本社総務課から秘書室に転属し、会長付秘書になった。マイカー(軽自動車→マークX)を所持している。

恋愛に関しては不器用で、現在も彼女なし。

絢乃と同じくコーヒー党。微糖を好む。スイーツ男子。

中川里歩(なかがわりほ)

私立茗桜女子学院・高等部二年A組。

五月二十四日生まれ、十七歳。B型。

身長一六七センチ、体重五三キロ。胸はCカップ。

初等部からの絢乃の同級生で大親友。バレーボール部に所属し、キャプテンを務めている。

数ヶ月前から交際中の、二歳上の彼氏がいる。

コーヒーは、ミルク多めを好む。

※このアイコンではセーラー服着てますが、本当の制服はブレザーです。

篠沢加奈子(しのざわかなこ)

篠沢グループ会長代行。篠沢家当主。短大卒。

四月五日生まれ、四十三歳。O型。

身長一六〇センチ、体重四五キロ。胸はDカップ。

絢乃の母で、よき理解者。娘が学校に行っている間、代わりに会長の務めを果たしている。

亡き夫で婿養子だった源一とは、見合い結婚だったがオシドリ夫婦だった。

大の紅茶党。ストレートティーを好む。

ちなみに、結婚前は中学校の英語教諭だった。

桐島悠(きりしまひさし)

フリーター。飲食店でのバイトを三ヶ所ほど掛け持ちし、調理師免許を持つ。

六月三十日生まれ、二十九歳。B型。

身長一七六センチ、体重五八キロ。

桐島貢の兄。一人暮らしをしている弟の貢とは違い、実家住まい。高卒でフリーターになった。

貢曰く、かなりの女ったらし……らしい。兄弟仲は決して悪くない様子。

愛煙家である(銘柄はメビウス)。

阿佐間唯(あさまゆい)

私立茗桜女子学院・高等部三年A組。※絢乃、里歩とは三年生から同じクラス。

七月二十四日生まれ、十七歳。B型。

身長一五四センチ、体重四一キロ。胸はBカップ。

三年生で初めて絢乃、里歩のクラスメイトになる。マンガ・アニメ研究部に所属。

男子バレーボールが題材の『ドラゴン・アタッカー』というアニメにハマっている、いわば「オタク少女」。その縁で、バレー部員である里歩と親しくなり、絢乃とも仲良くなった。

一つ年上の大学生・谷口浩介(たにぐちこうすけ)という彼氏ができたばかり。

レモンティーが好き。

村上豪(むらかみごう)

篠沢グループ本社・篠沢商事の代表取締役社長、常務兼任。大卒。四十五歳。

絢乃の父・(旧姓・井上)源一とは同期入社で、同じ営業部だった。源一が会長に就任した際に専務となり、常務を経て社長に。源一亡き後、絢乃の会長就任に際して再び常務を兼任する。

源一とは恋敵でもあったようで、結婚前の源一と加奈子を取り合ったことも。現在は一つ年下の妻と、絢乃より三つ年下の中学生の娘がひとりいる。

源一の死後は、父親代わりに絢乃を支えている。

コーヒーにこだわりはなく、インスタントでも飲む。

山崎修(やまざきおさむ)

篠沢グループ本社・篠沢商事の人事部長。専務兼任。大卒、五十二歳。

総務課で続いていたパワハラ問題に頭を抱えており、人事部長として責任も感じていた。

真面目でカタブツだと誤解されがちだが、実は情に脆い性格。三歳年下の妻と二十二歳の娘、二十歳の息子がいて、自分の子供たちが篠沢商事に入社してくれることを期待している。

広田妙子(ひろたたえこ)

篠沢グループ本社・篠沢商事の秘書室長。大卒、四十二歳。秘書室に異動した貢の直属の上司。

入社二十年目、秘書室勤務十年のベテラン。バリバリのキャリアウーマン。職場結婚をしたが、結婚が遅かったためにまだ子供には恵まれていない。

絢乃とは女性同士で気が合う様子。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み