第三三.五話 虎と爺【織田信秀】

エピソード文字数 3,087文字

 ◆天文十四年(一五四五年)十二月中旬 尾張国(おわりのくに) 清洲(きよす)城 織田信秀

「お呼びとのことで」
 下座に平手中務(なかつかさ)(政秀)が座る。長年、我が織田家の外交や内政に尽力してきた忠臣であり、吉の傅役(もりやく)でもあった。
 現在は吉の治める那古野(なごや)城で、彼女の寄騎(よりき)となっている。

「うむ。吉の様子を知りたくてな。那古野のアレはなかなかのモノらしいな」
「取引所のことですな。大盛況となっています」
「いや、こたつだ」
「プッ……こたつですか。確かになかなかのモノですな。比類なき心地良さでありますぞ」
「中務、(わろ)うたか?」
滅相(めっそう)もございません」

「して、ヌシは比類なき心地良さを味わったのか?」
「ええ。隠居したくなるほどの心地良さでありました。ぽかぽかと表現するらしいです」
「何ゆえ中務が、ぽかぽかを味わえるのだ? こたつは左近の屋敷にあると聞いたぞ」
「吉姫様が『爺は歳ゆえ冷える。左近のこたつで充分暖まれ』との仰せでして。まったく、優しい心持ちの姫でございます」

「ワシもぽかぽかを味わいたいものだ」
「いえ、無理でございましょう」
 中務が即座に否定する。実に気に入らない。ワシは織田家の当主であり、吉の父親であるぞ。
「何ゆえ無理なのだ。左近の屋敷のこたつであるからか?」
「姫に止められてますゆえ」

 なるほど、吉の裁量であったか。だが、理由が思いつかないぞ。
「なんと! 吉が止めるとは如何(いか)なる所存か」
「吉姫様は『父上がこたつで暖まると駄目になるゆえ、父上をこたつに入れてはならぬ』との仰せでして。まったく優しい姫です」
「優しく聞こえぬが……」
「父上が駄目になっては(いくさ)(まつりごと)ができぬ、との仰せでした。父思いの優しい姫ではありませんか」

 まったく父思いどころか、(しいた)げられている気がするではないか。
面白(おもしろ)うない! こたつはもうよいわ。して、那古野取引所はいかがか」
「諸国の商人が集まっており大盛況です」
「左様か。倉庫も盛況とのことだが」
「ええ。那古野取引所で米を取引する商人が多くなりましたゆえ、米を納める倉庫も盛況でございます」

 左近が米の取引所を開設した理由が、今ひとつ不明であるけれど、盛況とのことならばさしたる問題はあるまい。
「海上ほけんはいかがか」
「今はそれほどは儲かっていないようです。ですが左近によれば、百年先の未来には、絶対に必要な事であり、元手は掛けてないゆえ構わないとのこと」

 元手を掛けずに商人を動かしたのか。如何(いか)なる工夫をしたのだろう。まったく見当がつかない。それにしても百年先とはな。彼奴(きゃつ)は、どこまで先を見通しているのだろう。
「何と! 元手を掛けておらぬのか」
「はい。のうはうを見せて銭を出させ、かいしゃを作り上前をはねるとのこと」
 のうはうやら、かいしゃやら、いままでに聞いたことがないぞ。南蛮由来の言葉であろうか。

「よく話が見えぬが……」
「全くもって。ただ一連の策にて、元手がないところから、左近は三千貫(三億円)を稼ぎ出しました。さらには、毎月の運上金(うんじょうきん)が手に入るとのことです」
 三千貫だと? 信じられぬわ。

「元手のないところで三千貫も稼ぐ。……百年後の未来……恐ろしい男であるな」
「まことに仰せの通りで」
「それでいて、吉以外に、女の影はないのだな?」
「全くございませぬ」

 そういえば、(さち)を左近と親しくさせる中務の策は、どのようになったのか。
「女といえば左近との知恵比べはいかがした?」
「なかなか上手くいきませんな。若いながらもなかなか女子(おなご)には(なび)かぬようで」
 中務の見立てでは、五分五分とのことだったが苦戦しているようだな。

「プッ……身持ちが固いのか。それでは策は叶わないのではないか?」
「殿、笑いましたか?」
(わろ)うておらぬぞ」
「ただ役者もまんざらないでもないとのこと。今しばらくすれば吉報が届くでしょう」
 中務の目が妖しく光る。
 左近の様子を聞けば、吉に誠意仕えているらしい。監視や警戒はもちろん必要だ。だがあえて、吉の悲しむ策を強行する必要もない気がしてくるが、吉が家督を継ぐとなれば、婿は不要なのかもしれない。
 左近が吉以外の女子(おなご)を嫁にして、吉が左近を諦めてくれれば丸く収まるのだが。

「して、三河岡崎の策につき、ヌシは如何(いか)に思うか?」
「はっ! とても面白きことで。桜井松平(松平家次(いえつぐ))も乗り気です。実行は、来年になりますが」
「吉は『兵を出せ。だが恐らく戦にはならぬ』と言うておったな」
「吉姫様のことですから、またしても左近と図り、何か策を考えていらっしゃるのでしょう」

 中務の推測通りだろう。
「どうせ、あやつらのこと。岩倉(いわくら)犬山(いぬやま)にも、(はかりごと)を巡らせているのであろうよ」
 我が弾正忠(だんじょうのじょう)家に反感を持っているのは、まずは岩倉城の織田伊勢守(いせのかみ)信安(のぶやす)。次に犬山城の織田十郎(じゅうろう)左衛門(ざえもん)信清(のぶきよ)だからな。両名とも、先の清洲攻めの隙を突いて、兵を動かしている。
 岩倉と犬山に攻め入る名分は充分あるだろう。あとは、どのように吉と左近が潰すか、見ものであるな。

「恐らく。城攻めは不利なので、策にて勝つとのことです」
「大和守(織田信友)を討ったときのように、鮮やかな策であろうな」
「で、ありましょうな」
「ワシは隠居しても良いかもな」
「隠居は、吉姫様が許されないかと」
「吉がワシの隠居を許さないとはいかに?」
「子が増えて、要らぬ騒動になると」
 まったく! 吉は非常に頼もしい反面、お節介であるな。
「…………」
「…………」

「ところで、田畑はいかがか?」
「年貢関連の厳密な精査、()場の整え、開墾、農具改良、三年五作など行なっておりますな」
「なるほど。様々なことをしておるな。三年五作とは?」
「米、大豆、麦を春秋に三年間で五作するそうです。もちろん、成果はこれからの判断となりますが」

「農具といえば、すこっぷはこの清洲にもあるな。便利なこと比類なきである」
「全くです。穴を掘るだけでなく、ちょっとした武具にもなります」
「那古野で今話題の『年末巨大富くじ』も、あやつらの仕業であろう?」
「ええ。わしも家内に頼まれまして、二十枚ほど買っております」
「実はワシも三十枚ほど。買わずとも良いのだが、夢があるでのう」
「ええ、大晦日が楽しみとなりました」

「全くだ。さらには、兵農分離か」
「左様で」
「兵農分離は如何(いかが)であろうかな?」
「那古野では実績があります。将兵が那古野に住んでおりますので、その日のうちに出陣できます。田植え、稲刈りにも影響されません」
「うむ。出陣が早いので、城を少なくできような」
「はい。仰る通りでございます」

「わずか四か月だ。恐るべし……いや、頼りになる婿と言うべきかもな」
「まさに、婿のようですな。いつも仲ようございます」
「湯殿とやらにも、共に入るのか?」

「…………」
「いや、これは無粋であったな。ワハハ」
「わはは」
 清洲にも湯殿を造りたくなったわ。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

織田吉(三郎信長


 那古野城城主で周辺一〇万石の領主。織田信秀の嫡子。

 織田信秀の次男に生まれるはずが、どこで間違ったのか女性に生まれてしまった。見た目は現代風美少女だが男装を好む。最近はアクセサリーを頻繁に変える、鎧を着替えるなどオシャレに気を遣うようになっている。

 奥手で、『つるでぺた』を気にしているが実態は不明。


 戦場では鉄砲を使う。

 初陣で敵大将を討ち取るという大殊勲を挙げた。

 美濃の斎藤義龍との結婚計画があったが流れた。

 口癖は、一人称「ワシ」、二人称「ヌシ」、語尾は「のじゃ」、肯定は「で、あるか!」。「素っ首貰い受ける」もお気に入りのようだ。

 自分に理解を示した左近のことを、とても気に入ってやがて好意を示す。左近の部屋に入り浸っている。

 政治・外交・経済のセンスは抜群で、左近をはじめ周囲をしばしば驚かせる。

 頭に血がのぼると一直線な行動をとることも多い。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み