第48話 『死と乙女』③

文字数 1,543文字

 重そうな鉄製の観音扉が勢いよく開き、中から現れたのは正語(しょうご)の父親だった。

 正思(しょうじ)は身長は187センチと正語と変わらないが、体重は倍以上ある。巨漢だ。

 勝手に車を使ったと正語に文句を言った後、正思(しょうじ)はスッと黙った。

「……何しに、来たんだよ」と正語。饒舌な父親が黙ると不気味だ。

「正語くん、ラッコ鍋食べた?」と正思(しょうじ)は疑わしそうな顔をする。

「なんだ、それ」

「君、どこかでエロいことしたでしょ! 僕そういうの、すぐわかるんだよ!」

 正思(しょうじ)は突然、怒り出した。

 めんどくさい男だなと、正語はうんざりした。
 本気で放っておいて欲しい。

「事件の捜査もしないで、何やってんだよ!」

 正思(しょうじ)は悔しそうに頭をかきむしる。

「君みたいにチートなスペックの男は、ノンケの高校生に片思いでもしとけばいいのに、どうしてたまたま訪れた田舎町で、おいしいコトができちゃうわけ? 僕はここに何度も来てるけど、色っぽい思い出なんかまだ一つもないよ!」

 夫婦で来てたんだから当たり前だろと言いたいが、正語は黙った。
 一つ言ったら何十倍も返してくる父親だった。

「相手は男か女か知らないけどさ、気をつけなよ! 刑事と関係した者はたいてい殺されるか、真犯人だからね——」

 その時、遠くの方で悲鳴が上がった。

 正思(しょうじ)はさっと、声のした方に顔を向ける。

「正語くん、事件だ! 行くよ!」

 正思(しょうじ)は家の中に入った。

 正語も続く。
 ものすごい勢いで走る父親の後を追う。

「うおおおおおっ!」

 雄叫びを上げながら廊下を走っていた正思(しょうじ)は、ガラス扉の前で止まった。

「この向こうから聞こえた!」

 ガラス扉には鍵がかかっている。
 正思(しょうじ)は扉に体当たりをした。

「おりゃあああっ!」

 ガラス扉を破壊した。

 (おいおい、人の家だぞ……)

 扉の向こうは中庭だった。
 プールがあり、外灯の灯りで水面がきらめいている。
 だが人の姿は見えなかった。

「どうかしましたかああーっ!」

 正思(しょうじ)が大声で呼ばわると、「九我(くが)さん、テニスコートにいます! 来てください!」と男の声がした。

「智和さん! 今、行きます!」

 正思(しょうじ)はまた雄叫びを上げて走った。
 やれやれと、正語も続く。



 前を走る正思(しょうじ)は、低い垣根を身軽に飛び越えた。

「おりゃあっ!」

 正語は垣根のすぐ横に造られた小道を抜けた。

 (こっち通ればいいのに、なんでわざわざ飛びたがるんだ……)

 テニスコートに着いて、正語がまず目にしたのは、座り込んでいる女とその肩を抱いている智和だった。

「……向こうに、冴島(さえじま)町長が倒れてます……背中から、すごい血が出てるんです……」

 智和に言われるまでもない。
 コートのセンターマーク辺りに、人がうつ伏せに倒れているのが見えた。

 二人の親子は急いで駆け寄った。

「救急車、呼んでください!」走りながら正語が智和に向かって叫んだ。

「ダメです! 僕は野々花さんの側についてあげないと!」と智和は、自分にしなだれかかる女の肩を強く抱いた。

「だめだ、こんなド田舎、救急車なんかいつくるかわからない。僕の車で行こう」と、正思(しょうじ)はテニスコートに張ってあるネットを力任せに引き剥がした。

「これを担架がわりに使って!」と正語にネットを渡すと「車、とってくる」と正思(しょうじ)はまた走った。

「親父! 鍵!」

 正語は父親に車の鍵を投げた。
 ムダに華麗なジャンピングキャッチで鍵を受け取ると、正思(しょうじ)は雄叫びをあげて走り去った。

 正語は倒れている男を調べた。
 シャツの背中が血で濡れている。

 ——何かで刺されたのか……。

 現場の保全をしなければと考えていたら、男が呻いた。

「……あのこだ……あのこがやった……」

「誰です? 誰にやられたんですか?」

「……親切にしてやったのに……仇で返された……」

 ——正語が冴島から聞き出せたのは、そこまでだった。


 



 




 


ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

鷲宮秀一、主人公の高校生

九我正語(くがしょうご)、秀一の従兄弟、警察官

九我正思(くがしょうじ)正語の父親。人の恋愛感情を瞬時に見抜く特殊能力を持つ。

九我光子、正語の母親。秀一の伯母。

雅、介護士。雅は熟女スナックにいた時の源氏名。本名は不明

夏穂、秀一の幼馴染。秀一に片思い。

涼音(すずね)、秀一の幼馴染

武尊(たける)、秀一の幼馴染

賢人、秀一の甥っ子

真理子、みずほ中学の教師

コータ、真理子の弟、秀一の幼馴染

野々花、パンケーキ店の女主人

岩田、秀一のテニスの師匠

鷲宮一輝(故人)秀一の兄

鷲宮輝子(故人)秀一の母親。正語の母親、九我光子の妹

水谷凛、夏穂の従姉妹

鷲宮智和、秀一と一輝の父親

鷲宮高太郎、智和の兄

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み