2021年6月 五輪がやってきやがった

文字数 1,975文字

娑婆に戻れば5月はほぼ終わっており、6月8日の日記には「真夏日!とにかく暑くて初めてクーラー使う」とある。近年の猛暑はただ暑いだけでなく、期間も長くなっている。子供の頃まで遡らずとも、以前はカラダにこたえる暑さというのはせいぜい梅雨明けからお盆過ぎまでの一月だったのが、この頃は梅雨入り前から暑くなり、秋の彼岸が過ぎてもまだ日傘帽子が手放せない。おまけに今年は「マフラー必須」の夏になりそうだった。

手術で頸部前面を大きく切ったので、喉には横一文字に縫合痕がある。きれいに塞がっているのだが色素の沈着を防ぐため、当分の間は傷に紫外線を当てないようにと言われていた。肌色で目立たないサージカルテープを薬局で買い求め、看護師さんが処置してくれたお手本通りに傷口に貼り付けてあるのだが、不器用な自分がやると尚のこと、あまり見た目がよろしくない。しかも炎症をおこした皮膚を切除したためか、骨や筋が浮き出した首は鶏ガラのように不気味な陰影を刻んでいる。術後に三角形の、焼肉屋で名前を書いた経木が添えられた希少部位をべらっと一枚、といった感じの切除部を画像で確認させてもらったが、たったあれしきでもなくなってしまえば、そこだけが不気味なほどガリガリに痩せるのだ。あんまりにも見た目がグロいので、テープを貼った上から手拭いやらバンダナを巻いて隠すのだが、これがまぁ暑いんである。おまけに甲状腺が半分になった影響もあるのか、すっかり体温調整機能が衰えたようで、じっとしてるとクーラーは要らないくらいなのに、ちょっとでも動くと途端に流れるような汗をかく。発汗機能というものは、本人の意思で出したり止めたりできるものでもないので厄介だが、通勤というものをしなくてよいのが本当にありがたく思える病み上がりであった。

世間様は相変わらずのウィズコロナで、しかも二度目のゴールデンウイークを過ぎた頃から、各種のイベントも昨年ほどの自粛ムードはない。いわゆる「デルタ株」というものが確認され、海外では猛威を振るっているらしいが、ここ日本ではその非日常をどうにか日常に落とし込もうと、飲食店が客席の間にアクリルボードを立てたり、テーブルの数を減らしたりして営業を続けている。あの様子をイベント開催側も応用することにしたらしい。昨年は中止された高校野球も、一般客の入場をとりやめることで開催にこぎつけた。完全な形ではないにせよ、各地のイベントがまったくの中止に終わらないようになってきたのは、いよいよ東京オリンピックの開会式が近づいてきたこともムードの醸成に一役買っている気がする。

エンブレムやら競技場の問題にはじまり、準備段階からあらゆることにケチがついた上に、責任者の解任に次ぐ解任劇が直前まで世間を騒がせた東京オリンピック2020。やっぱりどうしてもやるんだね、というのが正直なところだ。今更引き返せないとか、選手たちが可哀想だとか、あらゆる論調が聞かれたけれど、スポーツ名目に寄ってたかって金勘定をしている人たちが多過ぎて、心底うんざりさせられた。
誘致が決まった際には「スマートでコンパクトな大会にする」と言っていた。だが当初予算7340億円は次々と訂正され、最終的に1兆4238億円の予算がかかったと組織委員会が報告した(が、おそらく少なく見積もっているだろう)。ウン十年来の不健全財政で一千兆円越えの赤字国債を抱えた国からすると、一兆円くらいならてへぺろで済む金額という認識なのかもしれない。東日本大震災からの復興が大会テーマだというが、そこまで言うなら五輪の予算をそのまま復興予算につけた方がよほど効率よかったんじゃなかろうか。

この有様を心に留めて、次にまた誰かがオリンピックを誘致しようなどと寝言を言い始めたら即拒否できるようにしておきたいと思う。選手に罪はない。だがそこにたかって旨い汁を吸おうとする組織と人がいる限り、オリンピックはお断りだ。私の生きているうちは、二度と誘致なんぞしてくれるな。
しかしこのすったもんだで表面化した不正行為やハラスメントが、白日の下に晒されたことは怪我の功名かもしれない。世界基準の価値観を共有することで、国内では赦されていた行為が実はNGだということを学習するために、この国は長い準備期間と高い授業料を払って学習したのだと思わなければ浮かばれないだろう。

それでもとにかくオリンピックというものがやってきて、それからもうひとつ。ようやっと待ち焦がれた「アレ」の一般接種が始まる気配がしている。まずは高齢者からということで、ワクチンの接種案内を各地の自治体が始めたらしいことは、実家からの電話で知ることとなった。「どうしたらいいのかわからない」という悲鳴混じりの嘆きの声は、まあ予想通りといえば予想通りの、これから始まる混乱の序曲だった。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み