第38話 猫園①

文字数 708文字

 正語(しょうご)鷲宮一輝(わしみやかずき)の遺体が発見された、温室へと続く山道を降りていった。

『一輝さんはただの事故死だったんだろ?』と正語がたずねた時、母親の光子は何か言いたそうにしていた——。

 光子は何かを怪しんでいたのか?
 スマホの件を調べてくれと言ってきたのも、そのためだったのか?

(……勘弁してくれよ)

 正語はゲンナリしてきた。

(お母さん、あなたの息子は捜査二課ですよ。ドラマに出てくる刑事と一緒にしないでください……)



 山道を降りるとすぐにその温室が見えた。
 温室の入り口には、南京錠がかかっている。
 
(……体力があれば、中からガラスを蹴破って出られたかもな)

 と正語は中を覗き込みながら思った。

 だが熱中症が始まり、だるさや痙攣が起こっていたらそれも難しかったかもしれない。

(まさか誰かに何か飲まされて、身動きが取れなかったってことはないよな?)

 当然司法解剖は行われたのだろうし、何か不審な点があれば、いくらなんでも所轄が騒ぐだろう。

 疑い出したらキリがない。

 鷲宮守親(わしみやもりちか)は一輝が死んで、遺言書を書き換えたと(みやび)は言っていた。
 一輝より

がこの家の全財産を継ぐという。

が消えて、高太郎(こうたろう)は万々歳なのか?)

 高太郎は明らかに父親を疎んじていた。
 早死にした叔母を思ってのためか、好きな女との結婚を反対されたせいなのか。
 それとも旧家の長男として生まれながら、甥っ子に全てを譲らなければならない悔しさなのか。

 正語は守親が自分に向かい、拝むような仕草を見せた時のことを思い出した。

 ゾッとした。

 あの時の正語は呑気に、孫が世話になっている礼だと受け取った。

 だがもし、

『助けてくれ』

 の意味だとしたら……。
 
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

鷲宮秀一、主人公の高校生

九我正語(くがしょうご)、秀一の従兄弟、警察官

九我正思(くがしょうじ)正語の父親。人の恋愛感情を瞬時に見抜く特殊能力を持つ。

九我光子、正語の母親。秀一の伯母。

雅、介護士。雅は熟女スナックにいた時の源氏名。本名は不明

夏穂、秀一の幼馴染。秀一に片思い。

涼音(すずね)、秀一の幼馴染

武尊(たける)、秀一の幼馴染

賢人、秀一の甥っ子

真理子、みずほ中学の教師

コータ、真理子の弟、秀一の幼馴染

野々花、パンケーキ店の女主人

岩田、秀一のテニスの師匠

鷲宮一輝(故人)秀一の兄

鷲宮輝子(故人)秀一の母親。正語の母親、九我光子の妹

水谷凛、夏穂の従姉妹

鷲宮智和、秀一と一輝の父親

鷲宮高太郎、智和の兄

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み