06

文字数 301文字

ラジオから流れるあの曲で
きみを思い出したよ
きみが好きとわかり始めたあの時期
きみへ想いをはせた日々に
よく聴いたあの曲

あれから月日はずいぶん経って
切なく勇気ない思い出になって
特に相手を想うメロディやことばなんて
あの曲から想像も出来ないけど
ぼくにとってきみのかけらとなったうた

ラジオから流れてくるあの曲で
優しいきみのひとみを思い出す
きみとはじめて目が合った瞬間から
きみはぼくの心にずっといる

あれから月日はいくぶん経つけど
ぼくのこころのすみっこにいる
たまに大きくなったり
姿が見えなくなったりするけど
いつもどこかにいて
きみを探して
きみを見つけて
ぼくはほっとする
今でもあの曲をふとした時に口ずさんで
ぼくに力をくれる








ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み