第18話復讐の端緒

文字数 1,266文字

芳樹は、午後は、辰雄の運転するトラックに乗った。
銚子のいろいろな場所に置かれた新聞、雑紙、段ボールの回収作業だった。
(トラックへの廃品コンテナ積み込みは自動化されているので、見ているだけ)
倉庫に戻っての、フォークリフト作業も、全て辰雄がするので、芳樹は見ているだけの状態。

辰雄も芳樹が「三日でいなくなる」と察していたので、余計なことは言わなかった。
(アイドルやゲーセン、パチンコの話を時々、するだけ)
仕事は、午後5時にキッチリ終わった。

帰りは、事務係の渡辺理恵(30代前半のぽっちゃりとした女性)の運転する軽四で銚子駅まで送ってもらうことになった。

理恵は、とにかく愛想がよく、話好きだった。
「桑田さん、すごく、いい身体ね」
芳樹も仕事の緊張が解け、ようやく笑った。
「身体しか、使えないので」
理恵も、笑った。
「天下のW大さんでしょ?いいなあ、頭がよくて、身体も立派」
「女殺しかな?」

芳樹は、理恵を横目で見た。
少し腹が出ているが、胸も立派。
東都物産のムシャクシャついでに「抱きたい」と思ったが、それを言う勇気はない。

ほとんど渋滞もなく、軽四は銚子駅に着いた。
芳樹が
「また明日も、よろしくお願いします」と定例言葉を言うと、理恵は芳樹の手を握って来た。
「うん、楽しみにしている」

芳樹が驚いていると、理恵は、さらに強く握って来る。
「明日ね・・・楽しみにしているよ」
芳樹は、押された。
「わかりました、よろしくお願いします」
陳腐なリアクションと思ったが、理恵の本音が読めない。
(理恵の顏も赤くなっている)

理恵が、「あはは」と笑い、芳樹の手を、ようやく解放した。
芳樹は、小さく一礼。
逃げるように、改札を通り過ぎた。

「あれは・・・色ボケか?」
「抱いて抱けないことはないが」
「さすがに今日いきなりは、ありえん」

電車がホームに入って来た。
都内と違い、かなり空いているので、芳樹はそのまま座った。
鞄から、廃品回収のコンテナに入っていた「廃棄週刊誌」を取り出し、読み始めた。

辰雄から聞いた情報では、表紙の水着グラビアモデルは、ライバルのグラビアモデルからの「クスリ疑惑」がSNSで拡散、干されたと言う。
(そのため、芳樹が持っている週刊誌も、発売直前に大量廃棄となった)

辰雄情報は、まだあった。
「そのクスリ疑惑も嘘らしいぜ、その疑惑を流したグラビアモデルは、自分のクスリ疑惑を隠すために、嫌いなライバルをハメたとか」
「もちろん、大物政治家とヤクザと絡んで、しかも枕営業込みだとさ」
「女は怖いねえ、身を守って、のしあがるためには、何だってするよ」

そんなことを思い出しながら、芳樹の目に飛び込んで来たのは、記事の中にあった「SNS攻撃専門店」の文字。

「SNS攻撃も、シロウトの時代は終わった」
「警察に絶対バレないSNS攻撃のクロウト店が、請け負った」
「これからの時代は、情報操作だけで、人も企業も殺せる時代」

銚子に飛ばされ(捨てられ)、死んでいた芳樹の目が光った。
「じゃあ、このクロウトを使えば、陽平も東都物産も殺せるのか」

芳樹の目は、食い入るように、記事を追った。

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み