第四十七幕!偽りの神々

文字数 12,756文字

湧別町を攻略してから、また数時間が経過している。俺たちが紋別に向かっていることを、騎兵隊は既に周知済みだ。俺は、先生から託された知恵に基づいて、兵士達を率いて急ぎ進軍する。
湧別から紋別までは、平坦な海岸線をただ北へ進むだけである。しかし、平坦であるが故に、騎兵隊にとっては有利な地形と言えるだろう。
それにしても、この日の天気はまるで女心のようであった。真夜中にオホーツク海から吹きすさぶ暴風雪は、恐ろしく冷たい。慣れていなければ恐怖そのものだろう。しかし、今まで幾度となく歩いてきた雪山に比べればまだマシである。
5時間程経った頃、遂に統制都市『紋別』を視界に捉える事ができた。こんな吹雪の夜であるのにも関わらず、街は眩い光を放っている。その光は、活気にあふれた暖かいものではなく、何か冷たい機械的な刺激を感じ取らせるものだった。
俺たちは、ある程度近づいた辺りで、茂みに身を潜めて様子を伺う。町の中から勇ましいラッパの音と、兵士の掛け声が響いていた。恐らくは、出陣の準備なんかをしているのであろう。一足遅ければ、先生の作戦を台無しにするところであった。
俺は、兵士達に迫撃砲を準備させる。そして、瞬く間に紋別の街へ砲撃を開始させた。激しい爆音と共に発せられた砲弾は次々と街に直撃。街から響いていたラッパの音、そして兵士の掛け声は、警報と怒号に変わっていった。
しばらく砲撃を続けていると、町から続々と騎兵隊の騎馬軍団が出てくる。俺は、指示に書いてあった通り、龍二に全兵隊を率いさせて騎兵隊の銃撃が届かない程度の所まで向かわせる。
龍二はそこで、兵士たちと共に騎兵隊を徹底的に煽る。


「日本最恐に臆病なチンピラなど、寄せ集めの軍隊でも勿体無いくらいだ!悔しかったら出てきて戦えよザコ!!」


兵士達も騎兵隊に対して、臆病、ザコ、日本の恥、人殺し、レイプ集団、成り上がりのイキリ軍団、などなど思いつく限りの悪口で、日本最恐の名前に泥をぶちまけるようにお高いそのプライドを煽った。
それに対して、騎兵隊は黙々と隊列を整え始めている。しかし、その中心で指揮を取る北広島氷帝は、苛立ちと焦りを彷彿させるような仕草が見受けられた。
龍二は、先生の指示通り、敵の準備が整う前に機動部隊を脇から突撃させる。そして、騎兵隊の主力部隊の一つである長弓部隊に大損害を与えることに成功する。だが機動部隊は、騎兵隊最強の重騎兵に取り囲まれ、100人中戻ってこれたのは龍二含めて5人だった。
俺は、こんな危険な戦いを龍二に任せてしまったことがすごく申し訳なかった。
龍二は、そのまま全軍を前に進めたかと思いきや徐々に交代させるといった高度な戦術に着手する。以前彼と戦いについて話した時、こういった戦術を暴走族時代の抗争中に色々編み出していたのだと言う。先生も彼のこういう才能を見出して、この役を適任したのであろうか。
俺とカネスケ、そして典一がしばらく様子を伺っていると目の前の戦場が動き始めた。そのきっかけを作ったのは、何と言ってもイカシリであろう。
彼は得意の狙撃で、敵の勇猛そうな戦士を着々と撃ち殺していく。それも、敵が手を伸ばしても届かないような戦場の後方からだ。これにより、騎兵隊は軍を整える間も無く突撃を余儀なくされた。
龍二は、その動きを見逃さず素早く指示を出す。そして400人弱の龍二部隊は、騎兵隊との距離を保ちながらも網走方面へと退却を開始したのである。
それに対して騎兵隊は、氷帝を筆頭に龍二部隊を絶滅させるべく追撃を開始した。それから30分も経たない間に、両軍は網走方面へと消えていく。見えるのは、微かな雪煙だけとなった。
俺たち3人は、日が昇る前に紋別へ潜入するべく、茂みを抜けて密かに歩き出した。
騎兵隊の主力がいなくなったところで、まだ留守番の騎兵隊員は、多数残留していることであろう。彼らは一人一人が、プロの格闘家や殺し屋レベルの実力を持っていると言われている。
俺は、恐怖で逃げ出したくなる気持ちをひたすら押し殺しながら、極寒の雪原を紋別に向かって静かに歩いていた。





騎兵隊屯所の隔離部屋。ここは主に捕虜の監禁と拷問に使われるスペースだ。
紗宙が目を覚まして初めに目に入ってきた光景は、自分が捕らえられている反対側の檻で傷だらけになって磔にされているサクの姿だ。彼の周りには、屈強な騎兵隊の兵隊。そして、鉄の棒を片手に所持するいかにも悪そうな人相の大男がいた。
その男は、紗宙が目覚めたことに気づいた。


「ようやく目覚めたか。 青の革命団の袖ノ海紗宙。」


紗宙は、目の中に飛び込んできた多量の情報に戸惑ったが、ある程度は状況を把握できた。


「俺は札幌官軍三将の松前大坊。お前らのことは全て調べさせてもらった。」


松前は、サクの腹部を鉄の棒の先端で叩きつけた。サクは痛みに耐えきれず悲鳴をあげる。
紗宙は叫んだ。


「サク!!!」


松前は、淡々と語る。


「この男は、北海道の治安を乱し、多くの死者を出すことになったこの戦争の主犯格。痛めつけられて当然なのだ。」


それから彼は、何度も鉄の棒でサクの全身を叩き続ける。サクはその度に、苦しそうに唸るのだった。
紗宙は、松前に懇願する。


「お願い!もう辞めて!!」


松前は、冷徹な目つきで言う。


「なぜお前のような犯罪者に、指図されねばならぬのだ。」


彼は、ポケットからペンチを取り出すと、それでサクの前歯を摘んだ。サクは、恐怖で顔が真っ青になっていた。


「お願い!なんでもするからサクを苦しめないで!!」


松前はニヤリと笑う。


「なんでもするだと?」


「その言葉通りよ!なんでもするから拷問なんて辞めて!」


しかし、松前は容赦無くペンチを力一杯握る。それによりサクの前歯は砕け散り、口の中から血液が流れ出た。人間の凄まじい悲痛の叫びが紗宙の鼓膜を痛めつける。
あまりにも残酷な光景に、彼女の全身が恐怖で支配された。
紗宙は、鉄格子を掴んで叫ぶ。


「お願いします!もう辞めてください!!」


すると松前は、ペンチを胸ポケットにしまいこみこちらへと近づいてくる。


「紗宙。お前はAIM参謀の諸葛真と親しい間柄のようだな?」


紗宙は震える気持ちを抑えながらハイと答えた。


「俺は知っている。あの男さえなんとかすれば、AIMが崩壊することを。」


紗宙は、松前の残虐性を目の前になかなか言葉が出てこない。
松前は、更に続ける。


「俺が何を言いたいかわかるだろう?」


紗宙が尋ねる。


「先生を説き伏せろということ?」


「その通りだ。お前の直筆で奴に降伏を促すのだ。 」


紗宙は、何も言えず言葉に詰まる。すると松前は、畳み掛けるように詰める。


「何を躊躇している。何でもするんだろ?
それとも、拷問の続きが見たくなったか?」


紗宙は、冷静を必死に保つ。


「書状を書いたところで、先生は降伏なんてしないと思う。」


「果たしてそうかな。降伏しなければサクを殺し、お前は日本政府へと売り飛ばす。この事実を突きつけたとき、諸葛真は冷徹に対処するかもしれない。だが、その周りはどうだろうな?」


「何が言いたいの??」


「お前の恋人である北生蒼、そしてサクの父親であるイソンノアシは、酷く動揺するだろうな。」


紗宙は、それを聞いてまた言葉に詰まる。蒼はともかく、息子思いのイソンノアシはどう判断するのだろうか。もしかしたら本当に降伏してしまうかもしれない。
それからもし仮に、自分の書いた文章のせいでAIMが降伏するようなことがあれば、もうみんなに合わせる顔がない。無事に解放されたとしても、きっと裏切り者だと噂され、恨まれて誰かに殺されるかもしれない。
けども書かなければ、サクが更なる酷い拷問を受けることになる。
紗宙が考えていると、松前はサクの方へ歩み寄っていこうとする。再びペンチを握りながら。彼は、サクに言い聞かせた。


「あの女はサディストのようだ。お前の無様な姿を見物することに快感を覚えている。」


するとサクは言う。


「紗宙!俺のことなんてどうでもいい!そいつの言いなりになんてなるな! 」


松前は、眉間に皺を寄せる。


「さてと、次はどこを握りつぶしてやろうかな。」


彼は、サクの指にペンチを向ける。
その時、紗宙の口が開いた。


「わかった!書くから、書くからサクにこれ以上手を出さないで!」


松前はそれでも辞めずにサクの小指をペンチで挟み、少しずつ力を加えていく。
サクの顔が苦痛で歪み始めた。


「書かせてください松前様だろ?」


紗宙は悔しかったが、今は彼のいう通りにするしかない。


「か、書かせてください。松前様。」


サクは叫ぶ。


「辞めろ紗宙!書くな!!」


それを聞いた松前は、満足げな顔で容赦無くサクの小指をへし折った。 サクはまた、酷い声をあげる。
松前は、平然と彼への暴行を続けようとしている。
すると紗宙は、松前にすがるように言った。


「お願いします!降伏の書状を私に書かせてください!お願いします!!」


松前はようやく気が収まったのか彼女の方を振り返る。


「そこまで言うなら書かせてやろう。」


彼は、配下の兵士に紙とペンを持って来させるとそれを紗宙に渡した。それから、松前が考えた内容をそのまま紗宙の言葉で紙に書かせたのだ。
その内容は、サクの命と引き換えにAIMに無条件降伏を要求する内容であった。そして、取引の内容以上に胸糞悪かったのは、紗宙自らが松前に心酔してAIMを降伏させたいとの思いでこれを書いている、と言う設定であった。
これでは彼女がAIMを見限って、保身のために札幌官軍に寝返ったと受け取られても仕方がない。
書き終えた紗宙は、悔しそうな顔をしていた。
松前は、紙を取り上げると、彼女の髪を引っ張りながら耳元で囁いた。


「これでお前は、裏切り者確定だな。」


松前に逆らえない紗宙は、ただ小声でハイと返事をするだけであった。
松前が去っていく。紗宙は、抜け殻のようになりながら、ぐったりと壁に寄りかかった。
サクと彼女の間には、半開きになった扉から入り込む北国の冷たい風が吹き込んでいた。まるで、2人の関係をズタズタに切り裂こうとするかのように。
蒼一行が、紋別に到達する少し前の話である。





人工的なのに非人工的だ。これは、俺がこの街に潜入して一番初めに感じた感想である。
戦時中で、道東にある街のほとんどが荒廃の一途を辿っているが、この街は一切それらを垣間見させない。綺麗に舗装された道路。隅々まで行き渡る清掃。迫撃砲で爆破した地域以外は、もはや戦争とは無縁の街だ。
だがそれだけなら、ここまでこの街に対して嫌悪感を抱くことはなかっただろう。
日本政府の衰退によりインフラが縮小。主要都市以外は、ほとんど電気が通らなくなってしまったこの世界。そんな中でこの街は、真夜中で人っ子1人いないのにも関わらず、街中の蛍光灯が眩く光を放ち続けている。まるで、街の隅々まで監視するかのように。
そして、こんなにも光を放っていて煌びやかなのに、飲み屋やゲームセンターなどの大衆向けの建物が一切目に入ってこない。もちろん、スーパーも郵便局も病院も理容室も、そしてラブホテルも。
俺たちは、暗がりが少ないこの街で、影を見つけながら探索を続けていた。すると、ビルの影に男がいることが確認できた。
男はこんな真冬の夜中に、1人口をポカリと開けながら夜空を仰いでいる。
俺は、懐に忍ばせていたナイフを手に握った。


「やるぞ。」


「リーダー、彼は一般市民ですぞ。」


「尋問にかけるだけだ。殺す気はない。」


カネスケがボソッと言う。


「気を付けろよ。あいつ、手に何か持ってるからな。」


よくよく観察すると、確かに何か手榴弾のような丸い物を所持している。
俺は、冷たく言った。


「腕を切り落とすくらいは許せ。」


カネスケは、そんな残忍な俺を止めることはなかった。きっと今はそれすらも坐せない時なのだと判断したのだろうか。典一も心のスイッチが入ったのか戦士の目つきに変わっていた。
それから、俺たちは男の背後へ回り込み、3人で一斉に襲い掛かった。
男は抵抗するも、俺が彼の首に刃物を突きつける方が早かった。


「死にたくなければ、捕虜の居場所を吐け!」


「別に死んでもいい。俺は、侵入者の存在を神々に報告するだけである。」


彼の口調はまるでロボットだ。感情や抑揚を全く感じられず、ただ定型文を読み上げるかのように言葉を発している。そして、手に握っている何かを使おうとする。
カネスケは、すかさず彼の手の中から武器みたいな何かを奪いとった。男はそれ以上何も言うことはなく、ただだんまりを貫くだけであった。
そんな男に俺は聞く。


「お前はなぜ、そこまで神を崇拝しているのだ?」


「俺が生きていられるのは、神々から生きて良いという権利を頂いているからだ。そんな尊い存在を崇拝しないわけがない。」


「なぜお前は生きる権利を与えられた?」


「従順だからだ。」


「生きる権利を剥奪された人間は、神々に従順ではなかったからだと言いたいのか?」


「そうだ。生きる権利を頂いているにもかかわらず、その恩を仇で返そうと意見する奴など、生きる価値がないだろう。」


「お前の崇拝する神とはどんな人間か?」


男は長考する。それから答える。


「不敗の強さを持つ英雄だ。」


「その英雄は、どこへ行けば会えるか?」


「屯所へ行けば偉大な英雄とお目にかかれるだろう。」


「神へ貢物はするのか?」


「する。しないと天罰が下るからな。」


「何を貢ぐのだ?」


「女。そして、時には命を捧げることもある。」


「その貢いだ物は、その後どうなる?」


「神が満足するまで奉仕することになるだろうな。」


「そうか。どこで奉仕しているのだ?」


「屯所だ。しかし、神威様のお気に入りになれば、御堂尾邸で奉仕することになる。」


「それらはどこにあるのだ?」

そこまで言うと、男は我に返る。そして、俺の誘導尋問により情報を吐いていたことに気づき、再び何も喋らなくなった。
カネスケは言う。


「口を割ったかと思えば黙り込む。めんどくさい野郎だな。」


俺は、男のクビからナイフを遠ざけると、容赦なく彼の腕をぶっ刺した。彼の血液が俺の腕に付着する。カネスケと典一は何も言わず、ただこちらを方を見ないようにしていた。


「俺は刺すと言ったら本当に刺す男だ。御堂尾邸と屯所はどこだ?」


男は刃物を突き刺されたと言うのにも関わらず、ただ無言で反応一つ見せてはくれない。
俺は、ナイフを引き抜いてもう一度突き刺そうと構える。
するとカネスケが俺の手を止めた。


「もう死んでるぞ。」


男の顔を確認すると確かに死んでいた。それにしても驚いたことだ、彼は自ら舌を噛み千切って死に絶えているではないか。
典一は、呆然としていた。


「リーダーが言っていた通り、この街に住む人間はロボットなのか。」


俺は、死んだ男を見下した。


「恐怖支配というものは、人を生きた死人に変えてしまう。恐ろしいことだ。」


その時カネスケが叫ぶ。


「おい!この死体から離れるんだ!!」


俺と典一は、何のことだかわからなかったが、とりあえずその死体から距離をとった。カネスケは、死体を思い切り蹴り飛ばして自らも距離を取る。そして次の瞬間、死体は大きな爆音を発しながら爆発した。半径5メートルが焦土と化している。
爆発が収まった後、その場所を改めて見てみたが、そこにはひき肉のように粉々になった男の残骸と、彼の体内に仕込まれていたであろう爆発物が無残に散らばっているだけであった。
カネスケは、呆気にとられていた。


「どうりで口を割らないわけだ。」


典一は、粉々になった男を見て、騎兵隊への怒りにあふれている。


「運命を支配されている。酷すぎるぜ騎兵隊。」


俺はカネスケに聞いた。


「どうしてわかった?」


「聞こえなかったのか。こいつの鼓動。」


俺は、思った以上に冷静ではなかったようだ。
カネスケ曰く、この男の鼓動は、耳を近づけずともわかるくらい響いていたそうだ。それに違和感を覚えた彼は、自分の中で仮説を立てて実行。そして的中した。
彼の頭の回転の速さには、常々助けられる。
カネスケ、見事なり。
そうこうしている間に、街に再び警報が鳴り響き出す。俺は、2人を連れて、とにかく影を探しては飛び込む。そして、騎兵隊の屯所らしき場所を探しながら紋別の中心地へと向かった。
途中、建物の陰から騎兵隊とそれに媚びへつらい、共に俺たちを見つけようとする紋別市民の姿を見た。
その光景は、まるでラジコンとそれを操る人間のようであった。





御堂尾兄弟の屋敷。
ここでは、先日拉致した1人の女性を陵辱するために戦をサボった鬼畜。そして、兄が戦をサボったから自分もサボるというクズの極みのデブ鬼畜。2人の鬼畜が、手錠をかけられて動けなくなった女性を、獣のような残酷な眼差しで舐め回すように見つめたいた。
怯える結夏に向かって神威は言う。


「お前の仲間がどうやら、この紋別まで迫ってきたようだ。」


結夏は、キツイ目で彼を睨む。


「当然ね。あの人たちは、こんな鬼畜ごときに潰されるほどヤワじゃない。」


「それはどうかな。たとえ夜討ちに成功したところで圧倒的力の差に変わりはない。明日には、お前の大切な仲間の死体を拝めることだろうな。」


「私には、あんたがAIMに頭を下げている姿しか想像できないけど。」


それを聞いた神威は、結夏の腹を思い切り殴った。そして、苦しみ悶えながら倒れ込む彼女の顔を踏みつける。


「黙れクズが。AIMは滅び、小伏竜は死ぬ。そしてお前は俺の虜になる。これは決められた運命だ。」


結夏は、顔を圧迫されて何も言えない。
そんな彼女に神威は言う。


「俺は忘れてはいないぞ。あの夏のこと。」


結夏はさっぱり何のことかわからない。


「何それ、あんたなんかと関わった記憶なんてない。」


神威はそれを聞くと、今度は彼女の上半身を何度も蹴り飛ばす。そして彼は、上着を脱いで半裸になった。鍛え上げられた身体に刻まれた、1910のタトゥー。それを見た時、結夏の過去の記憶が蘇った。
神威は、絶望に支配された顔をしている結夏を嘲笑うかのように見る。


「忘れたとは言わせないぜ。結夏ちゃん。」


結夏はあまりの恐ろしさに、忘れ去れたかに思っていた負の記憶が再び脳裏に浮かび上がる。
そして、あの時のことが鮮明に思い出された。





あれは、とある夏のことだ。
結夏は、地元の友人たちと海水浴をするために湘南へ出かける。
その日は、久しぶりの再会ということもあって大いに騒ぎつくし、夕方になる頃には海の家で呑んだくれた。彼女らのグループが盛り上がっていると、そこに声をかけてくる一団がいた。いかにもチャラそうな、男4人のオラついたグループだ。すでに酔いが回っていたこともあり、自然な流れで一緒に呑んだ。
彼らもオラついた雰囲気を出していたが、こちらも負けじとギラギラした雰囲気が出ていたのだと思う。両グループはすぐに打ち解け、特に彼らの1人と結夏の友人の瑠奈が仲良くなったことで、そのグループと結夏らは行動を共にすることとなる。
その日は、真夜中まで海辺のクラブで遊んでいた。爆音で流れる洋楽に身を任せながら我を忘れて楽しんでいると、いつの間にか友人たちは酔いつぶれていた。瑠奈がトイレに行くと言ったきり帰ってこない。ふらふらになった結夏は、酔いを醒まそうと1人で野外のラウンジへと向かった。
その日は夜風も気持ちよく、何と言ってもここのロケーションは最高だ。相模湾沿いの町の夜景が一望できる。
彼女が景色を眺めていると2人組の男が話しかけてくる。そのうちの1人は、色黒でガタイが良くて身長が高く、髪は結夏に負けないくらい派手な金髪のギャル男。さっき話しかけられて仲良くなった4人組の1人だった。
彼は、水内武と名乗っていた。
結夏は、見た目の割に話しやすくノリも合う彼にいつの間にか心を許してしまう。しかし、この時はまだ、彼の本性を知る由もなかったのだ。
しばらく話したあと、水内は自分らの別荘でパーティーをするから来ないかと誘ってきた。結夏はノリで承諾しかけたが、ふと冷静になって考えた時に何か悪い予感を感じる。故に念のため、友達にその話をしてくると彼に伝える。すると水内は、瑠奈がすでに別荘へ向かったと話した。そこで、彼女の中に改めて疑問が生じる。
瑠奈は確かにノリが良くて、ナンパにも着いて行きがちだと思われている。しかし、実際のところ知る限りでは一度も誘いに乗ったことはない。それに、彼女が席を立ったのは2時間前。いつもならこういう時、彼女は必ず連絡をくれていた。それに、なぜ彼らは個別にパーティーに誘うのだろうか。みんな一緒に誘った方が効率も良いのに。
少し不思議に感じた結夏は、とりあえずクラブの中にいる友達の元へ行こうとその場を離れようとする。だが水内は、結夏の腕を掴んだ。


「お友達は潰れて話にならないよ。それに、こういう誘い方の方がテンション上がるだろ?」


結夏は、友達が潰れているのなら尚更様子を見に行かねばと腕を振りほどこうとする。だが、水内は腕を離してはくれない。そして、こちらの考えを察しているのかのように、うまい口調で言いくるめようとしてくる。そうこうやりとりをしている間に、彼の仲間たちがやってきた。彼ら曰く、パーティーは大盛り上がりなのだという。
結夏は彼らの押しに負けて、つい参加を承諾してしまう。彼女は、友達に一応このことを連絡しようとするが、水内は彼女のスマホに手を置いて離さない。


「俺の仲間が伝えてるから大丈夫!」


彼女は、さすがにこの状況は危ないと思った。しかし時すでに遅く、彼女は乗せられるがままについていかざるを得ない流れになってしまった。
けども、本当に瑠奈がそのパーティーに行ってしまったのであれば、なんとしても連れ戻さねばならない。 もしこの男達が本気でヤバい連中だとしたら瑠奈の身が危険だ。
男達は、結夏へ仕切りにショットを進めてくる。彼女はそれを飲んだフリをして、隙を見ては吐き出した。先日買ったばかりのショート丈のTシャツが台無しである。
彼女は、泥酔した演技をしながら彼らの車へ乗り込んだ。 何かされるのではと思いきや、車内は特に変わったことはなく、平然と盛り上がっていただけだった。 水内は冗談で抱き寄せたりしてきたが、怪しい雰囲気は一切ない。結夏も少し油断をしてしまった。
だが、気が緩んだ頃に身体に違和感を感じ始めた。痺れるような感覚、鈍る身体の動き、口の中が謎にピリピリした感覚に支配される。ヤバい、そう思った時だろう。いつの間にか、別荘らしき場所へとたどり着いていた。
結夏は駐車場に降ろされるが、自分の力で立つことができない。彼女は、水内の仲間の男たちに両腕を掴まれ、別荘の中へと連れ込まれた。
水内曰く、この別荘は、夏になると彼らサークルメンバーの溜まり場となるのだという。彼の入っているサークルは『1910(ワンナイト)』というサークルで、都内の複数の大学の学生から成るインカレサークルだ。会員は500人を超えていて、そこそこ大きな団体らしい。
結夏はふとその名を何処かで聞いたことある気がした。しかし、思い出す間も無く部屋に連れて行かれる。
パーティーが行われているというリビングの扉の前まで来た。中から瑠奈の声が聞こえてくる。どうやら本当に彼女は来ていたようだ。結夏を支えていた男が扉に手をかける。その時、中で騒いでいる瑠奈の声に異変を感じた。
扉が開き、結夏は部屋へと連れ込まれる。そして、そこで見た光景は今でも忘れることはない。集団レイプの犯行現場だ。男8人、女2人、計10人のサークルメンバーは、瑠奈を気が狂うまで犯したり、彼女に無理やりシンナーを吸わせたり、はたまたは全裸でダンスを踊らせて楽しんでいた。
瑠奈は、頭がおかしくなったように笑みを浮かべながら狂っている。だけども彼女の笑みは、明らかにやらされている表情だ。サークルのメンバーが、彼女の動画を撮影していた。きっと、写真や動画を撮られて脅されているに違いない。そして床には、使い捨てられたコンドームがいくつも落っこちていた。
結夏の前身は血の気が引いていき、計り知れない怒りの感情が湧き上がる。しかし、呆然と立ち尽くす彼女を男が後ろから押し倒す。それは、紛れもなく水内であった。
彼は倒れこんだ結夏に馬乗りになった。


「ゆ〜な〜ちゃん、あっそびっましょ。」


周りの鬼畜たちがゲラゲラ笑っている。結夏はあまりの恐怖に、この時に見た水内の胸筋に刻まれた『1910』のタトゥーを鮮明に覚えていた。
全身が痺れて動けない彼女の身体を男たちが汚い手で触る。結夏は、痺れる身体を必死に動かしながら抵抗する。しかし、押さえつけられて何もできない。
水内は、結夏の首を思い切り締める。そして、苦しそうにしている彼女を見てヨダレを垂らした。


「どうだ、楽しいだろ?」


結夏は窒息しそうになりながらもできる限りの抵抗を試みる。水内は、気持ち悪い笑みを浮かべて顔を近づける。それからまた、気持ち悪い一言を吐いた。


「お前を俺の所有物にしてやるよ。」


結夏の首元に彼は顔を埋める。
だが、この時くらいから、徐々に身体の痺れが和らいでいることに気づく。そして結夏は、決死の覚悟で水内の耳へ噛み付いた。水内はさっきまでと様子が一変して、悲鳴をあげながら結夏から離れる。彼は、耳をずっと抑えながら唸っていた。周囲のサークルメンバー達が水内の方を心配そうな目つきで見ている。
奴らの気がそちらへ向いている隙に結夏は立ち上がった。痺れはだいぶ引いてきて思うように身体は動いたので、急いで瑠奈の元へ駆け寄る。
瑠奈の目は虚ろで、まるで魂が抜き取られているかのようであった。しかし、今は一刻も早くここを出ないといけない。そのため、彼女の腕を無理やり引っ張って部屋を抜け出す。
そんな2人を、水内の仲間達が追いかける。水内も体勢を立て直すと、後から鬼のような形相で追いかけてきた。彼の手には、スタンガンが握られている。追いつかれたら最後だ。
玄関の扉を蹴り開けて外へ出た。見張りのサークルメンバーらが、こちらに気づいて襲いかかってくる。結夏は、瑠奈の手を引いて全力で走った。
道もわからない峠道。度々後ろを振り返りながら駆け抜ける。体力も限界に達しそうな時、瑠奈が地面に倒れこんだ。どうやら、彼女はまだ十分に走れる状態ではなかったらしい。身体の痺れを堪えながら走っていたのであろう。
だが、無理をしてでも逃げなくては危険だ。結夏は心を鬼にして瑠奈の腕を引っ張る。しかし、彼女は頑として動こうとしなかった。そんな中、後方から車が走ってくる音が聞こえる。振り返ると、こちらへ向かってくるのは奴らの車であった。
結夏は、瑠奈を引きずって茂みに身を潜めようとした。しかし手遅れであった。
2人は、車のハイライトに照らされて特定されてしまう。
もう終わりだと思ったのだろうか。
瑠奈が言う。


「素直に犯された方が楽だよ。」


結夏は、彼女の言動に苛立ちが収まらない。
そんな中、いつの間にか奴らの車が近くに止まり、中から水内とサークルメンバーの屈強な男達が降りてくる。結夏は逃げ出したい気持ちでいっぱいだが、瑠奈が動かないことにはそうもいかない。
男たちは、結夏と瑠奈を押さえ込んだ。そして水内がゆっくりと近付いて来る。


「このアマが。俺から逃げられると思うなよ。」


彼は、結夏の腹へ蹴りをヒットさせる。彼女はあまりの苦しさで、その場に膝をついて倒れこんだ。
水内は、サークルメンバーに指示を出す。メンバー達は、一斉に彼女に襲いかかり暴行をくわえた。5、6人の男達に身体を踏みつけられまるで生きた心地がしない。
そんな結夏の苦痛で歪んだ顔を、水内は笑みを浮かべながら眺めている。それから暴力が収まったかと思うと、今度はこいつらお得意のレイプが始まろうとしていた。
結夏は羽交い締めにされ、水内が彼女に近づき髪を掴む。


「俺の愛人になれ。そうしたら今回のことは許してやる。」


結夏は、恐怖に負けてつい言いなりになりそうだった。しかし、負けず嫌いの彼女である。唾を彼の顔に吹きかけ、その持ちかけを拒絶した。
顔を曇らせた水内は、ドスの聞いた声で怒る。


「孕ませてでも俺の支配下に置いてやる。」


そう言い終えると、彼は結夏の服を引き裂いた。
もうダメかもしれない。そう感じた時、サイレンの音が鳴り響く。峠の下の方からパトカーが数台こちらへ向かって来るのが確認できた。
誰かが通報してくれたのだろうか。水内らは、結夏と瑠奈から手を引いて一斉に車へと逃げていく。
水内は最後に一言、結夏へ向かって言い放った。


「お前の顔だけは、忘れねえからな。」


彼の顔は、まるで獲物を奪われた執念深いヒグマのようであった。
水内らグループが逃走してから、結夏と瑠奈は、警察によって保護された。中高生の頃、夜遊びでよく補導されていた結夏にとって、この日ほど警察に恩を感じた日はなかった。





後日、ニュースで水内ら1910の関係者が続々と逮捕されたことを知った。彼らは以前から、湘南の海や都内のクラブで集団レイプや恐喝を繰り返していたのだという。
結夏らの一件をきっかけに、サークルの一斉検挙が行われてインカレサークル1910は解散。この時に彼女は、昔聞いた噂を思い出して後悔している。
1910は、都内では有名なヤリサーであったという噂だ。
それから、ニュース番組で主犯格の水内について語られた。彼は、様々な偽名を使っていたらしく、水内武もそのうちの一つ。
本名は『御堂尾神威』だったそうだ。
仲間内からは、その統率力故に神と崇められ、サークルの幹部は末端から神々と呼ばれていたのだとか。
しかし、そんな事件があってからも結夏や瑠奈は海を嫌いになることはなく、毎年のように遊びに行った。もちろん、ナンパについていくような軽い真似はもうしていない。彼女は、この嫌な記憶を消そうとするかのように、毎年海で思い出を作った。





あの後、御園生神威がどうなったかなんて知ることもなかった。でも今、目の前にその忌々しい男が立っている。顔は整形したのか、昔とは微妙に変わっているが、目つき、そして声は確かにあの水内である。これは何かの因縁なのであろうか。彼女は腹をくくって、目の前にいる偽りの神を睨みつけた。
神威は、不敵な笑みを浮かべながら暖房の温度を上げる。部屋の温度はじわじわと上がり、やがては熱帯夜のようになった。まるで、あの日の夜に戻ってしまったのかのような感じで非常に不快である。
それと同時に恐ろしさが更にこみ上げる。結夏は、縄を切ろうと試行錯誤を繰り返すが、縄は硬くてなかなか上手くいかない。
顔を上げると、いつのまにか神威がすぐそばまで来ていた。


「さぁ、あの日のパーティーの続きをしようぜ。」


神威は結夏の縄を解く。手足が自由になったと思いきや、彼がすぐさま押さえ込む。結夏は抵抗するも空く、いくらジタバタしようと彼の強靭な筋肉の前には全く歯が立たない。
神威は、結夏の服を両腕で引き裂いた。それから、声を上げて抵抗する彼女の首を締めると、ポッケから注射を取り出して結夏の胸に突きつける。


「この媚薬が注入されれば、お前は俺しか求めなくなる。」


結夏はその手を抑えようとするが、彼の力は強くて全く無意味だ。
神威は、死に物狂いで抵抗する彼女を見て興奮しているようだ。


「壊れろ!そして俺にすがりつけ!」


彼は、注射針を結夏に突き刺そうとする。結夏は絶望に支配され、もう何もすることができない。彼女に跨りながら、紋別を支配する偽りの神々の1人が高らかに笑う。
針と結夏の距離は紙一重。
彼女は静かに目を閉じる。そして心の中で呟いた。


『カネちゃん...。ごめんね...。』







(第四十七幕.完)
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

・北生 蒼(きたき そう)

本作シリーズの主人公であり、青の革命団のリーダー。

劣悪な家庭環境と冴えない人生から、社会に恨みを抱いている。

革命家に憧れて、この国を変えようと立ち上がる。

登場時は、大手商社の窓際族で、野心家の陰キャラサラリーマン。

深い闇を抱えており、猜疑心が強い。

自身や仲間を守るためになら手段を選ばず、敵に残忍な制裁を加えて仲間から咎められることも多い。

非常に癖のある性格の持ち主ではあるが、仲間に支えられながら成長していく。

仙台にて潜伏生活中に、恋心を抱いていた紗宙に告白。

無事に彼女と恋人関係になった。



・袖ノ海 紗宙(そでのうみ さら)

青の革命団メンバー。

蒼の地元の先輩であり、幼馴染でもある。

婚約者と別れたことがきっかけで、有名大学病院の医療事務を退社。

地元に戻ってコンビニでバイトをしていた。

頭も良くて普段はクールだが、弟や仲間思いの優しい性格。

絶世の美人で、とにかくモテる。

ある事件がきっかけで、蒼と共に旅をすることになる。

旅の途中でヒドゥラ教団に拉致監禁されるが、蒼たち青の革命団によって無事救出される。

そして蒼からの告白を受け入れ、彼とは恋人同士の関係になった。


・直江 鐘ノ助(なおえ かねのすけ)

青の革命団メンバー。

蒼の大学時代の親友で、愛称はカネスケ。

登場時は、大手商社の営業マン。

学生時代は、陰キャラグループに所属する陽キャラという謎の立ち位置。

テンションが高くノリが良い。

仕事が好きで、かつては出世コースにいたこともある。

プライベートではお調子者ではあるが、仕事になると本領を発揮するタイプ。

蒼の誘いに乗って、共に旅をすることになる。

結夏に好意を抱いており、典一とは恋のライバルである。


・諸葛 真(しょかつ しん)

青の革命団メンバー。

蒼が通っていた自己啓発セミナーの講師。

かつては国連軍の軍事顧問を務めていた天才。

蒼とカネスケに新しい国を作るべきだと提唱した人。

冷静でポジティブな性格。

どんな状況に陥っても、革命団に勝機をもたらす策を打ち出す。

蒼の説得により、共に旅をすることになる。

彼のおかげで今の革命団があると言っても良いくらい、その存在感と功績は大きい。

革命団のメンバーからは、先生と呼ばれ親しまれている。


・河北 典一(かほく てんいち)

青の革命団メンバー。

沼田の町で、格闘技の道場を開いていた格闘家。

ヒドゥラ教団の信者に殺されかけたところを蒼に助けられる。

それがきっかけで、青の革命団に入団。

自動車整備士の資格を持っている。

抜けているところもあるが、革命団1の腕っ節の持ち主。

忠誠心も強く、仲間思いで頼りになる存在でもある。

カネスケとは結夏を巡って争うことがあるが、喧嘩するほど仲が良いと言った関係である。


・市ヶ谷 結夏(いちがや ゆな)

青の革命団メンバー。

山形の美容院で働いていたギャル美容師。

勝気でハツラツとしているが、娘思いで感情的になることもある。

手先が器用で運動神経が良い。

灯恵の義理の母だが、どちらかといえば姉のような存在。

元は東京に住んでいたが、教団から命を狙われたことがきっかけで山形まで逃れる。

流姫乃と灯恵の救出作戦がきっかけで、革命団と行動を共にするようになる。

山寺の修行で投げナイフの技術を取得。持ち前のセンスを活かして、革命団の危機を何度も救った。

蒼や先生は、彼女のことを天才肌だと高評価している。

革命団のムードメーカー的存在でもある。


・市ヶ谷 灯恵(いちがや ともえ)

青の革命団メンバー。

結夏の義理の娘。

家出をして生き倒れになっていたところを結夏に助けられた。

15歳とは思えない度胸の持ち主。

コミュ力が高い。

少々やんちゃではあるが、芯の通った強い優しさも兼ね備えている。

秋田公国に拉致されたところ、革命団に助けれる。

それがきっかけで、共に行動することになる。

戦場では戦えないものの、交友関係を作ったりと、陰ながら革命団を支えている。

先生から才を認められ、彼の弟子のような存在になりつつもある。


・関戸 龍二(せきど りゅうじ)

青の革命団メンバー。

『奥州の龍』という異名で恐れられた伝説の不良。

達也に親族を人質に取られ、止むを得ず暴走天使に従っていた。

蒼と刃を交えた時、彼のことを認める。

革命団が達也から両親を救出してくれたことに恩を感じ、青の革命団への加入を決める。

寡黙で一見怖そうだが意外と真面目。

そして、人の話を親身になって聞ける優しさを兼ね備えている。

蒼にとって、カネスケと同等に真面目な相談ができる存在となる。

真冬の北海道でもバイクを乗り回すほどのバイク好き。


・酒々井 雪路 (しすい ゆきじ)

青の革命団メンバー。

かつては政治家を目指して、東京の大学で法律を学んでいたが、少数民族の為に戦いたいという思いから北海道へ渡り、AIMに参加する。

ツーリングが趣味で、それ故に機動部隊へと配属されてしまう。

だが、そこで龍二と出会い、彼の紹介で青の革命団へと加入。蒼や先生とともに、新国家の憲法作成することになった。



※第三十八幕から登場

・イカシリ

青の革命団メンバー。

AIM軍の腕利きのスナイパーで、アイヒカンの部隊に所属していた。

射撃の腕は一流で、雪愛(美咲)から密かにライバル視されている。

南富良野で蒼と一緒に戦った時、彼に才能を認められ、次第と行動を共にすることが多くなる。そしていつの間にか、蒼の配下のスナイパーとなり、彼の元で官軍と壮絶な銃撃戦を行う。

服が好きで、アイヌの伝統衣装を自分でアレンジして作った服を着こなしている。



※第三十六幕から登場

・間宮 恋白 (まみや こはく)

青の革命団メンバー。

麟太郎の娘で、年齢は4歳。

生まれたばかりの頃、麟太郎が官軍に捕えられてしまい、母子家庭で育つ。

紋別騎兵隊が街に侵攻した時、母親を殺され、更には自分も命を狙われるが、サクの手により助けられた。

それから灯恵の力により、北見の街を脱出して、一命を取り留める。

命の恩人でもある灯恵のことを慕っている。また彼女から実の妹のように可愛がられており、「こはきゅ」という愛称で呼ばれている。



※第四十四幕から登場

・間宮 麟太郎 (まみや りんたろう)

青の革命団メンバー。

恋白の父親で、元銀行員。

網走監獄に捕らえられていたが、AIMの手により助け出された。

娘が灯恵により助けられたことを知り、何か恩返しがしたいと青の革命団に参加する。

経済について詳しく、蒼からは次期経済担当大臣として、重宝されることになる。

また長治とは、監獄で共に生活していたので仲が良い。



※第五十一幕から登場

・許原 長治 (ゆるしはら ちょうじ)

青の革命団メンバー。

元力士。北海道を武者修行していた時、AIMに協力したことがきっかけで、網走監獄に捕らえられていた。

囚人達からの人望が熱く、彼らをまとめ上げる役を担っていた。

AIMに助けられた後は、青の革命団に興味を持ち、自ら志願する。

典一と互角にやりあうほど喧嘩が強く、蒼や先生からの期待は厚い。

監獄を共に生き抜いた間宮と、その娘の恋白とは仲が良い。



※第四十三幕から登場

・レオン

紗宙が飼っている茶白猫。

元は帯広市内にいた野良猫であったが、紗宙と出会い、彼女に懐いてAIM軍の軍用車に忍び込む。

大雪山のAIM陣で紗宙と再会して、彼女の飼い猫になった。



※第五十二幕から登場

・石井 重也 (いしい しげや)

青の革命団メンバーであり、日本の国会議員。

矢口宗介率いる野党最大の政党、平和の党の幹事長を勤めている。

党首である矢口から命を受け、用心棒の奥平とともに北海道へ渡航。先生の紹介で蒼と会い、革命団への加入を果たす。

政治に詳しい貴重な人材として重宝され。雪路とともに、新国家の憲法作成に携わっていくこととなる。

頑固で曲がったことが嫌いな熱い性格だが、子供には優しいので、恋白から慕われている。

元青の革命党の党員でもあり、革命家の江戸清太郎と親しい関係にあった為、革命家を志す蒼に強く共感していく。



※第五十四幕から登場

・奥平 睦夫 (おくだいら むつお)

青の革命団メンバー。

平和の党の幹事長である石井の用心棒として、共に北海道へ渡航。先生の紹介で蒼と会い、革命団への加入を果たす。

石井とは青の革命党時代からの知人で、かつて彼の事務所で勤務をしていた。その頃、江戸清太郎の演説を聞きに来ていた蒼にたまたま遭遇している。

普段は物静かだが、心の中に熱い思いを持った性格。



※第五十四幕から登場

羽幌 雪愛(はほろ ゆあ)

札幌官軍三将の豊泉美咲が、AIMに潜入する為の仮の姿。

青の革命団について調査する為に、蒼や先生に探りを入れたり、時には彼らの命を狙う。

その一方で、スナイパーとしてAIM側で戦に参戦。戦力として大いに貢献。紗宙や灯恵と仲良くなり、彼女らに銃の手解きをする。

また、その関わりの中で紗宙の優しさに触れ、スパイであることに後ろめたさも生まれてしまう。

性格はポジティブで明るいが、裏に冷酷さも兼ね備えている。



※第三十五幕から登場

・矢口 宗介 (やぐち そうすけ)

国会議員で、先生の旧友。

27歳の若さで初当選を果たし、33歳で野党最大の政党である平和の党の党首まで上り詰めた。

温厚で正義感が強く、日本国を腐敗させた神導党と激しく対立。神導党の後継団体であるヒドゥラ教団から、命を狙われている。

内からの力だけでは日本国を変えられないと判断して、旧友である先生が所属する革命団に未来を託すべく、石井と奥平を北海道へと派遣した。

蒼や先生にも負けず劣らずのロン毛が特徴。



※第五十四幕から登場

・イソンノアシ

AIMの首長であり、英雄シャクシャインの末裔。

サクの父親でもあり、温厚で息子思いの性格。それ故に、AIM軍や統治領域の民衆からの人望が厚い。

諸葛真が大学生の頃、遭難から救ったことがきっかけで、彼とは親友の仲になる。

サクの和人嫌いというトラウマを克服させる為に、彼を革命団の案内役に任命した。


・サク

イソンノアシの息子で、英雄シャクシャインの末裔。

毒舌で攻撃的な性格。

実行力と統率力、そして軍才があるので、AIM関係者からの人望が厚い。また父を尊敬していて、親子の関係は良好。

しかし、交戦的で容赦がないので、札幌官軍からはマークされている。

かつては、温厚かつ親しまれる毒舌キャラだったが、恋人を官軍に殺されたから変貌。和人を軽蔑して、見下すようになったという。

殺された恋人と瓜二つの紗宙へ、淡い好意を寄せる。



・ミナ

サクの元婚約者。

アイヌ民族の末裔で、自らの出自やアイヌの文化に誇りを持っており、北海道を愛していた。

2年前、裏切り者の手によってサクと共に捕らえられる。

そして、彼の目の前で、松前大坊に殺された。



※第三十三幕と第五十幕で登場

・ユワレ

サクの側近であり、幼馴染でもある。

正義感が強く、曲がったことが好きではない性格で、みんながサクを恐れて諌めようとしない中、唯一間違っていることは間違っていると言ってのける存在。

また忠義に熱く、蒼から何度も革命団への入団オファーを受けるが、全て断り続けている。



※第三十三幕から登場

・アイトゥレ

AIM幹部の筆頭格で、イソンノアシやサクの代わりに、軍の総大将を務めることも多々ある。

歴史ファンで、特に好きなのが戦国時代。お気に入りの武将は本多忠勝。

道東遠征で、共に戦うカネスケの才を見抜き、別働隊を任せるなど、彼に軍人としての経験をつませる。



※第三十八幕から登場

・京本 宗男(きょうもと むねお)

北海道知事であり、札幌官軍の代表。

日本政府の指示の元、北海道の平和を守る為に、AIMとの紛争に身を投じた。

政府に忠誠を尽くす一方で野心家でもあり、いつかは天下を取ろうと画策している。

それ故に、紛争を理由に軍備の増強を図る。

人の能力を的確に見抜き、公平な評価を下すことから、部下からの信頼は厚い。

公にはしていないがヒドゥラ教団の信者で、土龍金友のことを崇拝している。



※第三十二幕から登場

・土方 歳宗 (ひじかた とししゅう)

札幌官軍三将の筆頭で、身長190㎝超えの大男。

京本からの信頼も厚く、札幌官軍の総司令官の代理を務めることもある。

武術の達人で、国からも軍人として評価されており、一時期は先生と同じく国連軍に所属していた経験もある。

北海道の治安を守る為にAIMとの戦争で指揮を取るが、特にアイヌやAIMを憎んでいるわけではない。

部下からも慕われていて、特に美咲は彼のことを尊敬している。また彼女と同様に松前の残虐非道な行為をよく思ってはいない。



※第五十一幕から登場

・豊泉 美咲(とよいずみ みさき)

札幌官軍三将の1人。

セミロングの銀髪が特徴的なスナイパー。銃の腕前は、道内一と言われている。

性格はポジティブで、どんな相手にも気軽に話しかけられるコミュ力の持ち主。

京本からの指示を受け、青の革命団の実態調査の任務を引き受ける。

キレ者で冷酷な所もあるが、非道な行為を繰り返す同僚の松前を心底嫌っている。



※第三十ニ幕から登場

・松前 大坊(まつまえ だいぼう)

札幌官軍三将の1人。

人柄はさておき、能力を買われて三将の地位まで上り詰める。

サクの恋人を殺害した張本人。

類を見ない残忍性で、AIMおよびアイヌの人々を恐怖に陥れた。

再びAIM追討部隊の指揮官に任命され、AIMと革命団の前に立ち塞がる。



※第三十ニ幕から第五十幕まで登場

・エシャラ

イソンノアシの弟で、サクの叔父に当たる人物。

元AIMの幹部で、考え方の違いから、札幌官軍に内通して寝返る。

サクとミナを松前大坊へ引き渡し、ミナの殺害に少なからず加担した。

温厚だが、自分の信念を曲げない性格。

AIMをえりもへ追いやって以降は、松前の手先として帯広地域を統治していた。



※第三十三幕〜三十四幕で登場

・御堂尾 神威 (みどうお かむい)

紋別騎兵隊の副隊長。

日本最恐の軍隊と恐れられる騎兵隊の中でも、群を抜く武勇と統率力を誇る。

しかしその性格は、冷酷で自分勝手で俺様系。

人を恐怖で支配することに喜びを覚え、敵対した者は、1人残らず殺し、その家族や周りにいる者、全てを残忍な方法で殺害。

また、騎兵隊の支配地である紋別の町では、彼の気分次第で人が殺され、女が連れさらわれていた。

その残酷さは、松前大坊と匹敵するほど。

結夏に因縁があるのか、執拗に彼女のことを狙う。



※第四十一幕から登場


・御堂尾 寿言 (みどうお じゅごん)

神威の弟で、紋別騎兵隊の隊員。

兄と同じく残忍な性格。

兄弟揃って紋別の町にふんずりかえり、気分で町の人を殺したり、女性に乱暴なして過ごしている。

食べることが好きで、体重が100㎏を超えている大男。

兄の神威と違い、少し間抜けな所があるものの、他人を苦しめる遊びを考える天才。

大の女好き。



※第四十二幕から第四十八幕まで登場

・北広島 氷帝 (きたひろしま ひょうてい)

紋別騎兵隊の隊長で騎兵隊を最恐の殺戮集団に育て上げた男。

『絶滅主義』を掲げ、戦った相手の関係者全てをこの世から消すことを美学だと考えている。

松前大坊からの信頼も厚く、官軍での出世コースを狙っていた。



※第四十六幕から第四十九幕まで登場

・仁別 甚平 (にべつ じんべえ)

黒の系譜に選ばれた者の1人。

カニバリズムを率先して行い、雪山で焚き火をして遭難者を寄せ付け、殺害しては調理して食べる、という行為を繰り返している。

特に若い娘の肉を好んで食す。

リンに狂酔しており、彼女の興味を一心に浴びる蒼を殺そうと付け狙う。



※第四十二幕から登場

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み