雨降って…… ③

文字数 3,486文字

「そんな……」

 彼がわたしとの恋をシンデレラになぞらえていたことには驚いたけれど、ここまで自分の育ちを卑下されると、わたしも悲しくなってきた。

「あの人に言われたとおりです。僕と絢乃さんとでは、どう考えても釣り合いません。僕では、あなたの育った家柄の一員になる資格が足りません。ですから、仕事上の関係と恋愛関係までに留めておいて、結婚は僕ではなく他の男性と――」

「いい加減にしてよ! 貴方のわたしへの想いって、その程度のものだったの? お互いの境遇の違いだけにこだわって、釣り合わないなら身を引くなんて簡単に言えるような。貴方がそんな意気地なしだとは思わなかった」

「絢乃さ――」

「……もう、いい」

 わたしは彼に背を向けた。雨に濡れた石畳には、傘を差して立っているわたしの姿がぼんやりと滲んでいた。

「もう疲れちゃった。わたし、貴方っていう人が分からない。こんなにつらいなら、もうやめよう? ただのボスと秘書の関係からやり直そう?」

「……えっ?」 

「わたし、明日は出社しないから、会社のことはママに頼んでおく。一日離れて、お互い冷静になった方がいいと思うの」

「……はぁ」 

 冷静にならなければならなかったのは、私の方だ。もう頭の中がぐちゃぐちゃで、彼の顔を見て何かを言うのには堪えられない状態だった。
 初めての恋愛で、自分から引導を渡すってどうなんだろう? 恋には絶対的な正解がないので、自分でもこれで本当にいいのかと迷ってはいた。
 
「……ねぇ、一つだけ訊かせてくれる? 貴方がわたしを好きな気持ちは、本物だったって信じていいのよね?」

「はい、もちろんです」

 彼は力強く肯定した。どうせなら、否定してくれればよかったのに。せっかく引導を渡したのに、これではすっきりしない。心の中にモヤモヤが募っていって、わたしは今にも泣き出しそうな状態だった。

「――服、びしょ濡れだから、風邪引かないようにね。じゃあ」

 わたしは一度も彼を振り返ることなく、速足で石畳の上を歩きだした。

 ――これで本当によかったのだろうか? 本当に彼だけが悪かったのだろうか? わたしに悪いところはなかったのだろうか……?

 その途中で頭をよぎるのは、そんな答えの出ない自問自答ばかり。初恋の終わりがこんなにも惨めなんて、想像すらしていなかった。……いや、まだ終わったかどうかすら分かっていなかったけれど。

「――ただいま……」

 どうにか泣き出さずに玄関まで辿り着き、家の中へ声をかけると、母がすっ飛んできた。

「おかえりなさい。……絢乃、何かあったの?」

 母はわたしの様子がおかしいことにすぐ気づいたらしく、眉をひそめて訊ねてきた。

「ママ……、わたしの初恋、終わっちゃったかもしれない……」

 わたしはそのまま、母の胸に抱き着いて号泣し出した。あんなに泣いたのは、父が亡くなって以来だったと思う。

「ちょっと、落ち着いて! とにかく、二階へ行きましょう」

「……うん」

 わたしは泣きじゃくりながら、母に背中をさすられて二階の自分の部屋へ向かった。 

 肉親を失うことはもちろん悲しいことだけれど、好きな人を自分から振るということも、それと同じくらい心に傷を負うことだったのだ。
 こんな時くらいは、普通の十八歳の女の子に戻って思いっきり泣いていたかった。

 二人してベッドの縁に腰かけ、母はわたしが泣き止むのを待って、両手を握ってくれた。

「冷たい手……。とりあえず、お風呂に入ってらっしゃい。お湯を張ってる間に、話聞かせてもらおうかしらね」

 一度バスルームに消えた母は、水音がする中すぐに戻ってきた。

「――で、桐島くんと何があったの?」

 わたしはそれまでの数ヶ月間に渡る彼とのすれ違いや、彼にわたしとの結婚の意思がないらしいこと、その原因はわたし自身にもあったかもしれないことを母に聞いてもらった。

「――わたし、もうどうしていいか……。彼のことホントに好きなのに、こんな終わり方って自分でも納得がいかなくて。……わたしと貢、もうダメなのかなぁ……?」

 母にこれだけの弱音を吐いたのは、もうどれくらいぶりだったろう? 普段は財閥のリーダーという重責を担っているために、母にすら素直に甘えることができずにいたけれど、この時だけはその重責から解放されて、母に思う存分甘えようと思った。

「そんなことないんじゃない? 彼だって、絢乃のこと本気で好きなんでしょう?」

「……うん。そう言ってたけど」

「だったら大丈夫! お互いにまだ気持ちが残ってるなら、終わりじゃないわ」

「……そっか」

「ええ。ところで絢乃、明日学校はどうするの? 具合が悪いなら、お休みしてもいいのよ」

「ううん、大丈夫。だって、わたしの本業はこっちだもん。勉強は待ってくれないから」

「……そう、分かった。でも、ムリはしないようにね。じゃあおやすみ」

 ――わたしは彼を嫌いになってなんかいない。そして、彼に嫌われたわけでもない。……そう思うと、まだ望みが絶たれたわけではないのだと、胸がスッと軽くなった気がした。
 できれば、彼もわたしと同じ気持ちでいてくれたらいいな……。そう思いながら、母が部屋を出た後、わたしはバスタブに身を沈めた。

****

 ――翌朝。わたしは早々に朝食のフレンチトーストを平らげ、ブレザーを羽織った。

「じゃあママ、わたし学校に行ってくるね。今日一日、桐島さんのことよろしくお願いします」

「ええ、それはいいけど……。ホントに大丈夫? 顔色まだ悪いわよ?」

「大丈夫。具合悪くなったら保健室もあるし、里歩も唯ちゃんもいるし。――じゃ、行ってきます」

 母の心配はありがったけれど、親友二人に心配をかけたくなくて、わたしは半分カラ元気で登校していった。

 里歩と唯ちゃんと待ち合わせていた新宿駅へ向かう途中、わたしが考えていたのは、もっぱら彼のことだった。

 ちなみに唯ちゃんのお家は恵比寿にあるのだけれど、彼女もJR山手線から京王線に乗り換えるために新宿駅を利用しているそうで、四月からは彼女も待ち合わせに加わっていたのである。――それはさておき。

 前日の夜、彼は雨の中を傘も差さずにずっと車外にいてずぶ濡れになっていた。傘はちゃんと車の中に積み込んであったはずなのに。
 秋の雨は冷たいし、かなりの大振りだったので、あのあと風邪を引いていたら……と思うとわたしも責任を感じていたのだ。
 
 帰宅してから入浴後にも就寝前にもスマホをチェックしてみたけれど、彼からの着信もメッセージも一件も入っていなかったので、余計に心配になった。
 彼はわたしに拒絶されたと思ったから、連絡するのをためらったのだろうか? ()()()()()になってしまったわたしに余計な心配をかけたくなくて? ……生真面目な彼のことだから、あり得なくもない……かもしれなかった。
 
 だからといって、わたしから連絡すると余計に話がこじれそうだったし……。別に意地を張っていたわけではないのだけれど、わたしから「ゴメン」と言ったところで、根本的な解決にはならなかっただろうから。

 彼はきっと、伝統ある〝篠沢家〟という名家に婿入りすることに尻込みしていたというか、及び腰になってしまっていたのだろう。それをさも当然のことのように彼に押し付けてしまったのには、明らかにわたしに非があったと思う。それは反省すべき点だった。

 もう一度、彼と話し合うことができたら……。彼の苦しみにもちゃんと耳を傾けて、彼の意思もちゃんと()んであげて、そのうえでお互いの気持ちをもう一度確かめ合うことができたら、二人の関係も修復できそうな気がした。……ただ一人、わたしたちの関係を引っ掻き回して喜ぶおジャマ虫さえ出てこなければ。

「――お~い、絢乃~っ!」

「絢乃タ~ン、おはよ~!」

 京王線のホームに、わたしと同じ制服姿の長身のショートボブと小柄なポニーテールが見えた。二人はわたしに向かって笑顔で手を振ってくれていた。

「里歩、唯ちゃん! おはよう!」

 わたしも努めて精一杯の笑顔で手を振り、二人の親友の元へ駆け寄っていった。
 この二人は、前日の夜に起きたわたしと彼との問題に無関係だから。あんなプライベートなことに、彼女たちを巻き込みたくなかったのだ。

****

 ――学校にいる間は、できるだけ彼のことを考えないようにしようと思っていたけれど。授業中にもお昼休みの間にも、わたしはスマホをチラチラ気にしていた。
 さすがに仕事中にはメッセージも送れないだろうけれど、お昼休みになら……という淡い期待もあったのだ。でも、彼からの連絡は一度もなかった。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

篠沢絢乃(しのざわあやの)

私立茗桜女子学院・高等部二年A組。

四月三日生まれ、十七歳。O型。

身長一五八センチ、体重四四キロ。胸はDカップ。

趣味は読書・料理。特技はスイーツ作り・英会話。好きな色は淡いピンク。

主人公。高二の一月に『篠沢グループ』の会長だった父・源一(げんいち)をガンで亡くし、父の跡を継いで会長に就任。

小学校から女子校に通っているため、初恋未経験。

大のコーヒー好き。ミルクと砂糖入りを好む。

桐島貢(きりしまみつぐ)

篠沢グループ本社・篠沢商事・秘書室所属。大卒。

五月十日生まれ、二十五歳。A型。

身長一七八センチ、体重六〇キロ。

絢乃が会長に就任する際、本社総務課から秘書室に転属し、会長付秘書になった。マイカー(軽自動車→マークX)を所持している。

恋愛に関しては不器用で、現在も彼女なし。

絢乃と同じくコーヒー党。微糖を好む。スイーツ男子。

中川里歩(なかがわりほ)

私立茗桜女子学院・高等部二年A組。

五月二十四日生まれ、十七歳。B型。

身長一六七センチ、体重五三キロ。胸はCカップ。

初等部からの絢乃の同級生で大親友。バレーボール部に所属し、キャプテンを務めている。

数ヶ月前から交際中の、二歳上の彼氏がいる。

コーヒーは、ミルク多めを好む。

※このアイコンではセーラー服着てますが、本当の制服はブレザーです。

篠沢加奈子(しのざわかなこ)

篠沢グループ会長代行。篠沢家当主。短大卒。

四月五日生まれ、四十三歳。O型。

身長一六〇センチ、体重四五キロ。胸はDカップ。

絢乃の母で、よき理解者。娘が学校に行っている間、代わりに会長の務めを果たしている。

亡き夫で婿養子だった源一とは、見合い結婚だったがオシドリ夫婦だった。

大の紅茶党。ストレートティーを好む。

ちなみに、結婚前は中学校の英語教諭だった。

桐島悠(きりしまひさし)

フリーター。飲食店でのバイトを三ヶ所ほど掛け持ちし、調理師免許を持つ。

六月三十日生まれ、二十九歳。B型。

身長一七六センチ、体重五八キロ。

桐島貢の兄。一人暮らしをしている弟の貢とは違い、実家住まい。高卒でフリーターになった。

貢曰く、かなりの女ったらし……らしい。兄弟仲は決して悪くない様子。

愛煙家である(銘柄はメビウス)。

阿佐間唯(あさまゆい)

私立茗桜女子学院・高等部三年A組。※絢乃、里歩とは三年生から同じクラス。

七月二十四日生まれ、十七歳。B型。

身長一五四センチ、体重四一キロ。胸はBカップ。

三年生で初めて絢乃、里歩のクラスメイトになる。マンガ・アニメ研究部に所属。

男子バレーボールが題材の『ドラゴン・アタッカー』というアニメにハマっている、いわば「オタク少女」。その縁で、バレー部員である里歩と親しくなり、絢乃とも仲良くなった。

一つ年上の大学生・谷口浩介(たにぐちこうすけ)という彼氏ができたばかり。

レモンティーが好き。

村上豪(むらかみごう)

篠沢グループ本社・篠沢商事の代表取締役社長、常務兼任。大卒。四十五歳。

絢乃の父・(旧姓・井上)源一とは同期入社で、同じ営業部だった。源一が会長に就任した際に専務となり、常務を経て社長に。源一亡き後、絢乃の会長就任に際して再び常務を兼任する。

源一とは恋敵でもあったようで、結婚前の源一と加奈子を取り合ったことも。現在は一つ年下の妻と、絢乃よ中学生の娘がひとりいる。

源一の死後は、父親代わりに絢乃を支えている。

コーヒーにこだわりはなく、インスタントでも飲む。

山崎修(やまざきおさむ)

篠沢グループ本社・篠沢商事の人事部長。専務兼任。大卒、五十二歳。

総務課で続いていたパワハラ問題に頭を抱えており、人事部長として責任も感じていた。

真面目でカタブツだと誤解されがちだが、実は情に脆い性格。三歳年下の妻と二十二歳の娘、二十歳の息子がいて、自分の子供たちが篠沢商事に入社してくれることを期待している。

広田妙子(ひろたたえこ)

篠沢グループ本社・篠沢商事の秘書室長。大卒、四十二歳。秘書室に異動した貢の直属の上司。

入社二十年目、秘書室勤務十年のベテラン。バリバリのキャリアウーマン。職場結婚をしたが、結婚が遅かったためにまだ子供には恵まれていない。

絢乃とは女性同士で気が合う様子。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み