第3話

文字数 2,228文字

名刺を差し出したその男は保護観察官の武田と名乗り、弟が予定されていた面談に現れない為に訪ねて来たのだと告げた。よれた地味なグレーのスーツを着た特に印象のない男であった。
優月はもう既に人と接するのに必要な生命レベルが尽きており、
「母親が亡くなり弟はショックで寝込んでいるので、今日のところは引き取ってもえないでしょうか」
思わず嘘をついて逃げようとすると、この男は信じたのかニコッと笑い、弟を擁護する話をし始めた。
「感じやすく、対処の仕方に問題があるだけなんですよ。まわりの大人はそこが分からないんですね」
私は、あなたの側ですよと言わんばかり。
うんざりしつつも、特に特徴もない彼に対して優月は同じ匂いを嗅いだ。彼女も大人の側で自分を守って生きて来た人間なのだから。小さな頃からずっと。
「お前も私と同じように彼を守れない大人なのにまだ与太話を続けるのか」と、ため息が出てしまった。
「そうですよね、その気持ち察します。深呼吸していいですよ。彼の様な性格の子には芸術などに触れさせることが更生には役立つから。その為に僕は詩を書かせてみたんですよ、読まれましたか。胸打たれるような何かを予感させるように思えて、それが才能なのか、悪が隠れているのか」
優月が見た武田の表情に俗さは微塵もなく言葉をしっかり伝えようとしているのが感じられた。
素直に聞き入れた途端に鈍い圧迫感が胃に集まって胃液が上がってきて、ゲップが止まらない。「隠れていない。あいつは隠す事が出来ない。良くも悪くも、『其レソノ物』なのだ。そもそも、あなたがどうのという前にあいつは言葉をぶちまけていじっていたよ」
彼女は口角を何とか上げて少し笑った。
武田が帰ると、不思議と胃の辺りはすっとしたのだが、右の脳に胃液が押し入って焼け焦げた匂いが満ちて奇妙な踊りをしたくなった。
頭の何処かで奴が、
「闇の中、早く腰を動かせ、踊れないのに歌うのか、踊りを俺に早く乞えよ」
そう挑発する姿が見え、何かを思い出したように母の部屋に走り戻っていく。
弟のファイルを正座した膝の上に全て乗せてみた。ずしりとした重さに二つの足首は離れてお尻がぺたりと床にくっ付いた。開くのがためらわれたままに、暫く天地をぐるぐる回したりしていると、パチンという音が鳴ってファイルの留め具が外れて中身が床に飛び散った。小さく「キャっ」と声を洩らす。
弟がここまでたくさん書き続けていた事にびっくりした。あの人に厳しく止められて、彼もある時期から受け入れていく中で軽蔑していたのではなかったのか。しかも母がなぜにこんなにたくさんのものを大事にしているなんて。あらゆる時期のものがあったが、すぐに目についたのは検印の押された紙片たちであった。
暫くして気付いた。ファイルの分類ごとに見出しが書き込まれている。
「ここまでするんだ」
優月の脳裏で、弟の綺麗な優しい左目と悪意が夏の日にどっくり溜まって鈍い存在を見せびらかす右目が動いた。下腹部が重く、グーの嫌悪を引き出されそうで、無慈悲に這う。
「才! 何故にお前は、遠くなればなるほどに・・・・
こんなにもすっきりしないのか」
叫ぶ勇気も無く背を向けてしまった。
そう、逃げ癖がまた出た。
「くそっ」彼女は最後の意地で立ち上がったものの、いびつに踊り倒れるようには弟の部屋に入ってしまった。「ふうーっ」と、息を吐いてゆっくり全体を眺める。部屋自体に気配は未だあって、直ぐにでも彼は戻るようにも思えて落ち着かないのであった。突然いつかの何気ない弟のハミングが優月の脳裏で蘇って、鳥肌がさっと浮き出たのが分かった。
「アイツは、やっぱりただの弟ではないのでは・・・・
否、ただの犯罪者でしょ。そういう態度をとるように私は決めたんじゃないか。
悪魔なんだと。
そうではなかったのか? 
違うって言うの? 
幼稚園の頃の泣き虫で可愛かった才を思い浮かべて、抱きしめることが正解であったの?
そんなのすべてが、つまらない幼き強欲と未熟さによる嫉妬でしかなかったというの?
「はッ! 」
今となってはどうにもならないわ。謝ればいいの? 
どうなのよ。
でも、確かにそう・・・・かもしれない。闇の光りのような何も感じない目、悪魔の目だと思って手放した次の瞬間には、優しい無条件の愛を与えたくなる目。
だってだって、
違う温度の二つの目でいつもやって来るんだもの」
実体がないからこそ、敵わないと怯えさせる気配がこうして部屋に充満している。散らばったファイルやメモなどの紙片に何かしらの存在が放つ温度が秘められて。
「狂気と愛をあまりに自由に無軌道にまき散らすんだよ、あいつは・・・・、才そのものが芸術とでも言いたいの? 
どうなのよパパ!! 」
優月はあの日、握っていた才の手を棄てるように離した。その時の逆光に曝された弟の顔がようやく、今ここにやっと届いて現れて。
「聞こえる」
全てが、道理に合わない笑顔で、悪魔でもあり全能なる神は【ゼロ】の【ハミング】を奏でていた。
焦るように黙りノートやメモ、ファイルを無様な様態で整え始めた。
「許してとも言わない。血のつながりの無いただの他人としてあなたと出会うことから始めるから、ハミングを旋律にしてあげる、否、ごめんなさい、そうさせてよ。お姉ちゃんに・・・・
グヤァあああああ否嗚呼ああああ
死ね死ねクソクソいやぁ嗚呼ああ・・・・ 」
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み