瑠璃色の風・中

文字数 1,838文字

 吉見家の者との歓談を終えた政弘は、亀童丸が会いに来ていたこと、吉見の者と会っていると聞いて立腹して去って行ったことなどの報告を受けた。無論、その後彼が富田に向かったことも筒抜けである。
「困ったものよ」
 そう言いながら、亀童丸が残して行った「手習い」の作品に目を通す。
 武人として鳴らしている政弘であったが、水墨画の雪舟、連歌の宗祇と多くの文化人を領内に招いて保護し、自らも風雅の道に造詣深かった。
 応仁の乱で京の都は灰塵と化し、多くの公家や文化人が京を逃れて各地方に移り住んでいたが、ここ山口に文化人が多く移り住んだということは、当主が教養人であったことと、大内家が繁栄していたことの証左に他ならない。
 幼くして、これらの文化人の下で学ぶ幸運に恵まれた亀童丸に対する政弘の期待は大きかった。それゆえに、かなりの成果をあげたのでなければ、息子を褒めるということはまずない。
(雪舟禅師ほどの御仁にも『追従』するということがあるのだな)
 亀童丸が「師匠に褒められた」という、稚拙な絵を見て、政弘は失望した。
 鴻ノ峰の山々の秋の風情。五歳の童子が描いたにしては緻密に過ぎる。真面目で真剣に描いている様は目に浮かぶが、それだけであった。人を魅了するほど光るものはどこにもない。
 遊び相手が悪いのだ。父の弘護は文武に秀でた人物であったが、息子の武護は武芸の鍛錬は熱心に行うが、書画や和歌の講義ではふざけた振る舞いが目に付き、おとなしく席についていることすら苦痛といった有様であるらしい。それに……。
(あやつはわしを恨んでおる)
 あれは、父の弘護に勝るとも劣らぬ切れ者だ。八歳の子供にしてこうなのだから、末恐ろしい。突き放すか懐柔するか、ただでさえ面倒なことばかりであるのに、その上こんなことまで抱え込んでしまうとは。
 疲れ果てた政弘は既に幕府に「隠居」の申請をしていたが、あえなく却下されている。理由は亀童丸がまだ幼過ぎる、ということだった。
(亀童の元服を早めよう)
 将軍家のように、面倒な「当主の肩書」を息子に押し付けて、陰で実権を掌握しつつ風流の道に溺れるのも良い。それに、今はもう、そんなことに意見するような者はいないのだから。

 若子様のお成りと聞いた陶家の者は当惑し、直ぐにも寺に籠っている鶴寿丸を呼び戻そうとした。だが、亀童丸はそれを制し、自ら安養寺へと向かった。
 春は桜が美しく、夏は青葉がみずみずしい。実に美しい庭園を要するこの寺に、紅葉の季節が訪れていた。
 開花の時期を終え、朽ちたもみじ葉を浮かべる蓮池に掛かる橋。その欄干に腰かけていた鶴寿丸は、亀童丸がやって来るのを知ったが、無視を決めた。
「どうして山口の館を出てしまったのだ? 鶴がいないとつまらん」
 亀童丸はそう言って、鶴寿丸の隣に腰かけた。
「共にいてもつまらん」
 鶴寿丸は亀童丸の口調を真似て、ぼそりと呟いた。
 一緒にいてもつまらない、などと意地悪を言われても、亀童丸は腹を立てやしない。本心ではないことは分かっているからだ。懐中から何やら取り出して、鶴寿丸の手に握らせた。
「父上から頂戴した唐渡の品。この色が綺麗だから、鶴に相応しかろうと思ったのだ」
 ラピスラズリを嵌め込み、銀色の鎖を付けた装身具。今日でいうペンダントであった。遠く西域の異国では、珍しくともなんともない代物である。所謂、絹の道を通って中国大陸を越え、遥々日本に流入したものだった。明や朝鮮と貿易を行っている大内家には、こんなものがたまに「宝物」として紛れ込んで来た。せいぜい鑑賞品として楽しむぐらいしか用途はないのであるが。ラピスラズリそのものは、日本画の顔料とされ、所謂「瑠璃色」というやや紫みを帯びた鮮やかな青色を発する。宮中の天皇・貴族のような、ごく一部の天上人たちだけがこれを「瑠璃」と呼び、好んで宝飾品に用いていたようだ。
 鶴寿丸は、ふん、と馬鹿にしたように眺めた後、何のためらいもなく、それを蓮池の中に投げ込んでしまった。
「あ……」
 亀童丸が驚いて池を見遣った時には、ぽちゃんという水音のあとに、ペンダントが作った水の輪がゆるゆると広がっていくのが見えるだけであった。
「せっかく鶴のために持ってきたのに……」
 今にも泣きそうな亀童丸を見ながら、鶴寿丸は平然と言った。
「勿体ないと思うなら、池に入って取ってくればいい。『亀』なら池の中など平気で入れるはずではないか」
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

大内義興(おおうちよしおき)

大内家三十代当主。通称、次郎、新介。幼名、亀童丸。父は応仁の乱で活躍した大内政弘、母は畠山家の養女。周防、長門、筑前、豊前、山城ほか7カ国の守護。

下向した元・将軍義材の復職を助け、共に上洛し相伴衆として幕閣の一員となる。しかし、あくまでも将軍家の家臣として生涯を終え、後の織田なにがし、豊臣なにがしのように自ら天下人に就こうという意思はなかった。あくまでも、天下ではなく、天下人=将軍に近い(親しい)人であった。

一言:

その義理堅く忠義なお人柄にアホな歴女は熱を入れあげて卒倒する。後に『捏造大名家の野望』という永遠に終わらない荒唐無稽なバカ話に出てくる捏造大名・有川家の当主昌興は恐らく、このお方がモデルである。本当はこのインチキな人物で評伝を書くはずが、何の因果で史実人物で書き始めたのか。永遠の謎である。どうやら、周防・長門は強固にして盤若な地盤すぎて、「捏造大名家」はたとえゲームだからと言って適当に捏造することが憚られたため(所謂国人衆林立状態の安芸や石見とは違うのである)、あの話は嘘過ぎて続きが書けなくなった……。要するに史書を読みすぎた故に発生した弊害です。

※アイコンはロン様。これ以上ないくらいイメージ通り※

陶武護(すえたけもり)

生没年不詳。正確なところはなにもわからない=勝手に想像できる、はずはないのだが、勝手に「創造」した。勿論、元ネタはある。偉い歴史学者の先生方の仮説・推測の幾つかを都合のいいように組み合わせた。但し、一つだけ誤りのない事実がある。この人は、陶興房(史実的にかなり詳細が分かっている)の兄であり、つまり、その息子隆房、これで分からない人は、厳島の戦いで毛利元就に敗れた陶晴賢と言えば多少聞いたことがあるはず、の伯父である。

一言:

限りなくいい加減に書き手の意見を代弁させている。ゆえに、信じられないほど現代的思考感覚で動いているものと思われる。これも、どこかで『捏造大名家……』の山田こと鷲塚昭彦からなにがしかのレクチャーを受けた可能性を否定できない。ついでにゲーム機ももらえたら、足利家なんか速攻で潰し、吉見家と細川家は絶滅に追い込んだはず。史実というのは本当につまらない。

※アイコンはロン様です。うう、お美しい……※

大内政弘(おおうちまさひろ)

義興の父。

大内家二十九代当主。父は大内教弘、母は山名宗全の養女。周防、長門、筑前、豊前の守護。相伴衆。

応仁の乱において西軍の主要な人物として活躍するも、最終的には官職を安堵されることを条件に降伏を受け入れた。武人として優秀であっただけでなく、歌人としても著名であった。まさに文武両道の名将。

一言:

大内家歴代当主の中で二番目くらいに愛しているお方です。一番目は言わずとも結構、ですよね? ネタバレ注意報なので伏せますが、作中での性格設定には胸が痛みました。まあ、様々な映画やアニメの中で常に悪者を愛してしまうわたくしではございますが……。この方は絶対に悪者ではないはずですから。完全なる捏造ですね、これ。でも、そういう「仮説」を広めた歴史の先生も悪いよ。

※アイコンはロン様※


今小路殿(いまこうじどの)

義興の母。能登畠山家の養女として大内政弘に嫁いだ。

一言:やはり女性であるため、名前すら分らないんですね。しかし、政弘さまとの結婚は「再婚」であったようで、初婚の夫とは死別した模様です。一種の政略結婚ととれなくもないのですが、京でも評判の美女であったとか。再婚の娘で、しかも歳も二十歳を過ぎていたのですから、かなり熱を上げないと受け入れがたいでしょうね。ということで、絶世の美女であることに一票。

※アイコンはロン様。イケメンの母は当然絶世の美女。麗しい……※


東向殿(ひがしむきどの)

義興の正室。父は長門守護代・内藤弘矩。嫡男・義隆の生母。

かなり年上、という事以外、婚礼をあげた年月すら不明。

一言:

作中では「篠(しの)」。

歴史学者の先生方は、きちんと史料が残っていないことについては、断言するのを避けます。

女性の場合は名前すら史料にない。誰それの女(娘)のごとく記されているだけです。

しかし、名前もない上に、歳も分らないでは困るので、適当に名前と年齢を設定。

優秀過ぎる義興様から何故に間抜け殿(『捏造大名家の野望』参照のこと)が生まれ出てきたのか、という謎については、歴史学者の先生方もおおいに悩んでおられるようで。多分母親に似たのであろう、というあまりにもいい加減な仮説がまことしやかに流れていることに呆然。

確かに「遺伝」ってこともあるでしょうけど、性格形成その他は、成長した環境によるところが大きいと思うので、たぶん両親にあまりにも大切に育てられすぎたのではないかな? なんて考えます。

※アイコンはロン様※

足利義材(あしかがよしき)

室町幕府第十代将軍。父は八代将軍義政の弟・義視。母は義政の正室・日野富子の妹。

応仁の乱の後、父義視とともに、美濃国へ下向。若くして病死した九代将軍義尚に子がなかったため、義政や富子らの後援で将軍職に就く。義材→義尹(よしただ)→義稙(よしたね)と名前だけでも三回も変わるほどの波乱に満ちた人生を送る。

義興の生涯において、縁浅からぬ人物。

一言:

将軍様というのは取り巻きも含めて、本当に奇人変人だらけ。この人もまあ、そうだろう。しかし、様々な問題を抱えつつ、どの人も何故か憎めなかったりする。だが……この人に対してだけはマジで腹が立ってしまったわたくし……史料見て号泣です(義興様がお気の毒すぎて……)。

ま、毛利家じゃないから許してあ・げ・る。

どんな悪さをしたのかはネタバレ注意報なので、今は内緒です。

ちなみに、ロン様のイラストが可愛らし過ぎて、作中イメージがかなり変わりました。イラストレーターさんと物書きとの最高のコラボになってます♡

この場を借りて御礼申し上げます。いつも、本当にありがとうございます。

※アイコンはロン様※

畠山尚順(はたけやまひさのぶ)

畠山政長の嫡男。明応の政変後、細川政元に陥れられて自害した父の跡を継ぐ。足利義材の将軍復職を助けるため、また、応仁の乱から続く両畠山家の相続争いに決着をつけるために奮闘し、義材の将軍職復帰後はその重臣の一人となった。

一言:お名前は出てきますが、人となりについての史料がまるでありません。どうせなら醜男よりイケメンが良いので、殊更に書いてはいませんが、美男である設定に。名家の嫡男から突如何もかも失うことになるという悲劇に果敢に立ち向かったのですから、人となりもそこそこ優秀でなくては。という願望に基づいて捏造されております。

※アイコンはロン様♡ カッコ良すぎるのでもっと活躍させます。このイメージで全国区に※

畠山澪(はたけやまみお)

尚順の妹。義興に嫁ぐ。

一言:義興さまに嫁いだのは、妹とも娘とも言われ、正直はっきりしません。史料じたいがまるでない状態。義材の復職後、尚順と義興さまとはほぼ同年齢で、30代前半。この頃に嫁いだとみられるので、娘、妹、どちらもありそうですが、もっとも信頼している種本で「妹」とあったので、妹ということに。そして、東向殿とは対照的な快活な美女という設定にしてみました。

名前は勿論仮名。絶世の美女で、武護さまとも縁があったというご都合主義の捏造品です。

※アイコンはロン様。美女もお手の物※

細川政元(ほそかわまさもと)

細川京兆家当主。明応の政変を起こし、将軍の首のすげ替えを行い、幕政を牛耳ったため、「半将軍」と呼ばれるほどの権勢を誇った。修験道に懲り、生涯妻を娶らなかったため、家督相続問題が勃発し、悲惨な最期を迎える(ネタバレ防止のためここまで)

一言:史料の類いを見ても相当な奇人変人扱いとなっているケースがあるのですが、最近ではそこまで怪しすぎる人物ではなかったという評価もあるようで。しかし、どんな話にも悪役は付き物。こと大内家からみたら、細川家は仇敵ですから、まあ、パルパティーンみたいなもんかな……。しかし、実際には、細川家の当主は代々文化人であり、貴公子である、といったイメージもありますわな。まあ、変な修行に凝っていたあたりから、ちょっとそのルートからは逸脱している気がしますが……

※アイコンはロン様。悪役すらもイケメン♡ 意外にお若いのですよ。おっさんイメージになっていたら、作者の書き方が悪い。ホンモノはアイコン通りのイメージです※

陶興房(すえおきふさ)

陶弘護の息子、武護の弟。大内家の同族一門・陶家の当主。周防の守護代。義興配下の被官筆頭。文武に秀でた名将であり、また、義理堅く、情に厚いという非の打ち所のないお方……溜息しかない。

一言:

さてさて、いよいよ真打ち登場。って思ったら、まだお父上です、お父上。しかしですね、東向殿のところで、なにゆえにここまで優秀な義興様からあのような間抜け殿が……って書きましたが、なにゆえこのようなお父上から後の陶様(隆房)生まれちゃったかな……と思うのですよ。このお父上は死の間際まで、将来息子がお家に仇なすことになるのでは? と危ぶんでいたらしく……。

ネタバレもなにも、結局大内家で一番有名なのは実は陶様なわけなので、ここが終着点か、と皆様もご存じの人物がいよいよ、ですね。さて。あれだけ、書き連ねた武護様ではなくして、史実的には、家臣筆頭はこのお方なんですよ。運命というものは何ともはや……。しかし、それこそ、完璧すぎる主従ですよね。あああ、天下取って欲しかった。合掌。

※アイコンはロン様です。やはりイケメンの弟はイケメン、イケメンの父上はイケメン※

足利義澄(あしかがよしずみ)※現段階では「義髙」

室町幕府十一代将軍。先々代、足利義尚の従弟。堀越公方・足利政知の次男。京・天龍寺で出家していたが、細川政元の手で還俗させられ、将軍職に。幼いといっても、十代にはなっており、物心ついていたから、傀儡という地位も理解できたのだろう。成長した後はそれに反発し、政元と対立。やがては、将軍職復帰を狙う義材と永遠のライバルに。

一言:何気にあまり怪しげな噂の少ないお方。それなりに悲劇の貴公子ととれなくもない(『血筋』的にね)。しかし、政元との対立では我儘勝手ぶりも見せたし、どう評価したら良いものか悩みますね。

※アイコンはロン様。な、なんとこんな美少年……今後沢山登場させたい……※


陶興明(すえおきあき)

陶弘護の次男。武護の弟で興房の兄。


一言:兄弟なので、おそらく、兄と弟がイケメンなら彼もそうでしょう。特に武護様とは母上様も同じなので、顔は似ているはず。しかし、良いところをすべて兄に持っていかれた感じで、完全なる日陰の存在となってしまっています。優等生的でおとなしい性格で、よくも悪くも目立たない。あちこちで浮名を流す兄と比べて、大人たちに迷惑をかけない子供です。切れ者の兄を妬んでいたけど、本当はもっと優しくしてもらいたかったのかも。ダサすぎる形で戦死したので、投稿サイトに人物表は出せないですが(-_-;)(←そう思って、自サイトのアイキャッチだけにしてたが、いつの間にかここにも……)



陶三兄弟はそこそこ書いたので、脇役にも命を注いでとの願いで、イラストにしていただきました。

悪者にしてしまった感が拭い去れないので、龍文寺行ったら献花します……。

※アイコンはロン様です。いつもありがとうございます※


興隆寺大護院尊光

義興の異母弟。細川政元や大友家に担がれて謀反を試みたが、事前に発覚して大友家の領内に逃亡。その後還俗して髙弘と名乗った。本人はその後、特に動く事はなかったが、大内家の滅亡後、大友家に担ぎ出されて挙兵した大内輝弘は彼の息子である。しかし、大内家本体がこの世から消えた後のことであるし、もはや我々には関わりのないことである。

一言:ノーコメント

(普通にワルで、普通にアホです。まあ、世の中こんなもんでしょう……)


※アイコンはロン様。悪者だってイケメン。還俗したら見惚れるかもな予感。やっぱ坊主やってるの勿体ない※

※ご注意とお願い※

作中全ての画像はロン様にお願いして一枚一枚丁寧に仕上げて頂いております。きちんとお取引をした上で、精魂込めて描いたくださったものですので、無断転載は断固お断りします。個人で楽しむためのダウンロードも禁止です。そんなに見たかったらイラスト見るために、何度もここへいらして下さい。駄文など読まずともかまわないですから。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み