住む世界が違う? ②

文字数 3,408文字

「はーい! お願いね。……あっ、髪ジャマになるわよね? じゃあこうしとくわ」

 わたしはシートベルトを外すと彼に背中を向け、長い髪を右手で一まとめにして前に垂らした。

 運転席から助手席に身を乗り出して作業にかかった彼は、少しでも楽な体勢が取れるようにセンターコンソールに片膝をつき、ネックレスの小さな留め金と格闘していた。
 男性特有の少し太い指ではやりづらいらしく、時々首筋に触れる彼の指先がちょっとくすぐったかった。彼のそんな不器用な指先からですら、わたしは彼の愛を感じていた。

「……はい、できました! こんな感じですかね。どうですか?」

 わたしは彼の手が離れるのを待って、助手席の窓に写り込む自分の姿を確認した。首元に手を遣り、ペンダントヘッドに触れて、大きく頷いた。

「うん、いい! ありがとう! ……どう? 似合ってるかしら」

 この日のインナーはVネックのオフホワイトのカットソーだったので、首元にアクセサリーが一つ加わっただけで、シンプルなコーディネートが少し華やかになった。

「はい、よくお似合いです」

「嬉しい! なんか、少し大人に近づいた気がするわ」

 十八歳といえば選挙権も与えられるし、世間的にも大人として認められる年齢。十七歳でいきなり経済界に飛び込んだわたしにとってこの日は、自分がちゃんと〝一人前〟になれた日だった。

「――あの、絢乃さん。このごろ僕には、絢乃さんの背中が少し大きく見えるようになりましたよ。さっきもそうなんですけど」

「えっ? わたし太ったかな? まさか、急に身長伸びるなんてことはないだろうし……」

 彼の口から出た意外な言葉の意味を、わたしは身体的な変化と捉えたのだけれど。

「違いますよ。会長の風格というか、(かん)(ろく)というか、そういうものができてきたのかな、って。あの会見の少し前からそう思い始めました。『社員を守るんだ』という、強い信念を感じましたよ。絢乃さんも、少しずつお父さまに近づいてきてるんじゃないですか」

「……えっ、そうかしら? そうだと嬉しいけど」

 その当時で、わたしは会長に就任してまだ四ヶ月目入るか入らないか。そんな時期にもう風格ができつつあったなんて、やっぱり父の血筋なのだろうか。

「はい。僕だけじゃなく、社長や専務からもそう見えてるはずです。あなたはもう、名実ともに〈篠沢グループ〉の立派な会長になられてますよ」

「え…………。ありがとう」

 彼はよくわたしを褒めてくれるけれど、この時ばかりはベタ褒めしすぎだと感じて少しむず痒かった。

 それをごまかすように、わたしはあえて無邪気なフリをしてみせた(実際、わたしはいつも無邪気なのだけれど、それは置いておいて)。

「このクマちゃん可愛いよねー♪ お名前、何にしようかなっ」

 テディベアを両手で抱っこして、毛並みを確かめるように撫でながらはしゃいだ。

「名前ですか? 絢乃さんにも、ぬいぐるみに名前つける趣味がおありだったんですね」

「ナニよぉ、悪い? わたしだって女の子だもん。……あ、貢にもらったコだから、〝ミッくん〟にしようかな☆」

 呆れているような彼に口を尖らせてから、クマに名前をつけた。

「貢で〝ミッくん〟ですか……」

「うん! ね、いいでしょ? 貢お兄ちゃん」

 わたしはクマの右手を持ち上げて、満面の笑みで彼に話しかけた。彼はもっと呆れると思ったけれど、彼はただの女の子に戻ったわたしを、目を細めて見ていた。

「やっぱり、絢乃さんって可愛いですよね。キリっとした大人の表情もいいですけど、等身大の笑顔が僕は大好きです。この表情を見られるのって、家族を除けば彼氏だけの特権ですよね」

「……うん」

 〝彼氏〟……。わたしが言わせたのではなくて、彼は自分からそう言った。わたしの愛情が押しつけではないことを、その言葉がちゃんと裏付けてくれたのだ。

 カーナビの時刻表示を確認すれば、まだ夕方六時。帰るには少し早い時間だったので、わたしたちはもう少し車内でお喋りをしていくことにした。
 あと五分か十分くらいなら、お店のジャマにはならないだろうと。せめて売り上げには貢献しようと、彼が店内でペットボトルの飲み物を買ってきてくれた。彼はミネラルウォーターで、わたしの分はカフェラテだった。

「――実は、生前あなたのお父さまから頼まれてたんです。『いざという時は、絢乃さんのことを頼む』と」

「……えっ? 初耳だわ、そんな話。パパといつそんな話してたの?」

「去年のクリスマスイブに、お宅に招かれた時に。――絢乃さんはキッチンに行かれてたので、お聞きになってなかったんですね。今にして思えば、あれが僕への遺言だったんじゃないかと」

「それって……。パパは気づいてたのかな? わたしの好きな人が貢だってことも、貴方のわたしへの恋心にも」

「そうかもしれませんね。もう死期を悟ってらっしゃったでしょうし、自分のいなくなった後に、僕と絢乃さんが結ばれることをお望みだったのかもしれません」

「…………」

 彼の屈託のない笑顔に、返事に困ったわたしはカフェラテをグビッと(あお)った。
 もしそれが事実だったとして、わたしと彼が結婚することになったら――というか、今それが現実になっているのだけれど、父が仕組んだ政略結婚でもあるということを示していた。

 でも、愛情によって結ばれたと確信している今は、この結婚は決して政略結婚なんかじゃないと二人ともが言い切れる。

 ひとつだけ確かなことは、父も母も政略結婚はキライだったこと。つまり、父はあの時すでに、わたしの想い人が彼だということに気づいていて、娘の幸せを何よりも願っていたということだ。

「まあ、僕はまだ交際を始めたばかりですし、急いで結婚を考える必要もないと思ってるんですけど……。ゆっくり考えていってもいいですよね、絢乃さん?」

「……えっ? うん……そうね」

 わたしの考えは違っていた。父の喪が明けて、高校を卒業したらすぐにでも結婚の準備を始めたいと思っていたのだ。なので、彼の考えが自分とは少し違っていることには正直戸惑った。

 ……あれ? わたしの中に、小さな引っ掛かりが生まれた。もう本当に、ほんの些細なすれ違いだったはずなのに、わたしはどうしようもなく不安になった。
 わたしは本当に、彼と結ばれるのだろうかと。

「――さてと。そろそろ帰りましょうか。絢乃さん、明日から新学期ですよね」

「うん」

 彼とわたしはシートベルトを締め直し、再び車がスタートした。

「高校生活最後の一年ですね。新しいお友達もできるといいですね、絢乃さん」

「うん、楽しみ♪ 里歩ともまた同じクラスになれるといいな」

 わたしは学校では友人が多い方だった。里歩はその中で一番親しい友人だったけれど、他にも親しくしていた友人は何人かいた。三年生で初めて同じクラスになった阿佐間(あさま)(ゆい)ちゃんもその一人だ。
 ただ、学校行事での思い出作りは期待できそうになかった。体育祭と文化祭は休日開催なので参加できそうだけれど、二泊三日の修学旅行は参加を諦めるしかなかった。

「――あ、ねえねえ! 今度、お休みの日にデートしようよ。わたし、一緒に観に行きたい映画があって。恋愛映画なんだけど」

 実は、彼とはまだ一度もデートらしいデートどころか、二人で食事にすら行ったことがなかったのだ。春休み中はほとんど仕事ばかりしていたので、恋人らしいこともほとんどできなかった。

「ああ、いいですねぇ。タイトル教えて頂けたら、ネットでチケット押さえておきますよ」

「わぁ、ありがとう! それと、別の日にだけど、貢のゴハン作りにお家まで行ってあげるわね」

 一度芽生えてしまった不安のせいだろうか。わたしは彼との距離を縮めようと躍起になってしまった。

「ありがとうございます。助かります。――さ、着きましたよ」

 彼はお礼を言ってくれたけれど、本心では少し困っていたのではないだろうか。わたしの押し付けがましい愛情を、迷惑に思っていたかもしれない。

「今日もお疲れさま。プレゼント、ありがとね。明日はまた一時前に、ここまで迎えに来てね」

 わたしはテディベアとネックレスの箱や包装紙などを手早く紙袋に入れ、車を降りた。

「分かりました。お疲れさまでした」

 彼がそう頷き、車に乗り込むのを確認してから、玄関へ向かって歩き出した。

「――ただいま!」

 玄関のドアを開け、中にいる母や史子さんに声をかけた――。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

篠沢絢乃(しのざわあやの)

私立茗桜女子学院・高等部二年A組。

四月三日生まれ、十七歳。O型。

身長一五八センチ、体重四四キロ。胸はDカップ。

趣味は読書・料理。特技はスイーツ作り・英会話。好きな色は淡いピンク。

主人公。高二の一月に『篠沢グループ』の会長だった父・源一(げんいち)をガンで亡くし、父の跡を継いで会長に就任。

小学校から女子校に通っているため、初恋未経験。

大のコーヒー好き。ミルクと砂糖入りを好む。

桐島貢(きりしまみつぐ)

篠沢グループ本社・篠沢商事・秘書室所属。大卒。

五月十日生まれ、二十五歳。A型。

身長一七八センチ、体重六〇キロ。

絢乃が会長に就任する際、本社総務課から秘書室に転属し、会長付秘書になった。マイカー(軽自動車→マークX)を所持している。

恋愛に関しては不器用で、現在も彼女なし。

絢乃と同じくコーヒー党。微糖を好む。スイーツ男子。

中川里歩(なかがわりほ)

私立茗桜女子学院・高等部二年A組。

五月二十四日生まれ、十七歳。B型。

身長一六七センチ、体重五三キロ。胸はCカップ。

初等部からの絢乃の同級生で大親友。バレーボール部に所属し、キャプテンを務めている。

数ヶ月前から交際中の、二歳上の彼氏がいる。

コーヒーは、ミルク多めを好む。

※このアイコンではセーラー服着てますが、本当の制服はブレザーです。

篠沢加奈子(しのざわかなこ)

篠沢グループ会長代行。篠沢家当主。短大卒。

四月五日生まれ、四十三歳。O型。

身長一六〇センチ、体重四五キロ。胸はDカップ。

絢乃の母で、よき理解者。娘が学校に行っている間、代わりに会長の務めを果たしている。

亡き夫で婿養子だった源一とは、見合い結婚だったがオシドリ夫婦だった。

大の紅茶党。ストレートティーを好む。

ちなみに、結婚前は中学校の英語教諭だった。

桐島悠(きりしまひさし)

フリーター。飲食店でのバイトを三ヶ所ほど掛け持ちし、調理師免許を持つ。

六月三十日生まれ、二十九歳。B型。

身長一七六センチ、体重五八キロ。

桐島貢の兄。一人暮らしをしている弟の貢とは違い、実家住まい。高卒でフリーターになった。

貢曰く、かなりの女ったらし……らしい。兄弟仲は決して悪くない様子。

愛煙家である(銘柄はメビウス)。

阿佐間唯(あさまゆい)

私立茗桜女子学院・高等部三年A組。※絢乃、里歩とは三年生から同じクラス。

七月二十四日生まれ、十七歳。B型。

身長一五四センチ、体重四一キロ。胸はBカップ。

三年生で初めて絢乃、里歩のクラスメイトになる。マンガ・アニメ研究部に所属。

男子バレーボールが題材の『ドラゴン・アタッカー』というアニメにハマっている、いわば「オタク少女」。その縁で、バレー部員である里歩と親しくなり、絢乃とも仲良くなった。

一つ年上の大学生・谷口浩介(たにぐちこうすけ)という彼氏ができたばかり。

レモンティーが好き。

村上豪(むらかみごう)

篠沢グループ本社・篠沢商事の代表取締役社長、常務兼任。大卒。四十五歳。

絢乃の父・(旧姓・井上)源一とは同期入社で、同じ営業部だった。源一が会長に就任した際に専務となり、常務を経て社長に。源一亡き後、絢乃の会長就任に際して再び常務を兼任する。

源一とは恋敵でもあったようで、結婚前の源一と加奈子を取り合ったことも。現在は一つ年下の妻と、絢乃よ中学生の娘がひとりいる。

源一の死後は、父親代わりに絢乃を支えている。

コーヒーにこだわりはなく、インスタントでも飲む。

山崎修(やまざきおさむ)

篠沢グループ本社・篠沢商事の人事部長。専務兼任。大卒、五十二歳。

総務課で続いていたパワハラ問題に頭を抱えており、人事部長として責任も感じていた。

真面目でカタブツだと誤解されがちだが、実は情に脆い性格。三歳年下の妻と二十二歳の娘、二十歳の息子がいて、自分の子供たちが篠沢商事に入社してくれることを期待している。

広田妙子(ひろたたえこ)

篠沢グループ本社・篠沢商事の秘書室長。大卒、四十二歳。秘書室に異動した貢の直属の上司。

入社二十年目、秘書室勤務十年のベテラン。バリバリのキャリアウーマン。職場結婚をしたが、結婚が遅かったためにまだ子供には恵まれていない。

絢乃とは女性同士で気が合う様子。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み