覚悟と恋の自覚 ②

文字数 4,112文字

****

 ――わたしの家は洋館だけれど、生活スタイルは玄関で靴を脱いでスリッパに履き替える日本式である。

 玄関でスリッパを履いていると、母と住み込みお手伝いさんの安田(やすだ)史子(ふみこ)さんがリビングから出てきた。

「お帰りなさいませ、お嬢さま!」

「お帰り、絢乃。今日はお疲れさま」

「……ただいま。パパは?」

 わたしはリビングに入るより先に、父の心配をした。

「さっき寝室を覗いたら、もう起き上がってたわ。……で、あなたが電話で言ってた『大事な話』って何なの?」

「そう。――じゃあ、ママもついて来てくれる? パパに話があるの。直接伝えたいから」

 わたしの表情が相当鬼気迫っていたのだろう。母は「分かったわ」と頷いた。

「実はね、ママ。パパのことなんだけど――」

 彼から助言されたことを母に話すと、母も表情を引き締めた。

「なるほどねぇ……。もしかしたら、桐島くんの言う通りなのかもね。それなら、話すのが早いに越したことはないわ」

「うん、わたしもそう思ったの。パパにもしものことがあったら……って」

 彼から初めてそのことを聞かされた時、わたしは目の前が真っ暗になった。それはあまりにも残酷な宣告で、できることなら耳を(ふさ)ぎたかった。でも、一番つらかったのは誰でもなく、それを言った彼だったのだと思う。

「――あなた、起きてる? 絢乃が帰ってきたわ。入ってもいいかしら?」

「パパ、大事な話があるの。聞いてもらえる?」

 母がドアをノックし、わたしが声をかけると、父の苦しそうな声で「どうぞ」と返事があった。

「おかえり、絢乃。心配かけてすまなかったな」

「ううん、いいの。わたしは大丈夫」

 ベッドの上で上半身だけ起こしていた父は、倒れた時ほどではないけれど顔色があまりよくなかった。
 自分が一番つらかっただろうに、わたしの心配をしてくれた父に、わたしの胸は締め付けられた。

「――で、大事な話って何だ?」

 父の様子を目の当たりにして、わたしは一瞬言うのをためらった。けれど、父のためにも一刻も早く伝えるべきだと思い、意を決して切り出した。

「あのね、パパ。今日倒れたでしょ? それでね、パパのことを心配してくれた一人の社員の人が言ったの。『お父さまは一度病院で検査を受けた方がいい』って」

「……検査?」

「うん。もしかしたら、命に関わる病気かもしれないから、って。病院嫌いなのは分かってるけど、一度キチンと()てもらった方がいいとわたしも思うの」

 父は病院が嫌いだった。ちょっと体調を崩したくらいなら、家でゆっくり休めばよくなると言っていた。
 でも、この時はそうも言っていられない状態だった。

「わたしもホントは無理()いなんてしたくないの。でもね、わたしもママも、パパの体が心配なの。お願いだから、それだけは分かって」

 わたしの真剣な眼差しを受けて、父はしばらく思案顔になった。母もわたしを援護するように、父に畳みかけた。

「あなた、私からもお願い。絢乃がここまで言うなんて、よっぽどのことよ。この子は心からあなたの体調を気遣ってくれてるの。アドバイスをくれた社員の方もそうよ。分かってるの? あなたは私と絢乃だけじゃなく、たくさんの人の生活を背負ってるんでしょう?」

 母の言い方がどことなく上から目線だったのは、この家の当主である母の方が立場が上だったからだろう。今思えば、両親の関係は世間で言うところの「かかあ天下」だったのかもしれない。 
 そしてそれは今、娘であるわたしにも受け継がれつつある。――それはさておき。

「……分かった。君たちの心配は、十分伝わったよ。早速明日にでも、検査を受けてくることにしよう。――加奈子、後藤(ごとう)に今から連絡を取ってみてくれないか?」

「ええ。分かったわ」

「ホント!? パパ、ありがとう!」

 父はわたしと母の願いを聞き入れてくれた。母は早速、父の大学時代の友人である大学病院の勤務医・後藤聡志(さとし)先生に連絡して、翌日診察を受けられないか訊ねていた。彼は当時、内科部長だったと思う。

「――えっ、本当ですか!? ――ええ。――はい。――では明日、午前中に診察をお願いします。――はい、ありがとうございます。では、失礼します」

 自分のスマホで通話をしていた母は、電話を切ると後藤先生とのやり取りの内容をわたしと父に報告した。

「後藤先生、明日の午前の診察で診て下さるそうよ。ついでに詳しい検査もしましょう、って」

「そうか。ありがとう」

「パパ、よかったわね。じゃあ明日、わたしも一緒に――」

 わたしも一緒に行く、と言いかけたわたしを、母が制止した。

「何言ってるの、絢乃。あなたは明日、学校があるでしょう? パパにはママがついて行くわ。検査が全部終わったら、ちゃんと連絡するから。あなたはもうお風呂に入って寝なさい」

「……は~い。じゃあパパ、ママ。おやすみなさい」

 本当は学校なんてどうでもよかった。一日休んで、父に付き添っていたかった。高校生という自分の身分が、このうえなく恨めしかった。 

****

 わたしは同じ二階の自分の部屋に戻ると、浴室のバスタブの蛇口をひねった。
 我が家は各部屋に浴室とトイレがあり、よく「ホテル並みだ」と言われる。この部屋のバスルームは、つまりわたし専用ということである。

 バスタブにお湯を張っている間にメイクを落とし、ドレスから部屋着のワンピースに着替えると、わたしはバッグからスマホを取り出した。
 母から来たメッセージ以降、着信も受信したメールもメッセージもなかった。……彼からも。

「――あ、そうだわ。桐島さんに連絡してみよう」

 わたしから男性に連絡するのは初めてのことだったけれど、彼は唯一父の病院受診をわたしにアドバイスしてくれた人だし、せっかく連絡先も交換したのだから……と、わたしは緊張と闘いながらスマホを操作した。

『――はい、桐島です』

「あ……、絢乃です。さっきはありがとう。――あの、今、大丈夫かしら?」

『はい、大丈夫ですよ。もう自宅ですから』

「……そう」

 わたしはホッと胸を撫でおろした。彼がゆっくり話を聞ける環境にいてくれたから。

「あのね、早速パパに話したの。『一度、病院で検査を受けたら』って。とりあえず貴方の名前は伏せたけど、社員の人が助言してくれたって言って」

『そうですか。別に、僕の名前を出して頂いてもよかったんですけど。多分お父さまは、社員全員の名前と顔を覚えてらっしゃると思いますから』

「えっ、そうなの? 知らなかった」

 わたしは本当に、父の記憶力の高さに舌を巻いた。
 〈篠沢グループ〉の社員の数は、全体で一万人以上。本社だけでも千人はいる。その全員の顔と名前を覚えていたなんて、父の記憶力には恐れ入る。わたしはまだ、その域には達していないから。

『実はそうらしいんです。絢乃さんはご存じなかったんですね』

「ええ……」

 父は仕事の話を、家ではあまりしてくれなかった。
 組織のトップということは、社員一人一人の個人情報も握っているということ。真面目な父は、それを家族に対してとはいえおいそれと話してはいけないと思っていたのだろう。

 わたしには、幼い頃から「経営者っていうのはな……」と、上に立つ者のノウハウを色々と聞かせてくれたのに。

『――で、どうでした?』

 彼自ら、脱線した話を元に戻してくれた。

「あ、うん。早速明日、大学病院でお友達の内科部長さんに診てもらうことになったって。わたしも付き添って行きたかったんだけど、『学校があるでしょ』ってママに止められちゃった」

『そうなんですか……。絢乃さんもお父さまのことご心配でしょうけど、お母さまはあえて心を鬼にして、そうおっしゃったんだと思います。ですから、お母さまのことを恨まないで差し上げて下さいね』

「それは……、わたしだって分かってるけど……」

 彼の言い分はごもっともだったけれど、わたしは口を尖らせた。
 父親が重病かもしれない。もしかしたら、命が危ないかもしれない。そんな時に、呑気(のんき)に学校で授業を受けている場合ではないと自分では思っていたのだ。

『ご一緒に病院へ行かれたところで、絢乃さんがお父さまのご病気を代わって差し上げられるわけじゃないでしょう? あなたが普段通りに過ごされる方が、お父さまも安心されるんじゃないですか? ……と、僕は思うんです』

「……」

 彼は子供をなだめるように言ったけれど、途中から説教臭くなったと気づいたのか、最後は取ってつけたように言い換えた。

『もちろん、これはあくまでも僕個人の考えで、お父さまが本当にお考えかどうかは分かりませんけど。僕があなたの父親だったら、多分そうだと思います』

「うん……、そうね。そうかもしれないわ」

 わたしまで思い詰めていたら、その方が父も悲しむかもしれないとわたしは思った。
 それに、お医者様から病名を告知された時、大人の母ならまだ冷静でいられるだろうけれど、わたしも果たして同じように冷静でいられるかといわれると、あまり自身がなかった。
 それなら、この件は母に任せておいた方がいいと、わたしは考え直した。

「明日はママの言うとおり、ちゃんと学校へ行って、おとなしく連絡を待つことにするわ。検査が終わったら、連絡をくれるって言ってたから」

『そうですね。その方がいいです。まあ、絢乃さんも落ち着かないでしょうけど、まずはご病気で苦しんでらしゃるお父さまを安心させて差し上げて下さい』

「うん、そうするわ。桐島さん、ありがとう」

 その時、バスルームから聞こえる水音が変わった。ちょうど、バスタブのお湯も一杯になる頃だった。

「じゃあ、そろそろ切るわね。お風呂にお湯を張ってるところだったから。桐島さん、おやすみなさい」

『はい、おやすみなさい。湯冷めしないようにして下さいね? 最近、夜はちょっと冷えますから』

「うん。……じゃあ」

 最後の彼の言葉は、まるで兄が妹に言うようだとわたしは思って何だかおかしかった。

 ――着替えを用意してバスルームに入ると、わたしはまずシャワーで髪のスタイリング剤を流した。すると、(ゆる)くウェーブがかかっていたわたしの髪は、少し茶色がかったストレートのロングヘアーに戻った。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

篠沢絢乃(しのざわあやの)

私立茗桜女子学院・高等部二年A組。

四月三日生まれ、十七歳。O型。

身長一五八センチ、体重四四キロ。胸はDカップ。

趣味は読書・料理。特技はスイーツ作り・英会話。好きな色は淡いピンク。

主人公。高二の一月に『篠沢グループ』の会長だった父・源一(げんいち)をガンで亡くし、父の跡を継いで会長に就任。

小学校から女子校に通っているため、初恋未経験。

大のコーヒー好き。ミルクと砂糖入りを好む。

桐島貢(きりしまみつぐ)

篠沢グループ本社・篠沢商事・秘書室所属。大卒。

五月十日生まれ、二十五歳。A型。

身長一七八センチ、体重六〇キロ。

絢乃が会長に就任する際、本社総務課から秘書室に転属し、会長付秘書になった。マイカー(軽自動車→マークX)を所持している。

恋愛に関しては不器用で、現在も彼女なし。

絢乃と同じくコーヒー党。微糖を好む。スイーツ男子。

中川里歩(なかがわりほ)

私立茗桜女子学院・高等部二年A組。

五月二十四日生まれ、十七歳。B型。

身長一六七センチ、体重五三キロ。胸はCカップ。

初等部からの絢乃の同級生で大親友。バレーボール部に所属し、キャプテンを務めている。

数ヶ月前から交際中の、二歳上の彼氏がいる。

コーヒーは、ミルク多めを好む。

※このアイコンではセーラー服着てますが、本当の制服はブレザーです。

篠沢加奈子(しのざわかなこ)

篠沢グループ会長代行。篠沢家当主。短大卒。

四月五日生まれ、四十三歳。O型。

身長一六〇センチ、体重四五キロ。胸はDカップ。

絢乃の母で、よき理解者。娘が学校に行っている間、代わりに会長の務めを果たしている。

亡き夫で婿養子だった源一とは、見合い結婚だったがオシドリ夫婦だった。

大の紅茶党。ストレートティーを好む。

ちなみに、結婚前は中学校の英語教諭だった。

桐島悠(きりしまひさし)

フリーター。飲食店でのバイトを三ヶ所ほど掛け持ちし、調理師免許を持つ。

六月三十日生まれ、二十九歳。B型。

身長一七六センチ、体重五八キロ。

桐島貢の兄。一人暮らしをしている弟の貢とは違い、実家住まい。高卒でフリーターになった。

貢曰く、かなりの女ったらし……らしい。兄弟仲は決して悪くない様子。

愛煙家である(銘柄はメビウス)。

阿佐間唯(あさまゆい)

私立茗桜女子学院・高等部三年A組。※絢乃、里歩とは三年生から同じクラス。

七月二十四日生まれ、十七歳。B型。

身長一五四センチ、体重四一キロ。胸はBカップ。

三年生で初めて絢乃、里歩のクラスメイトになる。マンガ・アニメ研究部に所属。

男子バレーボールが題材の『ドラゴン・アタッカー』というアニメにハマっている、いわば「オタク少女」。その縁で、バレー部員である里歩と親しくなり、絢乃とも仲良くなった。

一つ年上の大学生・谷口浩介(たにぐちこうすけ)という彼氏ができたばかり。

レモンティーが好き。

村上豪(むらかみごう)

篠沢グループ本社・篠沢商事の代表取締役社長、常務兼任。大卒。四十五歳。

絢乃の父・(旧姓・井上)源一とは同期入社で、同じ営業部だった。源一が会長に就任した際に専務となり、常務を経て社長に。源一亡き後、絢乃の会長就任に際して再び常務を兼任する。

源一とは恋敵でもあったようで、結婚前の源一と加奈子を取り合ったことも。現在は一つ年下の妻と、絢乃より三つ年下の中学生の娘がひとりいる。

源一の死後は、父親代わりに絢乃を支えている。

コーヒーにこだわりはなく、インスタントでも飲む。

山崎修(やまざきおさむ)

篠沢グループ本社・篠沢商事の人事部長。専務兼任。大卒、五十二歳。

総務課で続いていたパワハラ問題に頭を抱えており、人事部長として責任も感じていた。

真面目でカタブツだと誤解されがちだが、実は情に脆い性格。三歳年下の妻と二十二歳の娘、二十歳の息子がいて、自分の子供たちが篠沢商事に入社してくれることを期待している。

広田妙子(ひろたたえこ)

篠沢グループ本社・篠沢商事の秘書室長。大卒、四十二歳。秘書室に異動した貢の直属の上司。

入社二十年目、秘書室勤務十年のベテラン。バリバリのキャリアウーマン。職場結婚をしたが、結婚が遅かったためにまだ子供には恵まれていない。

絢乃とは女性同士で気が合う様子。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み