第2話 進展

文字数 946文字

 五年後。
 彼女のもとにこの土地の領主がやってきた。
 領主は髭を生やした小太りの男性で、十人以上の兵士と馬車を連れていた。
 彼女は驚きで固まっていた。無理もない。今まで複数の人が彼女を尋ねるどころか、留まることなんてなかったからだ。

「シリル・アン・フリーガ」

 領主に名前を呼ばれた彼女――シリルは何度も頷く。
 領主は筒状の紙を取り出し、広げると言った。

「命令だ。本日付で都に出向せよ。詳細は追って知らせる」
「都?」
「馬車に乗り、王城に向かえ」

 シリルは泣き崩れる。この土地を離れ、誰かが迎えに来るという、待ちに待った日がやってきたからだ。
 シリルは泣きながら馬車に乗り、この土地を去る。
 その後、領主は小屋を見上げて言った。

「ということは、もうこの小屋は必要ないな。壊せ」

 兵士達が小屋を壊しにかかる。そして領主はあたりを見渡し、小高い丘にある大樹に目を付けた。

「あの木も必要ない。切って薪にしろ」

           *

 大樹はずっとシリルを見ていた。
 毎日同じ絵を書き、木に話しかけるシリルが愛おしかった。
 春の日は花を散らした。彼女は嬉しいと言った。
 夏の日は強い日差しから守った。彼女は心地よいと言ってくれた。
 秋の日は美しい葉を地面に敷いた。彼女は地面が柔らかくて良いと言った。
 冬の日は春への希望を与えた。彼女は次の年が良いものになりますように、と願った。
 大樹は春夏秋冬に見せるシリルの笑顔が大好きだった。同時に、彼女が笑顔でいられるよう、守りたいと強く思った。
 だが、シリルはこの地を離れた。
 そして今、大樹は切られようとしている。
 もう雨から、風から、彼女を守ることができなくなる。

 ああ、嫌だ

 大樹は涙を流した。
 俗にいう樹液なのだが、幹から漏れたそれは紛れもなく涙だった。
 

 大樹は切られ、切り株になった。
 夜になり、月が真上に差し掛かった時、切り株の傍で変化が起きた。
 草についた大樹の涙が変形し、次第に人の形になっていく。
 赤色の液体は次第に様々な色を帯びる。
 どこからどう見ても人にしか見えない容姿になった時、それは開眼した。
 生まれたばかりで、誰かから教えてもらっていないのに、自分が何をすべきか分かった。

 まずは王城に向かわなければ。

 そう思って立ち上がった。

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

ヘクサ

……大樹から人の姿へ変化した植物の化身

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み