187

エピソード文字数 859文字

【紫色の蝶】

 ――1583年(天正11年)

 薩摩国の農村で、元気な赤ちゃんの産声が響いた。

弥吉(やきち)、生まれたぞ!()の子じゃ!」

「……()の子」

「なんばしとっと!母ちゃんとこに早ういかんか!」

 隣に住む彦太(ひこた)に背中を押され、弥吉は茅葺き屋根の粗末な家の戸を開く。

 弥吉は家の中に飛び込み、布団の上で横たわる妻に視線を向けた。

「美濃!でかした!()の子じゃ!」

「……弥吉さん」

 私は生まれたばかりの赤ちゃんを見つめ、光秀(弥吉)に視線を向けた。光秀の瞳には涙が浮かび、私の頬にも一筋の涙が溢れ落ちた。

 ◇◇

 ――私達はあの日……
 落ち武者狩りから逃れ、命からがら落ち延びた。竹槍に刺され傷を負った光秀は、何度も高熱を出し魘されたが、幸いにも内臓損傷は免れ、奇跡的に一命を取り留めた。

 落ち延びるために光秀が手配していた漁船を乗り継ぎ、行き着いた先がこの薩摩国だった。

 光秀は農民になりすまし、名を弥吉と変え、私は美濃と名乗り、素性を隠したまま小さな集落に辿り着いた。そして親切な彦太夫婦の世話になり、慣れない農作業に勤しんだ。

 彦太の善意で、古い茅葺き屋根の家を借り終の住処とする。

 ――穏やかな時が流れ、私達に更なる奇跡が起きた。赤ちゃんを授かったのだ。

 初めての妊娠、悪阻(つわり)に苦しみ、やがて迎えた初めての出産。未来からタイムスリップした私が、この時代に子供を生むことは、歴史を塗り変えてしまうことになる。

 時空の歪みにより、子供が無事に生まれ、無事に育つ確証もない。もしかしたら、自分の命をも落とすことになるかもしれない。

 ――たとえ、神から天罰が下ったとしても……私に、迷いはなかった。

 この子は、大切な愛の証。
 小さな命を、自らの手で奪うことは出来ない。

 祈る思いで過ごし、無事に出産の日を迎えた。赤ちゃんを取り上げてくれたのは、医師でも助産婦でもない。6人の子を生んだ彦太の妻だった。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

斎藤紗紅(さいとうさく)16歳

レディース『黒紅連合』総長

 斎藤美濃(さいとうみの)17歳

紗紅の姉、家族想いの優等生

 織田信也(おだしんや)20歳

紗紅の交際相手

元暴走族

 織田信長(おだのぶなが)

戦国武将

明智光秀(あけちみつひで)

戦国武将

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み