第三幕『よはなべてこともあり』0

文字数 552文字

至る所で禍々しい黒煙が上がっている。

 もくもくと重く蠢くその黒煙は、まるで意思を持ち、空を丸ごと飲み込もうとしている邪悪な巨竜のように見えた。

 閃光と地鳴りが響き、身体の芯を震わせた数秒後には、轟音が耳をつんざく。

 あたりを見回す。全てが燃えている。そして全てが灰となる。

 警視庁庁舎は既に跡形もなく、瓦礫と化した外壁からは、容赦なく炎と黒煙が上がり続けている。

 倒壊した建物の中で、東京タワーはメインデッキが吹き飛び、上半分が逆さまに地面へ突き刺さっていた。

 スカイツリーにいたっては、その巨体を根元部分からボッキリと折られ、支えのなくなったその身で、数多くの建物を無残に圧し潰している。

 次いで眼に入ってきたのは死体だった。死体が道端に転がっている。たくさんの死体が瞬く間に積み上がってゆく。夥しい数の死体が東京を埋め尽くしている。

 こんな数の死体は見たことがなかった。しかし、感情は自分でも驚くほど冷静だった。おそらく脳が、それらを人間と認識するのを拒否しているからだろう。

「これは、現実なのか?」

 茫然とする陣平は、変わり果てた東京の街と、傍に血塗れで倒れている鈴璃を見ながら弱々しく呟いた。

「もちろん。世界のどこにでもありふれている、吐き気がするほど凡庸な現実だよ」

 誰かが耳元で静かに囁いた。





ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み