車内での葛藤

文字数 1,077文字

「よく考えれば、確かにこれは『窃盗罪』だよな…」

そう心でつぶやくと、俺は青ざめた表情で、右手に握りしめた携帯電話をじっと見つめた。
充電はほぼ満タンである。
いわゆるガラケーと言われる携帯で、折り畳み式のものである。

何度も落としているため、カバーは傷だらけとなっているが、機能としての通話は全く問題がない。
周囲はスマホに変えろと言っているが、あまり必要性を感じることなく、完全に乗り遅れてしまった。
ただ、それでも日常生活や仕事で困ったことはないので、やはり、スマホに変える必要はなく、このままで良いのだと自分で納得している。

余分な機能が付いていない分、通話にしか使わないため、電池の持ちも良い。
仕事柄、電話連絡が多くなることもあるし、家に帰れないことも多く、充電する機会がタイミング的に失われることも多々ある。

実際、スマホユーザーの同僚たちは、予備のバッテリーや充電器を常に持ち歩いたりしているものが多く、俺にはそれがすごく煩わしく感じていた。
その点、このガラケーは1日充電し忘れても大丈夫な日が多い。
今はフル充電されており、充電が満タンだ。
普段なら、この満タンな状態が安心感を与えてくれることが多いのだが、今日に限っては非常に恨めしい。

車のシートに身を沈め、俯きながら、今後のことをどうしようかと考えていた。

いろいろな考えが逡巡し、1時間以上たったようにも思えたが、

携帯電話に表示された時刻はまだ5分も経っていない。
楽しい時間はあっという間に過ぎ、辛い時間は長く感じるものだ。

今なら、悪意があってしたことではないと、素直に名乗り出て謝れば許してもらえるのではないだろうか。

そうすれば、表沙汰になることはないのではないだろうか。

自分の中の良心がそう言っていたが、目の前で激高しているコンビニの店長らしき人を見ると、行動には移せずにいた。


元より、自分は犯罪などという大それたことができる人間ではない。

自分で言うのもなんだが、真面目なのだ。

悪く言うと、ちょっと度胸がなく、小さい人間だから、そんなことをする勇気も度胸もないだけなのだが。

そういう自分は今の仕事が割と合っていると思っている。

周囲の同僚は向いていないとよく言うが、真面目な性格で、常に正しいことをしようとするモラルは非常に大事だと思うのだ。

そう、俺の職場である神奈川県警においては。


先ほども説明したが、俺は現職の警察官であり、神奈川県警の鎌倉署、生活安全課に所属している。

本来は、犯罪者を捕まえる側の人間だ
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み