178

エピソード文字数 855文字



 あれから、1ヶ月が経過した。
 信也は修理工場で再び働き始め、あたしは黒紅連合を解散し、高校に通っている。美濃が行方不明となり、学校で好奇な視線に曝されながらも、この現状から逃げないと決めた。

 それが美濃に対して、あたしが唯一出来ることだから。

 陥没事故現場は瓦礫を全て取り除き、行方不明者の捜索は打ち切りとなり、復旧工事を終え今は更地になっている。

 ――3月、春休みとなり、あたしは母の許可を得て信也と2人で大阪に向かった。

 信也には、まだあの本のことは話してはいない。

 日常を取り戻した信也が、あの本を読むことで、再び錯乱状態に陥り命の危険に脅かされることが怖かったから。

 信也は、現世では勤勉な社会人。戦国武将なんかじゃない、普通の青年だ。

 あれから一度も、戦国時代や紅のことを口にすることもない。

 あたしは天下泰平の社長や、居酒屋のマスターにからかわれたのかな。

 それとも……
 本当に織田信長の魂は、本能寺に戻ってしまったのだろうか……。



 ―大阪―

 天王寺公園の近くに橋本多々男さんは住んでいた。東京から訪ねて来た見ず知らずのあたし達を、橋本さんは笑顔で迎えてくれた。

「遠方より、よくお越し下さいました。あなたが斎藤さんのお嬢さんですか。ご両親のことはよく覚えてますよ。とても仲の良いカップルで、お父さんは熱心にメモを取られてました。
 お父さんが早くに亡くなられたことは存ぜず、お母さんは女手ひとつでさぞ苦労されたことでしょう」

 仲の良いカップル……。
 若き日の両親の姿を垣間見た気がして、母に反抗していた自分を恥じる。

 あたしと信也は1階の座敷に通された。
 橋本さんは和室の床の間に置かれていた桐の箱を、あたしの目の前に置いた。

 畳の上に置かれた桐の箱。
 箱の角は黒ずみ、時代を感じさせる。

 桐の箱には斎藤家の家紋があった。

「これは私の先祖が、斎藤家より賜りし桐の箱です。蔵を整理していて見つけたのですよ」
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

斎藤紗紅(さいとうさく)16歳

レディース『黒紅連合』総長

 斎藤美濃(さいとうみの)17歳

紗紅の姉、家族想いの優等生

 織田信也(おだしんや)20歳

紗紅の交際相手

元暴走族

 織田信長(おだのぶなが)

戦国武将

明智光秀(あけちみつひで)

戦国武将

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み