第31話  アイドルプリンセス 

文字数 3,109文字

 

 ※


 昼休憩になると聖奈のスマホが鳴り響く。その後に俺が起こすのは日課となっていた。


あい……まって。起きりゅ

 この時の聖奈は異常に可愛くなる。

 それはクラスの皆も分かってるようで、人だかりができる。


 やがて聖奈が目を覚ますとこの儀式は終わり、解散してから昼休憩が始まるのだった。

あれ? 美優は?
さっき教室から出て行ったぞ。隣のクラスかもしれん

 そう言いながらもスマホで聖奈にラインを送る。

 入れ替わってる。と。


 すると聖奈はうんうんと頷きながら、スマホを仕舞うのであった。

ボス神さん。飯食わないんすか?
美優がもうすぐ戻ってくるって連絡が来たわっ
それじゃ白竹さんに期待して待ってていいパターンだね。

じゃあまっとこ。スタンバイOKね~

ここ座っていい?
じゃあ僕もその横で……って西部どけよっ!
何言ってんだおめー! そこは俺の席だっつーの!
どきなさいっ!

 米山さんが来ると男三人組は追いやられる。このパターンも日課となっている。

 それでも男三人組は近くの席に座ろうとするんだよな。

 やがて入れ替わったミキマユが来ると、早速机に並べられる料理の数々。

 いつも自作なんだから恐れ入るぜ。

今日はサンドイッチの日です。どうぞ~
ふも~いつもより多くない?
只今増量期間です。食べてくださいねっ!
あざ~~っす! サンキュー魔樹。白竹さん。
どうぞどうぞ。みなさん。もう一個ありますよ

 確かに。今日の弁当袋はでかいと思ってたんですよ。

 でかいランチボックスが二個も入ってるとは。


 ちなみにこのBLTサンドイッチは喫茶店でも好評で、恐らく八人前くらい持ってきてるのだ。

 美優ちゃんの奉仕する精神はマジですごい。この人こそ現代の女神なのではないだろうか。

いただきます~!
かなっぴ。早くっ! こっち!
あっすみません。私もいただきますっ!
どぞどぞ。ここの机使ってください
三輪さんもどうぞ。食べてくださいね
え? 私の名前を……王子が知ってるなんて!

まだあるのですよ。頑張ってお作りしましたから。


え? なに? 今日の魔樹くん。すっごくクネクネしてる!
だが、それがいいで。ござる!
ふふふっふははっ!

美樹ぃ! ちょっとクネクネしないでよ!

聖奈ちゃんや蓮くんが笑ってるじゃないの!

おいおい。魔樹。今日はえらくご機嫌だな。
なんでそんなカクカクしてんだ? 
たま~にさ、こうやってスイッチ入るんだよな。
そそ。この時の魔樹くんはめちゃ可愛いのよ。ね~~~!

 聖奈がそう言いながら美樹ちゃんの頭を撫でると「ふにゃ~」という声が出てきた。

 これには正体を知らない人間が驚いていた。


 あのクールな魔樹が、聖奈のいいなりになってるような、そんなシーンだったからな。

 調子に乗って俺もやってみると、美樹ちゃんはノリノリでナデナデされる。

 

私もやってもいいですか?

 イキナリの三輪さんが仕掛けてくると、美樹ちゃんはクルっと振り返り頭を差し出す。

 ちょこちょこっと頭を撫でると、そこから米山さんと坂田さんが同時に名乗りを上げた。

 だが、この二人は喧嘩などしない。

 仲良く二人で魔樹の頭をなでてるとご満悦な表情になっていた。

 

ボス神さん。白竹さん。ここにも頭がありますよ。ん。
魔樹くんって、結構面白いよね。
イキナリキャラを変えてくるなんて。面白いじゃないですか。

ちなみに、今の魔樹はさ……この時の記憶があまりないらしいの。

だから好きに弄ってもいいわよ。 

聖奈さん……そんな設定ないですからね。

でも、これを信じてくれるようなら、私としても今後がやりやすいけど……

そですね。あんまり覚えてないのかもですねっ。うふっ


 

 絶好調に腰をクネクネする美樹ちゃんは、女子生徒に玩具にされながらも楽しんでいる。

 そんな中、魔優だけは無言でサンドイッチを食べるのだった。


 ※


 昼休憩が終わると、ここからは魔優が美優ちゃんとして俺の斜め前の席に座る。

 あまり喋らなくなるので、クラスの連中も気づいているのか、妙な空気が漂うのだった。


 だが、今までと違うのは……

そんで。こんな話になってるなんて知らなくて。

ニコラって結構不憫な生活を送ってたらしく泣きそうに…… 

そうなのよ。そんな背景があるのに主人公の前では明るいショタキャラだし。


 聖奈と意気投合してしまい乙女ゲーの話題だらけになる。

 こうなっちまうと俺は会話に入れないので、さっさと退散するのであった。

なぁ黒澤。こっちこっち!
ういっ!
 こんな返事をしながらも内心すげー嬉しい蓮であった。
ねぇ黒澤。おっぱい職人の話はどう? 

あ~言うには言ったが、忙しいらしくてな。

中々時間が取れないって言ってたよ。

こればかりは黒澤を信じるしかない。

頼むぜ。もしかしたら俺達の人生が変わるターニングポイントかもしれんのだ。

 んなわけねーだろ。どれだけおっぱい職人を崇拝してんだよ。
 そんな時、急に高坂君が寄って来たかと思ったら、こちらにスマホを向ける。

おい見ろよ! 

アイプリに新キャラ投入日が決まったぜ! 来週じゃないか!

おおっ! ついに告知が来たんだね。

え? 五人も追加? しかも全部UR(ウルトラレア)なの?

待てよ。URって確率1%だろ? それを五人もいるのか。

無課金じゃ揃えられるわけねーよ

ぬぅわっ! 一週間後? それまでにジュエル貯まらねーだろが。

バイトしよっかな俺。

あぁ当たって欲しいなぁ。200個あるから4回か……

せめて一人でも当たってほしい……

 その声が聞こえてきたのか、聖奈や魔優がこちらを伺っている。

 何だかニヤニヤしてるのは意味不明だが……


 本当に俺をモデルにしたキャラがゲームに登場するとか、やっぱり悪夢にしか思えないのであった。


 ※


 家に帰ってくると、今までならすぐに楓蓮に入れ替わっていたのだが、喫茶店でのバイト後もある程度リミットが来ないように限界ギリギリまで蓮でいる方法を取る。


 ここまで気を使わなくても良いかもしれないが、万が一というのがあるからな。

 リミットが来てしまうと、その程度によるが護衛に支障が出てしまう可能性もある。

 リミット一時間ほどなら大丈夫だろうが、それでも万全とは言えないし、二時間経過ならまるで戦力にならないのだ。


 そうならない為にも、限界まで蓮の状態でいるのが正しい。


 


 

華凛。準備だけはしておけよ

 今日は部屋から出てこない華凛。出迎えも無かった。

 なのであいつの部屋まで呼びにくると、すでにベッドの中に潜ってやがる。

どうした? 今日は行かないのか?

ももまろと留守番できるなら構わんが。

【華凛】

うん……今日は家にいる

 顔も見せないところを見ると、何かしらアクシデントがあったのかもしれん。

 

 そこで思いついたのは……

お前まさか、ガチャでシクったとかじゃないだろうな?

頼むからあれは少しづつ使えよっていっ……「

違うもん!

 あちゃー。これは超不機嫌な華凛だ。久しぶりだぜ。

 こうなっちまうと、あいつが気がつくまでどうにもならん。

 

どうしたんだよ。学校で何かあったのか?
何もないから! 一人にさせてよっ!

わ、分かった。なぁ華凛。

もし俺に言いにくい事があったら、聖奈やミユマユに相談してもいい。


俺はお前の……そういう姿はあまり見たくない。

【華凛】

ごめんねお兄ちゃん。お願い……ちょっと一人にさせて。

分かった。じゃあ俺は喫茶店にバイト行くからな。

ももまろは頼んだぞ。

 心配になった俺は事前に聖奈やミユマユにも連絡しておいた。

 華凛が荒れていると。


 正直に俺に言えばいいのに、言ってくれないんだよ。

 何があったのか知らないが、そういう姿を見るとまるで自分の事のようにつらくなるんだ。

――――――――――――――



次回、楓蓮姫。 1

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介


 ★登場人物でも若干のネタバレを含みます。第一部からお読みいただきますようよろしくです。

 ★逆に第二部の登場人物を先に読んでから、第一部をお読み頂きますと、別の意味で楽しめます。

 

 ★読者視点は神視点。登場人物の心の声も聞こえます。(フキダシの色がこの色)

 ★ 黒澤 蓮 くろさわ れん


 本編の主人公。高校一年

 男女入れ替わり体質。
 
 弟の凛と共に、新天地で新たに生まれ変わろうと、楽しい学校生活を送ろうとする。友人作りに重きを置き、人との付き合いにはとても慎重である。


 自分自身の事よりも、仲間の為ならば凄まじく有能になる。

 ★ 白峰楓蓮 しらみね かれん


 蓮の女性の姿。類稀なる美少女だが本人にはあまり自覚がない。


 外部には黒澤家の親戚(蓮の姉)となっている。

 楓蓮では世間との関わりあいを最小限にしてきたが、徐々に一人の女性として目覚め始める。

 

 自分を理解してくれる人間が増えるたびに楓蓮は飛躍的に成長してゆく。  

 ★ 黒澤 凛 くろさわりん


 小学校六年生

 男女入れ替わり体質。

 

 兄である蓮を慕い、とっても素直で女の子のような性格。
 ことある毎に兄に甘えてしまい、いつまで経っても、子供のままなので、蓮は凛の将来をとても心配している。

 

 二部中盤で凛オンリーの章があります

★ 白峰 華凛 しらみねかりん


 凛の女性の姿。

 外部との接触が無いので、彼女の存在を知るのは黒澤家の秘密を知るものだけ。

 楓蓮と違い、おしゃまさん。

★ 黒澤 玲斗 くろさわ れいと

★ 白峰 麗華 しらみね れいか


蓮や凛のお父さん。ただいま遠方で仕事中。

麻莉奈や平八。ティナとは大親友。


後半から再び登場します

★ 美神聖奈 みかみせいな


 高校で蓮と同じクラスとなる。実は小学四年生までの幼馴染。

 容姿端麗。成績優秀。運動神経抜群。リーダーシップ抜群。お金持ち。


 高校当初から蓮と関わりを持ち、お互いに影響されてゆく。無二の親友?

 記憶喪失だったが、徐々に昔の事を思い出してゆく。


 二人目の主人公。

★ 平八 へいはち 


 聖奈専属の運転手。

 黒澤家の秘密を知っており、蓮の親である麗斗(れいと)とは旧知の仲

 おっぱい職人。ツイッタのフォロワーは10万以上の有名人。

 作中でも最強だと言われるが……

★ 白竹 美優 しらたけ みゆう

 

 男女入れ替わり体質

 蓮と同じクラスとなる。ピンクの髪が目立つ美人。とても内気で、語尾が変になる。

 自分の家の喫茶店で働いている事になっているが、実は魔優と入れ替わっている

 歌が上手く、全国でも有名な絵師でもある。(エロ同人が本業)

 

 三人目の主人公。 

★白竹 美樹 しらたけ みき


 白竹美優の男性の姿。

 外部では白竹魔樹と名乗っているので、彼を知るのは家族と秘密を共有する人のみ。

 主に喫茶店で厨房担当したり、サイクルの都合上、学校でも魔樹として振舞う。

 男の子の身体で遊ぶのが大好き

★白竹 魔優 しらたけ まゆう


 男女入れ替わり体質。

 外部では白竹美優と名乗っているので、彼女を知るのは家族と秘密を共有する人のみ。

 主に喫茶店で接客担当。サイクルの都合上、学校でも美優として振舞う。

 心の中は女の子なので、こちらが真の姿となる。

 四人目の主人公

★白竹 魔樹 しらたけ まき


 魔優の男の姿。外部に知られているのは魔樹である。

 蓮の隣のクラスで、常にクール。成績も良く、空手や合気道を習得。

 学校内では魔樹王子と呼ばれるほどモテる。


 自分の家の喫茶店で働いている事になっているが、実は美優と入れ替わっている

 乙女ゲー大好きのツンデレ。

★白竹 麻莉奈 しらたけ まりな


美優。魔優の母。入れ替わり体質。


とてもピアノが上手く、蓮はプロの犯行だと断定。

双子の母だけあり、とても美人だが色々とヤバい人。

男の姿は、でかい上にマッチョらしい。


★ じいじ


 白竹家のおじいさん。喫茶店のオーナー。

 小太りでツルっぱげ。チョビ髭が可愛い。

 厨房担当で楽しい事があると、その場でクルクル回りだす。

★ 染谷龍一 そめやりゅういち


 男女入れ替わり体質。

 蓮と同じクラスとなり、前の席という事で付き合い始める。

 わりと積極的で、クラスでも人気がある。

 楓蓮に一目惚れし、ずっと彼女を追い求める。

 オムライサーでありポニテマニア。

 

 五人目の主人公

★山田 龍子 やまだ りゅうこ


 龍一の女性の姿。

 楓蓮を追って同じ喫茶店で働く事になる。全国でも有名な山田組の人間。

 ケンカが強く、蓮も認めるほど。

 楓蓮に近づく男を排除しようとする俺っ子。

★山田 虎子 やまだ とらこ


男女入れ替わり体質。龍一の弟(妹)

全国統一を夢見る女の子。既にチームを結成しており、チームヴァルハラと名づける。

口調はキツいが、兄弟には頭が上がらない。

デコトラならぬデコチャリで街中を暴走する。

★染谷 翔一 そめや しょういち 


男女入れ替わり体質。龍一の兄(姉)

龍一が恐れる唯一の兄貴。百人でかかっても勝てないらしい。

ただいま、新婚生活真っ最中。

★染谷 桜 (そめや さくら)


 翔一の奥さん。普通の人間。

 とても清楚で大人しそうな美人だが染谷三兄弟は彼女に対し頭が上がらない。

 翔一を女らしくする為、日々調教中。

★百済 紫苑 くだら しおん


 高校二年。軽音部。実家はソッチ系統の百済組。

 楓蓮達と一緒に喫茶店でバイトを始める。関西弁ちっくな喋り方だが、とても優しく後輩想い。

 蓮の同じクラスである、米山まゆこと、坂田沙織は小学校からの付き合い。

 マイブームはマジョリーナちゃん(ミニチュアダックス)を可愛がる事。

★坂田 沙織  さかた さおり


 高校一年。蓮と同じクラス。

 いつもニコニコ。おっとりとした口調でマイペース。

 紫苑と同じ軽音部。ベース担当。

 親が犬のブリーダーで楓蓮に二匹のダックスを譲る。

★ 西部

 蓮と同じクラス。

 事あるごとに蓮に絡んでくるが、その目的は聖奈や美優と接点が持ちたいが為である。

 ツイッター名では「モントゴメリー」。おっぱい職人を神と崇める。

★真鍋

 蓮と同じクラス。西部の友達。

 頭は良く、テストでも上位だが、彼もおっぱい職人を神と崇める。

 ツイッター名は「穴バースト」

★米山 まゆこ (だんじりバージョン)


 蓮と同じクラス。坂田とは昔からの親友で、紫苑は先輩に当たる。

 魔樹王子にベタ惚れてしまい、蓮に紹介してもらえるよう頼んだ。

 バスケ部所属。一年なのに相当の実力を持っている。

★ 三輪 加奈子 みわ かなこ

 

 蓮と同じクラス。坂田沙織の友達で幼稚園からの付き合い。

 男の子同士がホニャララするのが好き。

★ 清原 愛美 きよはら まなみ


 魔樹と同じクラス。米山まゆこと中学時代からの付き合い。

 ちなみに魔樹王子と呼び出したのはこの子。

★ 梶谷


 蓮と同じクラス。西部の友達で小学生からの付き合い。

 バスケ部所属。一年でレギュラー筆頭。

★高坂


蓮と同じクラス。梶谷の友達。

ギャルゲーのアイドルプリンセスをこよなく愛する男の子。

★ 鼻


楓蓮が命名。

その昔、蓮にケンカ売ってきたり、美優をナンパしたり、ろくでなし男であったが楓蓮や龍子にボコられる。だが楓蓮に鼻を治してもらったと勘違いしている。

楓蓮に殴られてから、とんでもなく優秀な男へ変貌する(だがケンカは弱い)

★ヴァルハラメンバー 


 只今メンバーは八人。

 虎子率いるチームヴァルハラメンバー。俗に言う不良だが、楓蓮。龍子。虎子には従順。

 実は全員イケメンレベルだが、とにかく頭も弱く、ケンカも弱い。

 NO表示されており、変なヤツが混じってます。 

 竜王 冴子 りゅうおう さえこ


 高校一年。西部曰く、彼女と美神聖奈。白竹美優を三大美女認定している。

 いつも笑顔。とても愛想が良い彼女だが……

 王二朗曰く、超危険人物。鞄にスタンガンを隠し持ち、女の子を襲うらしい

★ 播磨 王二朗 (はりま おうじろう)


 高校一年。竜王冴子と共に登場。190センチの巨漢であり極道顔。

 とてもじゃないが高校生には見えない容姿に、シルエット姿となっている。

 警官とエンカウントすると、ほぼ職務質問されてしまう。

 ゴリラのモノマネが神がかっている。

★竜王 将哉 りゅうおう しょうや


 萌ゴリと共に現れた男性。とてもイケメンだが萌にナンパーマンであると暴露されてしまう。萌は恋人だと告げるが……楓蓮は最初から将哉を警戒する。 

★稲坂 萌 いなさか もえ


 楓蓮が早朝マラソンに出かけた際に知り合った女性。

 巨漢で筋肉質なので、楓蓮は男だと勘違いするほど。

 とても気さくでしゃべりやすい印象を受けた萌ゴリ。ちなみにラッキースケベ体質。

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色