137

エピソード文字数 562文字

 紅は私に背を向けた。
 私の前で着物を脱げない理由はわかっている。

 背後から半着を脱がせると、細い体には胸の膨らみを隠すために晒しが巻いてあり、右肩には小さな黒子(ほくろ)があった。

 私は紅のために用意した着物を羽織らせ着付けをする。とんとんと肩を叩いて、閉じていた目を開けさせた。

「……こ、これは!?」

 青い着物に桃色の桜と黒い揚羽蝶をあしらった色鮮やかな打ち掛け。

(やはり……よう似合っておる)

「於濃の方様、おふざけはおやめ下さい。俺は男です。このような(なり)を誰かに見られたら……」

(人に見られたら、女だと知られてしまいますか?)

「お、於濃の方様!?」

(大きな声で騒がずともよい。お座りなさい。騒ぎ立てると、家臣に知れてしまいますよ)

 紅は観念し、打ち掛けを着たまま私を見つめた。私は紅の束ねた髪をほどき、長い黒髪に櫛を通す。

 形のいい唇に、赤い(べに)を差した。戸惑いながらも、頬をほんのり赤く染めた紅は、美しい姫君に見えた。

(ほんに美しい)

「於濃の方様、俺は……」

(何も言わずともよい。そなたが女であることはとうにわかっていました)

「……俺は」

(上様に寵愛されていることも、知っています)

「……そのようなことは、ただの噂話に過ぎませぬ」
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

斎藤紗紅(さいとうさく)16歳

レディース『黒紅連合』総長

 斎藤美濃(さいとうみの)17歳

紗紅の姉、家族想いの優等生

 織田信也(おだしんや)20歳

紗紅の交際相手

元暴走族

 織田信長(おだのぶなが)

戦国武将

明智光秀(あけちみつひで)

戦国武将

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み