紅茶

エピソード文字数 214文字

 おれはいま、片田舎の喫茶店で世界最高級の美味い紅茶をすすっている。
 紅茶が好きなものに悪いやつはいない。
 なあ、そうだろう?
 でも、なんか変なんだ。
 おれによく似た男の顔写真が街じゅういたるところに貼りつけられている。
 写真の下に$100.000.000
 写真の上にはWANTED! の文字。
 きっと、何かの間違いさ……
 
 二杯目の紅茶をすする。
 おれは愛想のいいウェイトレスにすっかり一目惚れしちまった。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み