第3話 予兆

エピソード文字数 1,535文字

 翌朝、顔を確認するため、テレビを見ながら食事をしている裕子をチラッと覗いた。……間違いない。


 裕子は急いで箸を置くと、画材を手にして出掛けた。



 食堂で、遅い昼飯を摂っていると、習慣にしている昼寝から親父が起きてきた。

「俺も、うどん食うかな」

 と、俺の丼を覗き込んだ。

「さっき、食べたばっかじゃないか。耄碌したのか?」

「麺類はすぐ腹減るんだよ」

 嫌がるでもなく、玉うどんにかき揚げと葱を載せると、出汁をかけて持ってきた。

「まだ彼女を疑ってるのか?」

 親父は前に座ると、うどんを啜った。

「……物的証拠は無いけどな」

「動機は?」

「訊かなきゃ分からんよ」

「動機も物的証拠も無いのに疑ってるのか?」

 親父は呆れた顔をした。

「事情聴取してないから、スッキリしないんだよ」

「で……いつ訊くんだ?」

「……今夜あたり」

 自信なさそうに口籠った。

「木乃伊とりが木乃伊になるなよ」

 親父が茶化した。

「馬鹿言え」

 俺は鼻で笑った。

「お前の好みは偏ってるから、すぐに分かる。お前の別れた女房も悪くなかったが、少しばかり気が強すぎたな」

「大きなお世話だ」

 急いで、うどんを食べ終わると、親父から離れた。




 ――裕子は帰って来るとテーブルに着いて、テレビを見ながら俺の料理を待っていた。

「絵は出来上がりそうですか?」

 小鉢を並べながら訊いてみた。

「ええ。明日には描き上がります。ぜひ、見てくださいね」

「はあ、ぜひ。……今夜、少し飲みませんか」

「え?」

「話がしたくて」

「でも、私、あまり飲めなくて」

 裕子は乗り気がしない様子だった。

「美味しい杏酒があるんですよ。甘いのが」

 俺はまるで、女の子をお菓子や玩具を使って誘拐するような心持ちだった。また、ナンパして、断られないように言葉を選ぶ時と似ていた。

「……じゃ、少しだけなら」

「ありがとうございます。じゃ、食事が終わったら、ここで飲みましょ」

「その前に、温泉に入ってもいいですか」

「あ、勿論です。では、後ほど」

「はい。分かりました」

 裕子はニコッとすると、箸を持った。

 俺は、十七、八歳に戻った思いだった。



 ――酒肴が出来上がった頃、あの写真の裕子を彷彿とさせる浴衣姿で現われた。

「湯加減はいかがでしたか」

「結構な塩梅でした」

 わざとか、裕子は料理の味加減で答えた。

「それはよかった。どうぞ、一杯」

 杏酒の瓶を手にすると、裕子の前に置いたクリスタルのグラスに目をやった。

「あ、すいません。頂きます」

 裕子は綺麗な爪の指でグラスを上げた。

「絵描きさんですか?」

「いえ、単なる趣味です」

 裕子は大袈裟に横に手を振ると、恥ずかしそうに苦笑した。

「ご主人の趣味は?」

 突然訊かれて、俺は慌てた。

「……料理だったんですけど、今では仕事になったので。……たまに親父と指す将棋ぐらいですかね」

「あ、だから、料理が上手なんですね」

 ママの眞弓が言ってた通り、あしらい方が巧かった。



 ――結局、平湯大滝や絵の話をしているうちに、裕子はグラス二杯くらいで頬を染め、欠伸の口を手で隠した。

「ごめんなさい……眠い……」

 肝心な話ができる状態ではなかった。

 裕子の小さな体を支えると、階段を上がった。湯上がりの爽やかな香りがしていた。

 布団を敷いてやると、寝かせた。苦しそうに荒い息を立てながら、潤んだ唇を開け閉めしていた。唇を奪いたい衝動に駆られながらも、俺は明かりを消してやると、ドアを閉めた。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み