第3話   白峰 楓蓮 2

エピソード文字数 4,205文字

「どうする? コンビニでも寄っていくか?」

「うん! うみゃ~棒欲しい!」


 お前ほんとソレが好きだな。安上がりな妹すぎる。


 せっかくコンビニが近くにあるからな。寄って帰ろうぜ。

 コーヒーやらお菓子でも買って、後は親父に請求すればいいだけの事だ。


 そうする事で、親父だって早めに連絡が来るように教えてやらないと。あいつは最近俺に頼りっぱなしじゃねーか。



 コンビニに近寄っていくと、駐車場でたむろしている女が二人ほどいるな。二人とも金髪だったので、ガラの悪い奴らなのは何となく分かった。


 俺と華凛がその前を通り過ぎようとすると、横から急に「マブい」という言葉が飛び交う。その後で激しく息を飲み込んだ声がしたので、俺は女達に振り向いた。

(あっ……ああっ……か、かわいい)



 あのー。何で俺の顔見てそんな驚いてるの?



 口を開けたまま固まっているのは、ロングの髪のヤンネーっぽい方。ファッションもどこかの水商売系で、黒のガーターベルトだと? どこかのAVに出てそうなねーちゃんだなこりゃ。

マブすぎる

 そう漏らしたのはヤンキー女の小さいほう。

 ショートカットで片目が見えなさそうな、鬱陶しい髪型だな。全身ジャージ姿なのはいいが、何故か木刀を持ってやがる。



 何だ? もしかして俺の事を知っているのか?

 ちなみに俺は、こんなヤンキー達に知り合いはいない。



 ド田舎から引っ越して来たのに、俺達を知る者などいないはずだが、そんなリアクションを取られてしまっては、気になってしまうじゃないか。


「何ですか? 私の事知ってるの?」

「い、いえ……な、何でもありません。ごめんなさい」

 あら。ヤンキー姉ちゃんは非常に腰が低く、謝ってくる。

 意外なリアクションに、こちらまで態度が柔らかくなってしまう。



 華凛を引っ張りながら愛想笑いで誤魔化し、コンビニへと入ろうとした――その時だった。

こんな所にいやがったか。おい女! ぶっ潰してやる

 野太い男の声に思わず振り返る。


 華凛だけは先にコンビニに入ったので、その様子を伺っていると、いつの間にかヤンキーやらチーマーやら、ガラの悪い男達に囲まれてしまっていた。

「何だこいつら」
 とヤンキーお姉さん。俺との対応とは全然違っていた。

 外観どおりのセリフを吐くと、小さいヤンキーは面倒くさそうに立ち上がり、木刀を肩にぽんぽんと当てながら、

さぁ。手当たり次第にケンカ売ったから分かんねぇや。まぁ。どっかのチームでしょ?

 ふふっ。やばいこいつ。


 手当たり次第にケンカ売るとか、超危険人物だとすぐに理解した。



 そのちっちゃい女は立ち上がると「掛かって来いよクソ野郎共が!」と叫び出した。


 おいおい。こんな公衆の面前でケンカ始めるって言うのか?

虎! やるならお前一人でやれ。俺は知らんぞ!
「えぇ? 何でだよ龍姉ぇ! 二人で全国統一しましょうよ!」

 くっ。笑いそうになっちまった。

 全国統一っておい。志が広すぎるだろ。




 ってかヤンキー姉さんは、虎と呼ばれた女の子の肩をポンと叩くと、溜息を吐いて立ち去ろうとした。その時だった。

おい。お前もこいつらの仲間?

 


 え? 俺? 


 一人のスキンヘッド男がこちらに寄ってくると、俺をみるなりとんでもないスケベ顔になっちまってやがる。


 うおっ。気持ち悪い顔を見せるんじゃねぇ。

 楓蓮に対して発情しているような顔をされると、無性に気分が悪くなるんだよ。



「待て! その人は関係ねぇ!」

 ヤンキー姉さんがこちらに振り返るが、スキンヘッドは全然聞いていないようで、俺に対して「こいつも拉致ろう。めっちゃ好み」とか抜かしやがった。


 しかも俺の許可なくこちらに手を伸ばそうとしてきたのだ。




 その瞬間――

 スキンヘッドの顔面に俺の拳がめり込んだ。



 一撃でよろけた身体に反対側から思いっきりフックをかましてダウンさせないまま、一回転してのハイキック。全部スキンヘッドの顔にヒットした。




 吹き飛んだスキンヘッドは再起不能だろう。

 あの三連発をモロに食らって、立てる奴なんかいねぇから。

 アスファルトにダイブしたままピクリとも動かない様子を見て、俺は内心ご満悦だった。





 いやー。綺麗に決まっちまった。

 鼻の骨折れててもしらねぇからな。勝手に俺の身体に触れようとした罰だ。汚らわしい。



 周囲を見てみると、ヤンキー姉ちゃんを筆頭に、向こうのヤンキー男達まで固まってやがる。唖然というか、沈黙の空気が支配していた。


  


 すまんな。俺はそこら辺の男よりも遥かに強いぞ

 この程度の人数でボコれると思うなよ。

勝手に人の身体に触ろうとしやがって……キモいんだよ。

て、てめぇ、この女……やっちまえ!

待ちやがれ! その人は関係ねーつってるだろがっ!

 俺に向かって来る長髪ヤンキーを止めようと、ヤンキーお姉さんがダッシュでつめ寄る。


 するととんでもない跳躍を見せたと思えば、スラっと伸びた長い足が長髪ヤンキーの顔にめり込み、吹き飛んでしまった。

す、すみません! 巻き込んじまって

 俺に対しては非常に礼儀正しいヤンキーお姉さん。

 だが、後ろから男共が一斉にこちらに向かってくると、今度はちっちゃヤンキーが飛び掛ってゆく。

だはっ! なんだかんだ言って姉上もやる気満々じゃないっすか! 一緒に全国統一しましょう!
やらねぇっつってるだろ!

 ってか二人とも面白れーな。

 文句言いながら暴れるヤンキー姉さんは、とんでもない強さだった。


 好き放題木刀でシバき回る全国統一ちゃんに、お姉さんの方は大技が多く、ダブルラリアットやら、柔道の内股とか、大外刈りなど魅せてくれる。




 あっという間にヤンキー達をねじ伏せた二人を見て、この二人も……とんでもなく強いと認識していた。と言うのはどちらも無傷なのだ。


 多人数の戦いだったにも関わらず一発も貰わないなんて、格闘の基本は勿論、相当ケンカ慣れしているのだろう。

ごめんなさい。こいつらが仕返しを考えないよう躾ますんで

いえいえ。大丈夫ですよ


こんな奴ら。百人掛かって来ても勝てますんで

 やたら俺には優しいヤンキー姉さん。

 手を合わせながら必死に訴える姿は、先ほどの激しくファイトしていた彼女とは全然違う。

あっ。ここにいたのか

 そう言ってこちらを指差しているのは、またまたガラの悪い男達だった。

 つまり増援部隊である。今度も六人いるぞ。

 

 しかし、コンビニの駐車場で横たわっている味方を見て、増援部隊は明らかに戦意喪失していた。



 そんな中、木刀を持って飛び込んで行くのは全国統一ちゃんだ。やる気満々すぎて笑えてくる。

ったく鬱陶しい奴らだ。じゃあ……早く逃げてください
今度は全国統一ちゃんと一緒に戦おうとするヤンキー姉さん。確かに収拾が付かない状態だからな。
「お姉ちゃん。ケンカ?」
 おっと。すまん。華凛を忘れてたぜ。

 しかも俺がお金持ってるから、華凛だけじゃ払えないじゃないか。

 

 何食わぬ顔でコンビニでコーヒーを買って、華凛のおやつを購入する。

「お姉ちゃん。暴れても大丈夫なの?」
大丈夫さ。今度の影は楓蓮だからな。いくらでも誤魔化せる
そっか。そうだよね

 ちなみに中学時代では訳あって女として過ごして来た


 その場合、学校に行かないのは蓮だったので、夜な夜な俳諧しては好き放題やってたからな。こういうバイオレンスな状況にも耐性がある。



 そして今回影の存在となるのは、楓蓮である。

 影となる存在は、ヤバイと思えば、ほとぼりが冷めるまで外に出なければいいだけの話。いつでもその姿を消す事が出来る分、思い切った行動にも出れるって訳だ。






 ふと読書コーナーから外を見てみると、既に勝敗は決したようだな。その時丁度赤い光が見えたと思ったら、ヤンキーお姉さん達は、ものの一瞬で姿を消していた。




 ポリに見つかる前に逃走。お見事である。

 迅速な行動にあの二人にも花丸採点を付けさせてもらおう。



 俺達は普通に会計を済ませると、外では物々しい雰囲気となっていた。

 警察官がヤンキー男達に尋問しているが、みんな白目になっており、普通に話せるレベルじゃねぇだろと思った。


 俺と華凛はその横を無関係と言わんばかりに通り過ぎていく。



 

 いやー流石都会だな。

 人がアホみたいに多い分、こんな変な奴等も多いのだろう。

 まぁ、たまにはデンジャラスな場面もアリかもしれないと思う俺であった。





 そして大きな道路を渡り華凛と手を繋いだまま歩いていると、急に後ろから声を掛けられる。


 振り向くとさっきのヤンキーお姉さんが走ってくると息を切らしながら俺に謝り倒すのであった。

さっきはすみませんでした!
いえいえ。本当に大丈夫ですから


 きっと心配して来てくれたのだろう。でも本当に大丈夫っすから。

あの……もしアイツらの事で困った事があれば、ここに連絡下さい
 そう言って渡されたのは名刺だった。

 金縁の名詞はとても高価そうな雰囲気を漂わせていたが、その名前を見て俺は内心「マジかよ」と驚いてしまっていた。


 山田組。

 これは全国規模のヤバイ人たちの集まりじゃないか。

 その下には「山田龍子(やまだりゅうこ)」と書かれていた。それが彼女の名前なのだろう。

あともう一つ。お願い聞いてくれますでしょうか?

 とは言うものの、中々喋ろうとしない龍子さん。

 さっきケンカ無双してた彼女とは明らかに違っていた。


 とんでもなく恥じらいの顔を浮かべながら、意を決したのか小さな声で呟く。

な、名前。あの……教えて欲しいです
え?
あっ! ち、違うんです! 変な意味じゃなくてその……あの……
急に取り乱す龍子さん。ってか何でそんなに顔が赤いんですか?
えっと。……白峰楓蓮です
楓蓮さんか……



 まぁ名前くらい別に教えますけども、何かとっても喜んでらっしゃる。

じゃあまた……何かあったら連絡下さい!

 そういい残し、とんでもないスピードで消えてしまう龍子さん。まるで台風のようなすげー速さで大きい道路を渡ってゆくと、あっという間に視界から消え去った。




 何だか妙な人と出会っちまったな。

 でも何となく良い人っぽいし、楓蓮で友達になれるかもしれない。



 しかし、楓蓮は神出鬼没なのでいつ会えるか分かりませんけどね。

 また会ったら会った時に考えりゃいいか。

 左 山田 龍子(やまだ りゅうこ)

 右 山田 虎子(やまだ とらこ)


 複数人のヤンキー相手を無傷で撲殺。

 ケンカのレベルは楓蓮が認めるほど。

 

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

キャラのプロフィールは、章の始まりにも記載しています。


ここに記載されているのは主要人物です。

その他の登場人物は章の始まりなどに記載しています。


読者視点は神視点。

物語の中の人達が知らないことを全部見る事ができます


また、二章からはキャラの心の声まで聞こえます(フキダシが灰色)

 ★ 黒澤 蓮 くろさわ れん


 本編の主人公。高校一年


 男女入れ替わり体質。
 
 弟の凛と共に、新天地で新たに生まれ変わろうと、楽しい学校生活を送ろうとする。友人作りに重きを置き、人との付き合いにはとても慎重である。


 とても弟思いの良いお兄さん(お姉さん)

 ★ 白峰楓蓮 しらみねかれん


  蓮の女性の姿。白峰というのは偽名。

  黒澤家とは繋がりを見せないように演じる。


  心の中は男の子なので、女の子のファッションやらに興味が無い。

  とても美人なのにあまり自覚がなく、女性の姿はオマケだと思っている。

 ★ 黒澤 凛 くろさわりん


 小学校六年生


 男女入れ替わり体質。

 

 兄である蓮を慕い、とっても素直で女の子のような性格。
 ことある毎に兄に甘えてしまい、いつまで経っても、子供のままなので、蓮は凛の将来をとても心配している。



 ★ 白峰 華凛 しらみねかりん


 凛の女性の姿。

 外部との接触が無いので、彼女の存在を知るのは家族だけ。

 楓蓮と違い、おしゃまさん。


 ★ 美神聖奈 みかみせいな


 高校で蓮と同じクラスとなる。実は小学四年生までの幼馴染。


 容姿端麗。成績優秀。運動神経抜群。リーダーシップ抜群。お金持ち。

 など、全てを兼ね備えている人。


 二人目の主人公。

 ★ 白竹 美優 しらたけ みゆう


 蓮と同じクラスとなる。ピンクの髪が目立つ美人。

 自分の家の喫茶店で働いており、メイド服で接客をこなす。


 学校と喫茶店では、雰囲気がまるで違うのには理由があり……

 

 三人目の主人公。 

 

 ★ 白竹魔樹 しらたけまき


 蓮の隣のクラス。美優は双子の姉弟。


 学校ではとてもクール。喫茶店では男の娘?

 双方を知る蓮にとっては、非常に疑問な人物。


 四人目の主人公

 ★ 染谷龍一 そめやりゅういち


 蓮と同じクラスとなり、前の席という事で付き合い始める。

 わりと積極的。学校ではいつも笑顔で誰にでも優しいが……

 

 五人目の主人公

 ★ 平八 へいはち 


 聖奈専属の運転手。

 黒澤家の秘密を知っており、蓮の親である麗斗(れいと)とは旧知の仲



ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色