5 最愛のジョイア

文字数 3,516文字

 引きこもって暮らしているカールの耳に、マリー・テレーズの夫、アングレーム公についての、様々な陰口が飛び込んできた。
 妻を顧みないとか、もっと露骨に、身体的に満足させられないのだ、とか。
 いくぶんかは、彼女にふられた形になっているカール大公への身びいきもあったろう。

 マリー・テレーズがまだ、ウィーンにいた頃、フランス人のこの従兄弟は、彼女に殆ど、手紙をよこさなかった。たまに寄越しても、天気の話が大半だったと、例の秘密情報員が言いふらしていた。

 マリー・テレーズと結婚してすぐ、アングレーム公は、ロシアの軍隊に参加した。彼は、新婦をほったらかし、亡命してきた祖国、フランスとの戦いに明け暮れていた。
 その後も、アングレーム公は、妻の傍らにいることは少なく、各地を転戦しているという。二人の間に、まだ、子はない。

 ……彼女は、幸せなのだろうか。
 カールは訝しんだ。
 自分なら、幸せにしてやれたのに、と身悶えする思いだった。少なくとも、アングレーム公よりは多く、彼女の傍らにいただろう。

 だが、仕方のないことだった。
 その資格がないから。
 自分は、フランスに敗北したのだ。

 かつてマリー・テレーズの両親と弟を殺し、彼女から青春時代を奪ったフランス、そのフランス人民の「王」を名乗る男(ナポレオン・ボナパルト)を、自分は誅することができなかった……。







 風向きが変わった。
 ナポレオンはロシア遠征に失敗し、1813年、イギリス、オーストリア、ロシア、プロシアを初めとする大同盟軍に敗北した。
 ナポレオンは、エルバ島に封じられた。

 カールの姪、マリー・ルイーゼは、ナポレオンとの間に生まれた子どもを連れてウィーンに帰ってきた。
 ウィーンの人々は、ミノタウロスの腕から生還した乙女を迎えるように、歓呼して、彼女を出迎えた。



 フランス王には、ブルボン朝のルイ18世が、即位した。マリー・テレーズの叔父、彼女の夫の伯父だ。彼女の夫、アングレーム公は正式に王太子としてパリへ入城し、彼女は、王太子妃となった。

 カールは、知っていた。マリー・テレーズは、両親の雪辱の為に、ブルボン家に嫁いだのだ。
 ブルボン王朝の再興。
 それこそが、彼女の悲願だった。ギロチンの犠牲となった、両親の尊厳を取り戻すのだ。

 ルイ18世とマリー・テレーズのパリ入城は、怒涛のような、国民の歓呼に迎えられた。
 馬車は、ブルボン家を象徴する百合の花で満たされていた。その中に、マリー・テレーズは、銀の葉模様を刺繍した白いガウンを着用して、座っていた。

 国王はにこやかに手を振っていたが、マリー・テレーズは、終始、緊張して、しゃちこばっていた。着ていたガウンに、ひだ襟がついていたせいで、その青白くこわばった表情は、いかめしくさえ、集まった人々の目に映った。

 「王太子妃(マリー・テレーズ様)は、堅苦しく、なんだかとても、苦しそうでした」
 そんな報告が、ウィーンに齎された。

 ……貴女は今、幸せですか?
 心の中で、カールは呼びかけた。
 ……私を置いて、フランスを選んだ貴女は、幸せになれたでしょうか。







 それから1年もしないうちに、ナポレオンがエルバ島から脱出した。次第に兵を増やし、ついにパリに返り咲いた。
 ルイ18世は、即座に、ブリュッセルへ逃亡した。

 マリー・テレーズの夫アングレーム公は、ニームで反ナポレオン軍を組織した。

 妻のマリー・テレーズは、親王派の多いボルドーに残り、強烈な反ナポレオンのキャンペーンを張った。




 しかし、軍の将校初め、兵たちは、彼女に従わなかった。彼らは、同じフランス人と戦いたくなかった。
「いいえ。フランス人は、名誉を忠実に守ります。国王を裏切ったあなた方は、もはやフランス人ではありません。回れ右! 退がりなさい!」
彼女は命じた。

 一方で、ボルドーの地元守備隊の国民衛兵らは、マリー・テレーズの味方だった。ガロンヌ川岸辺に集結した彼らは、ブルボン家の白い旗をはためかせ、彼女のため、王のために戦う決意を見せた。
 正規軍の兵士たちは、背中を向けたというのに。

 ナポレオン軍を川の向こうに挟み、マリー・テレーズは、無蓋の馬車に立った。敵の標的になる危険を犯しながら、言った。
「あなた方は素晴らしい名誉を示しました。貴重なその忠誠心は、とっておいて下さい。今、私はあなた方に、戦闘中止を命じます」
 そしてマリー・テレーズは、フランスを離れ、イギリスへ渡った。戦に人民を巻き込むことを、彼女はよしとしなかった。


 「彼女は、家族でただ一人の勇者だ!」
報告を受けたナポレオンは、そう言ったという。



 ……相変わらずやってるな。
 カールは思った。
 兄の差し出す書類にサインを拒んだ、彼女。
 秘密警察の目を欺くために、レモンの汁で手紙を書いていた、彼女。
 ……少しも、変わっていない。


 だが状況は、マリー・テレーズにとって、悪くなるばかりだった。
 夫のアングレーム公が、ナポレオン軍の捕虜となったのだ。

 幸い彼は無事で、妻に手紙を書いた。
 その手紙で、アングレーム公は、妻のことを、「最愛のジョイア(イタリア語で喜び)」と呼んでいたという。

 捕虜の手紙を監視するのは、どこの国でもやっていることだ。
 アングレーム公の妻への呼び名をすっぱ抜いたのは、他ならぬナポレオンだった。
 『若きウェルテルの悩み』が愛読書だというナポレオンは、ラシュタット会議で、スウェーデンのフェルゼン伯に、マリー・アントワネットとの関係を尋ねたこともあった。
 他人の色恋沙汰に、ことさらに敏感な男だった。

 ……なんだ。幸せじゃないか。
 アングレーム公が、愛情いっぱいの言葉で妻を呼んでいることは、カールには、衝撃だった。
 だがそれは、いやなものではなかった。
 ……彼女は、とても幸せなんだ。

 心の重荷がとれたような気が、カールはした。静かな開放感が、心を満たしていく。
 マリー・テレーズは、夫に愛されている……。







 どん!
 何かがカールの脇腹にぶつかって止まった。
 勢いで転びそうになった体を、危ういところで、カールは支えた。
 フランツ。ナポレオンと、カールの姪、マリー・ルイーゼとの間に生まれた男の子だ。父の没落に伴い、母の実家であるウィーンの宮廷に連れてこられていた。

 体温が高く柔らかい物体を、大公は、しげしげと眺めた。
 ……薄い金色の髪、青い目。身長は2フィート(約60センチ)もあるだろうか。子どもにしたら、しっかりした体つきをしている。少し、前歯の間が空いているな。でもこれは、すぐ生え変わるだろう。全体的にどことなく、ナポレオンと似ている。

 掴まれた腕を、子どもは振り払おうとした。子ども(フランツ)は、普段は、決して、カールに近づかなかった。
 ……カール大公は、ナポレオンに最初に黒星をつけた軍人である。
 身の回りのフランス人従者の誰かから、その話を聞いたのだろう。

 ……頑固な性格は、父親とそっくりだな。
 苦笑しながら、カールは、手を離した。
 フランツは、父親が、大好きなのだ。
 戦争に明け暮れ、戦地でしか生きられない男だというのに。
 ……子どもというものは、そういうものなのかな。
 そこまで慕われる「父親」というものが、カールには、ちょっと、羨ましい気がした。

 開け放たれたドアから、子どもは、弾丸のように、外へ飛び出していった。
 生き生きと、太陽の下を走っていく。
 とても嬉しそうに。楽しそうに。

 ……かわいいじゃないか。
 反抗的な小さな子どもは、まるで命の塊のように、カールの目に映った。




 「あっ、カール大公!」
玄関ホールへ走ってきた侍従が、息を切らせて立ち止まった。
「プ、プリンスをお見掛けになりませんでしたか?」
「外へ出ていったよ」
カールが答えると、侍従は、ぎりぎりと歯を噛み締めた。
「出し抜かれたっ! ぼ、帽子も被らず、上着も着ずに……。放っておくと、そのままのお姿で、街なかまで行ってしまわれるんです!」
「そういうことなら、早く追いかけたらどうだ?」
 侍従は飛び上がって、再び走り出した。

 小さなフランツは、生け垣の根本にいた。窓からカールが見ていると、子どもは、何の前触れもなく、ふっとしゃがみこんだ。
 すぐそばを、侍従が慌てふためいて走り過ぎていく。

 ……うん。子どもを持つのも悪くない。
 カールは思った。






 1815年4月。
 ナポレオンはワーテルローで大敗し、セントヘレナへ流された。

 この年の9月。
 カールは、ナッサウ=ヴァイルブルク侯の娘、ヘンリエッテと結婚した。彼女は、イギリスのジョージ2世の玄孫に当たる。

 ナポレオンがフランツの父となったのは、42歳の時だ。
 今なら、カールも間に合うだろう。










fin






ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

カール大公

1771.9.5 - 1847.4.30

(カール大公の恋)


ライヒシュタット公の母方の大叔父。1796年の革命戦争では、ジュールダン麾下サンブル=エ=ムーズ軍、モロー麾下ライン・モーゼル軍と戦い、両軍を分断させ、勝利を収める。1809年のナポレオン軍との戦い(対オーストリア戦)の後は軍務を退き、軍事論の著述に専念する。

レオポルディーネ

 1797.1.22 ‐ 1826.12.11

(もう一人の売られた花嫁)


ライヒシュタット公の母方の叔母。皇帝フランツの娘。ポルトガル王太子ペドロと結婚する。ナポレオンの侵攻を受け、ポルトガル王室は当時、植民地のブラジルへ避難していた。ペドロとの結婚の為、レオポルディーネも、ブラジルへ渡る。

ヨーハン大公

1782.1.20 - 1859.5.11

(アルプスに咲いた花)


ライヒシュタット公の大叔父。皇帝フランツ、カール大公の弟。兄のカールに憧れ、軍人となる。

アダム・ナイペルク

1775.4.8 - 1829.2.22

(片目の将軍)


オーストリアの軍人。フランス革命戦争で赴いたオランダで片目を失う怪我を負うも、捕虜交換の形で帰国した。

ドン・カルロス

1787.初演

(「ドン・カルロス」異聞)


シラー(シルレル)の『ドン・カルロス』は、ライヒシュタット公の愛読書だった。

チャットノベルもございます

「ドン・カルロス」異聞

マリア・テレサ

 1816.7.31 - 1867.8.8

(叶えられなかった約束)


カール大公の長女。

マリー・ルイーゼ

1791.12.12 - 1847.12.17

(2つの貴賤婚)


ライヒシュタット公の母。ナポレオンの二人目の妻、かつてのフランス皇妃。ウィーン会議でパルマに領土を貰い、5歳になる直前の息子を置いて旅立っていった。以後、全部で8回しか帰ってこなかった(最後の1回は、彼が公的に死の宣告をされた後)。

エドゥアルド・グルク

1801.11.17– 1841.3.31

(画家からの手紙)


ウィーンの宮廷画家。メッテルニヒに見いだされ、採用された。グルクの死から約170年後、彼が描いた絵が、モル男爵の屋敷で発見された。モル男爵は、かつてライヒシュタット公の補佐官で、その死の床に最後まで付き添った。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み