6 ✿ I’ll never forgive you.

文字数 1,060文字

ブレイクの魔法で、首から吊された咲良。
咲良――!!

その時、剣道会場に空から飛びこんできたのは。

咲良さん!!

スノボで空を飛ぶジョンだ。


ジョンは、吊された咲良の体を抱きとめた。

μαχαίρι(マヒェーリ)
呪文で、咲良の首に巻き付いたケーブルを切った。
Sara!  Sara!!

すると、咲良のまぶたがぴくりと痙攣し、うっすらと開く。

……ぅ……あ

Sara!!

ジョンは、咲良の首についたケーブルのあとを見ると。

痛かったですね。

Sorry. I’m so late.

咲良を舞台袖にそっと下ろすと、ブレイクをにらみつけた。

I’ll never forgive you.

(おまえを絶対に許さない)

次の瞬間、ジョンの銃口が火を噴いた。

うがっ……あああ!!

ブレイク右肩右手が撃たれた。


彼の手から落ちた拳銃を、ジョンは蹴り飛ばした。

αιώρηση(エオーリシ)
ぅ…うわあぁあ!?

ブレイクの身体が宙に浮かび、8メートル程の高さでぴたりと止まった。


Go to hell.

地獄へ堕ちろ

ジョンが中指で地面を差すと、ブレイクは舞台へたたきつけられた。
あ…ぁ…ぅ

照明ケーブルが下りてきて、ブレイクの足にからみつく。


彼は逆さづりにされた。

こちらジョン。

剣道会場でブレイク捕らえました。

負傷者多数、救援を。

ジョンはイヤフォンマイクで、指揮官と連絡を取る。

すぐに応援を向かわせる。

ジョンはブレイクを見張れ。

了解
ジョンは、吊るしたブレイクを静かに見据えた。

誰の依頼だ、答えろ。

ジョンは頬にかけられたつばを拭うと、

Too bad.残念ですね

ブレイクの左肩を撃ち抜いた。

ぎゃああ!!

ブレイクの前髪をわしづかみ、彼の額に銃口を押しつける。

ま、待ってくれ……。

話す、話すよ……

ビジネスの邪魔だから、

強者を消せ、

五輪前にテロを起こせ、と。

ビジネスのためだと!?

人の命をなんだと……

五輪はビジネスだろ?

だが日本はテロを起こしにくい。

入場無料屋外開催のイベントは狙い目さ

ブレイクは舞台の角に、ちらりと目をやった。

ανάφλεξη(アナーフレクシ)

空薬莢に見せかけた、弾丸型ライターだ。


ブレイクの呪文は大きくなり、会場を囲う幕へ引火して、たちまち燃え広がった。

こほっ、ごほっ!!

咲良さん、危ない!

ジョンは咲良の手を引き、

炎の及ばない場所へさけた。

μαγικό(マギコ) σπαθί(スパティ)

ブレイクは混乱に乗じ、自分を縛るケーブルを断つ。


舞台に、ゆらりと立ち上がった。

出でよ。

この地のじゅうれいたち

四方から様々な獣のうなり声がした。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

帯刀 咲良  (たてわき・さら)


 高校2年生、剣術道場の娘。

ジョン・リンデン


イギリス人

インターポールの捜査官。

天羽 理々(あもう・りり)


高校2年生、咲良の親友

合気道部

ラルフ・ローゼンクランツ


ドイツ人

インターポールの捜査官。

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色