第15話「負けられない戦い」その壱・・・推定読了時間約5分

文字数 2,991文字

 皇が法力を込めた水晶の刀身が、蒼白い光を帯び、刻まれた陰陽の文字が青く濃く浮かび上がる。
 脚を開き、地面を踏み締め、腰を捻り、次の一撃への溜めを作った。

 眼前の無数の思念鬼(リーパー)を、その細い目で睨み付ける。
 そして、その目が大きく見開いた時、軋む体が一気に解き放たれた。

 空を裂く刃は、扇状の鋭利な真空波を発生させ、長く続く警察署の廊下を寸断した。
 数十体の警官達の腹部が真っ二つになり、空洞の陶器が木っ端微塵になるかの如く飛散する。

 床には、血塗れの警官の衣類が散らばり、その周りには転がる眼球と粉々になった白い粉末が沈積していた。


 後方のリーパーの群れを皇の一撃が一掃したのも束の間、再び無数の扉が開き、血塗れのリーパーが現れる。

 これではキリがない……。

 桃眞の前方には、同じ刀を持った飛葉と山那。


 両者が、走る桃眞の速度に合わせる様に、数歩前で並走し、迫り来るリーパーを斬り伏せる。


 次の部屋への心門(ポータル)を探す桃眞だが、延々と続く細長い廊下に見える無数の扉から、正解を見抜くのは不可能だった。

 このまま走り続けていては時期に体力と時間が尽きてしまう。
 桃眞は意を決して、右側の目に付いた扉を開けた。


 皇と、飛葉、山那も桃眞に続く。


 扉を潜った先は、また無限に続く廊下と、溢れかえるリーパーの群れだった。

 だが、何かがおかしい。
 気付くと、天地が逆になっている。


 桃眞達だけが天井に足を付け、リーパー達は床に立っている。

 天井……いや、頭上の床には、先ほど皇達の斬撃によって粉砕されたリーパー達の亡骸が見える。どうやら、同じ通路に戻ってきた事は確かだ。
 ただ、自分達にとってはそれが天地逆となっていた。


 またも目の前に砂嵐の様なノイズが走る。


「今度は何ですかッ」

 桃眞がそう叫んだ時、足首を何かに掴まれた。

 視線を足元に向けると、天井から白い陶器の手が現れ桃眞の足首を掴んでいた。
 まるで水面から手が出ているかの様に、その腕の周りの天井がゆらゆらと波打つ。

「……えっ」と事態が飲み込めない桃眞。

 足元から、ヌゥっと顔を出すリーパーの眼球が桃眞を捉え、その無機質な表情が次第に笑みを湛え始めた。


「しまったッ」

 飛葉がそう叫んだ瞬間、桃眞は一気に地面の中に引き摺り込まれた。


 暗黒の液体の中を下へ下へと引っ張られる。

 桃眞は、恐怖から目も開けれずに呼吸を止め続けた。

 いったいいつまで続くのか?
 このまま呼吸が止まっても尚、深淵の先へと沈んでいくのだろうか。そんな不安が脳裏をよぎる。


 桃眞の肺が限界を感じ始めた時、全身に伝わっていた液体の感覚が無くなり、どこかの空間へと辿り着いた。

 冷たい床に横たわっているのだと置かれた状況を察知し、慌てて呼吸を再開しながら恐る恐る目を開ける……。


 薄暗く空気の重い部屋の中心に、スチール製の寝台があり、その上に大きな白い布を被せられた遺体と思しきモノがある。恐らく、白い布の下には真理が眠っているのだろうか。

 ここは警察署内の遺体安置室なのだと桃眞は察した。


 寝台の向こう側には、灰の上に線香が立てられ、ゆっくりと寂しそうに煙が舞う……。


 ――『05:30:33』


「もう時間があまり無いな。てか、皇さんは? 飛葉さんや山那さんは……」

 辺りに視線を巡らせても誰の気配も感じない。
 どうやら、はぐれてしまった様だ。


 一人になった途端に、不安と恐怖が押し寄せ、足がすくむ。

 今、リーパーが襲って来ようモノなら、どう立ち向かって良いかも分からない。

 ダイブの前、そして直後にあれ程強く心に誓っていた使命感と勇気は、案外脆かったのだと気付かされた。だが決して、逃げ出したいとは思わなかった。

 自分にできるのなら、何としてでも制限時間内に二人ともを救いたい。
 しかし、今はその術が分からない。

 皇はいったい、自分に何を期待しているのだろうか?
 そんな纏まりの付かない思考が桃眞の脳内を駆け巡る。


 その時、寝台で横たわっていた何かが桃眞の目の前で起き上がる。


 上半身を起こした事で布が落ちる……。


 やはり、現れたのは真理だった。
 だが、その姿に言葉を失う桃眞。


 真理の顔から三本の黒い触手が生えている。
 それは、あの黒い鬼の鉤爪に貫かれた目や口、頬からだ。

 触手の先は、あの鉤爪のようだ。


 真理の苦痛に歪む表情と呻き声が安置室に木霊する。


 桃眞は、目の前の真理に問いかけた。

「おい、真理ッ……。俺だッ、桃眞だ」

 その声に真理が反応した。

「と……ト、トおマ……」と、ノイズがかった声を発した。

 目から蠢く触手がカタツムリの角のように動き、桃眞の存在を察知しようとする。

「俺だよ。ずっとお前に謝りたかったんだ」

「わタしに……。ト、トトトト……とオまが……あ、アアアア、あヤまル……」

 真理の足が冷たい地面に着地し、寝台の横に立つ。

「な、ナゼあやママる……? ド、ドドドどコデ……」

 壊れたオーディオプレーヤーの様に何度も同じ言葉をリピートしながら喋る真理。


 その時、一瞬、桃眞は何か違和感を感じた。
 直後にソレは、自分の中の直感だと確信する。


 ――目の前の真理は本体じゃない。と言う事。


 ここが最深部なら、真理の母親も居なくてはならない。つまりは、まだ部屋がある事を意味している。
 そしてこの警察署内で、真理や母親の思念が滞っているとすれば、この遺体安置室しかない。


 すなわち、目の前の真理の姿をしている存在こそが……心門(ポータル)なのだ。


 桃眞は意を決して、目の前の真理の手首を掴んだ。


 ………………


 ………………


 赤みを帯びた満月の光が、生い茂る木々の間をすり抜け、桃眞の顔を照らす。

 その月には見覚えがある。

 全てが終わり、そして全てが始まったあの場所。あの森。
 異形の存在……黒い鬼によって、真理と翔太が惨殺された場所だ。


 残りの時間を確認した。


 ――『03:31:02』


 スマートウォッチから視線を前に向けると、視線の先に、蠢く大きな塊が見えた。

 月の光に照らされるソレを見た時、桃眞はそれこそが本体であり、ここが最深部なのだと確信した。


 苦悶の表情を浮かべる真理の母親の顔に、真理の顔がへばり付いている。真理の口や目から伸びる触手の先端が細い網目状となり、母親の頭部と一体となり、また一糸まとわぬ体は融合し捻じ曲がり、四本の腕、四本の脚がちぐはぐに生えている。

 それはもはや人の姿ではない。
 おぞましい、異形の魔物だ。

「何なんだよ……何なんだよコレはッ!?


 策など何もない。

 ただ、説得するにしても声が届く場所まで近づく必要がある。

 その思いで桃眞は湿った落ち葉の上を走り出した。
 残りの制限時間に焦る気持ちが恐怖心を掻き消す。


 その時、桃眞を先に進ますまいと落ち葉の中から無数の思念鬼(リーパー)が現れた。
 苦悶の表情を浮かべる真理と母親の顔を模した泥人形だ。


「邪魔だ、どォォけぇッ!!

 その瞬間、迷いが吹っ切れた。
 目の前の小物相手に時間を消費する訳にはいかない。


 (俺にも力が……力が欲しいッ)

 桃眞は、そう強く心の中で念じた。


 その時、右手の中に硬い塊を感じた。それは皇達が持っていた水晶の刀、そして左手の中には呪符が巻かれた銃が現れた。


 理由など考える余地もない。

 桃眞は一心不乱に刀を振り、前方のリーパーを斬り伏せる。泥人形は木っ端微塵に消え去った。


 つづく
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み