キスの答え ③

文字数 3,213文字

「ただいま、桐島さん。お兄さまをお連れしたわよ。――どうぞ、お入りください」

「よう、貢! ちゃんと働いてっかー?」

 わたしがドアを開けて、悠さんを中へ招き入れると、悠さんは軽い調子で彼に手を挙げた。途端に、彼の眉がヒクヒクと動いた。

「兄貴……。まさかホントに来るなんて思ってなかったよ……。っていうか絢乃さ……、会長。兄とお二人でなんか楽しそうでしたね」

 彼は明らかに動揺していたようで、オフィスでは「会長」と呼ぶようお願いしていたのに、危うくわたしのことを名前で呼びかけていた。

「えっ、そうだっけ? お兄さま、お話してみたらけっこうステキな人よね」

「いやいや、絢乃ちゃんが可愛いからだって。オレも話してて楽しかったもん」

「…………」

 そのまま応接スペースのソファーに座ったわたしたち――特に悠さんを、彼は睨みつけていた。
 彼の心境はきっと、「会長に馴れ馴れしくすんな!」という感じだったのだろうか。今思えば、お兄さまに軽く嫉妬していたのかもしれない。

「あっ、桐島さん。わたしとお兄さまに、コーヒーお願いね。わたしはいつもの」 

「オレのはブラックな。頼むわ」

「……………………。分かりました」

 彼は長い沈黙の後、諦めたようにお茶汲みに向かった。当たり前のように客としてふんぞり返るお兄さまに、ひとこと抗議しようとして白旗を揚げたらしい。

「ありゃりゃ……。なんかアイツを追い出したみたいで申し訳ねえなぁ」

「そうですねぇ。別に追い出したつもりはないんですけど、お客様のおもてなしも秘書の仕事ですから、仕方ないです」

 二人きりになった途端、悠さんはバツが悪そうに頭を掻いた。わたしの返事は正論ではあったのだけれど、ちょっとクールすぎたかなと思う。

「――ところでさぁ、昨日の件なんだけど。アイツ、絢乃ちゃんにちゃんと理由話した?」

 悠さんが、ズバリ本題に切り込んできた。わたしは首を傾げながら答えた。

「いえ、ハッキリとは……。『魔が差した』とか『血迷った』とか『トチ狂った』とか、似たような意味の言い訳はしてましたけど」

「やっぱなぁ。アイツ、思いっきりはぐらかしたんだろ? ホントは惚れた弱みだったクセに、素直じゃねえからアイツは」

 なるほど、と納得しかけて、わたしは耳を疑った。

「……えっ? 悠さん、いま何ておっしゃいました?」

「うん? だから、惚れた弱みって。アイツさぁ、初めて会った時から絢乃ちゃんのこと好きなんだとさ。……あれ、聞いてない?」

「聞いてないです。っていうか彼、わたしが訊いた時答えてくれませんでしたもん。『はい』とも『いいえ』とも」

 わたしは沈んだ声でそう言って、首を横に振った。
 どうして彼は、答えてくれなかったのか。その時のわたしには理由が分からずにモヤモヤしていた。――悠さんがこうしてヒントを与えてくれるまでは。

「貢さん、どうして返事してくれなかったんでしょうね? 『はい』って言ったら、わたしに嫌われると思ったのかなぁ……。そんなこと絶対ないのに」

 わたしはまだ彼に信頼されていないのかと、ちょっと悲しくなった。でも悠さん曰く、実はそうではなかったらしい。

「そりゃあ、告白するみたいになるからためらったんじゃねえかな。かと言って、とっさにウソつけるほどアイツ器用じゃねえし。何より、絢乃ちゃんと気まずくなるのがイヤだったんじゃねえかとオレは思うよ。……まあ、思いっきり逆効果になっちまってるみたいだけど」

「はい……」

 彼はわたしとの信頼関係を壊したくなくて、よかれと思って答えなかった。でもそのせいで、却ってわたしと彼はギクシャクしてしまっていた。これが逆効果といわずして何というのだろうか。

「……あの、貢さんはどうしてわたしのことを……? 悠さん、何かご存じですか?」

「うん、知ってるよ。――アイツ、キミに救われたんだって言ってた」

「救われた……?」

 意外な言葉に、わたしは目を瞠った。

「絢乃ちゃんは知らねえだろうな。……キミに初めて会った半年前さ、あの頃アイツ、上司からのパワハラに悩まされてて。オレにも電話で『会社辞めたい』ってこぼすほど追い詰められてたんだ」

「はい……、あ、いえ。そういえば彼、言ってました。あのパーティーも、上司から代理で出てくれって言われたのを断れなかった、って。――でもまさか、彼がそんなに悩んでたなんて……」

 わたしは胸を痛めた。
 彼は人が好いうえに、真面目で不器用な人だ。もしかしたら、上司からのパワハラもあれが初めてのことではなかったかもしれないのだと、思い当たった。

「貢さんって、その頃日常的にパワハラを?」

「そのとおりだよ。その上司、普段からアイツのお人好しにつけ込んで自分の任された仕事を押し付けたり、ミスったら責任をアイツにおっ被せたり、無理難題言ったりってまぁヒドかったんだってさ。そりゃぁ、会社辞めたくもなるよなぁ。オレなら絶対(ぜってぇ)ムリ」

 彼が上司――多分、総務課長の島谷(しまたに)さんだろう――から受けていたらしいパワハラは、わたしの想像を遥かに超えるほどひどいものだった。
 わたしは組織のトップとしては、こんな人物が管理職を務めていることが情けなくなり、またひとりの女の子としては、好きな人の苦悩に気づいてあげられなかった自分を恨めしく思った。

「でも、絢乃ちゃんと出会ったことでアイツは、会社を辞めるのを思い留まったらしいんだ。辞める必要ないじゃん、部署変われば済むことじゃん、ってさ」

「へえ……。じゃあ、わたしに救われたっていうのは、そういう意味だったんですね」

 わたしはやっと、悠さんがおっしゃったことの意味を理解した。と同時に、彼があの後すぐに転属を希望した事情も分かった。
 わたしは自分でも気づかないうちに、彼の人生を変えるキッカケを作っていたのだ。

「そういうこと。……んで、今更ながら訊くけど。もしかして絢乃ちゃんも、アイツのこと好きなのか?」

「…………はい!?

 悠さんの直球すぎる質問に、わたしは素っ頓狂な声を上げてしまった。とっさにごまかすことも考えたけれど、それが図星だということはわたしの態度だけでもうバレバレのようだった。

「どうして……そう思われたんですか?」

「だってさぁ、アイツが受けてたパワハラの話で心痛めてくれてたみたいだし、アイツに嫌われたくないみたいだから、もしかしてそうなんかなーって」

「…………」

 思いっきり急所を衝かれたわたしは、いたたまれずに俯いてモジモジした。この人の洞察力は(あなど)れないと、最後は素直に認めた。

「……はい。わたしも出会った瞬間から、貢さんに惹かれてたんです。初めての恋ですし、職場ではボスと秘書という間柄なので、告白しようかどうかも決めかねてたんですけど……。あのキスがあって、このままじゃいけないなぁって思い始めてたところでした」

 彼本人がその場にいたら、わたしはここまで自分の想いを吐き出せていたかどうか分からない。でも悠さんは一切口を挟まず、冷やかすこともせず、うんうんと相槌を打ちながら耳を傾けて下さっていた。

「……なんて、悠さんに打ち明けても仕方ないですよね。わたし、何やってるんだろ。――あの、ここでわたしからお聞きになったこと、貢さんには内緒にして頂けますか?」

 わたしは何だか顔が熱くなり、火照りを冷ますように両手でパタパタと(あお)ぎながら、悠さんにお伺いを立ててみた。

「分かってるって☆ オレね、こう見えて口は堅いんだなー。そん代わり、アイツの気持ちをオレから聞いたってことも、内緒で頼むよ」

「はいっ! もちろんです」

 ちょうどその会話が終わったところで、ドアの外からコンコン、とノックの音がした。

「――あ、貢さんが戻ってきたみたいです。あのノック、彼からの『ドア開けて下さい』っていう合図なんですよ」

 わたしはすぐに立ち上がり、トレーを持っているであろう彼のために、中からドアを開けてあげた。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

篠沢絢乃(しのざわあやの)

私立茗桜女子学院・高等部二年A組。

四月三日生まれ、十七歳。O型。

身長一五八センチ、体重四四キロ。胸はDカップ。

趣味は読書・料理。特技はスイーツ作り・英会話。好きな色は淡いピンク。

主人公。高二の一月に『篠沢グループ』の会長だった父・源一(げんいち)をガンで亡くし、父の跡を継いで会長に就任。

小学校から女子校に通っているため、初恋未経験。

大のコーヒー好き。ミルクと砂糖入りを好む。

桐島貢(きりしまみつぐ)

篠沢グループ本社・篠沢商事・秘書室所属。大卒。

五月十日生まれ、二十五歳。A型。

身長一七八センチ、体重六〇キロ。

絢乃が会長に就任する際、本社総務課から秘書室に転属し、会長付秘書になった。マイカー(軽自動車→マークX)を所持している。

恋愛に関しては不器用で、現在も彼女なし。

絢乃と同じくコーヒー党。微糖を好む。スイーツ男子。

中川里歩(なかがわりほ)

私立茗桜女子学院・高等部二年A組。

五月二十四日生まれ、十七歳。B型。

身長一六七センチ、体重五三キロ。胸はCカップ。

初等部からの絢乃の同級生で大親友。バレーボール部に所属し、キャプテンを務めている。

数ヶ月前から交際中の、二歳上の彼氏がいる。

コーヒーは、ミルク多めを好む。

※このアイコンではセーラー服着てますが、本当の制服はブレザーです。

篠沢加奈子(しのざわかなこ)

篠沢グループ会長代行。篠沢家当主。短大卒。

四月五日生まれ、四十三歳。O型。

身長一六〇センチ、体重四五キロ。胸はDカップ。

絢乃の母で、よき理解者。娘が学校に行っている間、代わりに会長の務めを果たしている。

亡き夫で婿養子だった源一とは、見合い結婚だったがオシドリ夫婦だった。

大の紅茶党。ストレートティーを好む。

ちなみに、結婚前は中学校の英語教諭だった。

桐島悠(きりしまひさし)

フリーター。飲食店でのバイトを三ヶ所ほど掛け持ちし、調理師免許を持つ。

六月三十日生まれ、二十九歳。B型。

身長一七六センチ、体重五八キロ。

桐島貢の兄。一人暮らしをしている弟の貢とは違い、実家住まい。高卒でフリーターになった。

貢曰く、かなりの女ったらし……らしい。兄弟仲は決して悪くない様子。

愛煙家である(銘柄はメビウス)。

阿佐間唯(あさまゆい)

私立茗桜女子学院・高等部三年A組。※絢乃、里歩とは三年生から同じクラス。

七月二十四日生まれ、十七歳。B型。

身長一五四センチ、体重四一キロ。胸はBカップ。

三年生で初めて絢乃、里歩のクラスメイトになる。マンガ・アニメ研究部に所属。

男子バレーボールが題材の『ドラゴン・アタッカー』というアニメにハマっている、いわば「オタク少女」。その縁で、バレー部員である里歩と親しくなり、絢乃とも仲良くなった。

一つ年上の大学生・谷口浩介(たにぐちこうすけ)という彼氏ができたばかり。

レモンティーが好き。

村上豪(むらかみごう)

篠沢グループ本社・篠沢商事の代表取締役社長、常務兼任。大卒。四十五歳。

絢乃の父・(旧姓・井上)源一とは同期入社で、同じ営業部だった。源一が会長に就任した際に専務となり、常務を経て社長に。源一亡き後、絢乃の会長就任に際して再び常務を兼任する。

源一とは恋敵でもあったようで、結婚前の源一と加奈子を取り合ったことも。現在は一つ年下の妻と、絢乃より三つ年下の中学生の娘がひとりいる。

源一の死後は、父親代わりに絢乃を支えている。

コーヒーにこだわりはなく、インスタントでも飲む。

山崎修(やまざきおさむ)

篠沢グループ本社・篠沢商事の人事部長。専務兼任。大卒、五十二歳。

総務課で続いていたパワハラ問題に頭を抱えており、人事部長として責任も感じていた。

真面目でカタブツだと誤解されがちだが、実は情に脆い性格。三歳年下の妻と二十二歳の娘、二十歳の息子がいて、自分の子供たちが篠沢商事に入社してくれることを期待している。

広田妙子(ひろたたえこ)

篠沢グループ本社・篠沢商事の秘書室長。大卒、四十二歳。秘書室に異動した貢の直属の上司。

入社二十年目、秘書室勤務十年のベテラン。バリバリのキャリアウーマン。職場結婚をしたが、結婚が遅かったためにまだ子供には恵まれていない。

絢乃とは女性同士で気が合う様子。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み