第一六話 大殿を倒せ(二)

エピソード文字数 7,188文字

 ◆天文十四年(一五四五年)七月下旬 尾張国 那古野城

「ぜんざいを食べているところ済まぬが、我らの軍勢の強さと弱さにつき考えておいてくれ。談合してもよいのじゃ」
 孫子の『己を知れば』の部分だ。もちろん、おれはある程度把握していることもあるし、把握しておかねばならないこと。ただ、独りよがりな考え方には、気がつかない事も往々にある。誤りだってあるかもしれない。
 主だった将にも考えてもらうためだ。

 集団の認識を共有するのは、戦に限らず非常に大切。だから、トップダウンアプローチだけでなく、ボトムアップアプローチを利用すると、有効な面が多いはず。
 そこで、信長ちゃんに発言をしてもらったんだ。

「一番槍や大将首だけではないぞ。ワシは首を取らずとも陣を崩したり、援軍や小荷駄(こにだ)(補給隊)輸送の成功、軍議中の発言内容すらも論功(ろんこう)(査定)するのじゃ!」
「おおお」
「なんと!」
「ほうっ! 素晴らしきことですな、うふ」
 など感歎の声があがる。これも信長ちゃんに頼んでいたこと。

 もちろん、査定の難しい面が多いのは仕方ないところ。だが、組織で作戦目標を遂行するのが総力戦だ。目標を遂行するためには、陽動作戦、補給や諜報など、必要不可欠だが、この時代の褒美とは縁遠い活動も多々ある。
 目立たない部分にも、スポットライトをあてて評価するよ、ってこと。きっと将兵のモチベーションもあがるはずだ。

 軍勢の強さは、質より量が大事。そして同じ量なら、よく統率されて組織だった行動ができるか否かにより、軍勢の強さは全く異なると考えている。
 銭に雇われた尾張兵は、史実でも現代日本でも弱兵とされたようだが、おれは、尾張兵を戦国最強の戦闘集団に組織化しようとしている。
 地味な功績でも論功する改革もその一環だ。

 それはさておき、信長ちゃん配下の軍勢の不利な点、弱点については、将を含め初陣(ういじん)がほとんどなのが最大だろう。ウイークポイントは、柴田勝家を中心とする数少ない経験者が訓練を主導して、練度向上で補うしかないだろうな。
 逆に、有利な点は大いにある。訓練を非常に密に行えていること、三間半(六.三メートル)の長槍隊。空砲なので当り判別が難しいが、強力な鉄砲などを最大限に有効活用したい。

 信長ちゃんは史実同様に、橋本伊賀守(いがのかみ)一巴(いっぱ)に鉄砲を習っていて、かなりの練度になっている。一巴師匠曰く、筋がとてもよくもう教えることがない、とのことだ。
 鉄砲の名手の橋本一巴は、改良型鉄砲の精度に驚いて、即座に信長ちゃんの配下になった。
 現在は、即応衆の中で素質のある者を選抜して、鉄砲隊の練度向上に努めている。史実では信長の初期の戦で戦死してしまったけれど、一巴師匠には、信長軍の鉄砲隊を率いて大活躍してもらいたい。

 ピーーーーッ!

 甲高く鋭い音が部屋に鳴り響く。
 諸将が驚いて音の鳴った方向に注目する。音源は信長ちゃんだ。
「これは、南蛮渡りのほいっするじゃ。高き音がするゆえ、通りが良い。此度(こたび)の戦で将に渡すので有効に活用せよ」
「南蛮渡りのほいっするとは便利なものですね」などと、森可成(よしなり)もウンウン感心している。

 ホイッスルは予め木工職人に造らせていたもの。加工の難易度が高いので生産性は今ひとつだが、情報伝達手段として有効活用ができるだろう。特殊技能で重い法螺(ほら)(がい)よりも、軽量小型で便利なはずだ。法螺貝の音色は気に入ってるんだけどな。
 モールス信号のような長音と短音の組み合わせで、煙利用の狼煙(のろし)による通信よりも、複雑な内容を伝えられるに違いない。今後の課題の一つにしよう。

「我が軍勢につき思うところが出揃ったようだが、他に気になることはないか? 左近、何かあるか?」
 信長ちゃんに名指しされたので、諜報衆の多羅尾光俊に話題を振る。
義兄者(あにじゃ)、どうであろう。兵や馬を撹乱(かくらん)できる道具はないかな?」
 信長ちゃんの側近としてナンバーツーと目されつつあるおれが、率先して諜報衆の光俊に敬意を示す。きっと、忍び衆の地位向上や、侍と忍び衆の融和にも繋がるだろう。

左様(さよう)ですな。投げ目潰しを数は少ないですが用意しましょう。相手は、二刻(四時間)ほど涙と鼻水を垂れ流して、地獄の苦痛にのたうちまわるはずです」
 唐辛子などの刺激物を利用した催涙弾のようなものだろうか? 仏像スマイルであっさりと言うから、逆に恐ろしさを感じる。
 ごくっ、と息を呑む者も多数。
 取扱注意だな。暴発して味方が行動不能になったらシャレにならないぞ。

「それはいい。煙玉もあるかな? 目潰しともども騎馬衆や長槍衆に持たせるといいかもしれない」
「煙玉も用意しておきます」
 煙玉は煙幕を発生させ敵を撹乱させる道具。
 さすが甲賀(こうか)衆だ。薬品系に抜群の強さをみせる。現代の甲賀にも名残で、医薬品会社があるくらいだ。

四郎右衛門(しろうえもん)(多羅尾光俊)殿、教えて欲しいっす。二日、三日ほど、腹を壊して動けなくなる毒なんてあるっすか?
 おれっちの兄者二人が、小豆坂(あずきざか)七本槍(しちほんやり)の二人なんで、一服盛ってやろうかと思ったんすが」

 ぷっと、思わず吹き出してしまった。なかなかエグい、エグすぎる。
 毒作戦の発言をしたのは、即応衆に応募した中から、新規採用した佐々(さっさ)与左衛門(よざえもん)成政(なりまさ))。幼いながらも身体が大きめで、見所があったので軍議に呼んでいたのだ。
 小豆坂七本槍の佐々隼人正(はやとのかみ)成次(なりつぐ))と佐々孫介(成経(なりつね))の弟。史実では、信長配下で大活躍して大名にまで出世する。

「ありますよ。味がないので見破られません。命には関わりありませんが、二日から三日間は激しい下痢に苦しみます」
 毒作戦の卑怯なやり口に、信長ちゃんはどう思うだろう?
 あら。むちゃくちゃノリノリじゃないですか。目がキラキラワクワク。イタズラっ子の目をしている。
「クククク。戦わずして勝つなのじゃ! 与左衛門(よざえもん)、コソッとやれな、コソッとな。隙がなければ是非もなしじゃ」
 信長ちゃんはニヤニヤしながら、毒作戦にゴーサインだ。
「はっ!」
 確かに主力の将二人が欠けたら、信パパの古渡衆は大打撃だろう。
 この時代は、兵を率いる将の力量が、軍勢自体の戦闘力に直結する。

「軍は騎馬二五、長柄(ながえ)(長槍)六〇、弓一〇、鉄砲五とする。権六(柴田勝家)と三左(森可成)で騎馬衆と長柄衆を、又助(太田牛一)は弓衆の陣容を、三日間で固めるのじゃ。大儀であった」
 信長ちゃんが締めて、軍議が終わった。お疲れさま。大丈夫だと思ったけれど、しっかりやれたね。
 軍勢の編成は予め、信長ちゃんと打ち合わせていたもの。
 信長軍の新しい方針も打ち出せたし、大成功と言っていいだろう。

「与左衛門殿も悪ですなあ、うっふっふっ」
「新米なんでこんな事しかできないっす」
 などと、諸将はそれぞれ雑談していたが、次第におれの部屋から各業務に戻っていった。
 あれ? 信長ちゃんが残っている。何だろう?

「殿、お話でもありますか?」
「左近、少し疲れたのじゃあ。まだ慣れぬゆえ」
「さすが殿、見事な軍議でしたよ」
「さこん、どうじゃ?」
 美少女上司を(ねぎら)っていると、身体を斜めに構え顎を少し上げて、少し眉をひそめたような不安げな眼差しで見上げている。

 むむ? この表情はなんだ? くっ、難易度高すぎるぞ。何を求めているのか、一瞬戸惑ってしまった。信長ちゃんの髪型の雰囲気が少し違うような。わかった!
 ポニーテールを朱色の紐で蝶々結びにしているのだが、同じような色の髪飾りをしている。
 今までは髪飾りはしていなかったよな。
 なるほど……これか。

「おお! 髪飾りですか」
「お奈津に買ってきてもらって着けてみたのだが、無様であるかと軍議の最中(さなか)もずっと案じておったのじゃ」
 ふぅ。正解だったようだ。
 お奈津に何か言われて、髪飾りをしてみたのかな?

「殿、とてもお似合いですよ。素敵です」
「で、あるか。さこんが左様に言うなら、ワシも嬉しいのじゃ」
 ニコニコッと満足げに微笑むと、部屋から出ていった。
 この時代でも、信長ちゃんでも、アクセサリーを褒められると嬉しいんだな。女の子はそんなものなのかね。
 見ていて可愛くて、こちらも嬉しくなるような信長ちゃんだが、難易度が高い問題は勘弁してほしいです。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

織田吉(三郎信長


 那古野城城主で周辺一〇万石の領主。織田信秀の嫡子。

 織田信秀の次男に生まれるはずが、どこで間違ったのか女性に生まれてしまった。見た目は現代風美少女だが男装を好む。最近はアクセサリーを頻繁に変える、鎧を着替えるなどオシャレに気を遣うようになっている。

 奥手で、『つるでぺた』を気にしているが実態は不明。


 戦場では鉄砲を使う。

 初陣で敵大将を討ち取るという大殊勲を挙げた。

 美濃の斎藤義龍との結婚計画があったが流れた。

 口癖は、一人称「ワシ」、二人称「ヌシ」、語尾は「のじゃ」、肯定は「で、あるか!」。「素っ首貰い受ける」もお気に入りのようだ。

 自分に理解を示した左近のことを、とても気に入ってやがて好意を示す。左近の部屋に入り浸っている。

 政治・外交・経済のセンスは抜群で、左近をはじめ周囲をしばしば驚かせる。

 頭に血がのぼると一直線な行動をとることも多い。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み