長戸千晶がチアキスを目指し、旅する冒険小説です。

エピソード文字数 135文字

長戸千晶は歩いていた。時折息を切らせながら。
前を見て歩いていた。
手には水筒を持ち、リュックを背負って歩いていた。
みるからに重そうなリュック。
長戸千晶は疲れていた。
それでも、長戸千晶は歩くのをやめなかった。
それは、目指すものがあるからだ。
それが、チアキスだ。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み