第26話 ミルキーウエイ①

文字数 852文字

 正語(しょうご)に連絡するには、まずスマホを取りに行かなければならない。
 由美子と別れた秀一(しゅういち)は、(りん)賢人(けんと)が練習しているテニスコートに走って戻った。



「秀一! 早く来い!」

 コートに入った途端、凛から大声で呼ばれた。

「公民館に行って、メールしてくる。すぐ戻るよ」

 秀一は自分のバックからスマホを取り出した。急いでコートから出ようとしたが、賢人の低い声に呼び止められた。

「母さんと、なに話したんですか?」

 秀一は自分より頭半分大きな中学生を見上げた。
 あの小さかった子供が九年経って、自分より大きくなったのかと思うと感無量だ。

 (賢人に最初にラケットを握らせたのは、オレだもんな)

 こんなに上達したなんて、ちょっと誇らしい。

「なにか」賢人は左手でラケットを担ぎながら、怪訝な顔をした。「嫌なことでも、言われましたか?」

「お昼に野々花(ののか)さんのお店で一緒にご飯食べることになったよ」

 秀一は嬉しくて、顔がにやけてくる。
 だが賢人は眉間に皺を寄せたままだ。

「野々花さんって、信用できますか?」

「えっ?」

「うちの母さん、人に影響されやすいんですよ。風水に凝るぐらいなら放っておくんですが、俺、野々花さんって、関わっちゃいけない人のような気がするんです」

「野々花さんは、いい人だよ」秀一はキッパリ言った。「母さんが病気の時は、家の手伝いに来てくれたし、今は父さんの世話もしてくれてるんだ」

「そ、ですか……」

「大丈夫。賢人は安心して、凛ちゃんとテニスしてて」

「アタシは、秀一といる」

 いつの間にいたのか、凛が秀一のすぐ横に立っていた。

「野々花さんは『後妻業』やってるぞ」と、凛は秀一の手を握った。

「ゴサイギョウって、なに?」と秀一。

「野々花さんが、お前のお母さんになろうとしてるって、ことだよ」

 凛の言葉に秀一はニッコリした。

「世話好きな人なんだね」

「お前ってホント、バカだな」凛は秀一の手を引っ張った。「早く行こう。アイス買って」

 凛に引っ張られながら秀一は、すぐ戻ると賢人に告げた。

 賢人はまだ考え込むような顔をして立っていた。



 
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

鷲宮秀一、主人公の高校生

九我正語(くがしょうご)、秀一の従兄弟、警察官

九我正思(くがしょうじ)正語の父親。人の恋愛感情を瞬時に見抜く特殊能力を持つ。

九我光子、正語の母親。秀一の伯母。

雅、介護士。雅は熟女スナックにいた時の源氏名。本名は不明

夏穂、秀一の幼馴染。秀一に片思い。

涼音(すずね)、秀一の幼馴染

武尊(たける)、秀一の幼馴染

賢人、秀一の甥っ子

真理子、みずほ中学の教師

コータ、真理子の弟、秀一の幼馴染

野々花、パンケーキ店の女主人

岩田、秀一のテニスの師匠

鷲宮一輝(故人)秀一の兄

鷲宮輝子(故人)秀一の母親。正語の母親、九我光子の妹

水谷凛、夏穂の従姉妹

鷲宮智和、秀一と一輝の父親

鷲宮高太郎、智和の兄

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み