父の誕生日 ②

文字数 3,813文字


****

 ――それから一時間ほどが過ぎた。

 わたしは母に頼まれたとおりにパーティー会場に残り、それまでの間に招待客であるグループ会社の役員や管理職の人たちに、父が体調を崩して早めに帰宅したことを伝えた。

「それでも、大したことはないと思うので心配なさらないで下さい」

 わたしは本心からそうは思っていなかったものの、彼らを安心させるためにそう言った。
 それに納得してくれる人、「本当なのか」とわたしに詰め寄る人、「お大事に」と言葉をかけてくれる人……。反応は様々だった。

 その対応にも少し疲れてきて、わたしはテーブルについて料理に手をつけ始めた。とはいってもあまり食欲はなく、父の容態が心配なこともあって美味しいはずの料理の味もほとんど分からなかった。

「――ママからまだ連絡ないなぁ……。パパ、大丈夫かな」

 そのあと、テーブルについたままオレンジジュースを飲みながらスマホを気にしていると……。

「失礼ですけど、絢乃お嬢さん……ですよね?」

 すぐ側で、若い男性の声がした。私はすぐに反応して、声のした方に顔を上げた。
 とはいっても、この会場には若い男性は一人しかいなかったはずなので、わたしは声の主が誰なのかすぐに気がついたのだ。

「えっ? ……ええ、そうだけど。――貴方はさっきの……」

「はい。僕は〈篠沢商事〉本社総務課の、桐島貢っていいます」

 彼は丁寧に名乗ったあと、向かいの席に座ってもいいかどうか訊ねた。わたしが「どうぞ」と促したので、失礼します、と席についた。

「桐島さんっていうのね。……えーっと、わたしの名前はどうして知ってるの?」

 わたしと彼――貢はその少し前に目礼を交わしただけで、お互いの自己紹介もしていなかったのに。

「ああ、先ほどお母さまから(うかが)いました。お嬢さんは高校二年生だそうですね」

「ええ。茗桜女子学院の高等部二年生よ」

「そうですか、茗桜女子ですか……。あそこって名門の女子校ですよね」
 
「そうらしいわね。わたしはあんまり気にしてないけど」

 わたしが通っていた学校は、世間では〝名門お嬢さま学校〟として有名らしい。でも、わたし自身はそこに在籍していたことを鼻にかけたりしなかった。
 たとえ名門校に通っていても、自分は普通の女子高生なのだと思いたかったから。

「――ねえ。貴方、総務課って言ってたよね? 今日、総務課の課長さんは?」

 父が招待していたのは、彼の上司である課長だったはずだけれど。

「はあ、課長は今日、急用ができて出席できなくなったとかで。僕が急きょピンチヒッターで出席することになりまして」

「そうなの。……うん、確かに貴方、頼まれたら断れないタイプに見えるわ」

 貢の第一印象は、はっきり言って〝お人()し〟の典型だった。きっと真面目な性格のせいで、職場でも苦労させられていたのだろう。

「でもね、桐島さん。どうしてもイヤな時にはちゃんと断らなきゃ。パワハラに苦しめられてるなら、労務に相談した方がいいと思うの」

「はい、そうですね……。でも、今日はむしろ出席してよかったと思ってます。絢乃お嬢さんや加奈子さんとお話しする機会なんて、こういう場でもなければめったにありませんし」

「…………そう」 

 今思えば、貢のその言葉は口説(くど)き文句だったのかもしれない。当時のわたしは恋愛未経験だったので、気づかなかったけれど。

「――そういえば、お父さまは大丈夫ですか? さっきお倒れになったでしょう?」

 彼は先刻までの明るい表情から一変して、深刻そうな顔でわたしにそう訊ねた。

「ええ、そうなの。母に付き添われて、早めに帰ったんだけど……。パパは最近、具合が悪そうだったからわたしもママも心配してて。でもまさか倒れるくらい悪かったなんて……」

 彼がただの興味本位ではなく、心から父の容態を案じてくれていると分かったので、わたしも素直に胸の内を彼に吐き出した。

「『家に着いたら連絡する』ってママ言ってたのに、あれから全然連絡もなくて……。パパの具合、そんなに悪いのかな……」

 わたしの(けわ)しい表情を見たからだろうか、貢がおそるおそる口を開いた。

「それは心配ですね……。あの、僕のような平社員がこんなこと申し上げるのも差し出がましいとは思うんですけど……」

「なぁに? 言ってみて」

「お父さまには、ちゃんと病院にかかって頂いた方がいいと思います。できれば、精密検査も」

「え……?」

「もしかしたら、命にかかわる病気かもしれないでしょう? だったら、発見も一日でも早い方がいいと思うので」

 〝命にかかわる病気〟――。その一言は、その時のわたしに特大のショックを与えた。
 そしてそれは、この後すぐ現実になってしまった。

「……分かったわ。ありがとう。パパにはわたしから話をしておく。わたしの言うことならパパも耳を貸してくれると思うから」

「はい」

 わたしはワガママで自己中なお嬢さまにはなりたくなかった。彼だってきっと、こんな提案をするのは心苦しかったと思う。それでも、父のことを思って言ってくれたから、わたしは素直に聞き入れることにしたのだ。

「――絢乃お嬢さん、デザート召し上がりませんか? さっき見た時、ビュッフェテーブルに美味そうなフルーツタルトがあったんですけど」

「そう言うってことは、ホントは貴方が食べたいんじゃない? 桐島さんって甘いもの好きなのね」

 わたしはからかったつもりだったけれど、それは図星だったらしい。彼は気恥ずかしそうに、頬をポリポリ掻いていた。

「ハハハ……、バレちゃいました? 実はそうなんですけど、男ひとりで食べるのは勇気が要るんで……」   

 父が倒れた後で不謹慎だったけれど、わたしは彼と一緒にいると何だか気持ちが(なご)んでいくのが分かった。
 やっぱりわたしは、この夜から彼に惹かれていたのだと思う。

「じゃあ……、わたしもお付き合いしましょうか」

 食事は喉を通らなかったけれど、スイーツは別腹だろうと、わたしも彼オススメのフルーツタルトを頂くことにした。

「――お嬢さん、どうですか? 美味しいでしょう?」

「うん、美味しい! これなら食べられそう」

 一口食べて、わたしは顔を(ほころ)ばせた。サクっとしたタルト生地の上に載っているフルーツはどれも瑞々(みずみず)しくて、カスタードクリームもコッテリしすぎていなくて、すごく食べやすいスイーツだった。

「ところで桐島さん。わたしのことを『お嬢さん』って呼ぶの、いい加減やめてくれないかしら?」

 わたしの名前は〝絢乃〟であって、〝お嬢さん〟という名前ではない。それに、〝お嬢さん〟という呼ばれ方は、特別扱いを受けているようでわたし自身がキライだったのだ。

「……すみません。分かりました。じゃあ……、〝絢乃さん〟ってお呼びしてもいいですか? ちょっと()れ馴れしすぎでしょうかね?」

 彼は提案してから、オドオドとわたしの反応を(うかが)っているようだった。

「うん、ぜひそう呼んで。馴れ馴れしいなんて思わないで? 貴方の方が年上なんだから」
 
 彼は年上だけれど、わたしはもっと彼との距離を縮めたいと思っていたのだ。

 ――二人で楽しくデザートを頂いてから、そろそろ三十分が経とうとしていた。

 クラッチバッグの中でスマホが短く震えた。メッセージが受信したという合図だ。
わたしは淡いピンク色の手帳型のスマホケースを開いた。

「……あ、ママからだわ」

〈パパはもう部屋で休んでます。九時になったら解散の挨拶をよろしくね。お客様たちのお帰り用ハイヤーは、こっちで手配しておいたから〉

 メッセージに書かれていたのは、たったそれだけだった。父の具合も、わたしが帰る時に迎えを寄こしてくれるのかどうかも、何も書いていなかった。 

「ママ……、わたしはどうやって帰ればいいのよ」

 わたしが漏らした呟きは、果たして彼の耳に入っていたのかどうか。

「お母さまからですか?」

「ええ。九時になったら解散の挨拶をよろしく、って。あと、お客様たちの帰りのハイヤーは手配済みだって」

 さすがは当主で、元教師だ。手回しがいい。……ただ、どうして娘のことは案じてくれないのか、わたしは(はなは)だ不満ではあったけれど。

「――ああ、もうすぐ九時になりますね。少し早いですが、そろそろ」

 腕時計に目を遣りながら、彼がわたしを促した。主役のいないパーティーは、早く終わらせた方がいい。
 というか、本当は父が帰宅した時点で終わらせるべきだったのだ。

「そうね。じゃあ、行ってくるわね」

 わたしも、母から頼まれた仕事から一分でも早く解放されたかった。
 ステージの壇上に立ち、スタンドにセットされたマイクを手に持つと、わたしは深呼吸をしてからスイッチを入れた。

『皆さま、本日は父のためにお集まり下さいまして、本当にありがとうございます。わたしは篠沢源一の娘で、絢乃といいます』

 解散の挨拶って、何を言えばいいんだっけ? ――わたしは頭の中が真っ白になった。
 しかも、主役がいないことを伝えたうえで、この会場にいらっしゃるお客様たちの機嫌を損ねることなく、気持ちよくお帰り頂くにはどういたらいいのか。当時高校生だったわたしには、この仕事は無理難題に近いものだった。

『……えー、皆さまもお気づきかもしれませんが、本日の主役である父は、体調を崩して早めにここから引き揚げさせて頂いております。予定より早くはなりますが、このパーティーはこれでお開きとさせて頂きたいと思います』
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

篠沢絢乃(しのざわあやの)

私立茗桜女子学院・高等部二年A組。

四月三日生まれ、十七歳。O型。

身長一五八センチ、体重四四キロ。胸はDカップ。

趣味は読書・料理。特技はスイーツ作り・英会話。好きな色は淡いピンク。

主人公。高二の一月に『篠沢グループ』の会長だった父・源一(げんいち)をガンで亡くし、父の跡を継いで会長に就任。

小学校から女子校に通っているため、初恋未経験。

大のコーヒー好き。ミルクと砂糖入りを好む。

桐島貢(きりしまみつぐ)

篠沢グループ本社・篠沢商事・秘書室所属。大卒。

五月十日生まれ、二十五歳。A型。

身長一七八センチ、体重六〇キロ。

絢乃が会長に就任する際、本社総務課から秘書室に転属し、会長付秘書になった。マイカー(軽自動車→マークX)を所持している。

恋愛に関しては不器用で、現在も彼女なし。

絢乃と同じくコーヒー党。微糖を好む。スイーツ男子。

中川里歩(なかがわりほ)

私立茗桜女子学院・高等部二年A組。

五月二十四日生まれ、十七歳。B型。

身長一六七センチ、体重五三キロ。胸はCカップ。

初等部からの絢乃の同級生で大親友。バレーボール部に所属し、キャプテンを務めている。

数ヶ月前から交際中の、二歳上の彼氏がいる。

コーヒーは、ミルク多めを好む。

※このアイコンではセーラー服着てますが、本当の制服はブレザーです。

篠沢加奈子(しのざわかなこ)

篠沢グループ会長代行。篠沢家当主。短大卒。

四月五日生まれ、四十三歳。O型。

身長一六〇センチ、体重四五キロ。胸はDカップ。

絢乃の母で、よき理解者。娘が学校に行っている間、代わりに会長の務めを果たしている。

亡き夫で婿養子だった源一とは、見合い結婚だったがオシドリ夫婦だった。

大の紅茶党。ストレートティーを好む。

ちなみに、結婚前は中学校の英語教諭だった。

桐島悠(きりしまひさし)

フリーター。飲食店でのバイトを三ヶ所ほど掛け持ちし、調理師免許を持つ。

六月三十日生まれ、二十九歳。B型。

身長一七六センチ、体重五八キロ。

桐島貢の兄。一人暮らしをしている弟の貢とは違い、実家住まい。高卒でフリーターになった。

貢曰く、かなりの女ったらし……らしい。兄弟仲は決して悪くない様子。

愛煙家である(銘柄はメビウス)。

阿佐間唯(あさまゆい)

私立茗桜女子学院・高等部三年A組。※絢乃、里歩とは三年生から同じクラス。

七月二十四日生まれ、十七歳。B型。

身長一五四センチ、体重四一キロ。胸はBカップ。

三年生で初めて絢乃、里歩のクラスメイトになる。マンガ・アニメ研究部に所属。

男子バレーボールが題材の『ドラゴン・アタッカー』というアニメにハマっている、いわば「オタク少女」。その縁で、バレー部員である里歩と親しくなり、絢乃とも仲良くなった。

一つ年上の大学生・谷口浩介(たにぐちこうすけ)という彼氏ができたばかり。

レモンティーが好き。

村上豪(むらかみごう)

篠沢グループ本社・篠沢商事の代表取締役社長、常務兼任。大卒。四十五歳。

絢乃の父・(旧姓・井上)源一とは同期入社で、同じ営業部だった。源一が会長に就任した際に専務となり、常務を経て社長に。源一亡き後、絢乃の会長就任に際して再び常務を兼任する。

源一とは恋敵でもあったようで、結婚前の源一と加奈子を取り合ったことも。現在は一つ年下の妻と、絢乃よ中学生の娘がひとりいる。

源一の死後は、父親代わりに絢乃を支えている。

コーヒーにこだわりはなく、インスタントでも飲む。

山崎修(やまざきおさむ)

篠沢グループ本社・篠沢商事の人事部長。専務兼任。大卒、五十二歳。

総務課で続いていたパワハラ問題に頭を抱えており、人事部長として責任も感じていた。

真面目でカタブツだと誤解されがちだが、実は情に脆い性格。三歳年下の妻と二十二歳の娘、二十歳の息子がいて、自分の子供たちが篠沢商事に入社してくれることを期待している。

広田妙子(ひろたたえこ)

篠沢グループ本社・篠沢商事の秘書室長。大卒、四十二歳。秘書室に異動した貢の直属の上司。

入社二十年目、秘書室勤務十年のベテラン。バリバリのキャリアウーマン。職場結婚をしたが、結婚が遅かったためにまだ子供には恵まれていない。

絢乃とは女性同士で気が合う様子。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み