第8話

文字数 1,785文字

 だから紗希の自己紹介を見て、どこか違和感を感じたのだと思う。紗希はどこか違う。具体的にどこが違うとかそんな事はわからない。ただ、何か違う。そう直感しただけだ。むしろ、その直感が何なのか僕自身が気になっていた。だから僕は積極的に紗希に話しかけていた。
 ほどなくして、僕らは大の仲良しになった。後の紗希は「涼平は自分を性別で見ないから話しやすかった」と言った。そりゃそうだ。ほかの男子は紗希を女の子として声を掛ける。ほかの女子も、紗希を女の子として接する。紗希の周りで、僕だけが紗希を性別で判断しなかった。紗希はトランスジェンダーであることを公言しなかったから仕方のないことだけれど、クラスの友人と話すときはどこか息苦しかったようだ。僕は紗希にとって特殊な友人だっただろう。
 仲良くなってしばらく、紗希は僕に性自認を打ち明けた。僕は紗希の心の性にとっくに気付いていたから、もはや何の驚きもなかったが、紗希は改めて言葉にするのはやはり緊張したようだ。その告白で、僕らは完全に特別な存在になった。言うまでもなく、僕は紗希という人間を愛していた。それが性愛なのかは最後までわからなかった。





 高校二年生に進級した。クラス替えで離ればなれになっても、僕らの関係は変わらなかった。
 この頃すでに紗希の秘密のほとんどを知っていた僕だが、ただ一つ残された謎があった。それは単純でわかりやすいシンプルな謎ゆえ、僕だけでなくクラスのみんなが疑問に思っていたことだ。紗希は、僕を含め、どんな相手とも決して学校の時間以外で会おうとしないのだ。例えば登下校の時間。授業の時間。休み時間。昼休み。学校の全ての時間で紗希はおおらかで親しみやすく、よく人から頼られ、人に誘われていた。大抵の誘いに紗希は快く承諾していたけれど、それは学校の時間内に限った話だった。一度僕が、新しく出来るショッピングモールを見に行こうと誘ったときも、僕に何度も謝りながら断った。そんなことが一年生の間に幾度もあったのだ。
 これは学校でそこそこ人気者だった紗希の、学校中が抱く唯一の謎だった。入学して間もない頃はその原因にあらゆる憶測が飛び交った。他校のとんでもないイケメンと付き合っているだの、実はモデルの仕事をしていて忙しいだの。真実は正反対のものだが、噂の多くは紗希を特別に優れた人として扱ったものだった。紗希は噂話をとことん無反応に貫き、いつしか生徒の関心も薄れ消えていった。二年生にもなれば当然、下校時間になると真っ直ぐに家に向かう紗希を誰も誘わなくなった。
 一年間ずっと一緒にいる僕は、この謎の行為が親からの締め付けであることに感づいていた。スマホに親から通知が入ると、誰にも気づかれないように身体が震えるし、うっかりスマホを覗きそうになった時もとてつもない拒否反応を示した。
 紗希にとって虐待の事実は、トランスジェンダーであること以上に知られたくない秘密だったらしく、最後の最後まで頑なに真実を言わなかった。僕は長いこと一緒にいると見えてしまうその兆候を見て見ぬ振りをして過ごした。それは三年生の夏、つまり一ヵ月前紗希が家を出る時まで何も聞かなかったということだ。
 僕はこうして軽々しく虐待という言葉を使っているが、紗希の気持ちがどんなだったかを知らない。知っているとは言えない。僕は、ただ外側から怒りを感じているだけだった。
 さて、紗希と僕が親友以上、家族以上の存在になるのにそう時間はかからなかった。前述した通り、家族は紗希が信頼できる存在ではなかったし、トランスジェンダーを平然と受け入れる友人も少なかったからだ。紗希の口から虐待のことを口に出されたことはなかったが、僕が気付いている事は暗黙の了解だった。
 僕らの友情は、普段の学校がある時なら特に問題はなかった。だが夏休みの長期間一度も会えないのはさすがに友人として申し訳ないと紗希は思ったらしい。そんなことを気にする必要はないのだが、夏休みの間家に閉じ込められて誰にも会えないのも辛いのだろう。
 高校二年生の7月、紗希は風の強い日に海で会おうと不自然な約束を提案した。紗希の目は「何も聞かないで」と僕に訴え、僕はそれに従った。ともかく、紗希に無理はしてほしくないが、僕も紗希に会えるなら何でもよかった。
 こうして、僕と紗希の風の密会がスタートした。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み