君をさがしてた

文字数 1,695文字

 その時、周りから大きな泣き声が上がった。そうかと思うと、次々と。目を向けてみれば、子供たちがみんなポロポロと涙をこぼしている。まだ吸血鬼のことをよく知らなくても、ラヴィの様子からなんとなく察したのだろう。

 もうすぐ死んでしまう・・・ということ。

 レインはゆっくりと視線を上げて、空を見た。雲もまばらで澄んでいる。華奢(きゃしゃ)体躯(たいく)ではとうてい(かば)いきれない体を、輝く陽光が照らし始めた。ああ・・・あたたかい・・・え・・・

 は・・・? 

「あ・・・れ?」
「レイン・・・?」

 彼にしがみついていたラヴィは、涙を流しながらパッと顔をあげた。

 子供たちは目をぱちくりさせている。

「わりと・・・平気なんだけど・・・。」

 ラヴィは背中を起こした。
 レインは、朝日をまともに浴びている自分の両手を目の前に持ってきて、五体満足でいられることを知った。
 二人は(つか)の間、声もなく、ただ目を見合った。

「そういえば・・・種特異性吸血鬼(パーフェクト・ヴァンパイア)って・・・。」
「・・・こういうこと?ラヴィの血をたくさん飲んだから?」
「嘘よ。ぜんぜん充分じゃないじゃない。こんなになって・・・。」ラヴィは涙をぬぐい、レインの傷だらけの体を見下ろして、ため息をついた。「私の血・・・もっと飲みたい?」

 レインはぎゅっと目を閉じた。目頭(めがしら)が熱くなって、また泣きだしそうになったから。
 ああ本当に・・・俺を信じて、笑顔のままでいてくれる。ずっと、そんな人を夢見ていたんだ。

 君をさがしてた。

「だからダメだって。それに、前みたいに狂おしいほど欲しくはない。まるで人間になったみたいだ。」
「それって嬉しいの?」
「もちろん。あ、じゃあ、ご飯もおいしいかな。」
「・・・まずかったってこと?」
「だって・・・ごめん。」

 ラヴィはふふ・・・と笑い声をもらした。 

「お兄ちゃん!」

 子供たちもみんな抱きついてきて、レインはバツの悪そうな顔で背中を起こした。さっきのは、どう見たって・・・俺は、ここで終わる・・・って感じだったよな・・・と。

「参ったな・・・。」

 (いさぎよ)く覚悟を決めて最期(さいご)を迎える心の準備が万全にできていたのに、俺・・・ある意味、失敗した人?

 カッコわる・・・。

 急激に恥ずかしくなって、レインは赤面した。それに・・・。

「あの・・・それで・・・さっきのは・・・ほんとに?」

 好き。

「え・・・あ・・・うん。」
「やっぱり吸血鬼でも?」
 ラヴィも(ほお)を赤らめてうなずいた。
「私もそうみたいだし・・・問題ないわ。」 
 
 いや・・・ラヴィの体は、おそらく人間と同等。吸血鬼には違いないとしても、同じように永遠に寄り添いたいこの思いは、きっと(かな)わない・・・。

 だって、君の生き血は人と同じようにとても美味しかったから……。

 レインは首を振ってみせた。
「君は人間だよ。短い一生を、だからこそ精一杯生きて、いろんなふうに輝かせることができる、素敵な人間だよ。果てしない時間がありながら、単純に過ごすことしかほとんどできないでいる、俺たち本来の吸血鬼とは違う。」

 寂しそうに口にするそれは、とても悲しく響いた。ラヴィは無意識のうちに彼の頬に触れていたが、何の言葉もかけられなかった。

「ねえ、それより・・・。」と、レイン。「もう一度・・・ちゃんと聞きたい。」

 ラヴィはいよいよ真っ赤になった。

「い、いやよ、あらためてなんて・・・恥ずかしい。」
 ラヴィは、周りには子供たちもみんないるのよ、という顔。
「だって、とっさに口にしたよね?せっかくの告白。どうせなら、もうちょっと長い方で。ほら、〝あ〟から始まる五文字の ――。」
「そのうちねっ。」
 
 レインとラヴィは目を見て笑い合った。

「これからは、朝も昼もどこでもずっと一緒にいられるのね。」
「寿命も・・・君と同じだけの一生になれたなら、いいな。」
「せっかく長く生きられる体なのに?」
空虚(くうきょ)な無限の時間なんて・・・無意味な永遠の命なんて、いらない。君がいなくなるなら、自死するよ・・・。」
「無理やり全部一緒にするつもり?」
「うん、だから・・・。」

 レインはラヴィの左手をとって、手の甲に軽く口を付けた。

「愛してる・・・ずっと、そばにいさせて。」  




ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み