リリカルラビットの冒険譚

3匹のモンスター達との交流

エピソードの総文字数=1,678文字

よっしゃ!

調査開始や。まずはミント、調査に必要な事は何だと思う!?

え、えっと…

聞き込みとか、気になるモノは徹底的に…

ですかね!?

そうや。でもこの辺りは広いんだろ、ミント!?
実は以前お姉ちゃんに連れられて来たので、実際の所この神秘の海が

どれだけ広いのかはわたしも分からないんですー。

そか。しゃあないなあ。

ちょっと期待していたけど、まずは聞き込みからや。

あそこに何かペンギンのような姿をしているモンスターがいる。ミント!

この大陸には協力的なモンスター、悪事を行うモンスターがいる。

もし悪事をするようなモンスターなら逃げろ。分かったか!?

えーっ、あのペンギン可愛いから敵じゃないよー。

わたし、話聞いてくるよー。

え、えっ!

ちょっと待ってくれ!!

氷の上でもないのに、何故か浜辺にペンギンがいる…。

これも神秘の海に隠された謎!?

お前達、私がここにいる事を不思議に思わないのか?

ペンギンは普通こんな場所にいない。だけど私は特別なのだ。

まさかの的を得た発言…!

どうやら敵ではなさそうだな。わいはユウマだ。宜しくな!!

えっと、名前は…!?

トットだ。何だ!?

文句でもあるのか…。

可愛らしい名前だねー。宜しくね、トットさん!!
…………!!

この名前あまり気に入らなかったけど

こんな可愛い女の子に言われてちょっと嬉しい…。少し気分がいいぞ。

よし、ユウマにミント。二人に私の仲間を紹介しよう。こっちに来てくれ!!

海の中、そして浜辺を歩いてやってくる計2匹のモンスターがユウマとミントの前に姿を現す。どちらのモンスターも個性あふれていそうだ。
は、は、初めましてです!!

自分はレサド。は、初めて見る顔に喋るウサギ…。

全然怖くなんてないんだからっ!!

ちょっと臆病者のモンスター、名は"レサド"

普段はちょっと怖気づいているが、いざとなると逞しく戦ってくれる。

そして、海中を優雅に泳いでいるモンスターは…。

ふぅー、やっぱり海中を泳ぐのは最高ですね!!

初めまして! 喋るウサギに、可愛い少女。

わたしはミルフ。宜しくね!!

敵にも味方にも愛好的なモンスター、優雅に海を泳ぐ事が大好き。名は"ミルフ"

だけど、それとは裏腹に普段は住処でひっそりと暮らしている。

何らかの事情でレサド、そしてトットと行動を共にしている様子…。

宜しくね、レサドさん、それにミルフさん!!

どうやら、悪事を行うような敵ではなさそうだ。

だけど、神秘の海に隠された謎を解き明かすにはこの3匹のモンスターは重要不可欠。

そんな時、ミント、ユウマの前に一人の男の子が姿を現した。

よう! 楽しそうだな、俺も混ぜてくれよ!!

名はオルガだ。レサド、トット、そしてミルフと言ったかな…、確か。

そしてミントに、喋るウサギ、名はユウマ。

あ、あれ?

初めましてですよね。

何故わたしの名前知っているんですかー?

そうだよな、ミント!

理由聞かせてくれい…!!

それにこの3匹のモンスターの名前まで!! 怪しいな…。

別に怪しくなどない…!

俺はずっと神秘の海にいた。お兄様にこの場所の調査を依頼された。俺はこう見えても人見知りなのだ…。接触しようかと悩みながら、君達の会話をずっと聞いていただけの事。悪かったな…盗み聞きしてしまって…。

そうだったのですね。怪しんでごめんなさい!!

そうだ! 一緒に調査しましょうよ!!

ねっ、ユウマ!?

一人でも多い方がいいもんな!

よし、オルガ。お前さんも一緒にこの神秘の海を調査しよう!!

ありがとうございます!! そして、宜しくね。

その前に調査仲間に関して、お兄様に報告しないといけないので

ちょっと待っていてくれませんか!?

うん。手短にね…!!
ミントとユウマから少し離れた場所に置いてあるオルガの手荷物から

とある本を出した。まさか連絡方法は本!?

お兄様。神秘の海を調査してくれる仲間を見つけました。

"例の件"はどうにかなりそうです…。

お前が遭遇した名は何だ!?
オスで、名前はユウマ…です。どうやら関西弁のような口調をしています。
弟、ご苦労!!

この情報はヒルハイドタワーに送らせて貰う。また何かあったら報告頼むぞ…。

了解です、お兄様…!

TOP