第16話 女王陛下のお茶会。 ルーブルシア王国から保護をしてくれるお話

文字数 923文字

「さて、ダグラス・ゲートスケル」
 女王陛下がダグラスに話を向ける。
「私は、国を出た時に家名も捨てております。どうか、ダグラスとだけお呼び下さい」
「そうか……そうだね。では、ダグラスに騎士爵を与えることにしよう。貴族にはなれないし一代限りの爵位だが王宮には入れる」
 女王陛下は、真剣な顔でそう言っている。
「そなたは私に生涯の忠誠を誓えるかい?」

 その言葉を聞いて、ダグラスは女王陛下の前にひざまずき、自分の剣を鞘ごと、女王陛下に向かって両手で掲げるようにする。それを受け、女王陛下も椅子から立ち上がっていた。
「もちろんでございます。()()()()()()()()()()()()()のであれば、我が生涯陛下の為に尽くしましょう」

 ダグラスは、誰を……とは言っていない。だけど女王陛下には正しく伝わったようだった。
 女王陛下は、こちらの方を見て面白そうな顔をして言う。
「ランラドフ。かなり頑張らないと、これは勝てそうにないねぇ」
 そう言われたランラドフは、無表情に跪いたままのダグラスを見ていた。

「騎士の誓いは、後日謁見の間かな。さすがにこの格好では様にならないし、立会人も用意しないといけないからね」
 さて、お茶会の続きをしようと女王陛下は椅子に座り、ダグラスも立ち上がって剣をアイテムボックスにしまっている。

「おおそれながら、女王陛下に申し上げます。ダグラスは、ルーブルシア王国の近衛騎士だった人間です。それなのに、どうしてアイストルスト王国の騎士が務まりましょう」
 私は思わず立ち上がって、女王陛下に抗議した。
 私の為にこれ以上ダグラスの人生を犠牲に出来ない。

「ああ。そなたの供をした時点でルーブルシア王国への忠誠心は捨てているだろうし。ダグラスの忠誠は『この国が保護してくれる限り』という条件付きだから良いんじゃないかな」
 女王陛下は、クスクスと笑いながら言っている。

「ですが……」
「メグ。それ以上は不敬だ。口を(つつし)みなさい」
 ダグラスが私にも座るよう、うながしながら保護者の口調で言ってきていた。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み