第六十幕!深川休戦条約

文字数 13,127文字

神居古潭。
ここは、かつて英雄と魔神が戦った伝説の場所。川の流れが急で、河川交通が主流だったアイヌの人々にとっては、難所として恐れられていた場所でもある。現代では紅葉名所として、多くの観光客を惹きつけてきたこの地の真前に、巨大な塹壕が築かれた。
川を背に作られたその塹壕は、決して後ろへは引かないAIM軍の覚悟が見受けられた。
官軍の将兵らは、その圧巻した塹壕に脅威すら覚え始める。それは、大将である北海道知事の京本宗男も同じである。


「いつからこんな物が作られた?」


ついこの間まで旭川にいた美咲も、思わず驚愕している。


「1週間前には、こんな物は存在してませんでした。」


京本の表情が険しい。


「即席で塹壕を作るとは、恐ろしやAIM軍。」


「知事、いかがいたしますか?」


彼は、空を指さした。


「AIMは、空軍部隊を所有していないと言ったな?」


「はい。ドローンのみです。」


「なるほど。ならばあんな塹壕など気にする必要はない。」


美咲は、彼の考えていることがなんとなくわかる。


「ヘリコプターを使って空から攻め込むのですか?」


京本は、もったいぶったような顔をしてから、それを伝える。


「その通りだ。国連の内戦協定で、戦闘機と空爆は禁止されているが、ヘリコプターからの兵士の投下は禁じられていない。」


「それなら塹壕なんて気にせずに、背後から攻め込むこともできますね。」


京本は塹壕を睨みつける。


「見てろよAIM。お前らの野望は、この俺が日本を代表して阻止してやる。」


晴れ渡る空は、雲1つ無い快晴だ。
京本は、天が官軍に味方していると思い込んだ。





官軍は、ある程度接近したと思うと動きを止めた。塹壕に恐れをなし、攻撃を躊躇っているのだろうか。小型ドローンを密かに放ち、敵の情報を隈なく探るが、伏兵のいる気配もなく陣形も至っておかしなものではなかった。
雲1つない快晴の空は、広大な蝦夷の果てまで続いている。
俺が空を眺めていると、サクがやって来た。


「対空砲の準備が整ったぜ。」


「あの情報は果たして本当なのだろうか。」


サクはニンマリと笑った。


「あったりめーだ!AIMのスパイの力を舐めんなよ!」


そう、俺たちは既に京本の策を見破っていた。
AIMは、札幌にスパイを大量に送り込んでいる。彼らの情報によると、江別にある官軍の航空基地で、ヘリコプターの大掛かりな整備が行われていたようだ。恐らく京本は、空から旭川や帯広に空爆でも仕掛けるつもりだったのだろう。そうなると、ヘリコプターを使って塹壕が攻撃される可能性が捨てきれない。
俺とサクは、それに備えて対空砲の整備を忘れてはいなかった。


「今日は晴天。官軍にとっても都合が良い。必ずヘリコプターで襲撃してくるだろう。」


俺は不敵な笑みを浮かべる。


「しかし、俺たちにとっても都合が良い。天候が良い分、狙い撃ちには適している。」


サクは、腕を組む。


「天は俺たちに味方してるってことだな。」


俺は何気なく伝説の英雄の名前を口に出す。


「伝説の英雄神サマイクルの如く、敵を討ち亡ぼすぞ。」


「お、勉強したのか?」


俺はドヤ顔で答えた。


「ちょこっとな!」


そんな会話をしていた時、見張りの兵士が望遠鏡を片手にやってきた。


「サク様、遠く札幌の方角から、何やら黒い物体が多数接近して来ます。」


サクはニヤリと笑う。


「官軍め、徹底的に叩き飲めしてくれるわ!!!」


俺たちは即座に持ち場へ戻り、対空砲の準備をさせた。対空砲は、塹壕の中に隠してあり、敵から気づかれることはないだろう。完全に相手の意表をついてやる予定である。
黒い物体がこちらへと迫る。よく見なくても動きからヘリコプターであることがわかった。サクは兵士たちに命じて、全員を武装させて待機させる。
ヘリコプターが猛スピードで接近してくる。数はざっと8台。頭上から爆弾を落とされることは怖い。でも、先にやつけてしまえば、そんなことで恐る必要がなくなる。ヘリコプターが接近して来た時、サクは一斉射撃を指示。敵のヘリコプターに対して、複数の対空砲が激しく火をふいた。





AIMの不意打ちは功を奏し、官軍のヘリコプター8機の内、2機を大破させることができた。しかし、官軍も鍛え抜かれた軍である。墜落するヘリコプターから、戦える兵士が一斉に塹壕内へと降り立った。ヘリコプター本体は、軌道を食糧庫へ向けて墜落。その衝撃でAIM軍は食糧の多くを失う。また、他のヘリコプターから多数の官軍兵が降下。塹壕内で激しい白兵戦が展開された。
俺は、固定式機関銃に跨り、次々と降りてくる兵隊を撃ち倒す。サクは、兵を指揮しながら先頭に立って塹壕内にいる官軍兵と戦う。
京本は、塹壕内が混乱をしているのを見るや、全軍に総攻撃の指示を下す。それにより、官軍兵が一斉に神居古潭塹壕へと迫ってきた。サクは、アイトゥレに防衛を命令。アイトゥレは、塹壕の裏で待機していた15000人の兵を率いて突撃。塹壕外で激しい銃撃戦を展開。多くの死者を出しながらも、3万の官軍兵を撃退した。
塹壕内でも、俺とサクの活躍により、敵兵を全滅させることに成功。俺は、降伏を許すな、という指示を配下に出して、敵を1人残らず皆殺しにさせた。理由は簡単だ。ヘリコプターから降下攻撃させることに不安を覚えさせ、敵の士気を挫く為である。
京本は怒り狂い、ヘリコプターからの更なる降下攻撃を指示したが、兵士らは恐怖に怯えモチベーションが上がらない。士気の低い兵士らは、ヘリコプターでの第二攻撃の際、躊躇して中々落下ができない。そこを狙って、AIM軍の対空砲が再び牙を剥く。その結果、官軍のへリコプターを全機撃墜。
AIM軍は、京本らに恐ろしさを見せつけたのであった。





夜になり、久方ぶりに雲が空を覆った。蝦夷の大地は、2月に向けて再び寒さを増し始める。道が凍り、兵士らの転倒事故が度々問題視された。
俺は、月の見えない暗闇の中、1人夜風に打たれている。凍え死にそうな寒さな筈なのに、何故かそんなふうに感じない。それ以上に嫌な予感がして、部屋の中でこもっていられないのだ。


「おい蒼。話ってなんだよ。」


俺は振り返りサクを見る。


「夜襲が来る!」


「何?
また空から降ってくる気なのか?」


「いや、空からは来ないだろう。俺の勘だが、戦闘から5日経って未だに敵の動きがないのはおかしいと思わないか?
それに今日は悪天候。夜襲にもってこいだ。」


「なるほど。京本と美咲なら仕掛けてくるかもな。」


俺はサクへ願い出た。


「自ら出向いて、奴らを根こそぎ潰してやる。」


「ん、他の兵士にやらせれば良くないか?」


「いや、俺にやらせてくれ。」


俺は先日の戦いで、奴らを徹底的に痛めつけて恐怖の対象となった。そんな奴が闇の中から伏兵として現れ、奴らを徹底的に叩きつぶしたら、官軍も恐れをなしてAIMを迂闊に攻撃しなくなるだろう。
サクは、俺の意思が揺るがないことを察した。


「わかった。その役目はお前に任せるよ。」


こうして俺は、敵の奇襲部隊を殲滅する作戦で隊長を務めることになる。
サク曰く、官軍が密かに兵を進めるならば、更進方面が濃厚らしい。更進地区は、神居古潭の南側で、塹壕の裏へ回り込むには通らざるをえない場所だ。
俺は、典一、長治、奥平、そして配下の1500人の兵を率いて、更進方面へと隠密に移動した。





雪原と暗黒。俺が率いる1500人の部隊は、敵に気づかれないように灯を消す。一寸先すら見ることが困難。軍のフリー電波無しでは、通信すらままならない戦時中の北海道で、地元アイヌの道先案内がなければ、この作戦の遂行は難しかっただろう。
敵の奇襲部隊は本当に存在するのだろうか。長治を筆頭とした仲間たちは、そう思っていたようだ。
確かにこの行軍は、俺の仮説を発端にした作戦である。しかしながら約3ヶ月の間、常に戦いと隣り合わせの生活を送った中で沸いた勘である。俺は自分を信じたい。
しばらく進んでいると、かすかに馬のヒズメのような音が響くのがわかった。それも一匹や二匹ではない、数十頭はいると予想される。距離は徐々に近づいてきたので、全員に武器を構えさせた。
そして、エンジンをつけたまんまのスノーモービルをその場に残し、それを的にするかの如く近くの茂みに身を潜めた。
息を殺し、ここを通りかかるであろう官軍を待ち続ける。
数分後、薄明るい照明を頼りに行軍する官軍が姿を現した。うっすらとしか見えないが、こちらの3倍くらいの規模はありそうだ。彼らは、止めてあるスノーモービルに近づき、あたりをキョロキョロと伺っていた。それから、注意を払いつつもスノーモービルを物色し始める。俺は、茂みの中でその光景を眺めながらチャンスを待つ。


「リーダー。チャンスですぜ。」


隣で典一がそう呟く。


「いや、まだ早い。奴らの動きをよく見るんだ。」


典一は、再び官軍を凝視する。エンジンを付けっぱなしの数十台のスノーモービルが、人っ子一人いない田舎道に放置されているのだ。それだけで異様な光景であり、官軍兵士たちは同様しているようだ。でも、隊長らしき人物が先へ急ぐと言い放つと、再び列をなして前へと進み始める。
それを見て、俺は笑みを浮かべた。


「北生どの。そういうことなんですね。」


どうやら奥平は、俺のやりたいことを察したらしい。あと少しでその時は来る。寒さに震える気持ちを抑えながら、勝利へのチャンスを見極める。
官軍がスノーモービルを無視して進み出す。街灯すらないこの道では、彼らの持つ薄明るいライトですらハッキリと見える。AIMからしてみれば格好の的だ。
官軍が通り過ぎるの見計らい、俺たちは後をつけるように追いかけた。風が少しづつ強まってくる。情報によれば、この遠征に参加している官軍兵士の多くは、全国からかき集められた本州育ちの兵士のようだ。きっと、この蝦夷の寒風に恐れを抱いている頃だろう。
気味の悪さ、寒さ、恐怖、疑念。
そして、奴らが塹壕付近まで近づいた時、目の前には万全の準備を整えたサクの本隊。官軍奇襲部隊がざわつき始めるのが、目に見えるようにわかった。薄明るい光を放つ隊列が、少しずつ乱れ始める。
俺はそこを見逃さなかった。


「AIM軍の恐ろしさを見せつけろ!!!!!」


配下の兵士たちが、官軍奇襲部隊へ一斉に機関銃をぶちまける。闇夜に敵兵の悲鳴と銃撃音が鳴り響いた。混乱する官軍。
俺は配下に命じて、どでかいスタンドライトで官軍奇襲部隊を照らしあげた。眩しさと背後から突如として現れたAIM軍。そして指揮する北生蒼。それを目の当たりにした官軍兵士は更に怯え、逃げ出そうとする者も現れる。


「皆殺しにしろ!!」


俺の号令とともに、典一と長治を筆頭とした部隊が一斉に突撃を開始した。それに呼応する形で、塹壕内にいたサク率いる軍も出撃。戦いは、1時間くらいで決着がつき。官軍奇襲部隊で生き残った者はたったの7名。その彼らですら、手足を失ったりと重い傷を負い。官軍本陣へ帰還した頃には、5名が息絶えたのだという。
そんなことはつゆ知らず、俺は次の作戦へと動いた。





朝日が顔を出す少し前くらいの時間。
今度は俺が兵士を率いて、官軍本陣に奇襲攻撃を仕掛けた。あまりのインターバルの無さに、流石の京本や美咲ですら、てんやわんやしていたようだ。
俺は、仕返しというわけではないが、官軍右翼部隊を徹底的に壊滅させ、食料貯蔵用の天幕をことごとく焼失させた。これに懲りたのか、官軍は一時的に深川まで撤退。体勢の立て直しを計った。
AIM軍は、官軍に対して優位な立ち位置を確保したが、戦力と兵糧が底をつき、戦を続けるには困難な状態に陥る。また、占冠村においても、カネスケとアイヒカン率いるAIM軍と土方率いる官軍が、いつ終わるかもわからない睨み合いを続けている。
このままでは長期戦となり、官軍に敗北してしまう可能性が高い。そう考えた俺とサクは、旭川に無線を飛ばして先生に助言を求める。すると先生は、国連に仲裁をしてもらうという案を提案。俺たちには、それ以外に前へ進む道はなかった。
国連からの返事には、早くても3日間はかかることになる。世界は、この戦争にどう結末をつけようとするのだろうか。そんなことを考えながら、塹壕の見張り台で、遠く深川に結集している官軍を見ていた。


「サク、アイトゥレ。国連はなんと言ってくると思う?」


アイトゥレは難しそうな顔をした。


「今の世界は、地球内のことよりも宇宙との関係性に重点を置いている。以前と同様に取り合ってもらえないかもしれん。」


サクは意見が違かった。


「だが、この戦争は別だ。ネット記事を読んだが、世界は案外注目しているようだぞ。」


「仮に取り持ってくれたとしても、国連の代表はアメリカ。日本政府の同盟国が、反日本組織の我々に、平等な条件を提示してくれるだろうか。」


「アイトゥレ、忘れてはならん。数年前に国際条約に記載された少民族保護法。これが可決されたことで、朝鮮、ウイグル、中東、インド、多くの民族問題に終止符が打たれた。このアイヌ問題だって同じさ。俺たちにも国を持つ権利はある。国連もそれを承知の筈だ。」


アイトゥレはそれでもまだ、国連を信用できないようだ。
そんな彼に俺は言う。


「世界有数の最恐部隊『紋別騎兵隊』を壊滅させ、軍都旭川も陥落させた。世界は俺たちに震撼している。人も多く死んだこの戦争を国連が放っておく筈ないだろう。」


アイトゥレは答えた。


「まあそうかもしれないな。ただ不利な条件を突きつけられる可能性は高い。」


俺は、意を決して彼の不安を淘汰した。


「そんなことさせねえよ!官軍を徹底的に破壊して、国連にノーと言えるだけの存在になるぞ!」


アイトゥレとサクは、俺の方をガン見してきた。この男ならやってのけるのではないか、そう思ったのだろうか。
会話に疲れ、再び深川へと目を移す。すると、遠くから官軍が迫ってきていることがわかった。


「懲りねえサルどもめ。」


俺は、粘り強い敵を叩き潰すことを心に近い、サクとアイトゥレと共に戦いの準備を始めた。





官軍は、塹壕へ近づくと一斉に攻撃を仕掛けた。兵力は5万。力攻めといったところだろうか。対するAIMは1万。官軍に勝ち続けているとはいえ、負傷して戦えない者も多数抱えている。一回戦闘を行うだけでもお腹いっぱいだ。
官軍は、塹壕や水深の深い河川で、戦車が使えないことを知っている。だからヒグマ部隊を多用してきた。官軍のヒグマは、ドグマという薬物に犯されて育てられた兵器だ。どこぞの誰が開発したのかわからぬドグマは、その個体が本来持っている思考を全て消し去ってしまう。そして無になった個体へ、人間に忠誠を誓えと調教するのだ。こうして出来上がったヒグマ達は、背中に乗った人間の意のままに人を食い殺していく。機械を超えた凡庸的な動きは、現代技術をはるかに凌ぐ脅威を秘めていた。
30騎はいるだろうヒグマ部隊が、次々と塹壕附近へとかけてきた。ユワレは率いる最前線の防衛陣は、機関銃で迎え撃つ。しかし、荒れ狂うヒグマらは、例え騎手が死んでも暴れ回る。これにより、AIMの前線部隊は激しく消耗してしまった。
ドグマを使用したヒグマは、機関銃でも撃ち殺すことはできるが、生命力が強く中々倒れてはくれない。AIM軍は、迫撃砲やロケットランチャー、手榴弾などの爆発物で対抗。塹壕では爆音が響き渡り、敵味方問わず多くの犠牲者を出した。





戦闘開始から1週間が経過した。AIM軍は、度重なる戦闘に疲弊を来たし始める。鳴り止まない銃声と爆音、ヒグマの唸り声は、いつしか兵士らの精神的苦痛の原因となっていた。
官軍の兵力は多く、こちらがいくら撃退し続けても減っているようには見えない。俺とサクは、この状況に嫌気がさし始めていた。
そんな時、先生から一本の電話が入った。


「リーダー。国連からの返答が来ました。」


俺とサクは息を飲んだ。


「答えは...?」


先生は力強く答える。


「和解の調停を行う、とのことです。」


それを聞いた時、心のそこに安堵感が湧いて出る。サクも同じで、いつも強がっている彼が、ホッとした表情を浮かべている。


「先生、よくやってくれた!」


「いえいえ、決定したのは国連。いや、世界の人々とでも言っておきましょうか。少数民族の生き残りを願う多くの人々の声があったからこそ国連が動き、この結果へと結びついたのです。」


「なるほど。世界は日本政府よりも俺たちを支持してくれたのだな。」


「まあ、そんなところでしょうか。」


「で、日本政府の反応はどうだ?」


「是非ともということでした。今の日本は、全国で紛争が起こっております。北海道だけに構っている余裕がなかったのでしょう。」


「そうか!交渉はいつになりそうだ?」


先生は笑った。


「ははははは、お気が早いですね。率直に申し上げましょう。交渉の日取りは、明日の午後でございます。」


それを聞いて、俺も思わず笑ってしまう。


「明日だと!流石は先生だ、仕事が早すぎる。」


「我々には時間がないのです。早く戦争を終わらせて、国づくりの道へ進み出しましょう。」


「そうだな。早急に交渉を取りまとめ、青の革命団としての道へ戻ろう。」


そう言って電話を切った。
俺は、見張り台の床に寝そべった。まるで、ゲームで1つのチャプターをクリアした時の子供のようである。そんな姿を見たサクは、未だに真剣な顔をしている。


「蒼。まだ戦いは終わってないぜ。この交渉こそ、AIMの命運を左右するものになるんだ。油断はできねえ。」


「わかってるさ。講和の席で、京本に不平等条約でも叩きつけてやるか。」


サクは笑った。


「立場をハッキリさせてやらねえとな!」


ふと軍用スマホのメールを確認すると、明日の詳細が書かれていた。
午後1時、場所は深川会議場。AIMの全権は俺とサク。それから法律に詳しい雪路、用心棒に典一、AIM軍の指揮官であるアイトゥレ。そして何故か、灯恵もメンツに加えられていた。
なんで灯恵も来るのかと疑問に思ったが、そんなこと以上に、明日の交渉が楽しみになってきた。果たしてどんな会議になるのだろうか。心の中でドキドキと不安が入り乱れた。





一夜が明けた、昼の12時半過ぎ。
俺は他のメンバーと合流。全員で深川へ向かい、会議室の席で、官軍の全権大使が来るのを待っていた。
会議室は、机が中心においてあり、向かい合う形で席が並べられている。サクを上座にして、灯恵と典一以外が座る。2人は真後ろの壁に寄りかかっていた。


「リーダー。こういうの初めてなので緊張します。」


雪路は、手足が震えている。よっぽど緊張しているのだろう。だが、それが普通の感覚だ。一般人がいきなり外交交渉に参加したらそうなるだろう。サクもアイトゥレも手足をそわそわさせていた。
俺はといえば、いざ本番になると既に逃げ出したい気持ちでいっぱいになる。戦いなら、相手を殺してしまえばそれでおしまいだ。でも、交渉は違う。頭を使い相手を納得させないと良い結果は得られない。
俺は頭を使うことが得意ではない。失敗してしまうのではないか。そう思い始めると、恐怖が全身を覆い、成果を一切あげられず、会社のお荷物として後ろ指を指された1年前の自分を思い出す。昨日までのイキりたっていた自分は、一体どこへ行ってしまったのか、不思議でしかたがなかった。


「おい、なんで無言なんだよ。」


背後を振り返ると、こんな状況下でも相変わらずケロっとしている灯恵がいる。彼女の強靭な度胸はどこから湧いてくるのか、教えて頂きたいくらいだ。
その隣では、俺と同じくらいそわそわしている典一がいた。緊張して焦りを隠せない大柄な29歳と、緊張のきの字すら感じさせない15歳が並んでいる。その光景が面白くて、思わず目元が緩んだ。


「うるさい。考え事をしているんだ。」


「ふーん。つまんな。」


「つまるとかつまらないとかじゃねえんだ。」


先生は何故、彼女をここへ派遣したのだろうか。疑問しか浮かばない。


「ま、なんでも良いんだけどよ。いつも通りで良いんじゃね?」


「ま、まあな。」


JCは健気で良いな。そんなことを思いながら、交渉までの残り時間を過ごした。でも、灯恵の言う通りかもしれない。交渉という普段なれない環境にかしこまっていたのかもしれない。
俺は北生蒼だ。官軍がゴネたら、掴みかかってドスでぶっ刺してやる、くらいの方が自分らしい。そう強く思い込んだ。





13時になる。
まるで、試験会場に担当者が入ってくるように、官軍の全権大使が入ってきた。とは言ってもそのメンツは、北海道知事の京本宗男本人と、札幌官軍三将の美咲である。
京本の後ろには、彼の用心棒であるエリート軍人達が4〜5人並んでいた。


「蒼、久しぶり!」


美咲は、相変わらずテンションが高い。


「お、おう。」


彼女の明るさは、時にこちらの刃を砕いてくることがある。冷静さを見失わないように踏ん張った。その隣でサクは、今にも美咲を殺すかのような目つき彼女を睨む。


「そんな顔すんなさ。」


彼女の発言にサクがキレそうになるが、アイトゥレが静止した。


「お前が北生か?」


俺は再び目線を前へ移す。
身長は俺よりも少し高いくらい。明治の偉人みたいな長い髭をこしらえ、割と顔立ちの整った40代くらいの男がいた。


「あ?」


社会において、下から丁寧に接するのが普通である。が、ここは戦場と変わらない。俺は、怯えたり遜りそうになる自分を制し、相手を殺しにかかるモードに入る。


「ほお、初対面の相手にその態度か。さすがはAIM、野蛮な奴の集まりだ。」


それを耳にしたサクが叫ぶ。


「野蛮なのはテメェらだコノヤロー!!!」


俺とサクが暴れ出すと止まらない。アイトゥレと雪路は必死に静止して、俺たちを席に着かせた。
美咲は、そんな俺たちの向かいに座り、壁に寄りかかる灯恵と目を合わせた。


「灯恵ちゃん!久しぶりだね!」


灯恵は薄ら笑いを浮かべる。


「あ...、うん。久しぶり。」


すると美咲は笑う。


「元気ないなー、らしくないぞ!」


「え、元気だよ。」


灯恵は気まずそうだった。自分の命の恩人であるが、官軍の将軍として自分らを痛めつけてきた女だ。複雑な感情が入り乱れる。
俺は、雑談に入ろうとする美咲の会話を遮った。


「早く交渉を始めるぞ。」


重苦しい声に、部屋は緊張に包まれていった。





京本が初めに口を開いた。


「では率直に言おう。休戦の件は承諾してやる。ただ条件は、旭川と深川、富良野、大雪山、占冠村の返還。それとAIMの武装解除だ。」


彼は相当強気のようだ。
でも、こちらだって負けてはいない。
サクが言い放つ。


「戦いに勝利したのは俺たち、領土を話し合いで譲るなど言語道断だ!それから、こっちが武装解除するならお前らも武装解除しろよ。」


京本は笑う。


「それはおかしな話だ。我々は政府、お前らはテロリストと違い、国を守る義務がある。そして北海道は日本の領土だ。こちらから譲る物など本来はない。ただ、お情けとして道東地方の自治を認めると提案しているのだ。我儘も大概にして欲しいものだ。」


今度は俺が口を出す。


「北海道は元々アイヌの土地だ。俺たちの先祖が、勝手に開拓して領土とした歴史がある。アイヌの人々が声を上げた以上、彼らへ返すのが当然だろ。」


京本は言い返す。


「それは過去の話だ。今は日本の土地で、北海道を故郷とする日本人も沢山いる。お前達は歴史を口実に、彼らの故郷を荒らし、そして奪った。ふざけるのも大概にするんだな。」


俺とサクVS京本の口論は、一向に平行線しか辿らない。
軍縮の件、領土の件、この2つの議題だけで1時間は使っている。
不毛な会話がしばらく続いた時だ。


「別に誰の物でもよくない?
手を取り合って、アイヌも和人も共生できる北海道を作れば良いじゃん。」


俺たち大人は、そんな発言をした灯恵を見た。
京本は彼女を睨みつける。


「ガキが大人の話に口を出すな!!!」


彼女は激しく怒鳴りつけられが、一切引き下がらない。


「大人が決められないから決めてあげたんじゃん!見栄張って争ってばかり、話し合いもしようとしなかったから多くの人が死んだじゃん!そろそろ目を覚ませよバカ!!!」


京本の後ろにいた軍人達が、灯恵に対して殺意の目を向けた。すると典一が殺意を向け返す。会議室が突如として戦慄と化した。
このままではまずい。そう感じた美咲は、妥協案を提案する。


「軍縮の件と富良野は譲るさ。でも、旭川、深川、占冠村は、日本国に返してくれないかな?」


美咲は女狐だ。何か策があるに違いない。そう考えた俺は、それを突っぱねる。


「ヤダね。この戦争でどんだけの人が犠牲になったと思ってる。彼らのことを思うと、妥協なんて一切できねえ。」


サクも思いを口にした。


「お前は俺の親父を毒殺しようとした。そんな奴の話なんて聞けるか!」


アイトゥレも反論する。


「いい加減、負けを認めたらどうだ!」


すると美咲の口調が変わる。


「舐めてんの?
被害者面すんのやめろや。
確かに私は、あなたの父親を殺そうとしたし、沢山のAIM関係者を殺したよ。
北海道の平和を取り戻す為にね。
でもそれはあなた方も同じ。アイヌの国を作るために、私の戦友を沢山殺した。
ねえサク、あなたが1番わかるでしょ?
復讐を口実に、容赦なく官軍兵士を虐殺していた貴方なら。」


サクは何も言い返せなかった。
京本が勝ち誇った蚊のように言う。


「何も言い返せないようだな。大人しくこの書面に調印して貰おうか?」


彼は、躊躇なく不平等条約を突きつけてきた。AIM陣営はどうすることもできない。
ここで京本と美咲を消すことはできるが、それをしてしまえば国際社会を敵に回すことになる。
俺は、目の前の京本を見た。すると、表情が少しずつ落ち着いていくのがわかった。となりでは、サクが断固としてペンを持たず、心の抵抗を続けている。


「早く書け!戦争を終わらせたいのだろ?」


京本が煽ってくる。
サクは一切ペンを持とうとしない。


「話し合いの決着はついている。早く書きなさい。書かなければ、貴方達は戦争を望むテロリストとして、世論と世界を敵に回すことになる。」


美咲もそう諭してくる。よっぽど早期終結へ持ち込みたいようだ。
この時、俺の頭の中で閃きが浮かんだ。それから不敵な笑みを浮かべると、京本と美咲に言い放つ。


「札幌をくれるなら、旭川も富良野もくれてやるよ。早く戦争終わらせたいんだろ?」


京本は苛立つ。


「何をバカなこと。そんなことできるはずないだろ。」


「簡単だ。お前らが札幌から出ていけば終わる。」


「北生。お前は多くの人が苦しむのを見ておきながら、戦争を続けたいのか?」


俺は机に手を叩きつけた。


「ああ勿論!札幌を譲るまで、全員散ってでも戦争してやるよ!」


京本は知事であり日本の役人だ。いくら官軍の統帥権があるとはいえ、感情まかせに講和を蹴ることなどできない。それに、彼が戦争の道を選べば、道民を守るという使命が果たせなくなる。
今度は京本が口を紡ぐ。


「いいか?
俺たちは、札幌を割譲するまで戦争を続け、官軍に加担した奴らは、1人残らず皆殺しにする。」


俺は一切引き下がる気はなかった。
この強情かつ無情な態度に、京本は脅威を覚えていた。噂によれば北生蒼は、革命を起こして国を作ろうとしている。こんな残虐無情な男が国など立てたら、日本国民は必ず悲惨な目にあう。京本はそう思うと、なんとしても妥協してはならないと強く思い、こちらも妥協案など出すべきではないと考えた。
そして美咲へ意見しようとした時だ。
バン、という音が会議室に響き渡る。誰かが机を叩いたのだ。


「もう終わりにしよ。」


そう言ったのは美咲だ。
京本は発言ができない。全身に焦りと苛立ちが籠った。


「このままだと、いつまでも殺し合いが続く。私たちが折れるわ。」


「札幌を譲るということで良いな?」


俺は強気の姿勢を崩さない。


「札幌は譲れない。けど、戦争を終わらせたい。」


俺は美咲を見下す。


「話にならないな。」


彼女も相当強気である。


「それはどうかな。この3つの条件で、休戦という形にしたい。」


すると、3つの条件を提示してきた。


「1つ、軍縮は無し。お互い領土を守るだけの軍事力は所持して良い。
2つ、旭川と富良野、大雪山は、AIMへ譲る。その代わり深川を含む、神居古潭より西側から軍を撤退させて欲しい。
3つ、占冠村を緩衝地帯とする。両軍は、そこへ軍を踏み込ませてはならない。
これで妥協してくれない?」


俺は苛立ち、それをつっぱねて更なる条件を突きつけようとする。
しかし、口を開く前にサクが言った。


「わかった。それで良いよ。」


彼の声は疲れ果てていて、これ以上交渉することに意味をなさないと感じていたのだろう。
その一言で、会議室の空気が晴れ始めた。


「ただ、条約の書類は国際法に基づいた書式で、そこにいる雪路に作成してもらう。いいな?」


美咲は納得して頷いた。京本は納得せず、彼女を問い詰める。


「勝手なこと言うなよ。」


すると彼女は、呆れた声で言う。


「知事。もう殺し合いは辞めましょう。私達の役目は道民の平和と命を守ること。それを果たせない戦争なんて、する意味がありません。」


美咲の意志は強かった。京本は、条約の締結を渋々受け入れた。
全員がそう決めた以上、俺も無駄な抵抗に時間を使いたくないので、素直に妥協案を認めることを決めた。





夕方5時頃。
長時間にわたる交渉と、条約の調印が終わる。最後に京本とサクが握手を交わして、この深川対談は終結。ここに『深川休戦条約』が結ばれることになった。この場にいたほとんどが戦争の一時中断に喜んでいたが、俺と京本だけは最後まで納得できずに冷戦状態が続いた。
深川を出て、塹壕の向こうへと続く道。俺たちが、約束通りに軍を撤退させるのかを確認するという名目で、美咲が見送りに来てくれた。彼女は道中で、まるで何もなかったかのように、灯恵とお喋りをしている。灯恵も彼女のテンションに合わせて、楽しそうに話している。
俺は、そんな光景を見てある考えに至った。


「美咲。」


彼女は会話を中断してこちらを向く。


「俺たちと一緒に来ないか?」


「それはヘッドハンディングってやつー?」


「そうだ。共に戦って欲しい。きっと紗宙も喜ぶぞ。」


するとサクが会話に入ってくる。


「ダメだ。確かに能力は認めるよ。でも、こんな危ねえやつを近くには置いておけねえ。それにAIMの関係者は、みんなこいつを憎んでいる。仮に来たとしても、村八分にされて居心地が悪いだけだ。」


俺はそれをぶった斬る。


「いやAIMではなく、青の革命団に誘ったのだ。勘違いするな。」


サクはそれでも嫌そうな顔をしていた。表向きでは彼女を認めたが、内心はそこまで好きではないのだろう。
すると。美咲がニッコリ笑ってで口を開く。


「蒼、ごめんね。すごく嬉しいお誘いだけど、今回はパスするよ。」


「なぜだ?」


「一応これでも札幌官軍の三将だから、自分の立場に誇り持ってんの。そこにケジメつけるまでは、日本政府を裏切れない。」


それを聞いて、俺は更に彼女を配下に加えたくなる。自分の立場や役目に責任を持てることは、非常に立派なことだ。
しかし、彼女にも事情があるのだろう。


「わかった。AIMがお前を否定しても、青の革命団はお前を歓迎する。気が向いたらいつでも訪ねてこい。」


美咲は少し寂しそうだ。


「うん。機会があったらね!」


いつの間にか塹壕の入り口に着いていた。後ろを振り返ると美咲が手を振っている。俺たちは、彼女に手を振り返すと、塹壕の向こう側へと歩き出す。一歩、そしてまた一歩と前へ進み、高台へ着いた頃にもう一度振り返ると、遥か彼方にスノーモービルを走らせる美咲の姿が見えた。
彼女とは、またどこかで会える気がする。その時は敵としてではなく、同じ方向へ進む者として再会したい。そう思いながら、俺は旭川へ向けて再び歩き始めた。





北海道戦争の話は、国際ニュースに取り上げられ、日本が再び世界へと注目されることになる。日本政府の自衛隊および官軍が、AIMという反政府軍に実質的に敗北を期した。このことは世界中を震撼させ、多くの賛否両論が巻き起こった。
批判的な意見もある中で、多くの国や人々が民族独立に歓喜。海外の世論は、AIMの存在を肯定する方向へと動いていく。その一方で、日本政府の立場は危ういものとなり、国内では騒乱の嵐が勢いをつけて吹き荒れていく。
国際連合は、先生の取り計らいもあり、AIMを認めないが否定もしない中立な立場をとり、日本国内の問題として処理していくことを決定した。
しかし、ロシアだけは唯一危機感を募らせる。そして、この日から動乱に干渉しようと考えるようになっていくのだった。








(第六十幕.完)
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

・北生 蒼(きたき そう)

本作シリーズの主人公であり、青の革命団のリーダー。

劣悪な家庭環境と冴えない人生から、社会に恨みを抱いている。

革命家に憧れて、この国を変えようと立ち上がる。

登場時は、大手商社の窓際族で、野心家の陰キャラサラリーマン。

深い闇を抱えており、猜疑心が強い。

自身や仲間を守るためになら手段を選ばず、敵に残忍な制裁を加えて仲間から咎められることも多い。

非常に癖のある性格の持ち主ではあるが、仲間に支えられながら成長していく。

仙台にて潜伏生活中に、恋心を抱いていた紗宙に告白。

無事に彼女と恋人関係になった。



・袖ノ海 紗宙(そでのうみ さら)

青の革命団メンバー。

蒼の地元の先輩であり、幼馴染でもある。

婚約者と別れたことがきっかけで、有名大学病院の医療事務を退社。

地元に戻ってコンビニでバイトをしていた。

頭も良くて普段はクールだが、弟や仲間思いの優しい性格。

絶世の美人で、とにかくモテる。

ある事件がきっかけで、蒼と共に旅をすることになる。

旅の途中でヒドゥラ教団に拉致監禁されるが、蒼たち青の革命団によって無事救出される。

そして蒼からの告白を受け入れ、彼とは恋人同士の関係になった。


・直江 鐘ノ助(なおえ かねのすけ)

青の革命団メンバー。

蒼の大学時代の親友で、愛称はカネスケ。

登場時は、大手商社の営業マン。

学生時代は、陰キャラグループに所属する陽キャラという謎の立ち位置。

テンションが高くノリが良い。

仕事が好きで、かつては出世コースにいたこともある。

プライベートではお調子者ではあるが、仕事になると本領を発揮するタイプ。

蒼の誘いに乗って、共に旅をすることになる。

結夏に好意を抱いており、典一とは恋のライバルである。


・諸葛 真(しょかつ しん)

青の革命団メンバー。

蒼が通っていた自己啓発セミナーの講師。

かつては国連軍の軍事顧問を務めていた天才。

蒼とカネスケに新しい国を作るべきだと提唱した人。

冷静でポジティブな性格。

どんな状況に陥っても、革命団に勝機をもたらす策を打ち出す。

蒼の説得により、共に旅をすることになる。

彼のおかげで今の革命団があると言っても良いくらい、その存在感と功績は大きい。

革命団のメンバーからは、先生と呼ばれ親しまれている。


・河北 典一(かほく てんいち)

青の革命団メンバー。

沼田の町で、格闘技の道場を開いていた格闘家。

ヒドゥラ教団の信者に殺されかけたところを蒼に助けられる。

それがきっかけで、青の革命団に入団。

自動車整備士の資格を持っている。

抜けているところもあるが、革命団1の腕っ節の持ち主。

忠誠心も強く、仲間思いで頼りになる存在でもある。

カネスケとは結夏を巡って争うことがあるが、喧嘩するほど仲が良いと言った関係である。


・市ヶ谷 結夏(いちがや ゆな)

青の革命団メンバー。

山形の美容院で働いていたギャル美容師。

勝気でハツラツとしているが、娘思いで感情的になることもある。

手先が器用で運動神経が良い。

灯恵の義理の母だが、どちらかといえば姉のような存在。

元は東京に住んでいたが、教団から命を狙われたことがきっかけで山形まで逃れる。

流姫乃と灯恵の救出作戦がきっかけで、革命団と行動を共にするようになる。

山寺の修行で投げナイフの技術を取得。持ち前のセンスを活かして、革命団の危機を何度も救った。

蒼や先生は、彼女のことを天才肌だと高評価している。

革命団のムードメーカー的存在でもある。


・市ヶ谷 灯恵(いちがや ともえ)

青の革命団メンバー。

結夏の義理の娘。

家出をして生き倒れになっていたところを結夏に助けられた。

15歳とは思えない度胸の持ち主。

コミュ力が高い。

少々やんちゃではあるが、芯の通った強い優しさも兼ね備えている。

秋田公国に拉致されたところ、革命団に助けれる。

それがきっかけで、共に行動することになる。

戦場では戦えないものの、交友関係を作ったりと、陰ながら革命団を支えている。

先生から才を認められ、彼の弟子のような存在になりつつもある。


・関戸 龍二(せきど りゅうじ)

青の革命団メンバー。

『奥州の龍』という異名で恐れられた伝説の不良。

達也に親族を人質に取られ、止むを得ず暴走天使に従っていた。

蒼と刃を交えた時、彼のことを認める。

革命団が達也から両親を救出してくれたことに恩を感じ、青の革命団への加入を決める。

寡黙で一見怖そうだが意外と真面目。

そして、人の話を親身になって聞ける優しさを兼ね備えている。

蒼にとって、カネスケと同等に真面目な相談ができる存在となる。

真冬の北海道でもバイクを乗り回すほどのバイク好き。


・酒々井 雪路 (しすい ゆきじ)

青の革命団メンバー。

かつては政治家を目指して、東京の大学で法律を学んでいたが、少数民族の為に戦いたいという思いから北海道へ渡り、AIMに参加する。

ツーリングが趣味で、それ故に機動部隊へと配属されてしまう。

だが、そこで龍二と出会い、彼の紹介で青の革命団へと加入。蒼や先生とともに、新国家の憲法作成することになった。



※第三十八幕から登場

・イカシリ

青の革命団メンバー。

AIM軍の腕利きのスナイパーで、アイヒカンの部隊に所属していた。

射撃の腕は一流で、雪愛(美咲)から密かにライバル視されている。

南富良野で蒼と一緒に戦った時、彼に才能を認められ、次第と行動を共にすることが多くなる。そしていつの間にか、蒼の配下のスナイパーとなり、彼の元で官軍と壮絶な銃撃戦を行う。

服が好きで、アイヌの伝統衣装を自分でアレンジして作った服を着こなしている。



※第三十六幕から登場

・間宮 恋白 (まみや こはく)

青の革命団メンバー。

麟太郎の娘で、年齢は4歳。

生まれたばかりの頃、麟太郎が官軍に捕えられてしまい、母子家庭で育つ。

紋別騎兵隊が街に侵攻した時、母親を殺され、更には自分も命を狙われるが、サクの手により助けられた。

それから灯恵の力により、北見の街を脱出して、一命を取り留める。

命の恩人でもある灯恵のことを慕っている。また彼女から実の妹のように可愛がられており、「こはきゅ」という愛称で呼ばれている。



※第四十四幕から登場

・間宮 麟太郎 (まみや りんたろう)

青の革命団メンバー。

恋白の父親で、元銀行員。

網走監獄に捕らえられていたが、AIMの手により助け出された。

娘が灯恵により助けられたことを知り、何か恩返しがしたいと青の革命団に参加する。

経済について詳しく、蒼からは次期経済担当大臣として、重宝されることになる。

また長治とは、監獄で共に生活していたので仲が良い。



※第五十一幕から登場

・許原 長治 (ゆるしはら ちょうじ)

青の革命団メンバー。

元力士。北海道を武者修行していた時、AIMに協力したことがきっかけで、網走監獄に捕らえられていた。

囚人達からの人望が熱く、彼らをまとめ上げる役を担っていた。

AIMに助けられた後は、青の革命団に興味を持ち、自ら志願する。

典一と互角にやりあうほど喧嘩が強く、蒼や先生からの期待は厚い。

監獄を共に生き抜いた間宮と、その娘の恋白とは仲が良い。



※第四十三幕から登場

・レオン

紗宙が飼っている茶白猫。

元は帯広市内にいた野良猫であったが、紗宙と出会い、彼女に懐いてAIM軍の軍用車に忍び込む。

大雪山のAIM陣で紗宙と再会して、彼女の飼い猫になった。



※第五十二幕から登場

・石井 重也 (いしい しげや)

青の革命団メンバーであり、日本の国会議員。

矢口宗介率いる野党最大の政党、平和の党の幹事長を勤めている。

党首である矢口から命を受け、用心棒の奥平とともに北海道へ渡航。先生の紹介で蒼と会い、革命団への加入を果たす。

政治に詳しい貴重な人材として重宝され。雪路とともに、新国家の憲法作成に携わっていくこととなる。

頑固で曲がったことが嫌いな熱い性格だが、子供には優しいので、恋白から慕われている。

元青の革命党の党員でもあり、革命家の江戸清太郎と親しい関係にあった為、革命家を志す蒼に強く共感していく。



※第五十四幕から登場

・奥平 睦夫 (おくだいら むつお)

青の革命団メンバー。

平和の党の幹事長である石井の用心棒として、共に北海道へ渡航。先生の紹介で蒼と会い、革命団への加入を果たす。

石井とは青の革命党時代からの知人で、かつて彼の事務所で勤務をしていた。その頃、江戸清太郎の演説を聞きに来ていた蒼にたまたま遭遇している。

普段は物静かだが、心の中に熱い思いを持った性格。



※第五十四幕から登場

羽幌 雪愛(はほろ ゆあ)

札幌官軍三将の豊泉美咲が、AIMに潜入する為の仮の姿。

青の革命団について調査する為に、蒼や先生に探りを入れたり、時には彼らの命を狙う。

その一方で、スナイパーとしてAIM側で戦に参戦。戦力として大いに貢献。紗宙や灯恵と仲良くなり、彼女らに銃の手解きをする。

また、その関わりの中で紗宙の優しさに触れ、スパイであることに後ろめたさも生まれてしまう。

性格はポジティブで明るいが、裏に冷酷さも兼ね備えている。



※第三十五幕から登場

・矢口 宗介 (やぐち そうすけ)

国会議員で、先生の旧友。

27歳の若さで初当選を果たし、33歳で野党最大の政党である平和の党の党首まで上り詰めた。

温厚で正義感が強く、日本国を腐敗させた神導党と激しく対立。神導党の後継団体であるヒドゥラ教団から、命を狙われている。

内からの力だけでは日本国を変えられないと判断して、旧友である先生が所属する革命団に未来を託すべく、石井と奥平を北海道へと派遣した。

蒼や先生にも負けず劣らずのロン毛が特徴。



※第五十四幕から登場

・イソンノアシ

AIMの首長であり、英雄シャクシャインの末裔。

サクの父親でもあり、温厚で息子思いの性格。それ故に、AIM軍や統治領域の民衆からの人望が厚い。

諸葛真が大学生の頃、遭難から救ったことがきっかけで、彼とは親友の仲になる。

サクの和人嫌いというトラウマを克服させる為に、彼を革命団の案内役に任命した。


・サク

イソンノアシの息子で、英雄シャクシャインの末裔。

毒舌で攻撃的な性格。

実行力と統率力、そして軍才があるので、AIM関係者からの人望が厚い。また父を尊敬していて、親子の関係は良好。

しかし、交戦的で容赦がないので、札幌官軍からはマークされている。

かつては、温厚かつ親しまれる毒舌キャラだったが、恋人を官軍に殺されたから変貌。和人を軽蔑して、見下すようになったという。

殺された恋人と瓜二つの紗宙へ、淡い好意を寄せる。



・ミナ

サクの元婚約者。

アイヌ民族の末裔で、自らの出自やアイヌの文化に誇りを持っており、北海道を愛していた。

2年前、裏切り者の手によってサクと共に捕らえられる。

そして、彼の目の前で、松前大坊に殺された。



※第三十三幕と第五十幕で登場

・ユワレ

サクの側近であり、幼馴染でもある。

正義感が強く、曲がったことが好きではない性格で、みんながサクを恐れて諌めようとしない中、唯一間違っていることは間違っていると言ってのける存在。

また忠義に熱く、蒼から何度も革命団への入団オファーを受けるが、全て断り続けている。



※第三十三幕から登場

・アイトゥレ

AIM幹部の筆頭格で、イソンノアシやサクの代わりに、軍の総大将を務めることも多々ある。

歴史ファンで、特に好きなのが戦国時代。お気に入りの武将は本多忠勝。

道東遠征で、共に戦うカネスケの才を見抜き、別働隊を任せるなど、彼に軍人としての経験をつませる。



※第三十八幕から登場

・京本 宗男(きょうもと むねお)

北海道知事であり、札幌官軍の代表。

日本政府の指示の元、北海道の平和を守る為に、AIMとの紛争に身を投じた。

政府に忠誠を尽くす一方で野心家でもあり、いつかは天下を取ろうと画策している。

それ故に、紛争を理由に軍備の増強を図る。

人の能力を的確に見抜き、公平な評価を下すことから、部下からの信頼は厚い。

公にはしていないがヒドゥラ教団の信者で、土龍金友のことを崇拝している。



※第三十二幕から登場

・土方 歳宗 (ひじかた とししゅう)

札幌官軍三将の筆頭で、身長190㎝超えの大男。

京本からの信頼も厚く、札幌官軍の総司令官の代理を務めることもある。

武術の達人で、国からも軍人として評価されており、一時期は先生と同じく国連軍に所属していた経験もある。

北海道の治安を守る為にAIMとの戦争で指揮を取るが、特にアイヌやAIMを憎んでいるわけではない。

部下からも慕われていて、特に美咲は彼のことを尊敬している。また彼女と同様に松前の残虐非道な行為をよく思ってはいない。



※第五十一幕から登場

・豊泉 美咲(とよいずみ みさき)

札幌官軍三将の1人。

セミロングの銀髪が特徴的なスナイパー。銃の腕前は、道内一と言われている。

性格はポジティブで、どんな相手にも気軽に話しかけられるコミュ力の持ち主。

京本からの指示を受け、青の革命団の実態調査の任務を引き受ける。

キレ者で冷酷な所もあるが、非道な行為を繰り返す同僚の松前を心底嫌っている。



※第三十ニ幕から登場

・松前 大坊(まつまえ だいぼう)

札幌官軍三将の1人。

人柄はさておき、能力を買われて三将の地位まで上り詰める。

サクの恋人を殺害した張本人。

類を見ない残忍性で、AIMおよびアイヌの人々を恐怖に陥れた。

再びAIM追討部隊の指揮官に任命され、AIMと革命団の前に立ち塞がる。



※第三十ニ幕から第五十幕まで登場

・エシャラ

イソンノアシの弟で、サクの叔父に当たる人物。

元AIMの幹部で、考え方の違いから、札幌官軍に内通して寝返る。

サクとミナを松前大坊へ引き渡し、ミナの殺害に少なからず加担した。

温厚だが、自分の信念を曲げない性格。

AIMをえりもへ追いやって以降は、松前の手先として帯広地域を統治していた。



※第三十三幕〜三十四幕で登場

・御堂尾 神威 (みどうお かむい)

紋別騎兵隊の副隊長。

日本最恐の軍隊と恐れられる騎兵隊の中でも、群を抜く武勇と統率力を誇る。

しかしその性格は、冷酷で自分勝手で俺様系。

人を恐怖で支配することに喜びを覚え、敵対した者は、1人残らず殺し、その家族や周りにいる者、全てを残忍な方法で殺害。

また、騎兵隊の支配地である紋別の町では、彼の気分次第で人が殺され、女が連れさらわれていた。

その残酷さは、松前大坊と匹敵するほど。

結夏に因縁があるのか、執拗に彼女のことを狙う。



※第四十一幕から登場


・御堂尾 寿言 (みどうお じゅごん)

神威の弟で、紋別騎兵隊の隊員。

兄と同じく残忍な性格。

兄弟揃って紋別の町にふんずりかえり、気分で町の人を殺したり、女性に乱暴なして過ごしている。

食べることが好きで、体重が100㎏を超えている大男。

兄の神威と違い、少し間抜けな所があるものの、他人を苦しめる遊びを考える天才。

大の女好き。



※第四十二幕から第四十八幕まで登場

・北広島 氷帝 (きたひろしま ひょうてい)

紋別騎兵隊の隊長で騎兵隊を最恐の殺戮集団に育て上げた男。

『絶滅主義』を掲げ、戦った相手の関係者全てをこの世から消すことを美学だと考えている。

松前大坊からの信頼も厚く、官軍での出世コースを狙っていた。



※第四十六幕から第四十九幕まで登場

・仁別 甚平 (にべつ じんべえ)

黒の系譜に選ばれた者の1人。

カニバリズムを率先して行い、雪山で焚き火をして遭難者を寄せ付け、殺害しては調理して食べる、という行為を繰り返している。

特に若い娘の肉を好んで食す。

リンに狂酔しており、彼女の興味を一心に浴びる蒼を殺そうと付け狙う。



※第四十二幕から登場

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み