2 ✿ 雨後春筍

エピソード文字数 1,221文字

TAKENOKOたけのこ. ――Fireファイヤー!!
発は、端末の【START】をタッチした。

濡れた雨上がりの森に、タケノコが降り注ぐ。


タケノコが破裂し、上から下から花火の閃光が走った。 

花火の破裂音は、雷神の子が飛び跳ねているようだ。


赤い煙が立ちこめ、森の色を変える。

樹の上から、辺りの様子を見回すは…。
まるで野火(のび)ですわ

野火とは、春に枯草を燃やすものだ。


媛、殿下、雨音は、派手で騒がしい仕掛けに、呆気にとられている。

いつまでつづくとか、この花火!?
風遁!!

殿下は止めていた風を起こし、スモークをはらおうとした。


だが風ではらってもはらっても、タケノコは降ってきて煙に包まれる。

まったくキリがないな

タケノコで、もう終わりやろーな?

もしかして期待してる?
誰もしとらん!!
おい、デン…。地面からなにか…
ま…まさか…
ほら、タケノコって下から生えるでしょ?
はい、ぽちっとな

タケノコからまばゆい光がほとばしる。


地響きのような音を立てタケノコが破裂、土と砂が殿下たちに降り注いだ。

まぶしい! あいたたた!! げほっ、ごほっ、口に土が!!
め…目がチカチカする…閃光弾だな! 
くそっ、萌栄たちはどこに行った!?
萌栄たち近くの草むらに隠れていた。
()()(しゅん)じゅん、。タケノコ作戦上手くいったわね!

雨が降った後、次々に出る(たけのこ)のように数が多いという意味である。


タケノコ作戦は大量の花火と煙で敵の目をくらまし、いったん姿を隠して敵の不意を突くためのものだ。

第2行動に移るわよ。敵の背中を取るなら、今!

媛さんは僕に任せて。

俺たちは、殿下と雨音を
行きましょう!

萌栄と鋼は、スモークに隠れながら、殿下と雨音へ接近する。


一方、殿下と雨音は…。

来たぞ、萌栄と鋼だ。

視界がスモークで覆われても、雨音はわずかな」も見逃さない。


萌栄と鋼がいる方角へ、ちらと目をくべる。

くっそー、さっきはよくもやってくれたな!


おい、雨音萌栄から鋼を離せ。――萌栄はおれがしとめる

がってん承知。

雨音は俊足で、萌栄と鋼へ急接近した。

軸足もらったーー!!

雨音の投げた鎖が、鋼の左足に巻き付く。

しまった!!

鋼の左足がすくわれ、雨音へ引き寄せられる。

鋼!

鋼へ手をのばしたその瞬間。


萌栄に長い鉤つきロープが飛んできて、彼女にからみついた。

いっ・・・!! わわわ、わあ!?
萌栄はバランス失い、ドサッと地面に横向きに転がった。

 金将銀将がいなけりゃ、新参の大将なんてチョロいもんさ。

殿下はふたたび萌栄を見下ろすと、右手の苦無を彼女の喉元に突きつけた。
投了してもらいましょーか。

投了。将棋囲碁において「負けを認める」ということだ。


萌栄は必死でもがいたが、殿下のロープをほどけそうになかった。

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

日高萌栄 (ひだか・もえ


中学2年生、13才の少女。

カピバラをこよなく愛する。

重黒木 鋼じゅうくろぎ・はがね


中学2年生、13才の少年。機械いじりが得意。

椎葉 発(しいば はつ)


中学2年生、13才。

萌栄の友達。花火師の孫。

黒木 殿下(くろき でんか)


萌栄のライバル

那須 雨音(なす あまね)


殿下の友達。

黒木 媛(くろき ひめ)


殿下の妹

日高 結芽(ひだか ゆめ)


萌栄のお母さん

日高 地平(ひだか ちへい)


萌栄のお父さん

日高 雲水(ひだか うんすい)


萌栄の祖父

重黒木 功(じゅうくろぎ こう)


鋼のお父さん

重黒木 理玖 (じゅうくろぎ りく)


鋼のお母さん

椎葉 康次(しいば やすじ)


発の祖父。花火師

黒木 智子(くろき ともこ)


殿下、媛のお母さん。

黒木 未夏 (くろき みか)


クラスメイト

中武 陽(なかたけ はる)


クラスメイト

那須 貴也(なす たかや)


クラスメイト

那須 由子(なす ゆうこ)


クラスメイト

お殿様。


西方の里を治める、お殿様。

南朝の忠臣、その子孫。

忠平(ただひら)


お殿様が助けた忍者。

加藤清正に仕えていたが、毒殺の濡れ衣をかけられ、逃げてきた。

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色