第98話  大胆不敵  3

文字数 3,131文字


 ※


 竜王さんが普通に学校に来た理由。

 王二朗くんが予想するにはこんな感じだ。

あいつはきっと、君達の仲間になりたいんだろう。

その方が警戒もされないだろうし、拉致りやすくなるからね。

そーいうヤツなんだよあいつは。


どんなに外面が良くても、絶対に心を許さないで欲しい。


 だけどなぁ……俺から言わせて貰うと……

 確かにヤバイ人間だとは思うし、屋上の変貌ぶりも今の竜王さんからはとてもじゃないが考えられない。


 ただ、王二朗くんの危惧するような、拉致などの極悪な行動を見ていないだけに、全部を信じろと言われて も……俺の中ではまだ信じきれない所もある。


 女の子だからなぁ。

 これが兄貴のナンパーマンなら素直に信じられるのだが。


 とはいえ、楓蓮で見かけた王二朗くんを思い出す度に、あれが嘘だとは思えないし、複雑な心境である。


 う~ん。悩めかしい。

ちょっと話してくるね。
分かった。待ってるよ。

 竜王さんとの話し合い。ここは染谷くん一人に任せる。

 と言うのも、俺の場合は……


 屋上でチンピラ竜王さんを目撃した人物だからな。

 向こうとて、黒澤は自分に良い印象を持っていない。そう思われてるに違いないからだ。

 入れ替わりに魔樹が入ってくると、手招きしてやがる。

 俺と白竹さんは眠り姫になってる聖奈を置いて、廊下へでた。

って言うことになってる。

だから竜王さんは俺達に接触してくる可能性がある。


どうせやるなら、完膚なきまでに叩きのめすほうがいいだろ。

なのでぇ。学校内ではおうじろーくんとはケンカしちゃってる事になってるのです。

なるほどね。確かに学校内で争うのはこっちが不利だし、向こうは女の子だし……


染谷や王二朗くんの読みどおりに事が運べばいいけど……

あとさ、魔樹にお願いがある。

もし、竜王さんが接触してきて仲良くなった場合……


体育とか、男子と別授業になる日は、お前がクラスの人間を守ってやってくれ。

しょ、しょれは、魔優とチェンジするという事ですか?
そうです。それに美樹ちゃんの状態なら絶対に安全ですし……

わかったわ。任せて。

聖奈さんや坂田さんはちゃんと見ておくから

 ミユマユは本当頼りになるぜ。

 魔優が見てくれるなら別授業でも安心できる。

ふふっ。これで堂々と蓮くんと遊べるわねっ。
ん? なんでニヤニヤしてんの?

いや、別に。

こういうのもちょっと楽しいなって思っただけ。

楽しくないのでし。怖いですよ。

スタンガンって痛そうですし

大丈夫ですって。そんな事にはなりません。


俺や魔樹。染谷くんや王二朗くん。それに……ヴァルハラのメンバーもいる。

学校内では絶対に安全ですから。

仕掛けてきたら一気に終わらせる。

それで高校も喫茶店も竜王さんの脅威を取り除き、平和を取り戻しましょう。


 ※


 竜王さんとの話を終わらせたのか、染谷くんが戻ってくる。

 次の休憩時間には、どうなったのか報告してくれた。


という訳で、竜王は俺達と仲良くやりたいって言ってた。

まさに読みどおりの展開過ぎて笑うぜ。

じゃあ普通にこのクラスに来るかもしれないね。
あふっ。
大丈夫ですって。

 手を握ると笑顔になる美優ちゃんであった。

 さっきから竜王さんの話題になると、こうやって彼女を再起動させなければならない。


 ただ。何度も言うが美優ちゃんは、屋上のあの場所に居なかった事になってるのだから、あまり態度に出して欲しくないのだが、こればかりは無理かもしれない。

黒澤くんにも謝りたいって言ってたよ。

屋上で酷い事を言っちゃったって。

ふはっ。酷いっていうか……あの時俺は完全に人間扱いされてなかったし。


 俺はあの程度で怒ったりしない。

 そっちが気にしてるんだったら「いいよ」って許すだけだ。


 こうやって仲間内に誘っておけば、竜王さんも行動しやすくなるだろう。


 ※


 そして昼休憩。聖奈を起こしいつもの美優ちゃんディナーとなる場面で、あいつはやってきた。

こんにちは。来ちゃいました。
どうぞどうぞ。こっち座ってよ。
 えらく染谷くんに溶け込んでる様子に唖然となったが、態度に出しちゃいけない。

私。ちょっと席外しますね。今日のお弁当も食べちゃってくださひ。


 何も聞いてなかったので、思わず美優ちゃんの顔色を伺うと、その先に見えたのは魔樹である。

 もしかして、このタイミングで入れ替わるの?


 まぁいいか。ここに竜王さんがいれば、大丈夫だし。

あ、黒澤くん。前はあんな事言っちゃってごめんね。

あれは王二朗があんな風に言うから

いえいえ。全然気にしないでください。
ん? 何かあったの?
いあ、別に何もないよ。気にすんなって
黒澤ぁ! お前まさか竜王さんまで手篭めにしようと考えてんじゃねーだろうな!

うるせーよ。お前は。

あと勝手に白竹さんの弁当広げんなよ

ごめんね。私それが……気になってて。

龍一くんが大丈夫って言ってくれたから

いあ、おかしいのは王二朗だって。あいつマジで頭イカれてんだろ。

あいつマジでケンカしそうだったし、竜王さんに殴りかかろうとするとか最早人間じゃねーし。

 事情を知ってるこちらとすれば、染谷くんの演技に噴き出しそうになっちまう。

 それを聞いた他のメンバーはやたら王二朗くんを怖がってるけど、これはこれでいいだろう。


 竜王さんに。こいつらは味方であり、王二朗くんと決裂したと思わせれば……

お待たせしました。あれ? まだみんな食べてない?

一緒にご飯しましょうね。竜王さんもどぞ。

 こりゃ入れ替わってきたと言わんばかりの魔優だろ。

 口調は美優ちゃんなのだが、竜王さんに対して普通に喋りかけてるからな。


ああ、このクラスに美女が集まってくる。

まるで異世界だ。

だな。あそこだけお花畑が咲いてるぜ。
う~ん。今日は魔樹くん来ないね。さみしいです

うわっ。本当に美味しい。

凄いですね、女子力半端なくって素敵。

美優の作ったのは本当に美味しいんだから。

 ちなみに聖奈にも教えてある。こいつはヤバイヤツだと。

 すぐに理解した聖奈はごく普通に喋ってるのは、やっぱりこいつもやり手である。


 勿論、平八さんにも報告済みであり、聖奈のボディガードは何重にも張り巡らされているぞ。

よかった。私あんまり友達いないから……これからもよろしくね。

 こうして竜王さんも俺達の仲間入りを果たした。勿論表向きでの話だが。

 ここから彼女がどう出てくるのか予想は出来ないが、どんな仕掛けに対しても万全の態勢で迎え撃つまでである。

蓮くん蓮くん。
はい?

 おい魔優。何を可愛い声出してんの?


 するとプチトマトをフォークで差して俺の口へと持ってきたのだ。

あ~んしてください。

はぁ? 何言ってん……

え? ちょと待ってくださいよ

ええ~? だって私達はお付きあいしてるのでございまし
え? そうなの?
はい。あ~ん!

 半ば強引にこじ開けられ、フォークがぶっ刺さると、万遍の笑みで返してきやがる。


 しかもお前。俺の口に入ったフォークで普通に弁当食うなよ!

 みんなビビってるじゃねーか!

私のも食べなさいよ。
何この罰ゲー……むごぉ!

ほら。竜王さんにも分かって貰わないと。

蓮は私と美優と付き合ってるからよろしく。

おいおい。お前は魔樹と……
わぁっ。そうだったんですね。堂々と二股なんですね。

 何で竜王さんに笑われなきゃいけないんだよ。


 というか、別に彼女に教えなくていいじゃないか!

そですよぉ。二股公認なのでし。
あと魔優! お前な……変わりすぎだから!

 あんまり調子に乗ってると、楓蓮でやりかえしてやるぜ。


 

だけどこれで……竜王さんは高校の皆と接点を持った訳だが、

喫茶店にやってくるのは時間の問題だろう。

学校で白竹さんと仲良くなれば、喫茶店にも現れるに違いない。

尻尾を出せば俺が即座に瞬殺してやる

――――――――――


次回。私なんかじゃ……

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介


 ★登場人物でも若干のネタバレを含みます。第一部からお読みいただきますようよろしくです。

 ★逆に第二部の登場人物を先に読んでから、第一部をお読み頂きますと、別の意味で楽しめます。

 

 ★読者視点は神視点。登場人物の心の声も聞こえます。(フキダシの色がこの色)

 ★ 黒澤 蓮 くろさわ れん


 本編の主人公。高校一年

 男女入れ替わり体質。
 
 弟の凛と共に、新天地で新たに生まれ変わろうと、楽しい学校生活を送ろうとする。友人作りに重きを置き、人との付き合いにはとても慎重である。


 自分自身の事よりも、仲間の為ならば凄まじく有能になる。

 ★ 白峰楓蓮 しらみね かれん


 蓮の女性の姿。類稀なる美少女だが本人にはあまり自覚がない。


 外部には黒澤家の親戚(蓮の姉)となっている。

 楓蓮では世間との関わりあいを最小限にしてきたが、徐々に一人の女性として目覚め始める。

 

 自分を理解してくれる人間が増えるたびに楓蓮は飛躍的に成長してゆく。  

 ★ 黒澤 凛 くろさわりん


 小学校六年生

 男女入れ替わり体質。

 

 兄である蓮を慕い、とっても素直で女の子のような性格。
 ことある毎に兄に甘えてしまい、いつまで経っても、子供のままなので、蓮は凛の将来をとても心配している。

 

 二部中盤で凛オンリーの章があります

★ 白峰 華凛 しらみねかりん


 凛の女性の姿。

 外部との接触が無いので、彼女の存在を知るのは黒澤家の秘密を知るものだけ。

 楓蓮と違い、おしゃまさん。

★ 黒澤 玲斗 くろさわ れいと

★ 白峰 麗華 しらみね れいか


蓮や凛のお父さん。ただいま遠方で仕事中。

麻莉奈や平八。ティナとは大親友。


後半から再び登場します

★ 美神聖奈 みかみせいな


 高校で蓮と同じクラスとなる。実は小学四年生までの幼馴染。

 容姿端麗。成績優秀。運動神経抜群。リーダーシップ抜群。お金持ち。


 高校当初から蓮と関わりを持ち、お互いに影響されてゆく。無二の親友?

 記憶喪失だったが、徐々に昔の事を思い出してゆく。


 二人目の主人公。

★ 平八 へいはち 


 聖奈専属の運転手。

 黒澤家の秘密を知っており、蓮の親である麗斗(れいと)とは旧知の仲

 おっぱい職人。ツイッタのフォロワーは10万以上の有名人。

 作中でも最強だと言われるが……

★ 白竹 美優 しらたけ みゆう

 

 男女入れ替わり体質

 蓮と同じクラスとなる。ピンクの髪が目立つ美人。とても内気で、語尾が変になる。

 自分の家の喫茶店で働いている事になっているが、実は魔優と入れ替わっている

 歌が上手く、全国でも有名な絵師でもある。(エロ同人が本業)

 

 三人目の主人公。 

★白竹 美樹 しらたけ みき


 白竹美優の男性の姿。

 外部では白竹魔樹と名乗っているので、彼を知るのは家族と秘密を共有する人のみ。

 主に喫茶店で厨房担当したり、サイクルの都合上、学校でも魔樹として振舞う。

 男の子の身体で遊ぶのが大好き

★白竹 魔優 しらたけ まゆう


 男女入れ替わり体質。

 外部では白竹美優と名乗っているので、彼女を知るのは家族と秘密を共有する人のみ。

 主に喫茶店で接客担当。サイクルの都合上、学校でも美優として振舞う。

 心の中は女の子なので、こちらが真の姿となる。

 四人目の主人公

★白竹 魔樹 しらたけ まき


 魔優の男の姿。外部に知られているのは魔樹である。

 蓮の隣のクラスで、常にクール。成績も良く、空手や合気道を習得。

 学校内では魔樹王子と呼ばれるほどモテる。


 自分の家の喫茶店で働いている事になっているが、実は美優と入れ替わっている

 乙女ゲー大好きのツンデレ。

★白竹 麻莉奈 しらたけ まりな


美優。魔優の母。入れ替わり体質。


とてもピアノが上手く、蓮はプロの犯行だと断定。

双子の母だけあり、とても美人だが色々とヤバい人。

男の姿は、でかい上にマッチョらしい。


★ じいじ


 白竹家のおじいさん。喫茶店のオーナー。

 小太りでツルっぱげ。チョビ髭が可愛い。

 厨房担当で楽しい事があると、その場でクルクル回りだす。

★ 染谷龍一 そめやりゅういち


 男女入れ替わり体質。

 蓮と同じクラスとなり、前の席という事で付き合い始める。

 わりと積極的で、クラスでも人気がある。

 楓蓮に一目惚れし、ずっと彼女を追い求める。

 オムライサーでありポニテマニア。

 

 五人目の主人公

★山田 龍子 やまだ りゅうこ


 龍一の女性の姿。

 楓蓮を追って同じ喫茶店で働く事になる。全国でも有名な山田組の人間。

 ケンカが強く、蓮も認めるほど。

 楓蓮に近づく男を排除しようとする俺っ子。

★山田 虎子 やまだ とらこ


男女入れ替わり体質。龍一の弟(妹)

全国統一を夢見る女の子。既にチームを結成しており、チームヴァルハラと名づける。

口調はキツいが、兄弟には頭が上がらない。

デコトラならぬデコチャリで街中を暴走する。

★染谷 翔一 そめや しょういち 


男女入れ替わり体質。龍一の兄(姉)

龍一が恐れる唯一の兄貴。百人でかかっても勝てないらしい。

ただいま、新婚生活真っ最中。

★染谷 桜 (そめや さくら)


 翔一の奥さん。普通の人間。

 とても清楚で大人しそうな美人だが染谷三兄弟は彼女に対し頭が上がらない。

 翔一を女らしくする為、日々調教中。

★百済 紫苑 くだら しおん


 高校二年。軽音部。実家はソッチ系統の百済組。

 楓蓮達と一緒に喫茶店でバイトを始める。関西弁ちっくな喋り方だが、とても優しく後輩想い。

 蓮の同じクラスである、米山まゆこと、坂田沙織は小学校からの付き合い。

 マイブームはマジョリーナちゃん(ミニチュアダックス)を可愛がる事。

★坂田 沙織  さかた さおり


 高校一年。蓮と同じクラス。

 いつもニコニコ。おっとりとした口調でマイペース。

 紫苑と同じ軽音部。ベース担当。

 親が犬のブリーダーで楓蓮に二匹のダックスを譲る。

★ 西部

 蓮と同じクラス。

 事あるごとに蓮に絡んでくるが、その目的は聖奈や美優と接点が持ちたいが為である。

 ツイッター名では「モントゴメリー」。おっぱい職人を神と崇める。

★真鍋

 蓮と同じクラス。西部の友達。

 頭は良く、テストでも上位だが、彼もおっぱい職人を神と崇める。

 ツイッター名は「穴バースト」

★米山 まゆこ (だんじりバージョン)


 蓮と同じクラス。坂田とは昔からの親友で、紫苑は先輩に当たる。

 魔樹王子にベタ惚れてしまい、蓮に紹介してもらえるよう頼んだ。

 バスケ部所属。一年なのに相当の実力を持っている。

★ 三輪 加奈子 みわ かなこ

 

 蓮と同じクラス。坂田沙織の友達で幼稚園からの付き合い。

 男の子同士がホニャララするのが好き。

★ 清原 愛美 きよはら まなみ


 魔樹と同じクラス。米山まゆこと中学時代からの付き合い。

 ちなみに魔樹王子と呼び出したのはこの子。

★ 梶谷


 蓮と同じクラス。西部の友達で小学生からの付き合い。

 バスケ部所属。一年でレギュラー筆頭。

★高坂


蓮と同じクラス。梶谷の友達。

ギャルゲーのアイドルプリンセスをこよなく愛する男の子。

★ 鼻


楓蓮が命名。

その昔、蓮にケンカ売ってきたり、美優をナンパしたり、ろくでなし男であったが楓蓮や龍子にボコられる。だが楓蓮に鼻を治してもらったと勘違いしている。

楓蓮に殴られてから、とんでもなく優秀な男へ変貌する(だがケンカは弱い)

★ヴァルハラメンバー 


 只今メンバーは八人。

 虎子率いるチームヴァルハラメンバー。俗に言う不良だが、楓蓮。龍子。虎子には従順。

 実は全員イケメンレベルだが、とにかく頭も弱く、ケンカも弱い。

 NO表示されており、変なヤツが混じってます。 

 竜王 冴子 りゅうおう さえこ


 高校一年。西部曰く、彼女と美神聖奈。白竹美優を三大美女認定している。

 いつも笑顔。とても愛想が良い彼女だが……

 王二朗曰く、超危険人物。鞄にスタンガンを隠し持ち、女の子を襲うらしい

★ 播磨 王二朗 (はりま おうじろう)


 高校一年。竜王冴子と共に登場。190センチの巨漢であり極道顔。

 とてもじゃないが高校生には見えない容姿に、シルエット姿となっている。

 警官とエンカウントすると、ほぼ職務質問されてしまう。

 ゴリラのモノマネが神がかっている。

★竜王 将哉 りゅうおう しょうや


 萌ゴリと共に現れた男性。とてもイケメンだが萌にナンパーマンであると暴露されてしまう。萌は恋人だと告げるが……楓蓮は最初から将哉を警戒する。 

★稲坂 萌 いなさか もえ


 楓蓮が早朝マラソンに出かけた際に知り合った女性。

 巨漢で筋肉質なので、楓蓮は男だと勘違いするほど。

 とても気さくでしゃべりやすい印象を受けた萌ゴリ。ちなみにラッキースケベ体質。

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色