第23話  付録 Bon Appetitの「日本産のサツマイモは世界最高」記事

文字数 3,106文字

「HANZAWA」壺みついものHPに、「また、数々の優秀な雑誌を刊行しているCond Nast系の出版社のレシピ掲載専門誌『Bon Appetit』で『日本産のさつまいもは世界最高のさつまいも』とも紹介されました』と書かれています。

なお、「HANZAWA」壺みついものについては、別に紹介します。


説明文の隣には、2015年10月号のBon Appetit表紙写真が出ています。

Bon Appetit October 2015 All About Fall - The Entertaining Issue Single Issue Magazine – January 1, 2015

「HANZAWA」壺みついもは、「厳選かのや紅はるかPREMIUM」を使っています。

「かのや紅はるか」は、認証事業者のみがつくっているブランドです。

「HANZAWA」壺みついものHPには、「かのや紅はるか」は、世界一とはもちろん書いてありませんが、注意して読まないと、勘違いしても不思議ではありません。

「かのや紅はるか」どころか、「紅はるか」が世界一でない可能性もあります。

農産物の輸出には、ブランド戦略が欠かせません。同じブランドで、高くて美味しくないものを買った消費者は、2度と顧客になりません。

その前に、そもそも日本産のサツマイモの英語からして、怪しいです。

1)日本産のサツマイモの英語

観光庁の「Japanese Food Glossary」には、焼き芋の項はありません。本気度が感じられません。

ネットで見ると、日本のサツマイモは、Okinawan or Japanese sweet potatoesと呼ばれているようです。Okinawanは、Okinawan purple sweet potatoesとも書かれています。

つまり、紫芋は、Okinawanで、黄色、オレンジ、白は、Japanese sweet potatoesの2種類しか、英語がないようです。

2)Bon Appetitのサツマイモの記事

Bon Appetit October 2015には、サツマイモの記事はありません。

2019/03/06のBon Appetitに、Sarah Jampel氏が、「Japanese Sweet Potatoes are the Best Sweet Potatoes—And I Don't Want to Hear Otherwise」と書いています。

これは、ネット版です。ここでは、紫芋を除く、日本のサツマイモが美味しいと言っているにすぎません。

米国には、Japanese Sweet Potatoesは、輸出されているようですが、「紅はるか」として、品種または、ブランドが確立しているわけではありません。

この記事は、紫芋以外の品種や品質を区別していませんので、手放しで、喜べる記事ではありません。

この記事をうけて、オーストラリアのYao Chiam氏は、Japanese Sweet Potatoesは、スーパーでてに入りにくいので、入手しやすくする以下の請願書を起案しています。

--------------------------------------------------------

Japanese sweet potatoes - Murasaki, "satsuma-imo", "yaki-imo" are one of the world's healthiest and tastiest food.

(中略)

If you want Australian Supermarkets to sell this product please vote for this petition.

-----------------------------------------------------

しかし、2年たっても、賛成が規定の100名に達していません。

3)今後の問題

Japanese Sweet Potatoesでは、品種もブランドも区別がなく、玉石混交です。

一方、日本では、同じ紅はるかでも、ブランド名が、乱立しています。金時系は、更に混乱を極めています。

同じブランドでも、ランク分けがなされていませんので、品質のバラツキは非常に大きいです。

どこのJAでも、HPでは、ブランドで、あれば、品質が一定であるように、謳っていますが、JAによっては、同じブランドでも、耐えがたいほどの差があります。

サツマイモの価格は安いので、メロンの品質管理に比べれば、現在の品質管理はずさんです。

しかし、一番高い焼き芋1本の単価は500円を超えていますので、高級品は、メロン並みの品質管理をすべき時に来ています。

サツマイモは、サイズの規格もJAで、ばらばらで統一規格はありません、

サツマイモのサイズ、水分量、生糖度のランクを統一規格化して、少なくとも、掘り上げた日付、保存庫から出荷した日付を明示しないと、国内、国外とも、焼き芋ブームが一過性に終わってしまう可能性が高いでしょう。

過去に、シャインマスカットでは、品種が流出して、経済的損失が生じたとしていますが、サツマイモの場合には、食用のサツマイモを植えれば、遺伝的には、同じものがいくらでも作れます。ですから、品種による輸出の独占は不可能です。品質を担保したブランド戦略が重要ですが、現在は、全く野放しになっています。

レモン市場にならないように、最低限の規格化と高級品に焦点を当てたブランド戦略は、急務と考えます。

- HANZAWA 壺みついも

https://tsubomitsuimo.shop-pro.jp/

http://hanzawa.co/

- 令和3年産「かのや紅はるか」認証事業者の決定 2021/08/06

https://www.city.kanoya.lg.jp/seisan/sangyo/nogyo/gijutsu/r1ninsho.html

- Japanese Sweet Potatoes are the Best Sweet Potatoes—And I Don't Want to Hear Otherwise 2019/03/06 Bon Appetit Sarah Jampel

https://www.bonappetit.com/story/japanese-sweet-potatoes


- Petition Coles and Woolworths to stock Satsuma-imo Sweet Potatoes (taste like chestnuts) change.org Yao Chiam 

https://www.change.org/p/petition-coles-and-woolworths-to-stock-satsuma-imo-sweet-potatoes-taste-like-chestnuts


- Roasted sweet potato

https://www.wikiwand.com/en/Roasted_sweet_potato

- Sweet potato

https://www.wikiwand.com/en/Sweet_potato

- Japanese Food Glossary

https://www.japanvisitor.com/japanese-culture/food-glossary
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み