雨降って…… ①

文字数 3,330文字

 ――それから季節は巡り、秋を迎えた。

 わたしが彼と出会ってちょうど一年が経過しようとしていた。けれど、わたしたちの関係は交際を始めた春から一向に進んでおらず、わたしは正直焦っていた。

 父の喪が明けるまで三ヶ月ほど、高校卒業まであと約半年……という時期になったので、わたしはそろそろ本格的に彼との結婚準備を始めようかと意気込んでいたのだけれど。彼はというと、わたしからその話題を持ち出されそうな気配を感じれば意図的にその話題を避けようとしているように見えた。

 もしかしたら、彼にはわたしと結婚する意思すらないのだろうか……? わたしがそう(いぶか)しんだとしても、それはごく当然のことだったと思う。
 多分、その理由は「住む世界が違うから」。――わたしに言わせれば、そんなことはただの屁理屈だった。たとえ生まれ育ってきた環境が違っていても、それで結婚生活がうまくいかないとは限らない。母と父がその例だった。
 もちろん、わたしの両親がそうだったからといって、わたしたちもうまくいくかどうかは分からなかったけれど。

 それとも、周囲から「逆玉だ」「財産目当ての打算だ」と陰口を叩かれるのが怖かったのだろうか? 彼は繊細な人だし、一度上司からのひどい扱いで深く傷付いていた。そのため、誰かからの心ない言葉でメンタルをやられてしまいやすいことはわたしも知っていたはずだった。

 でも、はっきり言ってしまえば自分のことで精一杯だったわたしは、彼の内にある苦悩に気づいていなかった。そのせいで、わたしたちの関係は一度、修復不可能になる一歩手前まで崩れてしまうことになったのだ。

****

 ――十月半ばのある日曜日の夜。わたしはとある大規模なパーティーに出席していた。
 その会は個人的なものではなく、関東の中堅以上の企業の経営者が集まる交流会で、赤坂(あかさか)にある一流ホテルのバンケットルームを貸し切って行われており、秘書である彼ももちろん同伴出席していた。

 その日の天気は、朝からあいにくの雨。それでも二人とも気合を入れてドレスアップして行った。

「桐島さん、そのスーツいいじゃない! こういう華やかな場にふさわしい色合いよね。やっぱりこの色の生地を選んで正解だったね」

 この日彼が着ていたスーツは、彼の誕生祝いにわたしがオーダーしたあのスーツ。ダークグレーのシックな色合いなので、インナーのカラーシャツは濃いブルーを合わせ、上品なチェック柄のネクタイをしていた。

「……そうですか? ありがとうございます。まさか、こんな機会に着ることになるとは思いませんでしたけど」

 彼は照れてはにかみながらそう言ったけれど、わたしの目には彼が、出席者の男性の中で誰よりもステキに映っていた。

 それがたとえ彼女としての贔屓(ひいき)()でしかなかったとしても、他の男性に視線を奪われてしまうよりはよっぽどいいと思った。

「会長も、すごくステキですよ。今日はすごく大人っぽく見えます」

「ホント? 嬉しい! ありがと!」

 わたしも、この日は他の女性出席者――もちろん女性の経営者がいないわけではないのだけれど、同伴者の女性たちも負けないくらい華やかだった――に引けを取らないくらい、目いっぱいのおめかしをしていた。

 大好きなピンク系の色だけれど、落ち着いたスモーキーピンクのマキシ丈のノースリーブドレスに、オフホワイトのボレロ。靴はピンクゴールドのハイヒール。ちょっと大きく開いてデコルテが見える胸元には、彼から誕生日にもらったお気に入りのネックレスが光っていて、いつもは下ろしている長い髪は、うなじが見えるアップスタイルにしていた。しっかりめにメイクもしていたので、わたしが有名人でなければ、「十八歳だ」と言っても誰も信じてくれなかったのではないだろうか。

「――そういえば、貴方と出会ったのもちょうど一年前のパーティーだったね。パパのお誕生日の。……あ、ゴメン」

 一年前、彼との出会いも父の誕生日パーティーだったなぁと、わたしはしみじみ思い出していた。
 でも、ちょうどその頃に彼が会社を辞めたがるほど苦しんでいたことを思い出し、言ってしまってから後悔して、彼に小さく謝った。
 彼にとってその頃の話は、思い出したくもない地雷だったかもしれないから。

「謝らなくていいですよ。もうあの件は片付きましたし、僕も忘れることにしましたから。あなたや、加奈子さんと知り合ったこと以外は」

「……そう? それならよかったけど」

 彼は強くなったかもしれない。あんなに思い詰めていたのに、そんなに簡単に記憶から消してしまえるものだろうか。
 それを口に出して訊ねると、彼は微笑んでこう答えた。

「それは、あなたという強い味方ができたからです。おっしゃってくれたじゃないですか、僕のことを守って下さるって。そして、それを見事に実行されたじゃないですか。だから、あのことも忘れることができたんです。会長にはいつも感謝してますから」

「……うん」

 熱っぽく語られて、わたしの顔が熱くなった。でも引っかかったのは、彼が「感謝している」と言ったこと。
 あれはニュアンス的に、わたしへの愛情を言い表していたはず。なのに、出てきた言葉は「感謝」? どうしてそれだけなの?
 この場には会社の人間は来ていなかったので、ボスと秘書という関係に徹しなければならないわけでもなかった。なのに、彼がそれしか言葉にしなかったのはどうしてだったのだろう?
 その場のわたしには分からなかった。

 もし彼が、わたしに感謝の気持ちすら抱いてくれていなかったとしたら、それはそれで悲しかったのだけれど……。

「それにしても、こんな日に雨なんて……。気分が滅入っちゃうよね」

「そうですね……」

 幸い、ホテルの駐車場は建物の地下にあるので雨に濡れることはなかったし、彼の車に乗り込むまではちゃんと雨傘も差していた。でも、天気が悪いと気分が落ち込んでしまうのは、致し方ないことだったと思う。
 人の心と天候はリンクしているのだと、わたしは心理学の本か何かで読んだことがあった。今にして思えば、この日と翌日の空模様はわたしの心そのものを表していたように思える。

「――さ、暗い顔はここまで。今日は思いっきり楽しんでいきましょう! まずはお料理からよ!」

 とはいえ、いつまでも二人してどんよりしているわけにもいかないので、わたしはサッと気持ちを切り換えて、彼の肩をポンと叩いた。

「はいっ!」

 彼も空腹だったのか、いつもとほぼ同じ笑顔に戻って、わたしと一緒にズラリとお料理の並ぶビュッフェコーナーへ向かった。
 
 確か彼は、こういう煌びやかな場所が苦手だったはず。でも、この時のわたしは、そんなことなんてすっかり失念しており、彼が()(おく)れしていないことを嬉しく思うだけだった。

****

 ――企業のトップたちが招かれた会だけあって、このパーティーの出席者は大人がほとんどだった。

 わたしのような大グループの代表から、ベンチャー企業の若き経営者まで幅広くいたけれど、その人たちに共通していた特徴は、ほぼ全員がアルコール愛好家だったということだ。
 パーティーの席にはバーカウンターが設けられていて、世界中のありとあらゆるお酒が並んでいた。
 わたしと彼のように、未成年だったり下戸だったりする人のためにソフトドリンクのドリンクバーも設置されていたので、わたしはともかく彼も周りからムリヤリ飲まされることはなかった。

 美味しいお料理に舌鼓を打ち、お腹いっぱいになったわたしたちは、テーブルでアップルジュースをお供にして話し込んでいた。

「結婚式を挙げるなら、披露宴のお料理はやっぱりビュッフェがいいかしら。だったらホテルウェディングじゃなくて、結婚式場でレストランウェディングの方がいいよね」

「……えっ? ……ええ、そうですね。でも僕は、まだあまり結婚に対して現実味が湧かないというか……」

「まぁだそんなこと言ってるの? わたしという恋人がいながら」

「…………」

 彼は明らかに困っているようだった。なぜ困惑したのかは考えないようにしていたけれど、ただ、この沈黙によって、わたしと彼の間に気まずい空気が流れ始めたことだけは確かだった。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

篠沢絢乃(しのざわあやの)

私立茗桜女子学院・高等部二年A組。

四月三日生まれ、十七歳。O型。

身長一五八センチ、体重四四キロ。胸はDカップ。

趣味は読書・料理。特技はスイーツ作り・英会話。好きな色は淡いピンク。

主人公。高二の一月に『篠沢グループ』の会長だった父・源一(げんいち)をガンで亡くし、父の跡を継いで会長に就任。

小学校から女子校に通っているため、初恋未経験。

大のコーヒー好き。ミルクと砂糖入りを好む。

桐島貢(きりしまみつぐ)

篠沢グループ本社・篠沢商事・秘書室所属。大卒。

五月十日生まれ、二十五歳。A型。

身長一七八センチ、体重六〇キロ。

絢乃が会長に就任する際、本社総務課から秘書室に転属し、会長付秘書になった。マイカー(軽自動車→マークX)を所持している。

恋愛に関しては不器用で、現在も彼女なし。

絢乃と同じくコーヒー党。微糖を好む。スイーツ男子。

中川里歩(なかがわりほ)

私立茗桜女子学院・高等部二年A組。

五月二十四日生まれ、十七歳。B型。

身長一六七センチ、体重五三キロ。胸はCカップ。

初等部からの絢乃の同級生で大親友。バレーボール部に所属し、キャプテンを務めている。

数ヶ月前から交際中の、二歳上の彼氏がいる。

コーヒーは、ミルク多めを好む。

※このアイコンではセーラー服着てますが、本当の制服はブレザーです。

篠沢加奈子(しのざわかなこ)

篠沢グループ会長代行。篠沢家当主。短大卒。

四月五日生まれ、四十三歳。O型。

身長一六〇センチ、体重四五キロ。胸はDカップ。

絢乃の母で、よき理解者。娘が学校に行っている間、代わりに会長の務めを果たしている。

亡き夫で婿養子だった源一とは、見合い結婚だったがオシドリ夫婦だった。

大の紅茶党。ストレートティーを好む。

ちなみに、結婚前は中学校の英語教諭だった。

桐島悠(きりしまひさし)

フリーター。飲食店でのバイトを三ヶ所ほど掛け持ちし、調理師免許を持つ。

六月三十日生まれ、二十九歳。B型。

身長一七六センチ、体重五八キロ。

桐島貢の兄。一人暮らしをしている弟の貢とは違い、実家住まい。高卒でフリーターになった。

貢曰く、かなりの女ったらし……らしい。兄弟仲は決して悪くない様子。

愛煙家である(銘柄はメビウス)。

阿佐間唯(あさまゆい)

私立茗桜女子学院・高等部三年A組。※絢乃、里歩とは三年生から同じクラス。

七月二十四日生まれ、十七歳。B型。

身長一五四センチ、体重四一キロ。胸はBカップ。

三年生で初めて絢乃、里歩のクラスメイトになる。マンガ・アニメ研究部に所属。

男子バレーボールが題材の『ドラゴン・アタッカー』というアニメにハマっている、いわば「オタク少女」。その縁で、バレー部員である里歩と親しくなり、絢乃とも仲良くなった。

一つ年上の大学生・谷口浩介(たにぐちこうすけ)という彼氏ができたばかり。

レモンティーが好き。

村上豪(むらかみごう)

篠沢グループ本社・篠沢商事の代表取締役社長、常務兼任。大卒。四十五歳。

絢乃の父・(旧姓・井上)源一とは同期入社で、同じ営業部だった。源一が会長に就任した際に専務となり、常務を経て社長に。源一亡き後、絢乃の会長就任に際して再び常務を兼任する。

源一とは恋敵でもあったようで、結婚前の源一と加奈子を取り合ったことも。現在は一つ年下の妻と、絢乃よ中学生の娘がひとりいる。

源一の死後は、父親代わりに絢乃を支えている。

コーヒーにこだわりはなく、インスタントでも飲む。

山崎修(やまざきおさむ)

篠沢グループ本社・篠沢商事の人事部長。専務兼任。大卒、五十二歳。

総務課で続いていたパワハラ問題に頭を抱えており、人事部長として責任も感じていた。

真面目でカタブツだと誤解されがちだが、実は情に脆い性格。三歳年下の妻と二十二歳の娘、二十歳の息子がいて、自分の子供たちが篠沢商事に入社してくれることを期待している。

広田妙子(ひろたたえこ)

篠沢グループ本社・篠沢商事の秘書室長。大卒、四十二歳。秘書室に異動した貢の直属の上司。

入社二十年目、秘書室勤務十年のベテラン。バリバリのキャリアウーマン。職場結婚をしたが、結婚が遅かったためにまだ子供には恵まれていない。

絢乃とは女性同士で気が合う様子。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み